札幌

2016年02月20日

IMG_5402

札幌クラブ放浪二日目。
二日目の昼間は小樽を観光し、夜23時頃、クラブへ向かう。

まずは、Bootyへ。
札幌に行く前には「a-life」と「リビエラ」が盛り上がっていて、
準じて「オムニバス」と「Booty」あたりが人が入っていると聞いていた。
ただ、一日目に「オムニバス」に行って、全然人がいなかったから、
さほど期待しないで「booty」に行ったら案の定盛り上がっていなかった。

IMG_5400

小箱に数人が居た程度、写真の真ん中の人はよく分からない。
ちなみに、力士が3人ほどいたが、あまりに人がいなかったので、店を出ていった。
僕らもちらっと覗いただけで十分だと思ったので、酒すら注文せずに店を出てしまう。
力士たちはクラブを探しているらしかったので、どこに行くのか気になりついていく。

IMG_5399

力士はモテる。歩いているだけで女の子が寄ってくる。
今、スー女がブームらしいが、
そういうの関係なしに、インパクトがあるし、好奇心で近づきたくなるのも分かる。
ちなみに、東京のクラブではたまに見かけるが、この日は地方巡業だったのか?
普通に浴衣で(ドレスコード的にOKなのかなぁ?)ウロウロしたり、VIP席で寛いだりしているからまぁ、目立つ。
それで、モテているのかどうかは分からないけど、周りには女の子がいることが多い。
そういうのを求めてこの力士3人もクラブを探してうろついているのだろう。

ちなみに、3人の力士のうち、2人は御付きのものだったので、
一番偉い力士に従って歩いていた。
歩く途中、握手を何度も求められていた。大変な職業だと思う。
今は外国人も多い競技だが、日本古来の格闘技であり、品を重んずるところがあるから、
握手を求められて無碍には扱えないのだろう。
素直に「さすがだな」と思っていたのだが、可愛い女の子から握手を求めれ、快く応じた後、
「握手ばっかりじゃなくて、やらせろよな。」と女の子がいなくなってから、言い放っていた。
こっちが本音なんだろう。まぁ、直接言ったわけではないからいいんだけど、
オトコとしてはそう言いたくなるだろうなーと思う。
「手とか握らなくていいから、俺のを握れよ。」とか
「俺と夜の相撲を取らない?」とか「俺の四十八手見てみない?」とか言わないから偉いと思う。

そのまま力士を放って僕らはRivieraへ。
Rivieraは札幌a-lifeの姉妹店らしい。
東京では無くなったa-lifeも(と言っても、また復活するらしいが)、
札幌では一番幅を利かせていることが分かる。

23時にして、クラブの前には行列が出来ていた。
行列を見ていると、とにかく若い。
20代前半というか、未成年とかいないかな?というくらい若い。
30代前半の僕は、自分でも浮いていると分かる感じだ。
暗い店内では分からないかもしれないが、ちょっといたたまれない。

IMG_5414

箱は綺麗で、上の写真は2階のテーブル席だが、
似たような感じで1階にVIP席があり、そこが一番洗練された場所だったように思う。

IMG_5410

人の入りは行列の割にはまだまだボチボチで、
それは単純に時間的に少々早かったからのように思う。
DJもまだやる気なさげだし、一旦店を出てa-lifeに行ってみることにした。

その前に、時間つぶしも兼ねて、
すすきのの商業施設「ノベルサ」にて観覧車に乗ってみた。
1階にはイタリアンバールや居酒屋があり、
7階建ての商業施設内には「ゲームセンター」や「カラオケ」・「インターネットカフェ」が入っているので、
0時くらいにはまだ人が残っている。

最上階に観覧車乗り場があり、
平日は23時まで、休日前は朝3時まで運営しているので、
地元民にはなんてことないかもしれないが、札幌市内を見渡せる絶景ポイントだと思う。

とはいえ、高所恐怖症の僕は観覧車に乗ることはあまり気の進まないところだが、
同行のM嬢のたっての希望で乗ることに。
※数年前に、大阪の海遊館でこのブログの読者の女性と観覧車に乗ったことがあった。
別に、その女性と淫らな関係にはなっていないのだが、
それを知っているM嬢は「高いところ嫌いなのに、私とは乗れないわけ?」と言うので、
仕方がないから乗ることにした。

怖いとしか思えないので、遠くの方をチラッと見て、
あとはうずくまりながら、十分間の空中散歩を終えた。

IMG_5419

この後、a-lifeへ。前日も行ったが、盛り上がりに欠けていたので、
スタッフに聞くと金曜夜より土曜夜の方が・・・ということだった。

IMG_5430

確かに前日より人が入っていた。
ここでは、ツイッターで知り合ったナンパ師2人とお話する。
札幌ではa-lifeとRivieraのみしか機能して無いようだ。
転勤で北海道に居る2人は東京大阪のクラブ事情も知っており、
地方都市でもあり、物足りない部分もあるが、ナンパはそれなりにうまくいっているらしい。
具体的な手段は聞かなかったが、箱の中でいちゃつくよりも
連れ出し打診でもして、飲みに行って・・・という感じだろう。

