グルメ

2017年04月30日

タイ旅1日目。

14時にドーン・ムアン(ドン・ムアン)空港着。
バンコク市内には空港が二つあり、もう一つがスワンナプーム空港。
違いはドーン・ムアン空港に発着するのはLCCが多いことらしい。
スワンナプーム空港の方が新しい空港なので、主要路線はそちらにあるらしいです。
共に市内からは30分~1時間と旅雑誌に書いてあったりしますが、
正直もう少しかかりました。市内の中心部に行けばいくほど、道が混んでいます。
恐らく社会問題レベルでの混み具合だと個人的には思います。
あまりタクシーに乗る機会はありませんでしたが、(というより避けた)
朝観光に行くのに、電車に乗ろうとして駅に歩いている途中でさえ、
全く車が微動だにしない光景を滞在中に見ました。

最初はそんな事情も知らないので、呑気にタクシーの中で、
タイではどこの車のメーカーが多いかなどを見たり(本田・トヨタ、そしてなぜかいすゞが多かった)
バイクに五人乗りしている家族?を見たりしてキャッキャしてたのですが、
中心部に入ってから車が動かなくなったので、非常にイライラしまそた。
竜さんは窓を開けてタバコを吸い、(バンコクらしいのか、そういうのは許されている)
僕はすることもないので、ウトウト寝たりしていました。

ホテルはレンブラントホテルというところで、
アソーク駅というバンコク市内の中心部で、アクセスのいい駅のほど近く、
大通りから入ったところにあり、若干怪しげな雰囲気もあるのですが、
星のついたそれなりのホテルです。
結構大き目のホテルで、ホテルマンの感じも良かったです。
ロビーにはパソコンがあったり、24時間誰かしら1階にいるので夜遊びする僕としては安心感がありました。
部屋については、男性二人で一つの部屋というのも嫌だったので、
別々の部屋を取りましたが、持て余すくらいの大きさでした。
ホテル内にWifiが通っていたので、(最近は無いところないでしょうけど)良かったです。
※どうでもいい話ですが、持参したWifiのルータが壊れてしまい、
仕事のメールのやりとりが出来なくなってしまいました。
ただ、ホテルだったり街中のカフェだったり簡単にネット環境がつながったのはありがたかったです。

ホテルで身支度を整えて、まずは、ムエタイを観戦しに、スタジアムへ。
バンコク市内では、1945年に創立した「ラーチャダムヌーン・ボクシング・スタジアム」と、
1956年に創立した「ルムピニー・ボクシング・スタジアム」の2つが有名です。
ルムピニーの方は、最近移転して近代化したらしいですが、
僕らはこの日試合をやっている古い方に行きました。
前者は月水木日営業、後者は火金土営業。

ちなみに、最寄駅からトゥクトゥクという簡易タクシーに乗ってスタジアムまで
行きましたが、タクシー代は普通にボラれました。
支払った後、計算したらあれ?高くないか?みたいな。
タクシーを降りた瞬間、数人のおじさんおばさんが近づいてきて、
俺が(私が)スタジアムのチケットの売り子だと主張してきたり、
いやいや、チケット売り場目の前にあるんですけど・・・。
なんとか騙そうとしてくるので、気を付けないといけないです。
しっかりとバーツを円に換算して、かつ、向こうの相場を知っておくことが重要だったり。
旅行なので気持ちが大きくなっているので、多少騙されてお金を取られても痛くはないけど、
やっぱり腹が立つし、折角の旅行なのにその国の事嫌いになっちゃうので、
こちらの管理と心構えが大切な気がします。

スタジアムは席のランクでお値段が違い、一階のリングサイド席が2000バーツ、
そこから二階、三階と1500バーツ、1000バーツと値段が下がっていきます。
ちなみに、外国人料金らしいです。
会場には現地の観客がほとんどで、リングサイド席のみ外国人が座っています。
アジア人より白人黒人が多かったです。どこの国からかは不明。
日本人もちらほらいました。見かけたのはカップル・夫婦で男同士女同士ってのはここではいませんでした。

IMG_0652

試合は2-3時間の間に15試合が組まれ、5ラウンド制、5ラウンドまでもつれると判定、
僕らは1時間くらい見てましたが、1回KOがありましたが、ほとんど判定で決着ついてました。

IMG_0650


IMG_0656

さすがにリングサイドは近いので、汗が飛び散る姿や音もバチバチ聞こえるので、
ダイナミックな感じがあります。
ただ、選手に思い入れも無いので、単調で飽きてしまいます。
外国人が相撲を見たら面白くないのかな?と考えてしまいました。
相方の竜さんがキックボクシングをやっているので、タイの名物スポットという意味だけではなく、
純粋に興味があるのかと思いましたが、案外そうでもなく、
竜さんの方から早々に帰ろうという提案があったのが意外でした。
そんな感じで、まぁ、タイに来たから一応見ておこうかくらいの場所だと思います。

