獺祭

2016年08月06日

先日、面白いイベントに行ったのでご紹介。

アートアクアリウムという金魚展で、毎年夏の時期に開催されている。
今年は東京・日本橋、大阪・堂島、石川・金沢で開かれている。
東京では7月8日~9月25日の期間で、KOREDO室町という商業施設で開催中。

金魚が水槽で泳いでいるという祭りの露店風ではなく、
養殖された何種類もの金魚が何匹も、鑑賞用に作られたと思われる金魚鉢に入り優雅に泳いでいる。
また、館内は薄暗い中、ライトが焚かれ照らされている。

また、土日の夜はDJを呼んで音楽をかけていると聞き、
それって雰囲気的には「クラブ」なわけで、今回紹介しようと思ったのもそういう理由。

毎年、夏の時期にテレビのニュース等でよく取り上げられているので、
その度行きたいなと思っていたのだが、なかなか行けずにいたのですが、今回行ってみてとてもよかったです。

コレド室町は日本橋駅直結、ビルの4階で開催している。
朝11時から夜23時まで開かれており、19時からはナイトアクアリウムと称して、
DJイベントを実施したり、アルコールを飲みながら鑑賞できるようになります。

僕が行った7月30日(土)は「DJ DRAGON」と「いしだ壱成」の回でした。
毎回ゲストは違い、一人だったり二人だったり、
舞妓さんが踊る回もあったりするようです。
大阪のスケジュールを見ましたが、普通にクラブでまわしているDJが見受けられました。
東京だと、個人的にはよく分からず、
ただ、石野卓球とか歌手のbirdとかボチボチビッグネームが並んでいます。

僕は20時前に入場しました。結果的にDJを見ることになってまぁそれはそれで良かったのですが、
当初はただ金魚の鑑賞に行くつもりだったので
最初は、館内をぐるぐる回りました。

入口で¥1000を支払い、金魚グッズの販売コーナーを抜けると休憩スペースがあり、
ここでは金魚に関係するようなカクテルなどを飲みながら、ゆったりできるようです。

展示物としては、最初に狭い通路の左右に、幾つかの種類の金魚が並べられている。
いくつも種類を掛け合わせて品種改良に取り組んだ結晶なのだと思うが、
頬の袋が異常に大きいものや黒い出目金など、確かに日常見かけるものとは違う種類である。

image
こんな感じで台座の上に並べられており、下からライトアップされて泳ぐ様子が美しく見える。

通路を抜けると、仕切りの無い広い会場で、
人が泳ぐことのできるくらい大きな金魚鉢や壁には埋め込まれた水槽などが並んでいる。
金魚鉢は想像以上に大きく、光に照らされた様子は本当に美しい。
インパクトがあり、華やかさもある。
また、魚の泳ぐ姿が好きであれば、ボーっと見ていられる素晴らしい空間だ。

自分でもあまり言葉で表現できないので、写真を何枚か載せようと思う。
ネタバレごめんなさい。

image

image

image

image

なんとなく雰囲気はつかめるでしょうか。

会場内を一周するのに大体20分くらい。
金魚の生態やこのイベントの開催目的等の読み物も飾られており、
博物館みたいな立てかけの説明文をじっくり読んでそれくらい。

夜はアルコール購入が可能なので、
(瓶カクテルが売られていたのと、山口の獺祭という日本酒が宣伝も兼ねて売られています)
それらを飲みながら過ごすことが出来ます。
入場口近くにはテーブル席があり、そこでゆったり、もしくは、
会場内でも階段部分に皆座ってダベってる感じです。

image

客層はまばらで、夜ながら子供も家族連れ出来てますし、ご高齢の夫婦もいました。
また、夏だけあって浴衣で来場される方も多かったです。
恐らく花火大会なんかの帰りなのではないかと思います。
時間的にも23時までやっているので、デートコースにも良いかと。

僕が行った日は20時からDJ DRAGONという方が1時間、
21時からいしだ壱成が音楽をかけていました。

image

ノリノリのクラブっぽい感じではないですが、
和風の三味線を取り入れたMIXなんかもあって僕にとっては心地いい物でした。
・・・が、一般人はどうだろう?
大音量で会場に響き渡る感じだったので、嫌な人も多いんじゃないかと思います。
入口で一応「今日の夜は大きいボリュームで音楽がかかります」と言われるんですが、
まさかここまでと思う人もいるはず。
逆にこのブログを読んでくれているクラブ好きな方は夜行ったら気分は上がるはずです。

あまり知っている曲はかかりませんでしたが、DJ DRAGONさんは最後の10分間で、
80年代のディスコソングを立て続けにかけたため、
DJブース前にディスコ世代のオバサマ達が集まり踊っていました。
品種改良された金魚の中には
尾っぽが本体以上に大きく左右に振り動かしているのが圧巻なものがあったのですが、
それを超える程にお尻をブルンブルンさせている妙齢の女性達を見て、
それはそれで美しいなと個人的には思いました。(棒読み)

image

その後、いしだ壱成にDJが変わると、さすが有名人だけあって、
ブース前にワッと人が集まり、キャーっと盛り上がりを見せました。
同行の嫁もいしだ壱成の元ファンということでテンション上がってました。

image

結局滞在時間は1時間強ほどで、会場を後にしました。
金魚がいるからだと思いますが、
会場内の温度が低めに設定されており、寒さにちょっと耐えられないのもあった感じです。
長袖を着たり、カーディガン的なものを持っていくと女性はいいかもしれません。

総じて言うと、千円で入場できて、変わった夏の風物詩を楽しめると思えば、
なかなか悪くないと思います。
水族館が好きだったり、魚が好きだったり、クラブが好きな方は
楽しめると思います。

というわけで、個人的にはオススメなこのイベントは9月までやっていますので、
平日の仕事終わりや休日にでも、行ってはいかがでしょうか?

アートアクアリウムHP↓

http://artaquarium.jp/



20:53│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加