ただ、この移民2人は特別で、地元民は不甲斐ない印象を受けたままだ。
福岡でも感じたシャイボーイ達の集まりの雰囲気。
「俺ってば、クラブでナンパしてるんだぜ。」なんて、リア充ぶってクラブに行かない友達には話をしているのに、
実際はチキンだからただ大人しく飲んでいるという感じ。

IMG_5231

これは一日目の写真だが、二日目も大して変わっていない。

一番笑ったのは、後ろの席の方で男の子がシャンパンを購入したこと。
たぶん、彼なりに思い切って奮発して買ったはず。
なんなら、ナンパのきっかけにしようと女の子を意識して、自分に注目させるために買ったのに、
彼はなぜかシャンパングラスを周りにいた、友達でもない人にまでおずおずと配り始めた。
周りの男性たちも戸惑っていたし、
二人組の女性がいて、思い切って声をかけて渡したのに、「これ、何なの?」と言わんばかりに
しかめっ面をされていた。
そして、「今日は僕の誕生日です。かんぱ~い」と声高らかに宣言し、
周りの男性(友人ではない)から「イエーイ」とアホ丸出しの祝福を受けていた。
ちなみに、女の子二人はシカトしていた。タダ酒うまいな・・・みたいな顔をしていた。
誕生日の彼も女の子のところに行って、「乾杯」とグラスを合わせるだけで何か生まれるかもしれないのに、
配ったまま完全に放置していた。
しっかりしろよ!と思うのだが、シャイボーイ過ぎてシャンパンを使っても何もできなかったのだと思う。
可愛そうに思ったので、僕も持ってたコップを彼のシャンパングラスに当て、「おめでとう」と言っておいた。
一応、「イエーイ」という返事だけもらった。

正に「振る舞い酒」なのだが、
どちらかというと、知らない人に物を配るという点では、
家が出来る前に家の上から餅やお金を投げる行事に似ているなと思った。

その後も、店内に動きは無く、
振る舞い酒の彼も、「乾杯」のシーンから5分後にはソファに座り直して大人しくなってしまったので、
a-lifeはこんなものなのだなと思って後にした。
全然チャラくなかったのが非常に残念だった。

この後、再度Rivieraに戻ると、こちらは超満員。
ちなみに、1階のVIP席には先ほどの力士達が座っていた。

IMG_5455

写真はうまく撮れていないですが、人がたくさんいたってことが分かってもらえれば。
集客という面では、札幌ではRivieraが一番盛り上がっているようでした。

帰りがけに、五丈原というラーメン屋さんに行きました。

IMG_5481

一日目夜に行った一幻の近くにあるのですが、
リニューアルして綺麗な店舗となった一幻に比べてこの小汚い店構え。
でも、この本店は何十年も前からあって、
札幌と言えば、ラーメン・・・ってなる前からずっとあったお店らしい。
そう聞くと、雰囲気があるようにも感じる。

IMG_5483

味は塩とんこつ、ちぢれ麺がいい感じ。
昔は裏メニューだったというチャーシューおにぎりは150円です。

味は普通においしい。個人的には一幻の方が好きだけど、
夜遊んだ後に食べるラーメンとしては十分に胃に沁みる美味しさだ。

時間は閉店間際の3時だが、大学生風のお兄ちゃんが何人も入ってきたり、
タクシーの運転手さんや夜の仕事のお姉さんがチャーシューおにぎりだけテイクアウトしていたり、
カウンターが10席ありましたが、この時間で、並ばない程度に混雑していました。

閉店の3時過ぎでも融通して空けているらしく、僕らは3時過ぎに店を出ました。

と言った感じで、札幌クラブ放浪記2日目は終了です。
これから札幌のクラブに行く旅行者は「Riviera」、次点で「a-life」を勧めます。
あと、年齢がアラサー以上の場合は「a-life」に・・・とも思います。

今回も福岡沖縄に引き続き、
クラブ好きでもない(どころか、普段は規則正しく生活している)M嬢を連れまわすことになりました。
最後にラーメンまで食べてくれて、クラバーじゃない女の子はこういう夜の不摂生は嫌がるのになーと
思いつつ、本当にありがたいと思いました。

僕のくだらない趣味に嫌な顔一つせず、付き合ってくれる人がいるのはただただ感謝です。

次回は、三日目の昼間の旅行記を書いて、札幌篇は終了となります。
ご拝聴ありがとうございました。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ





03:39│コメント(12)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月23日

image

北海道滞在二日目。
一日目は北海道の友人達に会い、北海道グルメをご馳走になり、
夜はクラブ巡りをした。
かのエーライフはイマイチだったが、自分の青春時代を思い出すようで感動で涙が出た。
いや、さすがに大袈裟か。