逆にタイに行ったら、ここ行ってと人に勧められるのが、この後行ったレストラン。
毎年タイに必ず行くという、僕の髪を切ってくれる美容師さんが、
ここは絶対行くべき!と勧めてくれたのですが、とてもよかったです。
(今回の旅はこの方がとても親切に教えてくれて為になりました。
男性が好きな男性なので、タイのお国柄の複雑な性事情含め色々と参考になりました)

日本人の遊び場となっている、タニヤ通りの近くのホテル・ローズホテル内にある、
「ルアンウライ」というタイ料理レストランです。
現地では高級な方に入るのかもしれません。
店の雰囲気も良く、タイ式家屋の中やテラスの席で、
ライトアップされた木々やプールなどがある開放感ある空間でお食事できます。
家族やカップル向けです。男性二人で行くところじゃない気がしました。

IMG_0669

IMG_0670

IMG_0671

ただご飯がアホ程おいしい。
所謂タイ料理の「グリーンカレー」や「トムヤムクン」は元より、
名前の分からない、エビの蒸し料理や羊肉の煮込みみたいなものまで、
※メニューが写真つきなので、字が読めなくても注文できる。
スパイシーで美味しい。
辛いのは苦手で、ノンスパイシーと言えば、辛さ控えめに作ってくれるようだが、
折角のタイだと思って辛いもの選びましたが、
そこまで辛くは無く、むしろ魚や肉の油と混じって絶妙な美味しさでした。
ただ、次の日はお腹下しましたが。

IMG_0680

帰りに、ホテルに帰るのに、タニヤ通りを通ったのですが、
200-300メートルの間にキャバクラ的なお店がずらりと並んでおり、
お店の前に女性が何十人もお客に声をかけてるのがすごい光景でした。
僕も馬鹿なのですが、そんな光景に驚いて携帯のカメラを向けたところ、
その何十人の女性が一斉に怒り出したので、慌てて携帯をひっこめました。

IMG_0686

なんというか、難しい街であり国でもあるなーと早速考えたりしました。

一日目の昼間はこんな感じで終了です。
次回は一日目のクラブについて書きます。
早速持ち帰りの事案が発生しました。


00:25│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年03月14日

国内・海外に旅行に行くときには大抵夜はクラブ、昼間は観光地へ赴くことが多いが、
今回の名古屋では、あまり時間が無かったのと興味のある場所が無かったので、
昼間はお茶したり漫画喫茶で漫画を読んだりして過ごしました。

それでも、前回名古屋に来たときには、名古屋名物を食べれなかったので、
2日間でそれっぽいものをチョコチョコと食べ漁りました。
はっきり言って僕は好き嫌いが激しいダメな大人なので、口に合わないものは合わない。
「普通」とか「美味しくない」とかはっきり言うので、たまにそういった記事を書くと
辛辣すぎるという声が上がるけど、あくまで僕の感想であって、
おだてたり持ち上げたりするメリットは一切ないので、自分の思うがままに書きます。
僕がまずいと思っても美味しいと思う人はいるし、その逆もあると思ってます。

【住よし きしめん】

通の間では有名な名古屋駅内にある「名代きしめん 住よし」。
新幹線ホームにも在来線にも、名古屋駅構内に全8店舗を構える。
アメトークの「立ち食いそば芸人」で紹介されてから認知度が上がったと思う。
東海道新幹線から一度下車してでも食べたいという人さえいて、
しかも、8店舗の中でも人の入りなどで若干味が変わるらしく、
「俺は③-④番線ホーム店のつゆが一番好きだ」とかいうこだわりを持つ人もいるらしい。

image

新幹線下りホーム店。平日19時頃の様子。
回転は早いものの、人が多く、常に2〜3人が並んでました。

image
かきあげ卵入りきしめん(¥550)

ノーマルのきしめん(¥350)から天婦羅きしめん・名古屋コーチンきしめんまであり、
おおよそ¥600~¥800が中心の価格帯のメニューが並ぶ。
立ち食いだけあって1分もしないうちに提供される。
あっさりした醤油ベースの味だが、
だしに鰹を使ってる上に鰹節がかかってるから、鼻に突き抜ける匂いのせいで少々濃く感じる。
季節は冬ということもあって、熱めの汁が嬉しい。
麺はコシがあって、ツルツルいける。
普通に美味しいが、個人的には新幹線を途中下車するほどではないと思う。
もう少しお金を払えば、名古屋市内で美味しい店があるだろうし、
立ち食いのお店にしてはちょっと高いからコストパフォーマンスは普通といったところ。
まぁ、電車や新幹線の待ち時間があれば、噂のあの店で食べてみようかって感じでしょうか。

