タイ

2017年04月30日

タイ・バンコク一日目、木曜日夜。

タイで夜遊びをするにあたって、所謂クラバーが遊ぶにふさわしい場所なのか、
行く前はさっぱり見当もつかなかった。
やはり東南アジアのクラブには売春の側面があって、
クラブ内が売買の交渉場となっているのは否定できない訳で、
実際ベトナムに行った時もがっかりさせられた場所も多かった。

かっこつけとかではなく、女性を買うことが好きではないので、
売春はするつもりはないけど、それはそれでタイのクラブについて知りたかった。
そのための同行者の竜さんがいるわけで、
彼はタイの風俗が大好きな会社の先輩や自分でネットで念入りに調べて、準備していた。
売春やナンパは彼に任せて後でヒアリングしようと思っていたが、
一軒目のクラブでそんな彼と小競り合いになってしまった。

2月某日木曜日 23時 @クライマックス・レベルズ

数時間前にタイ料理で腹ごしらえをして、
ホテルに戻ってシャワーを浴び、24時前に出動した。

クラブに向かう道すがら竜さんに話をする。

これから、台湾旅と同様毎日夜は遊びに出ますが、昼間は普通に観光したいので、
朝集合時間に来なかったら勝手に行動しますよと。
竜さんは基本的にマイペースで、台湾での旅行中疲れたからと一日寝てたことがあったり、
夜の街以外には興味がなく、昼のスケジュールは僕任せなので、
念押しで、置いていきますからね!と言っておく。

この時はアハハと一笑に付していたが、案の定、こちらがヤキモキさせられたのだ。

この日、まずはバンコクで超大型クラブと言われる「ONYX」「ODESSEY」などが
位置するRCAエリアに向かったが、
事前情報では、どうやらTHE・クラブの場所だけあって、週末でない木曜は閑散としていた。
クラブ自体はオープンしていました。
※週末行ってみたら超盛り上がっていたので、やはり平日に行くのは間違っていたようだ。

そんなわけで、自分たちのホテルのある近くにタクシーで戻ってきて、
ナーナー駅近く、スクンビットソイ11にある、
大型ホテル「アンバサダーホテル」に向かった。
ホテルの地下にあるクラブということだが、なかなか分かりにくい。
地下駐車場に入り口があり、そこから入場する。

IMG_0698

入口で250バーツを支払う。
謎のシステムだが、200バーツが正式料金、50バーツがチップということらしい。
チップの意味が分からない。誰へのチップなのかが。
ただ、払えと言われるので払ったが。
この辺りの不可解な感じが東南アジア的で仕方ないと思う反面、
納得がいかないから不愉快でもある。

クラブ自体はそこまで大きくない。
クラブの前方にはステージがあり、生バンドが演奏されている。
ボーカルが自前では無い洋楽の何かを歌っている。
ライブにかなり近い。
この日の出演者は器用な感じで、なんでも弾くしなんでも歌う。
バンド演奏なので、クラブっぽい曲とは微妙にずれてるし、
エレキトロニックな感じは一切ない。

IMG_0702

IMG_0705

ステージ前にはスペースがあって、
その後ろは背の高いテーブルとイスが並べられていた。
一番後ろにバー。

お客はかなり入っていて、旅行中の白人がほとんどを占めていたように思う。
日本人含め外国人としてのアジア人がいない。
残りはタイ人女性が多くいたが、どうみても売春婦である。
ネット上の情報によると、2時を過ぎると、ゴーゴーバーなどで働く女性が、
ここに流れてきてさらに混みあうらしい。

そんな中、竜さんと小競り合いになる。
こんなに女性がいるのに、御子柴さんはなぜナンパしないのかと。

タイに来る前に竜さんにはしっかりと伝えたつもりだった。
悪いけど、もうナンパは卒業してるし、風俗も嫌いだから、
女性とそういう関係になる部分は竜さんに任せるから話だけ聞かせてくれと。

どうやら、僕の発言はフリだと思っていたようで、
ナンパをしないとかありえない、タイに来た意味がないと散々罵られる。
酒も入って気持ちが大きくなっているのか、僕はナンパしますから!と
どこかに消えてしまった。

竜さんには申し訳ないことをしたかなという気持ちになる。
元々は一緒にナンパしてきた相方だし、
その部分で気が合って仲良くしているわけだし。
でも、僕は結婚することになって、もうそういうのは結構だ。

30分後、クラブ自体は盛り上がったり落ち着いたり、
でも、僕が求めているクラブ感とは違ってライブハウスに近い感じだ。
売春婦もたまに声をかけてくる。

そろそろ別のクラブに行こうかと思い、クラブ内を一周し竜さんに遭遇すると、
そこには三人の女性を従えた竜さんが陽気に酒を飲んでいた。

BlogPaint

さっきまで僕に怒っていたのはもう忘れたのか、
「御子柴さん!今日は入れ食いッスよ。
一人に声をかけたら、その後も二人から言い寄られました!」
かなりの興奮状態である。

