売春

2017年04月30日

タイ・バンコク一日目、木曜日夜。

タイで夜遊びをするにあたって、所謂クラバーが遊ぶにふさわしい場所なのか、
行く前はさっぱり見当もつかなかった。
やはり東南アジアのクラブには売春の側面があって、
クラブ内が売買の交渉場となっているのは否定できない訳で、
実際ベトナムに行った時もがっかりさせられた場所も多かった。

かっこつけとかではなく、女性を買うことが好きではないので、
売春はするつもりはないけど、それはそれでタイのクラブについて知りたかった。
そのための同行者の竜さんがいるわけで、
彼はタイの風俗が大好きな会社の先輩や自分でネットで念入りに調べて、準備していた。
売春やナンパは彼に任せて後でヒアリングしようと思っていたが、
一軒目のクラブでそんな彼と小競り合いになってしまった。

2月某日木曜日 23時 @クライマックス・レベルズ

数時間前にタイ料理で腹ごしらえをして、
ホテルに戻ってシャワーを浴び、24時前に出動した。

クラブに向かう道すがら竜さんに話をする。

これから、台湾旅と同様毎日夜は遊びに出ますが、昼間は普通に観光したいので、
朝集合時間に来なかったら勝手に行動しますよと。
竜さんは基本的にマイペースで、台湾での旅行中疲れたからと一日寝てたことがあったり、
夜の街以外には興味がなく、昼のスケジュールは僕任せなので、
念押しで、置いていきますからね!と言っておく。

この時はアハハと一笑に付していたが、案の定、こちらがヤキモキさせられたのだ。

この日、まずはバンコクで超大型クラブと言われる「ONYX」「ODESSEY」などが
位置するRCAエリアに向かったが、
事前情報では、どうやらTHE・クラブの場所だけあって、週末でない木曜は閑散としていた。
クラブ自体はオープンしていました。
※週末行ってみたら超盛り上がっていたので、やはり平日に行くのは間違っていたようだ。

そんなわけで、自分たちのホテルのある近くにタクシーで戻ってきて、
ナーナー駅近く、スクンビットソイ11にある、
大型ホテル「アンバサダーホテル」に向かった。
ホテルの地下にあるクラブということだが、なかなか分かりにくい。
地下駐車場に入り口があり、そこから入場する。

IMG_0698

入口で250バーツを支払う。
謎のシステムだが、200バーツが正式料金、50バーツがチップということらしい。
チップの意味が分からない。誰へのチップなのかが。
ただ、払えと言われるので払ったが。
この辺りの不可解な感じが東南アジア的で仕方ないと思う反面、
納得がいかないから不愉快でもある。

クラブ自体はそこまで大きくない。
クラブの前方にはステージがあり、生バンドが演奏されている。
ボーカルが自前では無い洋楽の何かを歌っている。
ライブにかなり近い。
この日の出演者は器用な感じで、なんでも弾くしなんでも歌う。
バンド演奏なので、クラブっぽい曲とは微妙にずれてるし、
エレキトロニックな感じは一切ない。

IMG_0702

IMG_0705

ステージ前にはスペースがあって、
その後ろは背の高いテーブルとイスが並べられていた。
一番後ろにバー。

お客はかなり入っていて、旅行中の白人がほとんどを占めていたように思う。
日本人含め外国人としてのアジア人がいない。
残りはタイ人女性が多くいたが、どうみても売春婦である。
ネット上の情報によると、2時を過ぎると、ゴーゴーバーなどで働く女性が、
ここに流れてきてさらに混みあうらしい。

そんな中、竜さんと小競り合いになる。
こんなに女性がいるのに、御子柴さんはなぜナンパしないのかと。

タイに来る前に竜さんにはしっかりと伝えたつもりだった。
悪いけど、もうナンパは卒業してるし、風俗も嫌いだから、
女性とそういう関係になる部分は竜さんに任せるから話だけ聞かせてくれと。