【矢場とん 味噌かつ】

image

愛知県内に9店舗、矢場町に本社がある、矢場とん。
名古屋と言えば、味噌かつ、味噌かつと言えば、矢場とんというくらい有名店。
金曜のお昼に「セントライズ」というビルの地下にあるお店に行ってみた。
11時半にして、店の前には行列ができており、
まわりで働く会社員やOLが来ているようだ。
キャリーバッグを持った旅行者もちらほら。
上の写真は横綱ブタのブーちゃんというキャラクターで、全然可愛くない。
失礼な話だが、行列にこのブタとそっくりの女性がいて、チラチラと見比べてしまいました。
30分ほど並んで、途中注文を聞かれるのだが、席に案内されてからもそこから15分くらい待って
ようやく到着。ネットで調べていたら、この待ち時間は混雑時には普通らしい。
人気のお店と言うことが伺える。

image
わらじとんかつ(ハーフ)¥1728

初めての人は「味噌」と「ソース」のハーフがいいらしい。
味噌は店員がわざわざお客の前でかけてくれる。

とんかつは肉を平たくして伸ばしており、薄いのだが2枚あるので、量は多い。
一年半熟成させた豆味噌で、
他の味噌かつ屋さんと違って、ある程度甘さと粘度を抑え気味と聞いていたが、
それでも僕には甘すぎました。ソースも同様。
正直もう二度と食べないでしょう・・・。普通に1/3くらい残しました。
僕はとんかつが好きなんだけど、肉自体ももっと噛むと旨味が溢れ出てくるものが好きです。
矢部とんでは、肉の味はせず、味噌の味がすべて打ち消してしまっていました。
たぶん、どれだけ上等の肉を使ってもこの味噌の前では全て負けると思います。
店内では皆さん美味しそうに食べていました。
隣に座った一人で来客の細身のOLさんも完食してましたし。
これは完全に僕の舌の問題のようですね。

【コメダ珈琲 シロノワール】

image

600店舗間近と未だ急成長を続けるコメダ珈琲。
名古屋の喫茶店は「モーニング」が有名でもてはやされている。
珈琲の料金で「トースト」と「卵」がつくというお手軽感は確かに財布に優しい。

とはいえ、モーニングでなければお高く感じるのも事実。
image
ブレンドコーヒー¥400・ミニシロノワール¥390

これで合計¥790なので、貧乏性な僕はご飯が一食食べれるなーと思ってしまう。
※値段が高いとされるスターバックスでも、ベンティサイズが大体¥400くらいです。
だけど、この「シロノワール」は僕は大好きで、値段度外視。
ちなみに、ミニでない通常のものは¥590。
下のデニッシュ部分はアツアツで、その上に冷たいソフトクリーム、
さらにここにシロップをかけると超激甘で、
脳みそが快感のあまり一瞬思考をストップしてしまう。
また、これが苦いコーヒーと絶妙にあう。最高の組み合わせだと思う。

平日の喫茶店は、サボりのサラリーマンや、旦那の愚痴を言い合う主婦たち、
試験勉強中の学生や定年退職後のご老人たちで割かし混んでいました。
憩いの場なんでしょうね、きっと。
僕はタバコを吸わないんですが、ここは分煙になっていて半分くらいの席が、
タバコOKなんで、そういったところもカフェではなく喫茶店っぽい感じです。

【味仙 台湾ラーメン】

今回、台湾ラーメンというものが所謂名古屋めしに該当することを初めて知った。
台湾料理店「味仙」(みせん)の店主が考案したため、「台湾ラーメン」と名付けられているが、
台湾には同様の料理は存在しない。
激辛ブームに乗り、1980年代に名古屋で急激に広がり、
名古屋の大学の学生食堂やトヨタ自動車の社員食堂のメニューにもなったという。
ただ、全国的に広がることなく、名古屋ローカルで留まったため、後にご当地メニューとなった。