うーん、売春婦だからなー。
そりゃ寄ってくると思うけど・・・。

ニコニコ顔で小脇に女性を抱え込んでいる竜さんは
呆れてツッコめない僕の耳元でそっと囁く。
「今日、持ち帰れるかもしれないです・・・グフフ。」

持ち帰「れる」ってなんやねん。
そっかぁ、持ち帰るかー。売春婦を持ち帰るかー。
まぁ、いいんじゃないかなー。竜さんはそれを求めてタイに来たんだし。

そんなわけだったので、竜さんには、
他のクラブを見に行きたいから行ってきますと許可をとって外に出る。

早速別行動になってしまったが、
爽やかに「いってらっしゃーい」と送り出されたし、
小競り合いもあったのにご機嫌が直っていたので、僕としてはホッとした。

時間は1時くらい、同じくソイ11通りにある、別のクラブ「レベルズ」に向かう。
正式名称は「Levels club &Lounge」。

IMG_0711

オシャレな建物内にあり、エレベーターでクラブのある階に向かう。
どうやらエントランスフリーの様子。

この日は旧正月だったからか、
「CHINESE NEW YEAR PARTY」という名前のイベントで、
ウェイターが全員チャイナドレスだったり、中国っぽい提灯が飾られていた。

クラブとしてはかなり洗練されていてとにかく綺麗だった。
屋外テラスもあり、バーや飲み屋が多いソイ11通りを一望できました。
そんなに大きくない箱ですが、屋外テラス近くはバーラウンジ・屋内はサイドにVIP席、
中央部に円形のバーカウンターとDJブースがありました。
音楽はEDMが多かった気がします。
先ほどのクライマックスとは違い、DJブース前は踊っている人が多かったです。
ちなみに、ここも白人ばかりでした。あと、売春婦は居ません。

IMG_0721

IMG_0728

IMG_0729

ここでは1時間くらい過ごし、帰りがけにソイ11通りをゆっくり歩きながら、
ホテルまで歩いて帰りました。

ナーナー駅は旅行客も多く夜のお店も多いので、活気があります。
また、夜でも人がいて、治安がいいという言い方はおかしいんでしょうけど、
逆に安心感はありました。

IMG_0732

一日目の夜はこんな感じで終わっていきます。
一軒目と二軒目で様子がガラリと変わりましたが、
やっぱりというか売春の匂いがするかしないかといった部分が
大きく関わっているのを感じました。

ちなみに・・・

次の朝、竜さんとホテルのロビーに待ち合わせ予定でしたが、
いつまでたっても来ないし、連絡もつかないので、
二日目にして別行動となりました。

後で事情を聞くと、彼はおかしなことを言うのです。

「いやー、朝起きれなくてすみません。女の子と一緒にいて・・・。」
「昨日、クライマックスですごくモテたんですけど、
一番可愛い子とホテルに戻ってきたんですよ。」
「でもね、朝起きたらお金くれって言うんです!
これって、おかしくないですか?あまりにしつこかったんで渡しましたけど。」
「まるで売春じゃないですか!どう思います?御子柴さん!」

一つ言えることは、竜さんが約束をすっぽかしても、
決して嫌いにならないのはそういうところなんだよなーと思いました。
「今日、持ち帰『れるかも』しれないです・・・」
変な言い回しするなーとは感じたのはそういうことだったんですね。

まだまだこんなの序の口で、
タイ滞在中、竜さんはずっと天然ボケをかましていたのでした。



00:30│コメント(3)このエントリーをはてなブックマークに追加
タイ旅1日目。

14時にドーン・ムアン(ドン・ムアン)空港着。
バンコク市内には空港が二つあり、もう一つがスワンナプーム空港。
違いはドーン・ムアン空港に発着するのはLCCが多いことらしい。
スワンナプーム空港の方が新しい空港なので、主要路線はそちらにあるらしいです。
共に市内からは30分~1時間と旅雑誌に書いてあったりしますが、
正直もう少しかかりました。市内の中心部に行けばいくほど、道が混んでいます。
恐らく社会問題レベルでの混み具合だと個人的には思います。
あまりタクシーに乗る機会はありませんでしたが、(というより避けた)
朝観光に行くのに、電車に乗ろうとして駅に歩いている途中でさえ、
全く車が微動だにしない光景を滞在中に見ました。

最初はそんな事情も知らないので、呑気にタクシーの中で、
タイではどこの車のメーカーが多いかなどを見たり(本田・トヨタ、そしてなぜかいすゞが多かった)
バイクに五人乗りしている家族?を見たりしてキャッキャしてたのですが、
中心部に入ってから車が動かなくなったので、非常にイライラしまそた。
竜さんは窓を開けてタバコを吸い、(バンコクらしいのか、そういうのは許されている)
僕はすることもないので、ウトウト寝たりしていました。

ホテルはレンブラントホテルというところで、
アソーク駅というバンコク市内の中心部で、アクセスのいい駅のほど近く、
大通りから入ったところにあり、若干怪しげな雰囲気もあるのですが、
星のついたそれなりのホテルです。
結構大き目のホテルで、ホテルマンの感じも良かったです。
ロビーにはパソコンがあったり、24時間誰かしら1階にいるので夜遊びする僕としては安心感がありました。
部屋については、男性二人で一つの部屋というのも嫌だったので、
別々の部屋を取りましたが、持て余すくらいの大きさでした。
ホテル内にWifiが通っていたので、(最近は無いところないでしょうけど)良かったです。
※どうでもいい話ですが、持参したWifiのルータが壊れてしまい、
仕事のメールのやりとりが出来なくなってしまいました。
ただ、ホテルだったり街中のカフェだったり簡単にネット環境がつながったのはありがたかったです。