というわけで、二日目も昼間は観光、夜はクラブに行く。
M嬢と旅に出る時はこのスケジュールがデフォになりつつある。
気怠そうに「仕方ねーなー」と言う顔をしてクラブに行っていた嬢も
今ではクラブ開拓に余念がない・・・とまで言ってくれれば僕もありがたいのだが、
相変わらず顔を能面のようにしながらついてきてはくれる。「もう何も言うまい」とあきらめているのだろう。
そこらの阿吽の呼吸はまるで老夫婦のようだ。

8月某日土曜日 @札幌・北海道大学~小樽・青梅食堂

北海道のガイドブックには必ず観光地として北海道大学が載っている。
これはなかなか珍しいことだろう。
福岡の九州大や沖縄の琉球大みたいなその土地で有名な名門大学が名所になることはない。
早稲田も慶応も創設者は有名だが、わざわざ観光ってほどじゃない。
東大の赤門くらいか?

北海道大学が観光名所として有名なのは「博物館」「家畜舎」が見れること、
北海道大学創設者クラーク博士の銅像が立っていること、
秋にはイチョウ並木が綺麗になること、
こんな感じで見どころがいくつかあるみたい。

札幌の街中から徒歩数分とほんの少しだけしか離れていないのに、北海道大学は大きい。
そして、その広大な敷地は自然に囲まれていた。

IMG_5310

大学内は立ち入りは自由で、
公園のように子供を連れた家族やジョギングや散歩をする人が多くいた。
写真の川はさすがに人工的に作られたと思われるが、
浅瀬で子供がはしゃげるくらいゆるやかに水が流れている。

image

途中、学生たちがすいか割りをしていた。
その奥にはテントがあり、前日お泊まりしたらしい。
そういうのもあるのか。なんと健全な光景だろう。
都会の学生だったら、ビール瓶で頭を割って流血騒ぎになったり、
繁華街のごみ置き場で酔いつぶれてお泊まりしてるのに、
星を見ながら夜を過ごし、木々に囲まれて休日を過ごすなんてどれだけ素晴らしいだろう。
男女でいるのに、微塵もドロドロした感じが見えないのもいい。
テラスハウス的な、ビバリーヒルズ青春白書的な色恋の様子が伺えないのも。

僕はと言えば、大学生の時は引きこもりのような生活をしていたから、
ごみ置き場にもテントにもどちらにも縁が無い生活をしていた。
この子たちは僕にはまぶしすぎる。
何にもならなかった不毛な4年間を過ごしたなぁ・・・とどうしても暗い気持ちになってしまう。
僕も北海道大学に行けば何か変わっただろうか。
そもそも北海道なんて遠いところにわざわざ行こうなんて発想が無かったし、
オツムの出来不出来の関係からも、きっと来れなかっただろう。
そういえば、僕の同級生が北海道大学の獣医学部に進学していたが、
確かにすごいさわやかな奴だった。
それに比べて俺は・・・。
また卑屈になったところで横に居るM嬢を見ると
キャンパスの大きさと溢れる自然にびっくりしているようだった。

卑屈になってもM嬢への奉仕の気持ちを忘れない僕は言う。
「M嬢は童顔ですし、学生と言われても全然分からないですね。まるでこの風景に溶け込んでいるようです。」

表情はパーッと晴れやかに「でしょー」とばかりにスキップしている。
これで今日一日は気分よく過ごせるだろう。しめしめ。
M嬢は確かに童顔だ。肌も白いし、背丈も小さいから遠くから見たら大学生でも行けるだろう。
だけど、もうアラサーなのだ。近くで見たら皺の数も肌のハリも違う。

オエーー!!!! ___
    ___/   ヽ
   /  / /⌒ヽ|
  / (゚)/ / /
  /   ト、/。⌒ヽ。
 彳   \\゚。∴。o
`/    \\。゚。o
/     /⌒\U∴)
     |  ゙U|
     |   ||
         U

僕は心の中でこんな感じになりながら、敷地内を歩く。

image

この日は北大マルシェというイベントをやっていた。
農学部が主催する毎年恒例の行事で地元自治体やJAなんかもブースを構えていた。

image

作ったパフェの値段付け(繁盛しすぎていて売り切れ・・・)や

image

不思議な木工グッズ(誰が買うんだろう・・・)を売っていた。

他にも釜焼きのピザや乳製品、野菜、ワイン日本酒など色々売っていて、
かなり賑わっていた。観光客も地元民も混じっていた様子。

農学部の学生の企画で「道産牛乳」「道産とうもろこし」飲み比べ・食べ比べというのをやっていて、
数種類が容器に入れられたものを300円くらいで販売していた。
「北海道産の・・・」という枕詞だけで美味しそうなのに、
これをいくつか比べながら食べられる機会も無いので、なかなか面白かったです。
北海道大学が研究して生み出したとうもろこしなんかもあり、
農業に貢献している大学の状況も分かってすごいなーとなりました。
それぞれ「完全攻略本」という冊子(さすがに学生が作ってるので、コピーをホチキス止めしたやつ)が配られ、
「とうもろこし」の方は農学生と思われる「イシタニ君」による「俺の評価グラフ」入りでした。
恐らくお調子者と思われる「イシタニ君」による「俺の解説」は勉強になりました。
冊子にサインをもらおうと思ってスタッフにイシタニ君はいるか聞きましたが、
その日はいませんでした・・・。残念。

