感想

2017年05月01日

IMG_0332

【初めてお読みいただく方へ】

当ブログをお読みいただきありがとうございます。

このブログは私御子柴清麿が2012年にクラブ(踊る方の)に出入りするようになってから、
自分のメモ帳(覚え書き)のために立ち上げたのがきっかけで書き続けているものです。
アラサー独身のサラリーマンである僕は、
会社では超マジメで女性関係に縁のない童貞のような存在でありながら、
実態は六本木を闊歩するクラバーで、表と裏の顔を使い分けて夜の生活を楽しんでいました。
当初はクラブでナンパをし、女性と性的な関係を持つことだけを考えていました。
元々文章を書くことは好きでしたので、行為に至るまでの経緯や失敗談を面白おかしく人に話したり、
クラブナンパという技術を共有したり、
自戒や反省を言語化したりすることで次に生かすような目的を持ってブログを書いていました。

その後、「クラブ」という場所自体に興味の対象が移り、
どのようなクラブが流行っているのか様々なクラブを訪ねています。
僕は現在東京在住ですが、大阪名古屋に行ったり、最近は海外のクラブを訪ね、
その場所や国の文化や人柄を感じるのにハマっています。
「クラブ」でそんなこと分かるの?(笑)って思うかもしれませんが、
さすがに何年もクラブに行き続けると、
「クラブ」というフィルターで物事を見ることが多少は出来るようになるみたいです。

そして僕にとって大きかったのは、このブログを通じて一人の女性と出会い結婚したこと。
ナンパをしていた時もクラブを旅していた時もずっと応援してくれていました。

そんなわけで、ナンパからはきっぱりと卒業した僕ですが、
長らく続けてきたブログを閉鎖する気にならず、ダラダラと放置している状態です。

僕の経験や昔訪ねたクラブの情報は昔のものではありますが、
似たようなブログが多くある中で、まだまだ人の役に立つ存在価値があるようなので、
適任となる人が出てきたり、情報が古すぎたりして迷惑をかけるようになるなら、
畳むつもりでおります。

以下のクラブ日記一覧のNo.130~134の「ハプニングバー」編、145~148の「緊縛リーマン」編、
それから記事・まとめ①にある、「みこ散歩(旅行記)」(沖縄編・台湾篇・飛田新地篇)など、
クラブ以外の変則的な記事も途中から多くなっています。
自分で言うのもおかしいですが、僕は天性のトラブルメーカーなので、
どこに行っても何かしら事件が起こります。
だから、「御子柴ってアホなんだなー」って笑いとばしてもらえるように、
読者の生活の一コマにささやかな笑いの風を吹かせられるようにブログを書いています。

初めて読んでくださった方にはクラブに行ったこと無い人も多いと思います。
クラブの経験の有無は別にして、「クラブ」という言葉だけで鼻をつままずに、
ちょっとだけ僕の今まで書いたものを覗いてもらえると嬉しいです。
どうぞ、ご愛顧の程、よろしくお願いします。

【クラブ日記】

クラブに行き始めたのが2011年9月。ブログを始めたのが2012年4月。
2012年3月後半から現在までの出来事です。

ナンパをするために、女性と出会うために、当初はクラブに行っていました。
最初はクラブで会った女性との出来事のあれこれを書いていました。(第一章)
クラブの楽しさに触れ、クラブミュージックを紹介してみたり、
クラブ周りの法律を調べてみたり、少しずつクラブそのものに心酔していき、
ついには、大阪遠征・名古屋遠征と東京を飛び出しました。
目的がズレつつあった僕はさらには秋葉原・新宿二丁目といった
変わり種のクラブにも出没。(第二章)
そして、ついに世界へ。台湾・ベトナム・韓国を放浪しました。
これからもまだまだ海外でクラブライフを楽しむ予定。
夢はスペインのイビサ島です。
ナンパはしなくなってしまったけど、引き続きクラブの面白さを伝えていきたいと思います。

※個人の特定を避けるため、ある程度ぼかして書いています。
事実に基づいたフィクションだと思ってお読みください。

初期の頃は文章が下手で面白くもないため、ブログの書き始めは削除しました。
個人的にはNo.60~100くらいの間に文章が上手になった気がしてます。
初めて読む方はNo.84~85の「パーティー潜入編」、
98~100の「ゲイクラブ潜入編」あたりが導入としては読みやすいと思います。