どうやら、僕の発言はフリだと思っていたようで、
ナンパをしないとかありえない、タイに来た意味がないと散々罵られる。
酒も入って気持ちが大きくなっているのか、僕はナンパしますから!と
どこかに消えてしまった。

竜さんには申し訳ないことをしたかなという気持ちになる。
元々は一緒にナンパしてきた相方だし、
その部分で気が合って仲良くしているわけだし。
でも、僕は結婚することになって、もうそういうのは結構だ。

30分後、クラブ自体は盛り上がったり落ち着いたり、
でも、僕が求めているクラブ感とは違ってライブハウスに近い感じだ。
売春婦もたまに声をかけてくる。

そろそろ別のクラブに行こうかと思い、クラブ内を一周し竜さんに遭遇すると、
そこには三人の女性を従えた竜さんが陽気に酒を飲んでいた。

BlogPaint

さっきまで僕に怒っていたのはもう忘れたのか、
「御子柴さん!今日は入れ食いッスよ。
一人に声をかけたら、その後も二人から言い寄られました!」
かなりの興奮状態である。

うーん、売春婦だからなー。
そりゃ寄ってくると思うけど・・・。

ニコニコ顔で小脇に女性を抱え込んでいる竜さんは
呆れてツッコめない僕の耳元でそっと囁く。
「今日、持ち帰れるかもしれないです・・・グフフ。」

持ち帰「れる」ってなんやねん。
そっかぁ、持ち帰るかー。売春婦を持ち帰るかー。
まぁ、いいんじゃないかなー。竜さんはそれを求めてタイに来たんだし。

そんなわけだったので、竜さんには、
他のクラブを見に行きたいから行ってきますと許可をとって外に出る。

早速別行動になってしまったが、
爽やかに「いってらっしゃーい」と送り出されたし、
小競り合いもあったのにご機嫌が直っていたので、僕としてはホッとした。

時間は1時くらい、同じくソイ11通りにある、別のクラブ「レベルズ」に向かう。
正式名称は「Levels club &Lounge」。

IMG_0711

オシャレな建物内にあり、エレベーターでクラブのある階に向かう。
どうやらエントランスフリーの様子。

この日は旧正月だったからか、
「CHINESE NEW YEAR PARTY」という名前のイベントで、
ウェイターが全員チャイナドレスだったり、中国っぽい提灯が飾られていた。

クラブとしてはかなり洗練されていてとにかく綺麗だった。
屋外テラスもあり、バーや飲み屋が多いソイ11通りを一望できました。
そんなに大きくない箱ですが、屋外テラス近くはバーラウンジ・屋内はサイドにVIP席、
中央部に円形のバーカウンターとDJブースがありました。
音楽はEDMが多かった気がします。
先ほどのクライマックスとは違い、DJブース前は踊っている人が多かったです。
ちなみに、ここも白人ばかりでした。あと、売春婦は居ません。

IMG_0721

IMG_0728

IMG_0729

ここでは1時間くらい過ごし、帰りがけにソイ11通りをゆっくり歩きながら、
ホテルまで歩いて帰りました。

ナーナー駅は旅行客も多く夜のお店も多いので、活気があります。
また、夜でも人がいて、治安がいいという言い方はおかしいんでしょうけど、
逆に安心感はありました。

IMG_0732

一日目の夜はこんな感じで終わっていきます。
一軒目と二軒目で様子がガラリと変わりましたが、
やっぱりというか売春の匂いがするかしないかといった部分が
大きく関わっているのを感じました。

ちなみに・・・

次の朝、竜さんとホテルのロビーに待ち合わせ予定でしたが、
いつまでたっても来ないし、連絡もつかないので、
二日目にして別行動となりました。

後で事情を聞くと、彼はおかしなことを言うのです。

「いやー、朝起きれなくてすみません。女の子と一緒にいて・・・。」
「昨日、クライマックスですごくモテたんですけど、
一番可愛い子とホテルに戻ってきたんですよ。」
「でもね、朝起きたらお金くれって言うんです!
これって、おかしくないですか?あまりにしつこかったんで渡しましたけど。」
「まるで売春じゃないですか!どう思います?御子柴さん!」