ホテルで身支度を整えて、まずは、ムエタイを観戦しに、スタジアムへ。
バンコク市内では、1945年に創立した「ラーチャダムヌーン・ボクシング・スタジアム」と、
1956年に創立した「ルムピニー・ボクシング・スタジアム」の2つが有名です。
ルムピニーの方は、最近移転して近代化したらしいですが、
僕らはこの日試合をやっている古い方に行きました。
前者は月水木日営業、後者は火金土営業。

ちなみに、最寄駅からトゥクトゥクという簡易タクシーに乗ってスタジアムまで
行きましたが、タクシー代は普通にボラれました。
支払った後、計算したらあれ?高くないか?みたいな。
タクシーを降りた瞬間、数人のおじさんおばさんが近づいてきて、
俺が(私が)スタジアムのチケットの売り子だと主張してきたり、
いやいや、チケット売り場目の前にあるんですけど・・・。
なんとか騙そうとしてくるので、気を付けないといけないです。
しっかりとバーツを円に換算して、かつ、向こうの相場を知っておくことが重要だったり。
旅行なので気持ちが大きくなっているので、多少騙されてお金を取られても痛くはないけど、
やっぱり腹が立つし、折角の旅行なのにその国の事嫌いになっちゃうので、
こちらの管理と心構えが大切な気がします。

スタジアムは席のランクでお値段が違い、一階のリングサイド席が2000バーツ、
そこから二階、三階と1500バーツ、1000バーツと値段が下がっていきます。
ちなみに、外国人料金らしいです。
会場には現地の観客がほとんどで、リングサイド席のみ外国人が座っています。
アジア人より白人黒人が多かったです。どこの国からかは不明。
日本人もちらほらいました。見かけたのはカップル・夫婦で男同士女同士ってのはここではいませんでした。

IMG_0652

試合は2-3時間の間に15試合が組まれ、5ラウンド制、5ラウンドまでもつれると判定、
僕らは1時間くらい見てましたが、1回KOがありましたが、ほとんど判定で決着ついてました。

IMG_0650


IMG_0656

さすがにリングサイドは近いので、汗が飛び散る姿や音もバチバチ聞こえるので、
ダイナミックな感じがあります。
ただ、選手に思い入れも無いので、単調で飽きてしまいます。
外国人が相撲を見たら面白くないのかな?と考えてしまいました。
相方の竜さんがキックボクシングをやっているので、タイの名物スポットという意味だけではなく、
純粋に興味があるのかと思いましたが、案外そうでもなく、
竜さんの方から早々に帰ろうという提案があったのが意外でした。
そんな感じで、まぁ、タイに来たから一応見ておこうかくらいの場所だと思います。

逆にタイに行ったら、ここ行ってと人に勧められるのが、この後行ったレストラン。
毎年タイに必ず行くという、僕の髪を切ってくれる美容師さんが、
ここは絶対行くべき!と勧めてくれたのですが、とてもよかったです。
(今回の旅はこの方がとても親切に教えてくれて為になりました。
男性が好きな男性なので、タイのお国柄の複雑な性事情含め色々と参考になりました)

日本人の遊び場となっている、タニヤ通りの近くのホテル・ローズホテル内にある、
「ルアンウライ」というタイ料理レストランです。
現地では高級な方に入るのかもしれません。
店の雰囲気も良く、タイ式家屋の中やテラスの席で、
ライトアップされた木々やプールなどがある開放感ある空間でお食事できます。
家族やカップル向けです。男性二人で行くところじゃない気がしました。

IMG_0669

IMG_0670

IMG_0671

ただご飯がアホ程おいしい。
所謂タイ料理の「グリーンカレー」や「トムヤムクン」は元より、
名前の分からない、エビの蒸し料理や羊肉の煮込みみたいなものまで、
※メニューが写真つきなので、字が読めなくても注文できる。
スパイシーで美味しい。
辛いのは苦手で、ノンスパイシーと言えば、辛さ控えめに作ってくれるようだが、
折角のタイだと思って辛いもの選びましたが、
そこまで辛くは無く、むしろ魚や肉の油と混じって絶妙な美味しさでした。
ただ、次の日はお腹下しましたが。

IMG_0680

帰りに、ホテルに帰るのに、タニヤ通りを通ったのですが、
200-300メートルの間にキャバクラ的なお店がずらりと並んでおり、
お店の前に女性が何十人もお客に声をかけてるのがすごい光景でした。
僕も馬鹿なのですが、そんな光景に驚いて携帯のカメラを向けたところ、
その何十人の女性が一斉に怒り出したので、慌てて携帯をひっこめました。

IMG_0686

なんというか、難しい街であり国でもあるなーと早速考えたりしました。

一日目の昼間はこんな感じで終了です。
次回は一日目のクラブについて書きます。
早速持ち帰りの事案が発生しました。


00:25│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年08月11日

957783feffc373cd_S2

今回のタイ・バンコク旅は4泊5日。

2月10日(水)の9時に成田を出発し、バンコクに14時着。
帰りは2月14日(日)の11時にバンコクを出発し、成田に19時着というスケジュール。

アジアに行く時はいつもこれだが、LCCのエア・アジア。
機内では機内食も出ないし、何のサービスも無いが、ひたすら寝るか本を読むかの時間になるので、
席が狭いことを除けば気にはならない。
個人的には、客室乗務員がキビキビ動いているから割と好感を持っている。
今回は、相方の竜さんが行きの飛行機の中で、女性に手紙を渡すか渡すまいか迷っていた。
相変わらず、性の部分で積極的である。

ホテルはMRT(地下鉄)「アソーク」駅・BTDスクンビット戦「レンブラント」駅近く、
※「大阪」と「梅田」、「福岡」と「天神」みたいな、ほぼ同じ場所にある関係。
レンブラントホテルというところに泊まりました。