No.1 3ヶ月ぶりの出勤(非公開)
No.2 南国バリでの出来事(非公開)
No.3 悪夢のジニアス(非公開)
No.4 初めてのクラブナンパ
No.5 13日の金曜日(非公開)
No.6 怒涛のハシゴ大作戦
No.7 怒涛のハシゴ大作戦Part2
No.8 自分史上最速4日後のアポ(非公開)
No.9 ディアナ2周年カウパー大量分泌Night
No.10 屈辱の合コン ~悲劇のひょっとこ編~
No.11 御子柴、エーライフで熟考する
No.12 驚異のグラインド殺法
No.13 他愛のない女社長・他愛のない合コン
No.14 悪夢のジニアス再び(非公開)
No.15 ゴールデンウィーク総括(非公開)
No.16 骨折り損のくたびれ儲け(非公開)
No.17 自分に適したナンパスタイルを
No.18 欠番
No.19 日本一の大箱 アゲハ偵察
No.20 吉田兄弟の三味線に惚れ惚れ
No.21 御子柴、外国人にナンパされる
N0.22 natto919さんとデート
No.23 北斗晶との格闘の行く末は・・・
N0.24 お持ち帰り王手・・・からの~(ザキヤマ風)
No.25 ロアビル発自分の家経由ラブホ行き
No.26 夜の六本木で暗躍する闇ネットワーク
No.27 御子柴、フラワーで厳重注意を受ける
No.28 バスト占いの歌を口ずさみながら・・・Part1
No.29 バスト占いの歌を口ずさみながら・・・Part2
No.30 日比谷ディアナで丸刈りレベルの坊主
No.31 3連休3夜連続クラブ祭り 第一夜 スリと飲み過ぎにご用心
No.32 3連休3夜連続クラブ祭り 第一夜② お嬢さん!落し物ですよ!
No.33 3連休3夜連続クラブ祭り 第ニ夜 悪魔召喚 in 六本木
No.34 3連休3夜連続クラブ祭り 第三夜 ドキっ!男だらけの水泳大会
Np.35 3連休3夜連続クラブ祭り 第三夜② パールをチラ見&ガン見
No.36 渋谷キャメロット雑感
No.37 サラリーマン・ギャル男・御子柴清麿、三つ巴の戦い
No.38 ハチさんとブレックファストミーティング
No.39 御子柴格付けチェック!(A級~D級) A級受付嬢編(非公開)
No.40 御子柴格付けチェック!(A級~D級) B級アイドル編
No.41 欠番
No.42 御子柴格付けチェック!(A級~D級) C級モンスター編
No.43 御子柴格付けチェック!(A級~D級) D級OL編
No.44 ロンドン五輪開催中にひっそりとアジア選手権開幕
No.45 なぜ君とセックスできないのか
No.46 深夜徘徊 in 渋谷 アトム→ハーレム→キャメロット
No.47 欠番
No.48 誠実系ナンパの模範例
No.49 長かったのか短かったのか分かりませんが最低の一ヵ月間でした!
No.50 無差別?計画的?ロアビル襲撃でナンパを決行 notフラワーbutバニティ
No.51 女の子に「奢る」ということについて①
No.52 女の子に「奢る」ということについて②
No.53 女の子に「奢る」ということについて③
No.54 欠番
No.55 欠番
No.56 欠番
No.57 名古屋遠征レポート其の一 プロローグ
No.58 名古屋遠征レポート其の二 iD
No.59 名古屋遠征レポート其の三 W→アマテラス→エンポリアム
No.60 名古屋遠征レポート其の四 Gen’s 2nd 
No.61 名古屋遠征レポート其の五 プラチナム
No.62 名古屋遠征レポート其の六 アマテラス
No.63 女の子に捨てられる愛しさと切なさと心強さと・・・
No.64 日泰平和友好条約
No.65 化粧品売り場を僕がウロウロする理由
No.66 異業種交流会に参加してみた①
No.67 異業種交流会に参加してみた②
No.68 あの・・・生理が来ないんだけど・・・。
No.69 クラブのダークサイドに気をつけろ!
No.70 クラブのダークサイドに気をつけろ!②
No.71 クラブのダークサイドに気をつけろ!③
No.72 初めてクラブでナンパした女性を抱いた時の話
No.73 きっかけは何でもいい 爆撃メール送信のスゝメ
No.74 大阪遠征レポート プロローグ
No.75 大阪遠征レポート其の一 ジラフ
No.76 大阪遠征レポート其の二 バンビ
No.77 大阪遠征レポート其の三 プラチナム→アウル
No.78 大阪遠征レポート其の四 SAM&DAVE
No.79 大阪遠征レポート其の五 バンビ Part2
No.80 大阪遠征レポート其の六 アズール
No.81 日本人・台湾人男性が必死の形相で棒と玉を駆使するジュマンジにて
No.82 バニティ・カラー・ミューズ 六本木三大クラブ比較
No.83 一週間前、高校の卒業式があったってことは?
No.84 パーティーへの誘い(いざない)前篇 乱交?ドラッグ?マルチ勧誘?
No.85 パーティーへの誘い(いざない)後篇 乱交?ドラッグ?マルチ勧誘?
No.86 Brand Tokyoに音楽喫茶パールの匂いを感じた夜
No.87 大阪遠征レポート~再訪~ プロローグ 東京大阪クラブ比較
No.88 大阪遠征レポート~再訪~其の一 バンビ→G2→ヘブン
No.89 大阪遠征レポート~再訪~其の二 ジュール(joule)
No.90 大阪遠征レポート~再訪~其の三 ワックス(WAX)
No.91 大阪遠征レポート~再訪~其の四 プラチナム(PLATINUM OSAKA)
No.92 大阪遠征レポート~再訪~其の五 バンビ→G2
No.93 大阪遠征レポート~再訪~其の六 関西女子との絡み①
No.94 大阪遠征レポート~再訪~其の七 関西女子との絡み②
No.95 大阪遠征レポート~再訪~其の八 OWL→プラチナム at VIP席
No.96 大阪遠征レポート~再訪~其の九 総括・・・と今後のクラブ活動について
No.97 御子柴、V2オープン日にゲロまみれになるの巻
No.98 巨根伝説とコックリングナイト~新宿二丁目 ArcH~前篇
No.99 巨根伝説とコックリングナイト~新宿二丁目 ArcH~後篇
No.100 巨根伝説とコックリングナイト~新宿二丁目 ArcH~おまけ
No.101 台湾クラブ放浪記 ~前奏曲(プレリュード)~
No.102 台湾クラブ放浪記 ~夢想曲(トロイメライ)~ @Myst
No.103 台湾クラブ放浪記 ~練習曲(エチュード)~ @babe18
No.104 台湾クラブ放浪記 ~哀愁曲(エレジー)~ @box
No.105 台湾クラブ放浪記 ~円舞曲(ワルツ)~ @Luxy
No.106 台湾クラブ放浪記 ~間奏曲(インテルメッツォ)~ @Muse
No.107 台湾クラブ放浪記 ~夜奏曲(ノクターン) ~@babe18②-前編
No.108 台湾クラブ放浪記 ~狂想曲(カプリッチオ) ~@babe18②-後編
No.109 台湾クラブ放浪記 ~助奏曲(オブリガート) ~@Spark
No.110 台湾クラブ放浪記 ~幻想曲(ファンタジア) ~@LAVA
No.111 台湾クラブ放浪記 ~輪舞曲(ロンド) ~@LAVA-後篇
No.112 台湾クラブ放浪記 ~小奏鳴曲(ソナチネ) ~@LAVA from side-Dragon①
No.113 台湾クラブ放浪記 ~奏鳴曲(ソナタ) ~@台北市内 from side-Dragon②
No.114 台湾クラブ放浪記 ~超絶技巧曲(トランセンダンテ) ~海外ナンパのマストアイテム集 
No.115 台湾クラブ放浪記 ~鎮魂歌(レクイエム)① ~台北101 from side-Dragon③
No.116 台湾クラブ放浪記 ~鎮魂歌(レクイエム)② ~台北市内某ホテル from side-Dragon③
No.117 台湾クラブ放浪記 ~終奏曲(フィナーレ) ~台湾クラブ案内とルール
No.118 ナンパを辞めた俺はしぶしぶ秋葉原のクラブを訪問しました 秋葉原mogra 前編
No.119 あの日行った箱の名前を僕たちはまだ知らない 秋葉原mogra 後編
No.120 ナンパと女遊びの終焉
No.121 ベトナムクラブ放浪記 その一 ~報恩謝徳~ 
No.122 ベトナムクラブ放浪記 その二 ~勢力伯仲~ 日本とベトナムのクラブの違い
No.123 ベトナムクラブ放浪記 その三 バイク川崎バイクとの出会い
No.124 ベトナムクラブ放浪記 その四 オニイサン、イケメンネ!
No.125 ベトナムクラブ放浪記 その五 ハノイ最大のクラブでベトナムギャルにディスられる
No.126 ベトナムクラブ放浪記 その六 地獄の黙秘録
No.127 ベトナムクラブ放浪記 その七 ホーチミンの夜に響く美声「Tottemo daisuki Doraemon♪」 
No.128 ベトナムクラブ放浪記 その八 ベトナム性風俗事情 ~未体験編~
No.129 28歳老紳士の隠遁生活 ~渋谷「T2」レポート~
No.130 初めてのハプニングバー① ~痴女と電マとスタンプカード~
No.131 初めてのハプニングバー② ~M男とムチとタオルケット~
No.132 初めてのハプニングバー③ ~バイブとゴムと亀甲縛り~
No.133 初めてのハプニングバー④ ~松の部屋と生贄の祭壇~
No.134 始めてのハプニングバー⑤ ~前戯と僕と早漏疑惑~