77aa6b1a

会いたかったよ、イシタニ君。

この後、クラーク博士の像の前で写真を撮り、
農学部校舎の中をウロウロしたりして、北海道大学を後にしました。
時間があれば、構内のカフェや博物館を見ても良かったのだろうけど。

この日はその後レンタカーを借りて小樽へ。
札幌と小樽が近い・・・ということすら知らなくて、車で1時間ほどと聞いてびっくり。
高速の国道5号線を使って車を走らせるとあっという間についてしまう。

お昼過ぎに小樽に着いたので、まずはご飯を食べに「民宿青塚食堂」へ。
小樽の市街地からは少し外れたところ、小樽水族館のすぐそばの海沿いにある。
ここはM嬢お得意のやくざネットワークからの情報である。
元・小樽支部にいた幹部から「姐さん、地元民のおススメはここッス」と勧められたらしい。

IMG_5315

その名の通り民宿なので、二階は泊り客の部屋なんだろう、
食堂部分の一階は100人近く収容できそうなくらいの広さにテーブルと座席があった。
「民宿」で「食堂」という欲張りな名前は結局どっちやねん!
・・・いや、失礼、どっちやねんねん!と言いたくなりました。

自動販売機の前では、おっきいにしんが炭火で焼かれている。

IMG_5317

店内では貝類が焼かれていた。

image

昼時とあって、おばちゃん達数名がせかせかと働いていた。
待ちはしないが空席が無い程度に人が入っていて、
なんとなく海外からの旅行者が多い気がしました。
外国人用のガイドブックに載っているのかな?という感じ。

メニューは豊富で「カレー」も「ラーメン」も「もりそば」も売ってました。
海鮮料理だけじゃないって、なんでやねん!いや、なんでやねんねん!(言いたいだけ)

僕は魚が好きだけど、数ある魚からでも普段選ぶことのない「にしん」の定食(¥1300)を、
M嬢は「うに・いくら丼」を食べました。
さすがに店の前で焼かれてるのを見ると食べたくなりました。
普通に美味しかったです。うん、普通に。
ここに住めば、このくらいの鮮度のいい魚が毎日食べられるんだなーという感想でしょうか。

IMG_5325

この後、小樽の市街地方面へ戻って船に乗ります。
あの有名な小樽運河のクルーズ・・・ではなく、海をクルーズです。

長くなるので、一旦切ります。次回は二日目午後編です。


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ




23:53│コメント(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月08日

一時過ぎに、北海道の友人達とお別れして、クラブに行くことに。
北海道の友人達は僕の知り合いなので、
無理矢理同席させたM嬢は居心地が悪かったろうに、
さらには、すすきのの夜を連れまわす。
生活リズムが朝型で既に「おねむ」のM嬢には迷惑だろうけど。

@すすきの  札幌a-life→Omnibus  8月某金曜日夜25時頃

クラブの盛り上がる時間と言うのは少々読めない。
終電の前あたりから朝方のどこにピークが来るのか、クラブによって違うが、
特に初めて行く場所は見当がつかない。
早く行き過ぎて待つのも億劫だが、遅すぎるのも残念に思う。
札幌で25時と言う時間が適切かは分からないけど、若干遅い気もする。

まずは、札幌エーライフへ。

札幌のクラブと言えば、まずはエーライフだろう。
数年前からこの場所にはずっと来たかった。
僕の母校とも言うべき懐かしのエーライフ。
僕のクラブライフは東京エーライフから始まった。ひいてはこのブログもエーライフが始まりだ。
毎週のように通いつめ、ナンパに精を出していたあの頃とは打って変わって、
どこか達観したような、悪く言えば自分の遊び心は枯れてしまっているが、
だからこそか、東京のエーライフが無くなってしまったのは自分の青春が消えてしまったようでとても悲しい。
自分の出身中学や高校が無くなったら悲しいでしょ。僕にとってはそんな感じ。

『世界で一番天国に近い島』のごとく、『日本で一番チャラい箱』と呼ばれていた東京エーライフは、
2012年に大々的に閉店した。
僕は行けなかったが、最後の日は朝10時くらいまでクラバー達が残っていたと聞く。
突然の閉店には色々と黒い噂もあったが、真相は分からない。
その後は名前を何度か変えて、今は「BRAND TOKYO」という名前になっているが、
昔ほどの盛り上がりは全くないらしい。
リニューアルオープンの時に一度顔を出したが、特徴のない箱になってしまっており、
それから様子が変わったとも聞かないので、一度も行ったことは無い。