中級ホテルで、泊まる分には不自由しませんでした。
バンコクに詳しい人にどこに泊まるか聞かれて、「レンブラント」と答えると、
皮肉交じりに「いいホテルに泊まりますね。」と言われたのですが、
僕も30を過ぎてますし、さすがにバックパッカーみたいなホテル選びは出来ません。
最低限綺麗で、観光(僕の場合はクラブも含めて)のアクセスがいい場所という視点で選んだので、
内装やサービスなどホテルとしての質が格別良かったとは思いませんが、十分合格点です。
(最終日の夜に高級ホテルのバーに行く機会があったのですが、上を見たらキリが無いと思いました)

日本人カップルもちらほら見られましたので、家族での旅行なんかも含めて、
割とお勧めできるホテルかと思いました。
逆に、若い男性だったり、女性を買いに行ったりする男性であれば、
もっと安いホテルでもいいのではないでしょうか。

ちなみに、値段は、航空券+ホテル代で1人10万を切りました。
部屋は男性二人それぞれ別の部屋を取っています。
上記の通り、切り詰めればもっと安くなるのだろうと思います。

目的は、バンコクのクラブ巡り・夜の街の散策、
観光地としては、バンコク市内の王宮、バンコクから足を伸ばしてアユタヤ遺跡・パタヤビーチ。
タイ料理も食べたいし、4泊5日で足りないかも?と気にしてましたが、
結果、若干駆け足気味だったことを除けば、おおよそ満足する旅となった気がします。

旅の前説としてはこんなところでしょうか。

さて、最後に、相方の竜さんについて、少しだけ話をしておきます。
※「タイ」「クラブ」とかで検索した時に、今回から僕のブログを読んでくれる人もいるかもなので。

竜さんは、このクラブでお馴染みの僕の元相方です。
僕のブログは、当初女性をクラブでナンパすることを綴ったもので、
そこから、僕の興味に伴って話がズレて、現在は日本国内や海外のクラブを見学に行き、
かつその旅行先での旅日記を書かせてもらっています。
竜さんは、長らくクラブに一緒に行ってナンパをする友達でした。
呑気で考えなしで大胆な行動を取る彼は、僕とは性格が反対で非常に魅力的に映り、
意気投合して頻繁にクラブに行きました。
このブログを通じても沢山の男性の知り合いが増えましたが、
人付き合いの悪い僕でも唯一仲のいいと言っていい彼です。
海外旅行としてはタイの前に、台湾に行っています。
まぁ、この時はとても楽しくて、結構な旅行好きの僕でも一番の思い出です。

【台湾クラブ日記シリーズ】

No.101 台湾クラブ放浪記 ~前奏曲(プレリュード)~
No.102 台湾クラブ放浪記 ~夢想曲(トロイメライ)~ @Myst
No.103 台湾クラブ放浪記 ~練習曲(エチュード)~ @babe18
No.104 台湾クラブ放浪記 ~哀愁曲(エレジー)~ @box
No.105 台湾クラブ放浪記 ~円舞曲(ワルツ)~ @Luxy
No.106 台湾クラブ放浪記 ~間奏曲(インテルメッツォ)~ @Muse
No.107 台湾クラブ放浪記 ~夜奏曲(ノクターン) ~@babe18②-前編
No.108 台湾クラブ放浪記 ~狂想曲(カプリッチオ) ~@babe18②-後編
No.109 台湾クラブ放浪記 ~助奏曲(オブリガート) ~@Spark
No.110 台湾クラブ放浪記 ~幻想曲(ファンタジア) ~@LAVA
No.111 台湾クラブ放浪記 ~輪舞曲(ロンド) ~@LAVA-後篇
No.112 台湾クラブ放浪記 ~小奏鳴曲(ソナチネ) ~@LAVA from side-Dragon①
No.113 台湾クラブ放浪記 ~奏鳴曲(ソナタ) ~@台北市内 from side-Dragon②
No.114 台湾クラブ放浪記 ~超絶技巧曲(トランセンダンテ) ~海外ナンパのマストアイテム集 
No.115 台湾クラブ放浪記 ~鎮魂歌(レクイエム)① ~台北101 from side-Dragon③
No.116 台湾クラブ放浪記 ~鎮魂歌(レクイエム)② ~台北市内某ホテル from side-Dragon③
No.117 台湾クラブ放浪記 ~終奏曲(フィナーレ) ~台湾クラブ案内とルール

【台湾旅日記シリーズ】

台湾旅行編 其の一 桃園空港~台北駅~西門町
台湾旅行編 其の二 台北の地理と地下鉄利用
台湾旅行編 其の三 九份
台湾旅行編 其の四 龍山寺~二二八和平公園~台北101
台湾旅行編 其の五 永康街・頂好周辺
台湾旅行編 其の六 永康街・頂好周辺②
台湾旅行編 其の七 故宮博物館~士林夜市
台湾旅行編 其の八 小林髪廊~台北101展望

ここ二三年は僕の方がナンパから引退し、
彼はまた別のパートナーとクラブでナンパをしているようですが、
今回のように、「タイに行くけど、一緒に行く?」と聞くと、二つ返事で一緒に来てくれます。
昔みたいにベタベタな関係では無いですが、(タイ旅行で空港で別れて以来半年くらい会ってないです)
僕にとっては数少ない気心知れた友人です。