No.135 大阪遠征レポート ~再々訪~ プロローグ
No.136 大阪遠征レポート ~再々訪~其の一 バンビ→G2
No.137 大阪遠征レポート ~再々訪~其の二 アンモナ→ジョーズ
No.138 大阪遠征レポート ~再々訪~其の三 アンモナ→ジョーズ②
No.139 大阪遠征レポート ~再々訪~其の四 ダブル→ワックス→プラチナム
N0.140 沖縄遠征レポート ~プロローグ~ 国際通りを歩いてみた
N0.141 沖縄遠征レポート Fantasy Space Okinawa・saicoLo 前篇
N0.142 沖縄遠征レポート Fantasy Space Okinawa・saicoLo 後篇
N0.143 沖縄遠征レポート B-style(元code-b)
N0.144 沖縄遠征レポート UNDER GROUND GOLD
No.145 エロチカ・ジャポネスクvol.09に参加してみた 其の一 ~私の奴隷になりなさい~
No.146 エロチカ・ジャポネスクvol.09に参加してみた 其の二 ~花と蛇と緊縛リーマン~
No.147 エロチカ・ジャポネスクvol.09に参加してみた 其の三 ~禁断の縄奴隷、緊縛リーマンが話題になる~
No.148 エロチカ・ジャポネスクvol.09に参加してみた 其の四 ~表参道の甘い鞭~
No.149  サブカル女子と行く初夏の新木場アゲハ produced by中田ヤスタカ  其の一
No.150  サブカル女子と行く初夏の新木場アゲハ produced by中田ヤスタカ  其の二
No.151  サブカル女子と行く初夏の新木場アゲハ produced by中田ヤスタカ  其の三
No.152 全国おとな電話相談室 ~台湾ナンパ編~
No.153 ULTRA JAPANに参戦 日本のEDM事情と簡易版写真レポート
No.154 ULTRA JAPANに参戦② 協賛社ブースを見て思ったこと
No.155 ULTRA JAPANに参戦③ お忍びで来日のSteve Aokiを目撃
No.156 ULTRA JAPANに参戦④ 一日目午後の様子と総括
No.157 麻布十番ELE TOKYO~綺麗なBBAと小金持ちのGGI~&西麻布MUSE 前篇
No.158 麻布十番ELE TOKYO&西麻布MUSE~淫靡ていしょん(Invitation)the 淫靡 tension~ 後篇
No.159 キモ男(だん)二人のハロウィン・デート 男(だん)×男(だん)エスカレート
No.160 虚弱体質の魔法使いと肉体疲労のドラキュラ、平日のハロウィン・イベントに現る
No.161 六本木・ハロウィン・ナイト ~ギロチンおじさんとヤリチンおじさん~
No.162 福岡クラブ放浪記 ~プロローグ~ マフィアからの逃避行
No.163 福岡クラブ放浪記 其の一 「Cat's」(キャッツ)~盛りのついた子猫達~
No.164 福岡クラブ放浪記 其の二 「CLUB  X」(エックス) ~気になるアイツのXの行方~
No.165 福岡クラブ放浪記 其の三 「Happy cock」(ハッピーコック)&「mills」(ミルズ)
No.166 福岡クラブ放浪記 其の四 「Infinity」(インフィニティ)&「musk」(ムスク)
No.167 クラブ案内人の失態 ~クラブ未経験の女子を連れて行ったらこうなった~
No.168 韓国クラブ放浪記 其の一 ☆恋のブビブビ・ザ・ナイト☆
No.169 韓国クラブ放浪記 其の二 弘大(ホンデ)クラブストリートを歩く
No.170 韓国クラブ放浪記 其の三 nb2→COCOON→VERA①
No.171 韓国クラブ放浪記 其の四  nb2→COCOON→VERA②
No.172 韓国クラブ放浪記 其の五  mass→nb江南→CUBIC→ARENA①
No.173 韓国クラブ放浪記 其の六  mass→nb江南→CUBIC→ARENA②
No.174 韓国クラブ放浪記 其の七  mb2/Q-vo→COCOON→nb1→nb2
No.175 韓国クラブ放浪記 其の八  nb2→COCOON→nb1→Q-vo②
No.176 名古屋遠征レポート ~再訪~ iD Cafe
No.177 名古屋遠征レポート ~再訪~ 其の二 IBIZA→VANILA
No.178 名古屋遠征レポート ~再訪~ 其の三 W→プラスパーク→エンポリウム
No.179 大阪遠征レポート(四度目) 其の一 アゲハ→シュバル
No.180 大阪遠征レポート(四度目) 其の二 VANITY OSAKA→G3
No.181 大阪遠征レポート(四度目) 其の三 MAHARAJA OSAKA
No.182 大阪遠征レポート(四度目) 其の四 PICADILLY(ピカデリー)
No.183 大阪遠征レポート(四度目) 其の五 オンジェム
No.184 台湾のクラブに異変が起きている ~Spark・Luxy閉店~
No.185 御子柴清麿、久しぶりにクラブでお持ち帰りする
No.186 ULTRA JAPAN 2015に参戦①~感想と写真レポート~
No.187 ULTRA JAPAN 2015に参戦②~感想と写真レポート~
No.188 札幌クラブ放浪記 其の一 ~札幌a-life・Omnibus
No.189 札幌クラブ放浪記 其の二 ~リビエラ・a-life②~
No.190 クリスマスはおじいちゃんおばあちゃんと過ごそう ~六本木マハラジャ~
No.191 代官山Air・六本木Feria/Cat'sに見るバリュー戦略とカニバリズム及びそれに伴うコア・コンピタンスについて
No.192 クラブ+エクササイズ「feelcycle」を体験してみた 前篇
No.193 クラブ+エクササイズ「feelcycle」を体験してみた 後篇
No.194 ナンパ師は結婚することにした ~僕のここ数年とナンパ師の末路を考えてみる~
No.195 アートアクアリウム@日本橋のDJイベントに行ってきた
No.196 タイクラブ放浪記 ~御子柴清麿のハングオーバー~ 前説①
No.197 タイクラブ放浪記 其の二 ~タイ旅スケジュールと前説②~

感想や質問はここまで。↓
mikoshibakiyomaro@hotmail.co.jp




23:30│コメント(28)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月30日

タイ旅1日目。

14時にドーン・ムアン(ドン・ムアン)空港着。
バンコク市内には空港が二つあり、もう一つがスワンナプーム空港。
違いはドーン・ムアン空港に発着するのはLCCが多いことらしい。
スワンナプーム空港の方が新しい空港なので、主要路線はそちらにあるらしいです。
共に市内からは30分~1時間と旅雑誌に書いてあったりしますが、
正直もう少しかかりました。市内の中心部に行けばいくほど、道が混んでいます。
恐らく社会問題レベルでの混み具合だと個人的には思います。
あまりタクシーに乗る機会はありませんでしたが、(というより避けた)
朝観光に行くのに、電車に乗ろうとして駅に歩いている途中でさえ、
全く車が微動だにしない光景を滞在中に見ました。

最初はそんな事情も知らないので、呑気にタクシーの中で、
タイではどこの車のメーカーが多いかなどを見たり(本田・トヨタ、そしてなぜかいすゞが多かった)
バイクに五人乗りしている家族?を見たりしてキャッキャしてたのですが、
中心部に入ってから車が動かなくなったので、非常にイライラしまそた。
竜さんは窓を開けてタバコを吸い、(バンコクらしいのか、そういうのは許されている)
僕はすることもないので、ウトウト寝たりしていました。