その支店である「札幌a-life」は当時からあって、札幌に行く機会もないし、
行きたいとも思わなかったが、東京本店が潰れてからは、
札幌はどうなっているのだろう?とずっと気にしていた。
特に大阪名古屋に遠征して多くのクラブをまわるようになってからは、
「あの」支店はどうなっているのだろう?と国内では最も気になるクラブの一つだった。

国道36号線という札幌の中心部を走る道路沿いのビルにエーライフはあった。

IMG_5229

これこれ、このマーク!懐かしすぎ!!
ビルの二階には飲み屋などが入っていて、エーライフは地下にある。
一階にスタッフが立っていて案内などをしていた。

あまり人が入っていないのか、躊躇するくらいビルの周りが閑散としていて、
東阪名・福岡と大都市のクラブを渡り歩いた経験からすると物足りない感じ。

既に人は入っていて中は溢れかえっているのかも!という期待感は簡単に裏切られた。

地下一階への階段を降りると、小綺麗なバー空間。
札幌エーライフは超長方形の形をしており、過去見たことのないクラブの作りだ。

入口前方にガラス張りの部屋があり、この中にバーカウンターとDJブースがあり、
奥にあるメインのフロアとは違うジャンルの音楽がかかっていた。
脇に店全体を横断出来る通路があり、その先を行くと上記の部屋よりも大き目のDJブース、
ダンスフロアがあった。
テーブル席はソファもありゆったりした感じだ。
サイドにはレディースシートと、もう片側にはバーカウンターとプロジェクター、
DJブースの後ろはVIPフロアになっているようだった。

IMG_5234

ダンスフロアはこんな感じで、あまり踊っている人はいない。

IMG_5238

ダンスフロアの後方のテーブル席では男の子中心に寛いでいた。

男女比は4:1と言った感じの比率、徐々に女性の数も増えるのだが、
それでも雰囲気は変わらない。
なんというか、これと同じ風景をどこかで見たなぁと思っていた。
同行のM嬢も同じ感想を抱いたらしい。
シャイボーイで、女の子に声をかけたいけどかけられない・・・みたいな状況。
余裕ぶって足を伸ばしたり組んだりしているのに、
どこか余裕が無いように見えるのは気のせいではないだろう。
全員の視線が固定され、会話も無く、緊張感からか顔がこわばっている。
ここには座る場所があるから座っているだけで、本来立ちすくむんだろう?

クラブ日記No.163 福岡クラブ放浪記 ~クラブ「Cat's」 盛りのついた子猫たち

ここで見かけた様子と随分と似ている。

このバカタレが!!ナンパをしろ、ナンパを!!

元エーライフ高校のOBはうるさい。
偉そうに先輩面して部活にやってくるOBは正直面倒くさい存在だ。
それを知っていながら、後輩たちを叱りたい気持ちでいっぱいだ。

もっと声を出してけ!声がちっちぇんだよ~。

僕の心の中では怒声がとんでいた。

それでも、彼らを擁護するなら、人が少なすぎる。
店内には百人もいないだろう。
時間は二時前で、割といい時間帯のはずだ。
この男の子たちの寛ぎ具合から言ってピークには達していないのだろうが。

ものの30分ほどの滞在で様子も変わりそうになかったので、
一端ここを後にして、別のクラブに行くことにした。
数時間後の後輩たちの成長が楽しみだ。

今回の北海道旅は2泊3日のスケジュール、
あらかじめ調べた札幌のクラブのめぼしいところは全部で5か所ほどで、
次にいつ北海道に来るかも分からないので、
「あそこのクラブに行っておけば良かったな~」ってことにはしたくはない。

そんなわけで金曜の夜にもう1件はまわっておきたく、
「Omnibus Sapporo」を訪ねた。
場所はエーライフのある月寒通(国道36号線)を挟んで100メートル歩いたF45ビルの3階にある。
ビルの前には割れた卵のようなオブジェが飾っており分かりやすい。

男性¥2000のみ支払って入店。(女性は無料だった)

ここはLEDシステムがすごいらしく、
エーライフと対を成すような、札幌の二代巨頭のクラブ・・・とネットでの情報にはあったが、
実際には・・・

IMG_5259

ほとんど人が入っていなかった。
確かにこのライトの色はクラブにしては明るく斬新ではある。
しかし、先ほどのエーライフと違い、段違いに人がいない。
フロアの大きさはエーライフと同じくらいかそれ以上なのに、
フロアにはテーブルが置かれ、空席まで見受けられる。
後方にポールダンス用のポールがあったのだが、
その近くは立ち入り禁止のロープが張られ入れなくなっていたが、
それでも狭く感じないほどに人が入っていない。