今回は、旅行の計画や予約についてすべて僕に丸投げし、
タイの風俗情報だけを念入りに調べる徹底ぶりで、僕の知らないタイ情報を事前にキャッチし、
また、実際現地ではタイ人女性とすったもんだのやりとりをしていました。
台湾の時と違って、僕が女性と関わる気が無いものですから、
その部分ではかなり揉めたりもしました。
まぁ、そのあたりもこれから書ければと思います。

【旅行スケジュール】

1日目
昼・・・キックボクシング鑑賞
夜・・・ナナ・アソーク地区のクラブ「クライマックス」「レベルズ」

2日目
昼・・・パタヤビーチ
夜・・・ナナプラザ・クラブ「スクラッチドッグ」

3日目
昼・・・アユタヤ遺跡・バンコク市内百貨店
夜・・・RCA地区のクラブ「ルート66」「オデッセイ」「オニックス」

4日目
昼・・・バンコク市内観光
夜・・・スカイバー

ざっくりこんな感じです。
昼の観光は概ね満足、クラブについては、僕の期待していたものと違った部分があって、
モチベーションが下がったりした部分もあります。
また、相方竜さんとは別行動の部分が多くあり、
僕が昼間上記のスケジュールで活動している間、
疲れてホテルで寝ているか、女性を求めて各種風俗に出入りしています。
折角タイに行ったのに、風俗に行かない僕を竜さんは散々非難しました。
あらかじめ行かないと僕は伝えていたのですが、冗談だと思っていたようで、
彼は怒り心頭でした。その部分では合わせられなくて申し訳なかったです。

このブログの主題であるクラブの部分では個人的に考えたこともありました。
たぶんブログを面白おかしく書くなら、夜の遊びはクラブではないということも含め・・・。

その辺り少しずつ書いていきます。
まずは、一日目の夕方、「キックボクシング鑑賞」と
日本人に人気のバッポン通りの「タイレストラン」からです。

よろしくお願いいたします。

19:37│コメント(10)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年08月08日

image

前回、結婚の報告をさせてもらった。
このブログを数年書いてきて、当初はクラブナンパのブログだったから、
そんな元遊び人の結末は一例であるが示せたと思う。
結婚自体が幸せか分からないが、そうありたいし、
そう思ってもらえるような人間に僕自身がならなければとも思う。

この1年ほどについては僕のプライベートなんて書いてこなかったけど、
日常生活ではクラブとは疎遠になっていたし、これからも同じなのだが、
それは日常においての話で、海外のクラブがどうなっているのか、
その部分には未だに興味が残っている。

そんな中、今回のタイ編である。

タイのクラブの実態を知っていれば、
既婚者なのに、タイなんて大丈夫か?と思われる人もいるだろう。
その辺りをこれから書いていきたい。

本当にここ数年忙しすぎる毎日で、
(あの、毎日のようにブログを更新したり、毎週末クラブに行ってた日々はなんだったのだろうと思う)
やっとこさ一週間の休みが手に入ったので、
このブログにも今まで書いてきた海外クラブ旅に行くことにした。

なぜ、タイに決めたのか、
アジア圏でクラブが盛り上がっていそうなところで残すは・・・といった感じ。
観光場所もあるしご飯も美味しそうだし。

ヨーロッパや北米南米でもいいのだが、
お金と時間のことを考えると、そこそこ近場でとなり、やはりアジアで落ち着く。
ただのサラリーマンなので、そこは致し方無しだ。
ここ数年は、オリンピックが開かれるブラジルに行きたいと思っていたが、
結局叶わなかった。

細かいことを言えば、体が弱いので、長期の飛行機が嫌だとか、
寒いところが苦手なので、暖かいところとか、まぁ、そういった事情もある。

クラブのことを言っておくと、
今まで僕の行った韓国台湾ベトナムの3国のいい部分のみが抽出されて
ミックスされたような雰囲気を僕は感じていて、
独身最後の旅にはふさわしい集大成になるのではと思っていた。

韓国・台湾に行った際には、日本とは違う雰囲気に圧倒された。
韓国では、ジャンルとして、エレクトロやトランス系のクラブが多く、
音楽に精通していない僕には馴染めないところがあったものの、
音楽好きな国民性などはクラブ向きで好ましく思った。
ボックス席を貸し切って友達とワイワイやる感じは、
日本のクラブではVIP席のみだけで敷居が高いものだが、
向こうの人には普通のことらしく、ナンパが跋扈してない感じも僕には新鮮に思えた。
伴って中規模くらいのクラブが多数あった。

台湾では、アジア最大級ともいえる規模の大きいクラブが幾つかあったり、
内装も想像を超えるくらいの美しさだったり
最新の技術を使った照明なんかは日本のクラブなんて足元に及ばないと思ったりした。
合間のショータイムが充実していたり、
ダンサーや素人参加型のお立ち台での幕間は楽しかった。
あと、今となっては懐かしく思えるが台湾のギャルを2人程お持ち帰りしたくらいナンパがうまくいった。

台湾韓国は経済の規模感では日本より格下なのに、
クラブという面ではだいぶ先を行っていた。
日本には風営法があって、規制がかかってるのもこの業界の成長を止めているような気がしました。
最近、クラブも大々的に深夜営業がOKになったので、また何か変わるかもしれないとは思います。