ホテルはレンブラントホテルというところで、
アソーク駅というバンコク市内の中心部で、アクセスのいい駅のほど近く、
大通りから入ったところにあり、若干怪しげな雰囲気もあるのですが、
星のついたそれなりのホテルです。
結構大き目のホテルで、ホテルマンの感じも良かったです。
ロビーにはパソコンがあったり、24時間誰かしら1階にいるので夜遊びする僕としては安心感がありました。
部屋については、男性二人で一つの部屋というのも嫌だったので、
別々の部屋を取りましたが、持て余すくらいの大きさでした。
ホテル内にWifiが通っていたので、(最近は無いところないでしょうけど)良かったです。
※どうでもいい話ですが、持参したWifiのルータが壊れてしまい、
仕事のメールのやりとりが出来なくなってしまいました。
ただ、ホテルだったり街中のカフェだったり簡単にネット環境がつながったのはありがたかったです。

ホテルで身支度を整えて、まずは、ムエタイを観戦しに、スタジアムへ。
バンコク市内では、1945年に創立した「ラーチャダムヌーン・ボクシング・スタジアム」と、
1956年に創立した「ルムピニー・ボクシング・スタジアム」の2つが有名です。
ルムピニーの方は、最近移転して近代化したらしいですが、
僕らはこの日試合をやっている古い方に行きました。
前者は月水木日営業、後者は火金土営業。

ちなみに、最寄駅からトゥクトゥクという簡易タクシーに乗ってスタジアムまで
行きましたが、タクシー代は普通にボラれました。
支払った後、計算したらあれ?高くないか?みたいな。
タクシーを降りた瞬間、数人のおじさんおばさんが近づいてきて、
俺が(私が)スタジアムのチケットの売り子だと主張してきたり、
いやいや、チケット売り場目の前にあるんですけど・・・。
なんとか騙そうとしてくるので、気を付けないといけないです。
しっかりとバーツを円に換算して、かつ、向こうの相場を知っておくことが重要だったり。
旅行なので気持ちが大きくなっているので、多少騙されてお金を取られても痛くはないけど、
やっぱり腹が立つし、折角の旅行なのにその国の事嫌いになっちゃうので、
こちらの管理と心構えが大切な気がします。

スタジアムは席のランクでお値段が違い、一階のリングサイド席が2000バーツ、
そこから二階、三階と1500バーツ、1000バーツと値段が下がっていきます。
ちなみに、外国人料金らしいです。
会場には現地の観客がほとんどで、リングサイド席のみ外国人が座っています。
アジア人より白人黒人が多かったです。どこの国からかは不明。
日本人もちらほらいました。見かけたのはカップル・夫婦で男同士女同士ってのはここではいませんでした。

IMG_0652

試合は2-3時間の間に15試合が組まれ、5ラウンド制、5ラウンドまでもつれると判定、
僕らは1時間くらい見てましたが、1回KOがありましたが、ほとんど判定で決着ついてました。

IMG_0650


IMG_0656

さすがにリングサイドは近いので、汗が飛び散る姿や音もバチバチ聞こえるので、
ダイナミックな感じがあります。
ただ、選手に思い入れも無いので、単調で飽きてしまいます。
外国人が相撲を見たら面白くないのかな?と考えてしまいました。
相方の竜さんがキックボクシングをやっているので、タイの名物スポットという意味だけではなく、
純粋に興味があるのかと思いましたが、案外そうでもなく、
竜さんの方から早々に帰ろうという提案があったのが意外でした。
そんな感じで、まぁ、タイに来たから一応見ておこうかくらいの場所だと思います。

逆にタイに行ったら、ここ行ってと人に勧められるのが、この後行ったレストラン。
毎年タイに必ず行くという、僕の髪を切ってくれる美容師さんが、
ここは絶対行くべき!と勧めてくれたのですが、とてもよかったです。
(今回の旅はこの方がとても親切に教えてくれて為になりました。
男性が好きな男性なので、タイのお国柄の複雑な性事情含め色々と参考になりました)

日本人の遊び場となっている、タニヤ通りの近くのホテル・ローズホテル内にある、
「ルアンウライ」というタイ料理レストランです。
現地では高級な方に入るのかもしれません。
店の雰囲気も良く、タイ式家屋の中やテラスの席で、
ライトアップされた木々やプールなどがある開放感ある空間でお食事できます。
家族やカップル向けです。男性二人で行くところじゃない気がしました。

IMG_0669

IMG_0670

IMG_0671

ただご飯がアホ程おいしい。
所謂タイ料理の「グリーンカレー」や「トムヤムクン」は元より、
名前の分からない、エビの蒸し料理や羊肉の煮込みみたいなものまで、
※メニューが写真つきなので、字が読めなくても注文できる。
スパイシーで美味しい。
辛いのは苦手で、ノンスパイシーと言えば、辛さ控えめに作ってくれるようだが、
折角のタイだと思って辛いもの選びましたが、
そこまで辛くは無く、むしろ魚や肉の油と混じって絶妙な美味しさでした。
ただ、次の日はお腹下しましたが。

IMG_0680

帰りに、ホテルに帰るのに、タニヤ通りを通ったのですが、
200-300メートルの間にキャバクラ的なお店がずらりと並んでおり、
お店の前に女性が何十人もお客に声をかけてるのがすごい光景でした。
僕も馬鹿なのですが、そんな光景に驚いて携帯のカメラを向けたところ、
その何十人の女性が一斉に怒り出したので、慌てて携帯をひっこめました。

IMG_0686

なんというか、難しい街であり国でもあるなーと早速考えたりしました。

一日目の昼間はこんな感じで終了です。
次回は一日目のクラブについて書きます。
早速持ち帰りの事案が発生しました。


00:25│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年02月20日

IMG_5402

札幌クラブ放浪二日目。
二日目の昼間は小樽を観光し、夜23時頃、クラブへ向かう。

まずは、Bootyへ。
札幌に行く前には「a-life」と「リビエラ」が盛り上がっていて、
準じて「オムニバス」と「Booty」あたりが人が入っていると聞いていた。
ただ、一日目に「オムニバス」に行って、全然人がいなかったから、
さほど期待しないで「booty」に行ったら案の定盛り上がっていなかった。

IMG_5400

小箱に数人が居た程度、写真の真ん中の人はよく分からない。
ちなみに、力士が3人ほどいたが、あまりに人がいなかったので、店を出ていった。
僕らもちらっと覗いただけで十分だと思ったので、酒すら注文せずに店を出てしまう。
力士たちはクラブを探しているらしかったので、どこに行くのか気になりついていく。

IMG_5399

力士はモテる。歩いているだけで女の子が寄ってくる。
今、スー女がブームらしいが、
そういうの関係なしに、インパクトがあるし、好奇心で近づきたくなるのも分かる。
ちなみに、東京のクラブではたまに見かけるが、この日は地方巡業だったのか?
普通に浴衣で(ドレスコード的にOKなのかなぁ?)ウロウロしたり、VIP席で寛いだりしているからまぁ、目立つ。
それで、モテているのかどうかは分からないけど、周りには女の子がいることが多い。
そういうのを求めてこの力士3人もクラブを探してうろついているのだろう。

ちなみに、3人の力士のうち、2人は御付きのものだったので、
一番偉い力士に従って歩いていた。
歩く途中、握手を何度も求められていた。大変な職業だと思う。
今は外国人も多い競技だが、日本古来の格闘技であり、品を重んずるところがあるから、
握手を求められて無碍には扱えないのだろう。
素直に「さすがだな」と思っていたのだが、可愛い女の子から握手を求めれ、快く応じた後、
「握手ばっかりじゃなくて、やらせろよな。」と女の子がいなくなってから、言い放っていた。
こっちが本音なんだろう。まぁ、直接言ったわけではないからいいんだけど、
オトコとしてはそう言いたくなるだろうなーと思う。
「手とか握らなくていいから、俺のを握れよ。」とか
「俺と夜の相撲を取らない?」とか「俺の四十八手見てみない?」とか言わないから偉いと思う。