一つ言えることは、竜さんが約束をすっぽかしても、
決して嫌いにならないのはそういうところなんだよなーと思いました。
「今日、持ち帰『れるかも』しれないです・・・」
変な言い回しするなーとは感じたのはそういうことだったんですね。

まだまだこんなの序の口で、
タイ滞在中、竜さんはずっと天然ボケをかましていたのでした。



00:30│コメント(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月31日

photo1

一週間かけてハノイとホーチミンのクラブを調査してきました。
ちょっと前の記事で触れた通り、帰国後の感想から言うと、
自分の満足行くようなナイトライフを送ることができませんでした。
正確には「堪能できませんでした」とか「満喫できませんでした」とかって言葉が正しくて。
一週間も居ながら、自分の中で結論づける何かを得るところまで辿り着けなかったというのが正直なところ。

それは、クラブミュージックはどんなジャンルが流行ってるのかとか、
客層はどんな感じかとか、女の子をナンパできるかとか、

そういった細かいお国事情を調べたかったのです。
一番気になっていたのは、ベトナムは社会主義国なので警察も厳しいのではないか?ということ。
クラブっていう世俗的な文化がどれ程浸透しているかも定かじゃないわけで、
全く融合していないのか、それとも建前と本音があるのか、僕はそんなところに着目していました。
クラブで流れる曲も洋楽なのかな?とか気になってました。
だって、例えば、日本みたいにSpankersの「Sex On The Beach」が流れてる時に
皆でセックスセックス言わないんだろうなって。
セックスって言う言葉を発しただけで逮捕されそうなイメージ。
三回言ったら死刑なイメージ。
だから、サビの部分のワンフレーズ目で皆死刑。そんな印象。

だけど、そもそもクラブの定義自体が日本と違っていて、
僕は最後までそこに気付かず、どん詰まりになっていた気がします。

まずは、その定義の違いを少々ご説明。
これをお読みいただければ、多少はベトナムのクラブへの理解が深まって
僕のクラブ放浪と同じ視点で読んでもらえると思うので。
とはいえ、実はクラブの数はあまり行けなくて『これがベトナムのクラブの実情だ!』って
はっきり明言できるものを持ち帰ることができませんでした。
そこはちょっと残念でもあり、読んでくれてる方もつまらないと感じさせてしまうかもしれません。
だから、今回の旅は期待せずに読んでくださいね。

それでは、日本とベトナムのクラブの大きな違いについて。

相違点①売春婦の存在

東南アジアのクラブではクラブ内に売春婦が存在し、
クラブ内の男性に声をかけ交渉が行われています。
勿論、それを知っていてクラブに行く男性がいます。
つまり、女性を買いに行くということ。
(女性は不愉快かもしれないけど、ごめんなさい。そういう実態なのです。)
この売春婦の存在が厄介で、クラブにいる女性は一般客・売春婦・
半売春婦(クラブでのみお小遣い程度に体を売ったり、
気に入った男がいれば一緒に飲んだり時には金銭のやり取りなしに寝たり)の三種類の人がいるようです。
これは日本では考えられないこと。
まぁ、それは売春がある意味公然と認められているから
わざわざクラブに体を売りに行く必要が無いってことだと思いますが。
※色々調べているうちにベトナムの性風俗事情も詳しくなってしまったので、
記事にしてみようと思います。これはこれで、また独自の文化なのです。

だから、日本のクラブだったら、隣で酒を飲んでいる人に、
「今流れてるこの曲いいね!」なんて話をして盛り上がれるかもしれないけど、
東南アジアのクラブでそんな話をしたら、
「仕事の邪魔しないでくれる?」(怒)ってことになりかねないわけです。
もしくはそんな話題もいつの間にか「今日は100ドルでこの後どう?」みたいに話が移っていくと思われます。
だから、お客の中に一定数仕事のためにクラブにいる人がいるということ。
踊るとか飲むとか音楽を聞くとかどーでもいいって人がいるということです。