ベトナムは韓国台湾には劣るものの、後進国特有の売春の匂いがあったり、
それはそれで、東南アジア系のクラブらしい、淫らな雰囲気があった。
結局、時間がなくて、このブログでは報告できなかったが、
現地のベトナム人に案内され、
DJカフェという謎の形態のクラブを見に行ったり、
大学生が集うライブ会場に飛び入りで参加して、
tottemodaisuki doraemonと数十人の前で歌わされ、拍手喝采を浴びたりした。
クラブ?と思えるものもあったが、所謂クラブでは、
売春婦から舐めるような目で見られたり、ちょっとした恐怖も味わったりした。

そんなわけで、今回のタイだ。
タイは旅行において日本人男性に人気がある。
それは、性風俗が充実していて、はまってしまう人が多いからだと思う。
実際、タイに行くことを決めて、会社や友人に行くことを報告すると、白い目で見られた。
「いや、そういうことをしに行くのではないのだ」と言い訳めいたことも最初は言っていたのだが、
事実はどうあれ、常識的に考えてそのように捉えられるのは当たり前だから、
最後の方は「女性を買いにタイに行きます。」と言うことにしてしまった。

とはいえ、実際、そんなつもりは一切なく、
というか、そんな誘惑があったとしても跳ねのけるような強靭な精神を僕は持ちたい。
散々ナンパに講じて多くの女の子と遊んできたことを知っている嫁に、
君以外に抱く女などいないということをしっかりと証明するチャンスとさえ思った。
元々、日本にいたって売春は嫌いなのだ。
女の子を買うという行為が好きになれないので、場所が移ってもそれは変わらない。

ただ、売春が許されているタイのクラブを巡り、
魅惑的な女性に誘惑される可能性も、現地のタイギャルに逆ナンされる可能性もある。

それを超えてこそ、僕は愛を誓えるのではないかと思った。
最初は、貞操帯である鉄のパンツを履いてタイに行こうかと思っていた。
股間の部分に鍵穴がついていて、ロックを外さなければ脱ぐことは出来ない。
鍵を日本に置いていき、タイに旅立つというのも考えたのだが、
嫁(当時は結婚前)から、「タイは暑いから蒸れるよ。
一週間も脱がないで変な病気になったら、どうするの?」と怒られた。
操を立てると言う意味ではベストなアイデアだと思ったのだが。
ただ、そんな物理的なものに頼らず、自分の意思で股間を守りたい。
そして、堂々と日本に帰国し、綺麗な体で嫁を抱きたい。

そんな気持ちでタイに旅立つことにした。

独身最後の旅というのもあり、自分の手堅い知り合いに声をかけたが、
やはり平日に一週間弱の休みを取ることは不可能で、
唯一付き合ってくれたのが台湾にも一緒に行った竜さんだった。

台湾に行った時は本当に楽しくて、僕の何回か行った海外旅行でも一番ベストだと思えるほど、
今でもいい思い出だが、彼の同行はその再来を予感させる。
僕と違って相変わらず性に貪欲な彼のマインドは、
性風俗の跋扈するバンコクでは何か事件を起こしてくれるだろう。

実際、彼はタイに旅立つ前には、僕に旅行の予約やらスケジュールの組み立てを任せ、
一人入念な風俗情報を知り合いに聞いたりネットで調べたりしていた。

当初の予想通り、結果的に珍道中になったので、まぁ、良かったのだが。

というわけで、少しずつですが、タイ・バンコクの事を書いていきます。


タイトルの「ハングオーバー」は直訳で二日酔い。
上記映画はB級の低予算映画だが、続編が三作作られる程、ヒットした。
結婚を二日後に迎える主人公と仲間三人が、独身最後のバカ騒ぎ(バチェラー・パーティー)をしに、
ラスベガスへ向かい一夜を過ごし、朝目が覚めると、
借りていたホテルのスイートルームはめちゃくちゃ、主人公は行方不明で、一人は前歯が無くなっており、
部屋には何故かトラがうろついていて、風呂場で赤ちゃんが泣き叫んでいた・・・。
いなくなった主人公を探しに、皆で断片的な記憶を探っていくというお話。

image

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ



16:05│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月14日

クラブ日記No.112から続く、ワタクシ御子柴と一緒に台湾に行った相方竜さんのナンパ奮闘記最終章。
クラブ日記No.112では、有村架純似の清純系台湾女子との出会い、そして、
No.113では女性を落とそうとあれこれ頑張った挙句「即」に失敗した話、
No.114では僕がクラトロさんのブログから仕入れた情報を元に竜さんにナンパグッズ(?)を渡した話。
そして、今回が最終回。果たして結末はどうなるのか・・・。
散々引っ張っておいて壮絶なオチが待っているのだろうと、もし期待させていたらすみません。
このブログは実話を元にしたフィクションという形で書かせてもらっているので、
まぁ、現実はこんなもんだよね・・・っていう終わり方です。がっかりさせたらごめんなさい。
だけど、「現実は小説より奇なり」。意外な方向に話は進むかも。
・・・なんて、色々煽っておいて結果はこんな感じに。それではどうぞ。