そのまま力士を放って僕らはRivieraへ。
Rivieraは札幌a-lifeの姉妹店らしい。
東京では無くなったa-lifeも(と言っても、また復活するらしいが)、
札幌では一番幅を利かせていることが分かる。

23時にして、クラブの前には行列が出来ていた。
行列を見ていると、とにかく若い。
20代前半というか、未成年とかいないかな?というくらい若い。
30代前半の僕は、自分でも浮いていると分かる感じだ。
暗い店内では分からないかもしれないが、ちょっといたたまれない。

IMG_5414

箱は綺麗で、上の写真は2階のテーブル席だが、
似たような感じで1階にVIP席があり、そこが一番洗練された場所だったように思う。

IMG_5410

人の入りは行列の割にはまだまだボチボチで、
それは単純に時間的に少々早かったからのように思う。
DJもまだやる気なさげだし、一旦店を出てa-lifeに行ってみることにした。

その前に、時間つぶしも兼ねて、
すすきのの商業施設「ノベルサ」にて観覧車に乗ってみた。
1階にはイタリアンバールや居酒屋があり、
7階建ての商業施設内には「ゲームセンター」や「カラオケ」・「インターネットカフェ」が入っているので、
0時くらいにはまだ人が残っている。

最上階に観覧車乗り場があり、
平日は23時まで、休日前は朝3時まで運営しているので、
地元民にはなんてことないかもしれないが、札幌市内を見渡せる絶景ポイントだと思う。

とはいえ、高所恐怖症の僕は観覧車に乗ることはあまり気の進まないところだが、
同行のM嬢のたっての希望で乗ることに。
※数年前に、大阪の海遊館でこのブログの読者の女性と観覧車に乗ったことがあった。
別に、その女性と淫らな関係にはなっていないのだが、
それを知っているM嬢は「高いところ嫌いなのに、私とは乗れないわけ?」と言うので、
仕方がないから乗ることにした。

怖いとしか思えないので、遠くの方をチラッと見て、
あとはうずくまりながら、十分間の空中散歩を終えた。

IMG_5419

この後、a-lifeへ。前日も行ったが、盛り上がりに欠けていたので、
スタッフに聞くと金曜夜より土曜夜の方が・・・ということだった。

IMG_5430

確かに前日より人が入っていた。
ここでは、ツイッターで知り合ったナンパ師2人とお話する。
札幌ではa-lifeとRivieraのみしか機能して無いようだ。
転勤で北海道に居る2人は東京大阪のクラブ事情も知っており、
地方都市でもあり、物足りない部分もあるが、ナンパはそれなりにうまくいっているらしい。
具体的な手段は聞かなかったが、箱の中でいちゃつくよりも
連れ出し打診でもして、飲みに行って・・・という感じだろう。

ただ、この移民2人は特別で、地元民は不甲斐ない印象を受けたままだ。
福岡でも感じたシャイボーイ達の集まりの雰囲気。
「俺ってば、クラブでナンパしてるんだぜ。」なんて、リア充ぶってクラブに行かない友達には話をしているのに、
実際はチキンだからただ大人しく飲んでいるという感じ。

IMG_5231

これは一日目の写真だが、二日目も大して変わっていない。

一番笑ったのは、後ろの席の方で男の子がシャンパンを購入したこと。
たぶん、彼なりに思い切って奮発して買ったはず。
なんなら、ナンパのきっかけにしようと女の子を意識して、自分に注目させるために買ったのに、
彼はなぜかシャンパングラスを周りにいた、友達でもない人にまでおずおずと配り始めた。
周りの男性たちも戸惑っていたし、
二人組の女性がいて、思い切って声をかけて渡したのに、「これ、何なの?」と言わんばかりに
しかめっ面をされていた。
そして、「今日は僕の誕生日です。かんぱ~い」と声高らかに宣言し、
周りの男性(友人ではない)から「イエーイ」とアホ丸出しの祝福を受けていた。
ちなみに、女の子二人はシカトしていた。タダ酒うまいな・・・みたいな顔をしていた。
誕生日の彼も女の子のところに行って、「乾杯」とグラスを合わせるだけで何か生まれるかもしれないのに、
配ったまま完全に放置していた。
しっかりしろよ!と思うのだが、シャイボーイ過ぎてシャンパンを使っても何もできなかったのだと思う。
可愛そうに思ったので、僕も持ってたコップを彼のシャンパングラスに当て、「おめでとう」と言っておいた。
一応、「イエーイ」という返事だけもらった。

正に「振る舞い酒」なのだが、
どちらかというと、知らない人に物を配るという点では、
家が出来る前に家の上から餅やお金を投げる行事に似ているなと思った。

その後も、店内に動きは無く、
振る舞い酒の彼も、「乾杯」のシーンから5分後にはソファに座り直して大人しくなってしまったので、
a-lifeはこんなものなのだなと思って後にした。
全然チャラくなかったのが非常に残念だった。

この後、再度Rivieraに戻ると、こちらは超満員。
ちなみに、1階のVIP席には先ほどの力士達が座っていた。

IMG_5455

写真はうまく撮れていないですが、人がたくさんいたってことが分かってもらえれば。
集客という面では、札幌ではRivieraが一番盛り上がっているようでした。

帰りがけに、五丈原というラーメン屋さんに行きました。

IMG_5481

一日目夜に行った一幻の近くにあるのですが、
リニューアルして綺麗な店舗となった一幻に比べてこの小汚い店構え。
でも、この本店は何十年も前からあって、
札幌と言えば、ラーメン・・・ってなる前からずっとあったお店らしい。
そう聞くと、雰囲気があるようにも感じる。

IMG_5483

味は塩とんこつ、ちぢれ麺がいい感じ。
昔は裏メニューだったというチャーシューおにぎりは150円です。

味は普通においしい。個人的には一幻の方が好きだけど、
夜遊んだ後に食べるラーメンとしては十分に胃に沁みる美味しさだ。

時間は閉店間際の3時だが、大学生風のお兄ちゃんが何人も入ってきたり、
タクシーの運転手さんや夜の仕事のお姉さんがチャーシューおにぎりだけテイクアウトしていたり、
カウンターが10席ありましたが、この時間で、並ばない程度に混雑していました。

閉店の3時過ぎでも融通して空けているらしく、僕らは3時過ぎに店を出ました。

と言った感じで、札幌クラブ放浪記2日目は終了です。
これから札幌のクラブに行く旅行者は「Riviera」、次点で「a-life」を勧めます。
あと、年齢がアラサー以上の場合は「a-life」に・・・とも思います。

今回も福岡沖縄に引き続き、
クラブ好きでもない(どころか、普段は規則正しく生活している)M嬢を連れまわすことになりました。
最後にラーメンまで食べてくれて、クラバーじゃない女の子はこういう夜の不摂生は嫌がるのになーと
思いつつ、本当にありがたいと思いました。

僕のくだらない趣味に嫌な顔一つせず、付き合ってくれる人がいるのはただただ感謝です。

次回は、三日目の昼間の旅行記を書いて、札幌篇は終了となります。
ご拝聴ありがとうございました。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ





03:39│コメント(12)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月17日

北海道滞在二日目、其の二。

小樽で昼食を取り、その後、クルーズに向かう。
行ったことがある人は分かるだろうが、小樽でクルーズと言えば、小樽運河のクルーズだろう。
小樽の超有名な観光スポットであり、むしろ小樽に行って小舟で運河を渡らないとなれば、
何をしに行ったのだと思われるくらい、ベタなものだ。

しかし、同行者M嬢のプランは全く違った。
小樽の海に「青の洞窟」というのがあり、それが見たいということだった。
そんなもの、聞いたことも無い。
大体青の洞窟なんて、どこにでもある。
本家はイタリアのカプリ島、それから、マルタ、
国内では沖縄や、転じて同様の名前のイルミネーションが東京・中目黒にもある。

どこで、小樽に青の洞窟があると聞きつけたが知らないが、
M嬢はそこのクルージングを事前に申し込んでいたのだった。
小樽市内から15分ほどの海辺にその業者は建物を構えていた。
お金持ちの人たちが買ったヨットをまとめて管理する業者が
片手間と言うか、お小遣いのような感じで別事業をやっている様子だった。

M嬢は子どもの頃、海辺に住んでいたのもあってか、
海を見るとテンションが上がる、船に乗るともっとテンションが上がる。

以前にも数度、船的なものに一緒に乗ったことがあるのだが、
今回も同様僕はそれを割と白い目で見ている。、
ただ、逆に言えば、僕のクラブ好きと同じようなものだからとても否定は出来ないのだが。

この日、昼食に時間がかかりすぎて、ボートの出発予定時間に間に合いそうになかったが、
M嬢は電話にてボートの出発時間を遅らせるようお願いし、
さらに、小樽市内から、血走った目をして車を飛ばしていた。

到着するや否や、素早く受付を済ませ、
誰が着たのか分からない、薄汚れた救命胴衣を身に着けてはしゃいでいた。

ここまで楽しみにしているのだから僕はもう何も言わずに従うしかない。

image

業者のおじさんは簡単な説明をしてくれ、早速青の洞窟に向かう。
面識のない、くたびれた金融系OL2人がボートの同行者だった。

青の洞窟に向かうまでに、切り立った崖や崖に立つ鳥などを見ることが出来る。
北海道ならではの自然が垣間見える。

image

知る人は知るというポイントなのか、青の洞窟近くに行くと、カヤックが何台かいた。
ボートで十数分だが、カヤックで行くと1-2時間はかかるらしい。

 image

で、中の幻想的な様子がこれ。

IMG_5334

うーん、青というか、エメラルドグリーン?
自分の中ではハードルが上がってたんで、これだけじゃなかろうなと思ったが、
まさかのこの光景で終わり。
洞窟部分に出たり入ったりを数度繰り返し、その後退散した。

カヤックで数時間かけてここに来てこの光景だったら立ち直れなかっただろう。

同行の金融系OLは「これで終わり?」とは言っていなかったが、
帰りは些かテンションが下がっているように感じられた。
ただ、本心はどう思っているか気になっていたが結局聞くことはできなかった。

30代後半の金融系OLはバリキャリといった感じできっと仕事はできるのだろう。
若いときは合コンなんかにも参加してそれなりにモテたに違いない。
ただ、もう合コンという年じゃないし、夜遊びする年頃でもないし、
二人で「いい男がいないよねー」と口癖のように繰り返している毎日だ。
そんな時に、二人で来た旅行だから、「大したことありませんでしたね。」と
僕から言うのは少々憚られる感じだった。
彼氏もできず、この旅行もつまらなかったら救いがないじゃないか・・・と
僕は勝手に想像して黙っていたのでした。


※最近僕がハマっている、「東京タラレバ娘」。
アラサー未婚女性の、「なぜ結婚できないのか」という部分について、
現実感そのままに深く切り込んでいる。同じ境遇の女性が読んだら自殺しかねない。
他人から見た滑稽さとして、笑いに転嫁しているので不快には決してならないが、
独身女性には厳しい一冊。読んでみる価値あり。バリキャリ風OLを見て思い出したので紹介。

この後、小樽市内に戻り、小樽運河のクルーズの時間までウロウロ。
ガラス細工で有名らしく、至る所にお店がありました。

そして、洋菓子店の「ルタオ」に。
やっぱり、 ドゥーブル・フロマージュを食べなければ帰れない。

 IMG_5355

小樽市内に何店舗かあり、ここはパトス店。
他の店舗は、チーズケーキ専門店だったり、テイクアウト専門店だったりと
一応、分かれているようです。
パトス店は2011年にオープンした一番新しいお店で、
一階がベーカリー工房・ケーキ工房・ケーキショップで、二階がカフェになっていました。

 IMG_5357

店内は旅行者でそこそこ席が埋まっていました。
真ん中に厨房があって、その周りを取り囲むようにテーブルがあります。

IMG_5360

ケーキセット、ただのチーズケーキなはずなのに、やっぱり美味しい。
チーズが美味しいからなのか、生クリームが美味しいからなのか口にあふれるミルク感がたまらない。
これはホールで食べたいレベルだ。

この後、ここでちょっと休憩して、1階でお土産を買ったり、
別のお店で先ほどのガラス細工を見たりして日が落ちてきたところで運河クルーズに。
一日に船に二回乗るのはどうかと思うが、一応本場の方も乗っておかないと。
小樽の船の思い出が偽の青の洞窟だけじゃ、悔いが残る。

coursemap_ja

大正12年(1923年)に出来た小樽運河は、当時の樺太(ロシア)との物流拠点として使われていたそう。
ただ、戦後、樺太との交易がなくなり、無用になってしまっていた。

当初、運河を全て埋め立ててしまうつもりであったが、地元民の反対運動もありなんとか半分で留め、
散策路やガス灯を建てることで観光地化に成功し、今の状態となっている。

image

上記の地図の通り、中央橋近くに受付所があり、ここから出発。
浅草橋まで行って折り返してくる。
港側にはまだ倉庫が残っていて、一部そのまま使われ、一部はお店に改装されていた。
北海道が本店のびっくりドンキーなども入っている倉庫。

一度港に出て、豪華客船などが止まっているのを横目に旭橋をくぐって、北運河へ。
北運河は昔ながらの倉庫が立っており、地元民は特にこちらの風景を残しておきたかったらしい。
ただ、誰しもが思い浮かべる小樽運河は南運河ということに今はなっている。

時間は45分ほど。北運河の倉庫は香港映画に出てくるような味のある建物だったり、
北浜橋の下に何匹もハトが住みついていたりして、なかなか見ごたえがあります。

夏なのに、北海道なので、夕方になると肌寒くなり、トイレが近くなる僕は、
後半30分ほどはトイレに行きたくて仕方がなく、ずっと我慢しきりだったのが勿体なかったです。

おかげであまり写真を撮れずに終わってしまいました。

この後、札幌市内に戻り、ご飯を食べに。
北海道の名物・スープカレー。
幾つか名店があり、かなり迷ったのですが、SAMURAIという店を選びました。

IMG_5388

市内に4軒構えるお店の中で、ホテルに近かった「さくら店」を選びました。

店内は薄暗く、テーブル席が10席ほどで、ここで一杯飲むような雰囲気ではなく、
さっと食べて帰るような感じでした。
客の多くが学生のような気もしましたし、結婚式の二次会後の締めみたいな感じで
立ち寄った複数人の集団も見かけました。