IMG_5266

カウンターも綺麗で、オシャレな空間だとは思うのだが・・・。

あまりの人のいなさに戸惑い、フロアの隅にいると、
一人の男性が話しかけてきた。
今風のお兄ちゃんでイケメンなのだが、物腰柔らかに「楽しんでますか?」と
聞いてきて、「いや、全然楽しめないです。」と正直に言いかけたが、
突然の男性からのナンパに戸惑っていたところ、名刺を渡された。
名刺にはオムニバスの運営会社と思しき会社の名前と男性の名前が書かれており、
肩書は「代表」となっていた。
流れる音楽の大きさによく聞こえなかったが、
このクラブの代表かクラブを含めた幾つかのお店の代表かどちらかだろう。
こちらも名刺を差し出して、「クラブのフィールドワークに取り組んでおります御子柴清麿です。」
と自己紹介したいところだったが、向こう側も意味分からないだろうと思って、黙っていた。

あまりの人の少なさに驚いたので、「今日は金曜だが、土曜夜はもっと人が来ますか?」と聞いたら、
「同じくらいですよ。」と平然と言われたので、客の少なさに悲観しているわけでもなさそうだ。
割と一等地のビルにお店を構えて収益が成り立たないと思うのだが、大丈夫なのだろうか。
クラブではお馴染みの「畑中奈緒美」と「山田親太郎」をゲストに迎えたイベントの告知ポスターが
店内に貼られていたが、その時もこんな客の入りなのだろうか。ただただ心配だ。

店内には10数人しかいなかったのだが、そんな中一人の女の子が酔いつぶれており、
人目のつく中堂々とお持ち帰りを企み女の子を無理やり連れていこうとしている男がおり、
女の子が脱力しずぎていて、男一人のチカラでどうにも持ち運びできず、
トライしては諦めるという行為を繰り返していた。
混雑していたら、たぶん持ち帰られてるんじゃないかな。
女の子的には、ここが札幌でしかもオムニバスで良かったと思う。

IMG_5265
IMG_5273

結局、ここには20分ほどしか滞在しなかった。
数か月後に潰れないか心配なクラブでしかない。

そしてエーライフに戻ってみる。

IMG_5301

IMG_5286

まぁ、若干ではあるが人の入りも増え、盛り上がっているように見える。
オムニバスのすっからかんな空間を見たからなおさらだ。

曲は洋楽のヒットチャート中心にEDMも流れていた。
LMFAOやらLady Gagaやら若干昔の曲だったのが気になったが。

ナンパ戦線は異状なし。
おばちゃんが一人、男性をつかまえて濃厚なチューをしていたのが
浮いていたくらいだ。
あの頃の東京エーライフのチャラさを知っている僕にとっては、
勝手なエゴながら、もっとチャラっチャラのエーライフを見たかった。
あの入り乱れるようなおかしな空間はこの世には(少なくとも今の日本には)存在しないのだろう。
なんだかそんなことを思うと、当事者でもなんでもないが残念な気持ちになった。

若くて可愛い燕たち(♂)は僕が期待した成長をしておらず、
ピヨピヨと鳴くばかりでナンパに講じているようには見えなかった。
OBとしては、野球で言うところのノックでもして後輩を鍛えたかったが、
あいにく眠くなってきたし、明日(土曜)になればまた様子が違うかもしれないと期待し、
この日焼きを入れることは勘弁してあげた。

それに、「御子柴先輩、見本見せてくださいよ!」とか言われたら、
今の鈍(なま)った体とトークでは醜態をされることになるだろう。

明日までに練習しておけよ!

気弱な先輩は、またしても心の中で、吐き捨てるように後輩を叱りつけ、
午前3時半頃、ホテルに帰っていくのでした。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ



03:28│コメント(4)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月01日

最初から個人的な事情をしてしまい恐縮だが、
この記事の前に「前説・御子柴清麿と御子柴清麿と御子柴清麿」というものを書いてみた。
半月前くらいに一日だけアップしたのだが、
あまりの内容の不出来に恥ずかしくなって削除してしまった。
内容は、これから出てくる友人達との話なのだが、
まぁ、カットしても物語の都合上差支えないものでもあったので。
※出会いや交流の話が面白いのだが、僕の文章能力では表現しきれなかった。

というわけで、軽く説明すると、
友人と言いながら、仕事上世話になった兄貴分二人が北海道に転勤してしまい、
今回の旅で再会することになった。
折角なので、その友人達が北海道のお店を案内してくれたというわけ。

前回削除した記事で友人たちの人柄を知ってもらった上で、
以下の文章を読むとなんとなく楽しめるかなと思ったんだけど、
まぁ、ただのグルメ記事として読んでください。

IMG_5192

北海道初日夕方に新千歳駅に到着、
ホテルに荷物を置いて、友人達が集う場所に出向く。

今回、その二人に「北海道に遊びに行くからお会いできませんか」と連絡すると、
快くOKしてくれた。
折角北海道に来てれくれたのだからと「北海道の美味しい物を食べさせてあげよう」と、
最年長のAさんがお店を予約してくれた。

@札幌・すすきの 8月某金曜日19時 

19時にお店に到着する。
お店は「しゃぶしゃぶポッケ」というお店。
北海道で有名な「はちきょう」や今回のお店の本店「ジンギスカン ポッケ」が入っている、
すすきの駅から徒歩一分の都ビルの5階に入っている。

「はちきょう」は北海道民なら知る人ぞ知る「つっこ飯」といういくら丼で有名なお店。
ご飯の入った丼にお客がストップと言うまでいくらを乗せ続けるという痛風の人泣かせな名物らしい。

ガジェット通信「食べ残したら罰金!絶対食べ残しが許されないつっこ飯って何だ?