9月某日土曜日(台湾滞在四日目)夜7時 @台北101 from side-Dragon

前日夜に台北101近くのクラブLAVAでナンパをした俺は、台湾女子への声かけに成功した。
緊張するも自分なりに頑張ってホテルに連れて帰ろうとしたのはご存知の通り。
だけど、残念ながら失敗した。ただ、別れ際に女の子の方から「明日ご飯に行こう」と誘われた。
女の子の意図は分からない。2日後に日本に帰る俺と会う意味があるのか、
俺に好意を持っているのか、ただ日本人ってことだけで引きがあるのか全然読めやしない。
LINE IDを交換して次の日に連絡を取り合い、会うことになった。
リップサービスや音信不通になる可能性だって十分考えられたのに、本当に会うことになった。
正直言ってどうなるかは分からない。ただ、同行者の御子柴さんは「うまくいくかもしれませんね~。」と
何も考えていないアホ丸出しの顔で期待感を煽る。
俺の心配などどこ吹く風、「あの可愛い女の子が自分の腕の中で眠るとしたら、とても興奮しますね。」とか
「あの子の体のくびれすごかったですよね。脱がしたら相当だろうな~。」と下ネタのオンパレード。
最初は「このバカは何言ってるんだろう?」と思っていたのだが、
最終的には俺も鼻息荒く「絶対に連れ帰りますよ。」と啖呵を切った。
その御子柴さんからスージー(台湾女子のイングリッシュネーム)と会う前に呼び出され、
御子柴さんの部屋で「日本のお菓子」と「入浴剤」、そして「指さし単語帳」を手渡された。
まさか御子柴さんがこんなに用意周到に準備をしていることに驚いたし、
「最近は日本でナンパしてない」という割には「やる時は徹底的にやる」というスタンスは変わってないようだ。
俺は自分の部屋に「お菓子」と「入浴剤」を置きに帰り、「指さし単語帳」だけ持ってホテルを出た。
時間は夜7時10分前。
待ち合わせはスージーと出会ったクラブLAVAの前。俺はホテルから歩く道すがら考える。 
たぶん今日が最後のチャンスだろう。三日間クラブに行ったが特筆すべきナンパは無い。
四日目の今日、スージーとのアポで何も起こらず、その後クラブに行っても持ち帰りなんてきっとできない。
今やらずにいつやるんだ?今日こそ俺は決めてやる。
俺は静かに闘志を燃やしながら、LAVAに到着する。
スージーは既にいて、十メートル以上先から笑顔で手を振っている。
ちょっとはにかんだ笑いが彼女のウブさを感じさせる。やっぱり可愛い。
服装は花柄のワンピース、そんな無垢な少女のような格好もとても似合っている。
「今日は俺と会ってくれてありがとう。」不自由な英語でそう伝えると、
「私もRyuと会いたかったよ。」と嬉しい返答。幸先がいい。
LAVAから台北101に歩きながら、スージーは言う。
「Ryuは何が食べたい?」
当たり前だが、俺はこの近くのお店なんて一つも知らない。
相手にお任せするしかない。「スージー、君を食べたいよ。」と思ったが、
あまりに直接すぎるから言うのはやめておいた。
スージーは言う。「台北101の中だと、パスタ・ラーメン・台湾料理・点心に和食・・・」
こういう時はやはり洒落た店に入った方がいいのか、色々考えていると、
日本の店を発見する。その名は「梅光軒」。旭川ラーメンと表に書いてある。
「日本のラーメン屋ね。美味しいのかな?」スージーは興味ありげに言う。
ラーメン屋で女の子を口説く?そんなこと聞いたこと無い。
だけど、スージーは店の中を覗きながらニコニコしている。南無三、彼女の行動に委ねるか。
正直、門外漢な俺ではどこの店に入っても一緒だろう。
ここで軽くご飯を食べて、飲み直しにどこかに行って、そしてホテルに連れ帰る・・・。
非常に簡単だ。言葉だけなら。