写真がうまく撮れなかったので、割愛しますが、ここのカレーがめちゃ美味しかったです。
スープカレーってほぼ食べたことなくて、別にカレー好きでもない僕は、
記念に食べておこうと思ったくらいなのに、衝撃を受けました。
野菜を数時間煮込んで作られたと思われるあっさりめのスープに適度な辛さのスパイス、
そして、中に入っている具材がこれまた美味しい。
この店の食べ方としてメニューに「野菜20品目」とあったり、
店内の黒板にある「今日用意できる具材一覧」から自分で複数セレクトできたりしました。
北海道産だからなのか、カレーが野菜を引き立てているのか分からないけど、
これがいちいち美味しい。悔しいくらいに美味しい。
野菜の美味しさを表現するのに「噛むほど甘い」とか「歯ごたえがシャキシャキ」とかあるのに、
そういうのには全く当てはまらず、野菜本体の旨味が引き出されているといった感じでした。
量もかなり多いのですが、野菜一つ一つの味が違うからか、しっかりと平らげてしまいました。

ちょっと油断していたのもあったけど、数日間の旅行中に食べたものの中で一番おいしかったです。

あまりの衝撃に東京に帰ってから、札幌に本店を持つ「ドミニカ」というスープカレーを食べに
行ったほどでした。ただ、こちらは普通・・・といった感じでしたので、
やっぱりSAMURAIが美味しいのだと思います。

ちなみに、東京にも支店があり、下北沢と神楽坂にあります。
この文章書いていたら、食べたくなってきました・・・。それぐらい美味しかったです。

公式HP
http://samurai-curry.com/

食べログ【さくら店】
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1031790/

※こんな感じで二日目が過ぎていきました。この後、二日目のクラブへ突入します。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

恋愛 ブログランキング


02:02│コメント(10)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年01月12日

タイトルは適当です。なんとなく偉そぶってみたかっただけ。

年末になって、六本木のFeria及び代官山のAirが閉店すると聞き、
どちらも行ったことのない箱だけど、閉店する前には一度行きたいと思っていた。

また、福岡で行ったCat'sが東京に進出し、二号店を出していたのも知り、
年末に出かけてみようと思っていた。

12月25日(金)の夜にハシゴするつもりでいたが、
六本木のマハラジャに行っただけで体力的に限界がきてしまったので、
二日後28日(月)の夜に行ってみた。

12月28日(月) 24時 @代官山Air ~ 六本木Cat's

普段は足を踏み入れるのことのないオシャレタウン代官山に降り立つ。
昼間はそれなりに人がいるのだろうが、もうこの時間だと誰もいない。
ここに夜に来ることが無いので、年末だから人がいないのかは判別は出来なかったが。

Airは代官山と渋谷の中間くらいにあり、一般的には「代官山Air」というが、
代官山駅からはそれなりに歩く。
代官山駅は東急東横線しか通っていないため、
東急線ユーザーで無ければ、渋谷から乗り換えることになるので、
渋谷経由で来る人は渋谷駅から歩いた方が早いように思う。

代官山駅から歩いて10分ほど、セレクトショップや美容院、カフェなど
勿論24時なので、どこも閉まっているが、ショーウィンドウを見る限り、
つくづく自分には無縁な街だと感じる。

image

Airは大通りを少し入った、マンションなどの住宅街の中にある。
まわりにところどころ「Keep Quiet」と書かれた看板が置かれていた。
店に着くと、そこはレストランNomadoがあり、その地下にAirはあるらしい。
クラブとレストランのセットはいい組み合わせだと思うし、
夜中までやっているカフェバー的にも使えて、
ここが潰れるなんてもったいないと思いました。
音は若干漏れているが、そんなに騒音というほどではなく、
レストラン前にも人がたむろすることなく五月蠅い印象も全く受けない。
ただ、今回の閉店に関する一つの理由にはなっていると噂で聞きました。
近隣住民にとっては少しの音漏れでも十分な迷惑だろうし、
クラブとして完全に御せない上、住民を懐柔できない以上、
閉店の憂き目にあうのも流れなのだろうとは思います。

Airは2001年9月にオープンし、15年で幕を閉じることになった。
ハウス・テクノ・エレクトロ・レゲエなど、所謂ジャンルに特化したイベントを開催していた、
純然たる音箱という認識。
元チャラ男としては、過去女の子のお尻を追いかけていた身としては、
近づきがたく、箱の中でナンパなんてしたら客数人に取り囲まれるんではないかと思ってたくらい、
音楽に真面目なクラブな気がして、僕は一度も来たことがありませんでした。
最後に思うところを書こうと思うけど、音箱で運営するのがきついのかな?と個人的には思います。

昔、中田ヤスタカが「RED」というイベントでレギュラーでDJをやっており、
さらにその前に「trick or treat」というイベントをやっていたらしく
閉店間際のこの日、一日だけ復活することになった。

ぶっちゃけ、僕は音楽に疎いので、先ほど挙げたジャンルの音楽は分からないし、
今でも好きになれない。エレクトロは多少わかるけど、それ以外は受け付けない。
まぁ、ヤスタカなら曲も分かるし、折角Airに行くなら、
知ってる曲であれば居心地も悪くないだろうという気持ちだった。

レストラン部分の1階から階段を降りると、地下1階部分はロッカーとラウンジ・バー、
地下2階部分がメインフロアとバーになっている。
吹き抜けになっているので、地下1階から2階を見下ろせるようになっている。
東京だとジニアス、大阪だとG2に似ている。クラブの大きさも含めて。
公式HPでは収容人数は800人とあるが、そんなには入らないのではないのかと思う。

image

この日の客層は大学生を中心に、30代もちらほら見かけた。
昨年末に渋谷のビジョンに行ったが、同様で、
渋谷の若者+イベントの音楽ジャンルが好きな人といった構成のよう。

音響設備はかなり良いのが分かる。
体にズンズン響く感じはハウス・テクノというジャンルとも相性がいいのではないか。

24時過ぎに100人くらいだった人数は1時間ほどで倍になり、
この日3時から中田ヤスタカが1時間、その後岡田義徳がさらに1時間プレイするとのことで、
さらに人は膨れ上がったことだろうと思う。

「だろう」というのは、途中で帰ってしまったから分からない・・・。
24時から1時間半くらい滞在していたが、全く曲が分からず、
そのまま3時まで待つことが苦痛にさえ思えたので、思い切って店を出ることにしてしまいました。
中田ヤスタカが「なんでやねんねん」を流したかということと
岡田義徳がカボチャを包丁で切るところを見せたのかということが気がかりだったけど。

一体何しに来たのだろうと自分でも思うし、我慢が出来ないのもどうかと思うが、
一人で来ると時間の潰し方がどうしても分からない。酒も飲めないしね。
まぁ、一人だから勝手に帰ることもできるのだけど。