相違点②クラブの種類

日本でクラブの種類をあげるとすれば、音箱とかナンパ箱だとか、
音箱だったらヒップホップ・テクノ・トランス・オールジャンルとかって
音楽ジャンルで分けられると思うんですが、ベトナムのクラブを分類するとすれば、以下の三つ。

①高級クラブ

ここは入場料をしっかりと払い、アルコールの料金もそこそこ高く、
現地の人でもそれなりにお金を持ってないと行けないところ。
外国人が多く、そのため、スタッフやお客は英語が通じます。
ちなみに、ベトナムの学校では英語は必修で無いので現地の人は英語が基本通じません。
伴って外国人相手の売春婦が多いです。

②一般的なクラブ

現地のベトナム人が集まるクラブ。
ベトナムギャルをナンパしたい場合はここ。
だけど、上記の通り英語が通じないのでベトナム語が出来ないと話が出来ないです。
アルコールは高級クラブに比べれば高くありません。

そして、①②に共通することとして、
9時頃始まって2時くらいに終了。
前半は歌手のライブが行われたりします。
それは駆け出しの歌手ではなく、有名なポップ歌手だったりベトナム民謡歌手だったり、
俳優兼業の歌手だったりがライブをして、
お客との距離も近いので握手できたりサインがもらえたりするようです。
だから、それが目的でクラブに遊びに来て終わったら
店の閉店時間までいないでササッと帰る人がいたりするようです。非常に健全です。

③バー・ラウンジ

純粋にカウンターに座って飲むようなバーよりもちょっと広く、DJがいて音楽をかけています。
ダンスフロアは無いけど、バーによってはダンサーがDJブースの前で踊ったりするところもあります。
アルコールの料金も安く、現地の若い子達や安く旅行をしている海外のバックパッカーが集まっています。

相違点③クラブの楽しみ方

台湾に行った時も感じたことだけど、
日本だったらクラブには2・3人で行くことが比較的多いのに、ベトナムでは基本的にグループで行くみたい。
VIP席までいかないbox席みたいなものが沢山あって、そこを借りてお酒を飲む。
ダンスフロアは無くて、ソファ席の前だったり、
スタンド型の立ち飲みテーブルであればテーブルのスタンドの間で踊るといった感じのクラブが多いです。
日本だと梅田のSAM&DAVE・栄のGen's 2ndに近い感じです。
東京の人ごめんなさい、東京で例えるに適したクラブが思いつかず。

SAM&DAVE 梅田 → http://hitosara.com/0005009538/photo/
Gen's 2nd  → http://second.gensg.jp/

このベトナム旅を監修してくれたジミーさんが、
「俺の女に手を出すな!」とクラブ内で喧嘩になると言ってたけど、
恐らくグループで来て自分の席付近で飲んだり踊ったりして、
例えば隣の席の女の子に話しかけたりすると、そんなトラブルになるのかなと思いました。
日本のクラブではほとんどの人が席を取らないけど、
ベトナムではベースとなる自分の場所があるから、
言い方はおかしいけど、自分のシマを荒らす奴は許せん!みたいな感じになり、
小競り合いが発生する可能性がある気がします。

この三つが大きな特徴で日本と違う点だと個人的に感じました。
あとは細かい違いがあったのですが、それは本編の中で説明していこうと思います。

特に売春婦の存在はベトナムのクラブ(おそらくは東南アジアのクラブ全体)を語る上で
抜きに出来ない象徴的な特徴だと思いました。
売春婦にも話を聞いてそのやりとりをお伝えできたらと思ったんですが、それも出来ませんでした・・・。

それでは、次回はベトナム売春婦ナンパ編をお送りします
・・・なんて冗談です。粛々と見たまんまを語ります。

↓上記記事「なるほどなー」と参考になった方は以下のクリックにご協力ください。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな 



23:50│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加