そして、ジンギスカンで有名な「ジンギスカン ポッケ」。
ビール園なんかでお馴染みのジンギスカンだが、
すすきのにもジンギスカンを取り扱うお店はいくつかあり「ポッケ」もそこそこ知られた存在らしい。
どのジャンルの料理もそうだがジンギスカンも、肉や調理法に店それぞれ工夫がある。
このお店は「赤平」という地域で育てられた癖のないラム肉を使用し、
調味料も各種無添加にこだわっているとのこと。

今回伺ったのはこの系列店で、同じビルの5階にある「しゃぶしゃぶポッケ」。
こじんまりした元スナックと思しき店内の内装で、カウンター席とテーブル席が三つほど。

200x200_square_25635773

金曜日の夜19時頃着いた時には店内カウンターに数人いる程度だったが、
20時を過ぎたあたりで満席になり、
予約なしで来店する客はお断りされていたようだった。

最年長Aさん30代後半は奥さんを連れて、
Bさん30代半ばは独身なので一人で、
そして僕30代前半はヤクザの愛人M嬢を連れ、酒盛りをした。

ここは上記のラム肉をしゃぶしゃぶで提供する店。
陰陽型の形をした鍋に二種類のスープを入れ、
二つの味が楽しめるようにしてある。

IMG_5195


塩と黒ゴマの黒いスープと
昆布で出汁をとった白いスープの2種類のスープにラム肉をくぐらせて食べる。

今回は食べ放題飲み放題なので、肉と野菜が際限なく追加される。
AさんとBさんは大食いだが、僕は少食なのでそんなには食べられない。
それでも、二つのスープで味が変わるからか、食べ放題の制限時間の90分間食べ続けてしまった。
肉は臭みが無いのだが、やはりお腹に溜まってくるくらい食べると
さすがに豚肉や牛肉と違うなと分かってはくる。
味はそれなりというか、美味しい部類に入っていると思う。激ウマってほどではないかな。
僕はお酒を飲まないのだが、Aさん・Aさんの奥さん・Bさんはかなり飲まれる方で、
肉もガツガツ食べ、ビールもアホほどおかわりしていた。
北海道だから飲食店で扱うサッポロビールのシェアは高いらしい。
このお店ではサッポロビールクラシックという地ビールを提供しており、
ライトで飲みやすいらしく、肉とも相性が良いそうだ。

久々に3人で集まって話をして、昔話や近況に花が咲き、
北海道の美味しいお店を紹介してもらったりした。
※AさんとAさんの奥さんは北海道出身で
札幌ラーメン・スープカレーのおススメを尋ねたら激論になっていた。
やっぱり道民それぞれに好き嫌いやひいきのお店があるらしい。
Aさんの奥さんとM嬢も緊張が解けたところで食べ放題の時間が終了してしまった。

お店を出て、「御子柴さん、この後どうする?もう一軒行く?」と聞かれる。
同行のM嬢が知らない人達との交流を嫌がっているかもしれないというのと、
この後はクラブに繰り出し、調査する使命が残っていたが、
折角来たのにものの数時間ではもったいないと思ってしまい、
「ぜひもう一軒、おススメに連れて行ってください」とお願いした。
地元民としては観光に来た自分の友人に良い思いをしてもらいたいというのは誰も変わらないらしい。
Aさんと奥さんはしきりに悩んでいたが、タクシーを二台呼びつけて、
若干市街地とは外れた方向に走り出した。

@N43 22時~

北海道に行くまで知らなかったのだが、
ドリカムの歌に「LAT.43゜N ~fourty-three degrees north latitude~」という歌がある。



1989年に発売されたドリカム4枚目のシングル。
札幌と東京で遠距離恋愛をしている男女は
いつもN43という札幌のバーで待ち合わせをしていた。
最近は彼氏に連絡がつかなくて疎遠になってしまっている。
東京から来た私はN43で一杯飲みながら切なさ悲しさを噛みしめているといった歌詞だ。

時代が違い過ぎるからかなかなか感情移入は出来ないのだがいい歌だと思う。

すすきのから20分ほど車を走らせると、
若干小高い山にさしかかり高級住宅地のような場所になる。
藻岩山というロープウェイもある山の一角にそのお店はあった。

山の中にあるから夜は暗闇なのだが、そのお店だけ白くライトアップされている。
IMG_5219

お店自体は3階ほどにあり、外にある階段を上って行く。
店内に入る直前でチラリと遠くの札幌市内の夜景が見えるのだが、
お店に入った瞬間にその美しさに失神してしまいそうになった。
マジで濡れた。