お店に入ってカウンターに腰かけながら、周りを見渡す。
日本の店だからというよりも、台北101に入っているお店だからという理由だからだろうが、
清潔感があって、店員も元気いっぱいという感じではなく、若干のスマートさを打ち出してくる。
台湾の地場のラーメン屋よりきっとオシャレなんだろう。
カウンターでスージーと隣り合わせに座り、一つのメニュー表を二人で持ちながら見る。
中国語は読めばなんとか分かるのに、スージーが一つ一つ丁寧に説明してくれる。
「日本でも漢字っていうのがあってね。中国語も読みだけは出来るんだよ。」なんて言うのは野暮ってもんだ。
敢えて知らない振りをして「これはどういう意味なの?」「それは美味しいの?」と会話をつなぐ。
今のところ、全てはノープログラム・問題無し・モーマンタイだ。
・・・だけど、ここで悲劇は起きた。
店員に注文をしていた時、「塩ラーメンと味噌ラーメン、餃子と北海道コロッケ、
俺はビールで・・・スージーは何飲む?」という俺の問いに「私ウーロン茶!」とスージー。
えっ!お酒飲まないの?
驚く俺に「私お酒飲めないもの」と。
マジっすか・・・俺はテンションが下がるのを感じた。確かにクラブでも飲んでなかったかも。
酒を飲ませてベロンベロンに・・・というつもりは無いが、
アルコールを入れて多少の理性を飛ばしていただかないと。
ってことは、この後二軒目で飲み直すこともできないじゃん!!
さっきまでいい感じ!だと思ってたのに、早くも暗雲が立ち込めてきた。
っていうか、絶対無理だ。
日本でだって、今まで女の子と飲まないで連れ帰ったことないし・・・。
俺は早くも試合終了のホイッスルが吹かれるのを感じていた。
っていうか、早くないか?まだ会って30分も経っていない。
ちなみに、俺の注文した塩ラーメンは塩が利いていて美味しかった。
たぶん自分の涙の塩味も混ざっていたと思う。
それでも、せっかくここまで来てくれたスージーにも申し訳ないし、
その場は努めて明るく、陽気な日本人として振る舞った。
一時間ほど経ち、店内も賑やかになってきた頃、
回転率の速い店では居心地が悪くなってきたので場所を移す。
とはいっても、酒が飲めないスージーをバーや居酒屋に連れてはいけない。
だから、近くにあったスターバックスに入ってコーヒーを飲むことにした。
注文したコーヒーは日本と変わらず、ほろ苦い。今日のアポを表現する味に笑いが出る。
ラーメン屋→スターバックス→泊まっているホテル、どう考えても正常なルートではない。
このままでは普通の健全なデートで終わってしまうだろう。
何も起きず、ホテルに帰ったら御子柴さんにプッと笑われるのか・・・、
あのバカ面を思い出していた時、ふと頭をよぎる。
俺にはまだ最終兵器があるじゃないか。御子柴さんに託された一連のグッズ達。
まずは手元にある「指さし会話帳」だ。
おもむろにスージーの前で取出し、中国語を試みる。
台北101→タイペイイーリンイー
士林夜市→スーリンイエス―
龍山寺→ロンサンスー
こんな感じで地名を読みながら正しい発音を教えてもらう。
普通に楽しい。俺の下手な中国語にスージーはクスクス笑いが止まらない。
この本は非常に便利だ。
「食事」のページには台湾料理が写真入りで載っていて、
臭豆腐→チョウトウフ
蠣仔煎(牡蠣入りオムレツ)→オーアーチェン
焼餃子→クオティエ
こんな感じで読み方と一緒に書いてあり、非常に分かりやすい。
御子柴さん、これナンパ用じゃないよ・・・。普通に旅行で使うやつだよ、全く使ってなかったけど。
「仲良くなる」のページには
您(あなた)→ニン
魅力的→ヨウメイリーダ
とあったからこの二つを連続して指さしたら「やだ~」と肩をバシっと叩かれた。
前言撤回、やっぱりこれナンパ用だ。
その下に、
性感(セクシー)→シンカン
とあったのでこれまた「あなたは性感」と指さしたところ、ちょっと際ど過ぎたかと思ったが、
またしても「やだ~」と肩をバシッと叩かれた。うんうん、やっぱりこれナンパ用だな。

こんな感じでその場はとても盛り上がった。この本だけで1時間以上会話した。
急激な和みでスージーとの距離感もグッと狭まった感じだ。
だけど、そんないい雰囲気をぶち壊すように、
店員がやってきて「ここは22時で閉店です・・・。」と。
本当に水を差された感じだ。せっかくキャイキャイ騒いでいたのに。
22時という時間も家に帰るにはいい時間だ。
俺は「もうダメだな」と思いながら店を出て台北101からも離れ、
待ち合わせをしたLAVAに戻ってくる。
そして、近くのモールにあるベンチに腰かける。
そろそろ別れの時間だ。昨日もこの場所でそう思った。
だけど、昨日と違うのはスージーがちょっと帰りたく無さそうな顔をしていることだった。
「それじゃ、今日はありがとう。楽しかったよ、バイバイ。」そんな風に言ったら悲しそうな顔をするかもしれない。
そんな雰囲気だった。
もしかして、ホテルに誘えばついてくるのかもしれないが、誘い方が分からない。
あまりに「ホテルに行こう」はおかしすぎる。
御子柴さんはクラブで女の子を直接誘ったらしいが今俺が言ったら変だ。
御子柴さんのニヤケ面を思い浮かべながらそう思っていると、ふと頭をよぎる。
俺にはまだ最終兵器があるじゃないか。日本のお菓子と入浴剤。
「日本のお菓子があるんだけど、ホテルに来ない?」このフレーズを言うしかない!
俺はドキドキしながら、またしても困った時の「指さし単語帳」とばかりに、本を開き、
スターバックスの続きを再現する。
ベンチに座って、やっといい場面が出来上がる。
「指さし単語帳」の「お菓子・デザート」のページに差し掛かった時だった。
台湾名物の「パイナップルケーキ」「カスタードタルト」などを発音しながら、
思い切り「今ふと思いついだんだけどさ~」くらいのテンションでこう言った。
「そういえば、日本からお菓子を持ってきたんだけど、興味ある?」
今思えば相当の棒読みだったのだが、幸い不慣れな英語と言うことで全くバレてはいないはず。
「どんなのがあるの?」スージーは興味津々だ。
「ここからホテルが近いから今から行こう」こう言うと「いいよー、行こう行こう。」スージーはノリノリに。
えっ!いいのかー。俺は興奮を抑えきれず、全身が震えるくらいに喜びたかったが、
なんとか抑えてベンチを立つ。
それにしても恐ろしきはこの禁断の魔術書だ。悪魔の本とも地獄の辞典とも言っていいだろう。

十分後、俺とスージーはホテルに居た。
台湾人と日本人と人種が違えど、男と女・・・。二人きりになった俺達は部屋に入った瞬間、熱い口づけを交わし、ベッドに倒れこむと抑えつけていた感情が噴き出るように相手を貪りあった。
・・・なんてね。ならなかったんだなぁ、これが。

というわけで続きはまた今度。 (つづく)


↓思いのほか長くなってしまったので一旦切ります。次が本当の最終回です。
引っ張ってごめんなさい。
以下、応援の1クリックお願いします。
  にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ
ナンパあんてな 

02:31│コメント(4)このエントリーをはてなブックマークに追加