店を出て、タクシーで家に帰ろうと思ったが、それもなんだか味気ない気がして、
六本木へタクシーを走らせた。
まだ体力もあるし、折角だから行きたかった「Feria」と「Cat's」を見に行こうと。

image

まずはCat'sへ。
先日来たマハラジャと同じビルの8階へ。
受付で¥2000(2drink)を支払い、中へ。 ※女性は¥1000と書いてありました。

image

中は小箱の割にはなかなか綺麗で、福岡のCat'sとは全然違う。
はっきり言って福岡Cat'sの成分は全く含まれていない別の箱。
渋谷のT2を小さくしたような感じで、
光の加減や、DJブースとダンスフロアを壁一枚で隔てたり、
まわりをVIP席で埋める配置なんかが似ている気がしました。
ここもまた、8階を9階から見下ろせたので、僕は9階で椅子に座りながらDJを見てました。
8階がスタッフ含めて20人くらい、9階が15人くらいで、
8階にも9階にもバーがあるのに、9階はスタッフが一人もいないという、無法地帯になってました。
別にカウンターに入って酒を盗む奴なんていませんが、それでいいのか?とは思います。
客はどこかのクラブ(お姉さんがいる方)のアフターで連れ立ってきたグループが数組で、
女の子二人組が2・3組、僕だけ男単独で明らかに浮いてました。

image


この日は29日月曜日ということで、六本木の街中も休日前よりは人が少ない様子でしたが、
それを抜きにしてもCat'sの中は人がいなさすぎでした。
普段もこの調子だったら、申し訳ないけど潰れる気がします。
音楽は普通のど定番の洋楽で僕としては決して悪くないと思いました。
ちょっと古い曲が多かったけど。

image
ここには30分ほど滞在して、特に目立った動きも無いので退散しました。

この後、Feriaに行きましたが、26日が最終日だったようで、
もう明かりもついていませんでした。しっかりチェックしておけばよかった・・・。

そういうわけで、行くところも無くなり、そのままタクシーで4時前に帰りました。
特に面白いことは何もない一日でしたが、行きたいと思っていたところには行ったので満足です。

まぁ、レポートとしてはこれで終わりなんだけど、
有名店だった、AirもFeriaも潰れ、僕が見た感じCat'sもだいぶ危ないと思ったので、
なぜクラブが潰れるかについて、帰りのタクシーの中で考えたことを。
「警察からの指導・ガサ入れ」とか「バックに居る危ない人たちの諸事情」
「立地・人件費」みたいなところは置いておいて、(細かいことは知りえないし、お金の計算も出来ないので)
「集客」の部分だけをピックアップした時に、クラブを運営していくにあたって、
重要視されるポイントを幾つか考えてみました。

これって、たぶん一般的な企業や自営業者の店舗運営とかそういったものに則せば、
きっと正しい経営方法があるのだろうけど、あくまでクラブに限って。

まぁ、素人考えだから、読者の方で何か意見があったら聞いてみたいところです。

①VIPでない一般客をどれだけ集められるか。

僕はVIP席/ルーム利用者ではないので、使用したらどれだけのお金がかかるかは分からないが、
数万~数十万円のお金を支払うことになることは容易に想像がつく。
クラブによっては、敷居をわざわざ低くしているところもあるけど、
普通のクラブは一般客と差をつけている。
だからこそのVIPなのだし、VIPからお金を巻き上げた方が手っ取り早いのは分かるのだが、
今回のCat'sのように一般客がほぼいない場合はかなり危険だと思う。
一般客が沢山集まってこそ、クラブの名前も知られ、株が上がる。
VIPなんて見栄を張るために使うのだから誰も知らないクラブのVIPよりも有名店でVIPを取った方がいい。
店側からすれば、一般客が入場料と酒代しか払わなくて、
それが何百人来たとしてもお金持ちが落としていくお金に比べたらチンケなものだから、
一般客をケアするより、お金持ちを厚待遇にした方がいいというのはよく分かる。
ただ、重要なのは「沢山人が入っている状態」なわけで、
それを維持するのに労力を使わないクラブは人気が無くなっていくと思います。
つまり、一般客をないがしろにしすぎるのもダメだろうということ。
僕が考えるに「BRAND TOKYO」とか「Color」とかは其の類かなと。
昔は人気店だったのに、最近は衰退気味の二店ですが、
VIPへの待遇だけが良くて、一般客は放ったらかしのイメージ。
この部分のバランス感は大阪のクラブが参考になると思う。
大阪のクラブの企画はHPだけ見ていても面白いし、
価格設定とか割引とか見ていても大阪商人っぽくてうまいなぁと感心する。

②独自性

上記のように、一般客を入店させるために、
クラブのオリジナリティがなければいけないと個人的には思う。
分かりやすいシンボルと言ってもいい。
なぜそのクラブに行くのかという客の理由づけと、他のクラブにはない独自性だ。
例えば、「日本一の大箱」である新木場アゲハは、ライブ会場にも使用されるくらいの大きさで、
有名なDJやレギュラーイベントが開催されている。
「東京で一番チャラい箱」はミューズだし、「年増クラバーの流刑地」はジニアスだ。
レックスは「ジャニオタの集会場」であり、アーチは「同性愛者のハッテン場」。
良くも悪くも一言でクラブを説明できるくらいの特徴が流行るクラブの条件だ。
逆に差別化できなきゃ、潰れる。
別に、客に媚びる必要はないけど、来店目的を作ってあげなければいけないのではないか。

③適正なターゲット設定

上記独自性にも関わるが、クラブはどんな人を呼び込みたいかまで考えなくてはいけないと思う。
年齢・職業・住所・勤務場所・収入・家族構成・クラブに行く頻度・好きな音楽・好きな酒・好きな異性のタイプ・・・
特に男性より女性客の情報をどれだけ持っているかが重要だと思うのだが、
どこのクラブの運営でも、さほど気にしていないように思う。
できる限り、他のクラブと重らないようにしなければいけないが、
ざっくり「若い女の子に来店してもらって、男がそれ目当てに来ればよい」みたいな設定にしている。
その上で敢えて言うが、もう純粋な音箱というのは運営が不可能に近いと個人的には思う。
規模を小さくして、バー+αの小箱やライブハウスであれば可能かもだけど。
KENTOSみたいなイメージ。
新木場アゲハで行われるイベントでもジャンルを限ったものにしてしまうとどうしても人の入りは悪い。
純粋に音楽を好きな人からしたら残念なことだろうけど、
これが現実なのかな・・・とAirの閉店を見て思いました。
日本のクラブはよくも悪くも「チャラ」く、目的も「音楽」や「ダンス」によりもはるかに
「ナンパ」の側面が大きすぎて、「音楽」一本・「ダンス」一本でクラブを経営していくには、
少々無理があるような気がします。
風営法も改正されるので、また新しい流れができるかもしれませんが・・・。

以上、僕が思った、流行らないクラブの改善点でした。
ちょっとマーケティングに詳しいクラバーなんかに意見聞いてみたいです。

というわけで、2015年の東京のクラブ訪問はこれで終わりです。
本当は新宿二丁目のアーチというところに行こうと思ったのですが、
面白そうなクラブイベントが無く、
(あるっちゃあるんだけど、ガチのホモの人が相手を探しに行くようなやつとかだったので・・・)
とりあえず2016年に持ち越すことにしました。

2016年は海外を中心に、国内もまだ行ったことのないクラブはまわるつもりです。
次回は、クラブではないけど、クラブのような空間に遊びに行った話をレポートする予定です。

↓最近は更新もせず、アクセス数も最盛期の三分の一程になりました。
今年はもう少し書くつもりです。モチベーションあげていきたいので、
気が向いたらでいいので、クリックしてください。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ


 

00:05│コメント(4)このエントリーをはてなブックマークに追加