この美しさは僕の稚拙な言葉では表現できない。
写真も撮ったのだが上手に撮れていない。

大きな一枚のガラスの向こう側には宝石箱を散らしたような札幌の夜景が広がっていた。
山の中にあるのに、ガラス越しに木も葉も無く、小高い丘のような場所から一直線に遮らず
手を伸ばしたら届きそうな先に夜景がある。
店内は本当に暗く、足元もおぼつかないくらいだ。
だけど、それは夜景を映し出すために意図的に暗くしている。
スタッフも黒い服で身を包み、テーブル・椅子すべてが黒で統一されている。
無駄を一切排除し、夜景のみを浮き立たせる配慮が伺える。

IMG_5213

このバーは25年以上、開店当時から雰囲気を変えず運営しているらしい。
途中、店の周りに民家が出来始め、それが嫌になって、
札幌と小樽の間に「ユーラシア404」というバーをオーナーが作ったらしいが、
そちらは今は閉店してしまっているらしい。

北海道出身の吉田美和(Dreams come trueボーカル)・松任谷由美や大泉洋がここのファンだそう。
とはいえ、現地民からはそれほどでも・・・という評価らしい。
僕が観光客だからか札幌の夜景を見慣れていないからか、少なくとも僕は感動した。
僕が女の子でこの場所で男に告白されたら、
どんなブサイクで嫌味な男でもOKと言わしめるくらいのポテンシャルがあると思う。

最初はテーブル席に案内され、30分後くらいにカウンター席に案内された。
スタッフも分かってくれているらしく、順番に案内してくれる。
カウンター席からの眺めは最高だ。
お酒のメニューは決して安くはないが、ワインやカクテル中心に、
ホットメニューやソフトドリンク(ノンアルコールカクテル)も置いてあった。
場所柄、車で来る人も多いからってことかなと。

もしカップルで札幌に行く機会があれば、ぜひここには行っていただきたい。

この後、ついでにもう一軒行こうとなり、僕らの泊まっているホテルの近くにある
「えびそば 一幻 総本店」というラーメン屋さんで締めました。

ここは会社の先輩におススメされていたところで、
現地の方も美味しいと太鼓判を押してくれました。

IMG_5222

1時近いのに、店の前には行列が出来ているほど。
福岡に行った時もラーメン人気がすごいと思ったけど、北海道も負けてない。
ここでは、店内でも椅子に座って待つことになりました。
30分ほどでしょうか。

冬だったらちょっと辛いかもしれないです。

IMG_5224

「えびみそ」「えび塩」「えびしょうゆ」の三つから、「えびみそ」を選択。

※さらに、味の種類を聞かれます。
そのまま・・・ えびの風味をそのまま活かしたストレートスープです。
ほどほど ・・・ えびスープにほどほどのとんこつスープをブレンドしました。
あじわい・・・ ほどほどにさらにコクを加え、あじわい深く仕上げました。

注文してからはものの数分で出てきます。
顔を近づけるとエビの匂いが食欲を誘います。

スープは濃厚でエビと味噌の香りと旨味が口に広がる感じ。
お酒を飲んだ後はたまらなく美味しいと思います。
僕は一軒目のしゃぶしゃぶでお腹いっぱいだったけど、ペロリと平らげてしまいました。
普通に美味しい店でした。

店内は回転が速く、みんなすぐに出て行きます。
僕らも倣って食べて十分ほどでお店を出ました。

AさんBさんとはここでお別れ。
「北海道で分からないことがあったら電話するように」と最後まで面倒見のいい兄弟なのでした。
僕がこんなブログを書いているなんて知らない人たちです。
このブログには関係ないけど、僕にとっては会う意味のある友人達に感謝しきりでした。
おかげさまで良い北海道旅の初日になりました。

この後は、クラブに。
札幌のすすきのをブラブラします。

☆しゃぶしゃぶ ポッケ
場所:北海道札幌市中央区南3条西3丁目 都ビル 3F
札幌市営地下鉄南北線すすきの駅 1番出口 徒歩1分
TEL:011-212-1629
営業時間:17~27時
定休日:無し
URL:http://hokkaido-pokke.com/

☆N43
場所:北海道札幌市中央区伏見3-13-20
TEL:011-511-0043
営業時間:17~25時
定休日:火曜日・第三水曜日
URL:公式HP無し。

☆えびそば 一幻 総本店
場所:札幌市中央区南7条西9丁目1024-10
地下鉄南北線「中島公園」駅2番出入口より徒歩15分
TEL:011-513-0098
営業時間:11~27時
定休日:水曜日
URL:http://www.ebisoba.com/shop-honten.htm


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな



02:18│コメント(4)このエントリーをはてなブックマークに追加