愛知県に8店舗、中部国際空港店まである。
今回は本店の今池店にお邪魔した。
金曜の夜22時前くらいだったが、店内は順番待ちで溢れかえっていた。

image

この写真を撮っている僕の後ろにも人だかりが出来ている状態。
それでも、20分待ちくらいで中に。

台湾ラーメンは豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒め、
さらにニンニクを大量投入した醤油ベースのラーメン。
この後、クラブに行く予定の合った僕は「台湾ラーメン(アメリカン)¥630」を注文。
同行の友人が、尋常じゃないニンニク臭さだと言うので、仕方なく味薄めのアメリカンにしました。
個人的にはラーメンにはニンニクを多めに入れて食べるのが好きなんだけど。

image

見た目はあっさりした感じに仕上がっています。
しっかし、これでも十分辛い。
ただ、僕は辛い物が苦手なのに、
麺を食べ終わった後もついついレンゲでスープをすくってしまうのが怖かったです。
これは癖になりそう。
ただ、次の日、この「アメリカン」でさえ僕はお腹を壊しました。
いつか、正規の「台湾ラーメン」を味仙で食べたいです、いつか・・・。

【リヨン 小倉トースト】

コメダ珈琲に続いて、またしても喫茶店。
どうしても、小倉トーストが食べたくて。
歴史は深く、大正時代のハイカラブームでバタートーストを提供していた栄の喫茶店で、
お客の学生がぜんざいに浸して食べているのを見た店主が最初から入れてしまおうと、
メニューに加えたのが始まりとされている。
まんじゅうの消費量も愛知県は全国一位らしいし、小豆好きは地域性っぽいですね。

image

こちら名古屋駅近くにある「リヨン」では一日中、モーニングを提供している。
それ、もう×××××じゃないじゃん!って皆にツッコまれてきたんだろう。
なんか悔しいから僕は言わない。
コーヒーは一杯¥400、これにセットでモーニングサービスがつく。8-18時の営業時間中ずっと。
このサービスのおかげで旅行者はいつ行っても名古屋のモーニングを体験できるらしいが、
僕の土曜の朝の滞在1時間くらいの間、観光客風な方はいませんでした。
待ち合わせのカップルや買い物中の親子みたいな地元民の方ばかり。
90歳くらいの動きの遅いおじいちゃんが1時間かけて小倉トーストを食べていたのが印象的でした。
途中、トースト持ちながら寝てるのかな?ってくらい動きが止まっていたけど、しっかり全部食べ切っていました。
昔から毎週同じ時間にこの店に通っているような感じでした。
おじいちゃんがこの店に来なくなるのは亡くなる時だろうと思うとなんか物悲しくて、
何時間かけて食べてもいいから「また来てね」と店員でも無いのに思いました。
そんな小倉トーストがこれ。

image
アイスコーヒー モーニングCセット・小倉プレスサンド

セットは6種類。「野菜サラダプレスサンド」とか「フルーツプレスサンド」とか。
すべて¥400です。安い・・・。
味は普通です。コメダ珈琲もそうだったけど、甘いものにコーヒーがよく合います。

【地雷也 天むす】

ネットで調べていたら、名古屋在住のとあるブロガーさんが
「いくつも食べてきたが、ココ以上においしいものには出会えていない」と豪語してたので、
帰りがけに名古屋駅高島屋地下の「地雷也」で購入。

image

そもそも天むすの発祥は三重県津市の「千寿」という天婦羅屋さん。
天婦羅屋の女将が、食事のとれない大将のためにまかないを作ったのが始まり。
暖簾分けして「天むす」一本で店を開いたのが名古屋だったという流れ。
今でも「千寿」さんは名店として現存しています。

image
5個入り(2つが黒米)¥630

衣はしっとり、エビはプリプリ、薄い塩味の小粒なおにぎりは何個でも食べれそう。
他のものを食べたことが無いので、比較は出来ないですが、美味しいです、これ。
ちょっとした御土産とかにもなりそう。
店内にはお弁当も幾つかありました。

【寿がきや ラーメン】(おまけ)

名古屋を拠点に展開する「寿がきや」。
同じく名古屋に本社がある、百貨店スーパーの「ユニー」に併設された
ファミリーレストラン形式で広く展開している。
ここのラーメンは一杯¥300と安く、(昔はもっと安かった気がする)
お金の無い子供の頃は、安くてお腹いっぱいになる食べ物でした。
中学生の時、部活帰りによく食べていたので、
「寿がきや」という言葉を聞くと子供の頃の記憶が甦ります。
味は間違いなく美味しかった。化学調味料を大量に使ってるのが子供ながらに分かってたけど。
美味しい・・・けど、なんか人工的な感じってずっと思って食べてた。
あれから、15年近く経つけど、味は変わってるんだろうか。

image

名古屋のコンビニではどこも「寿がきや」のインスタントラーメンが売っている。
ホテルでお湯を入れて食べたみたけど、なんか僕の想像しているものと違った。
和風の豚骨味は変わらないんだけど、お店で食べた物はもっと獣臭かった気がします。
麺もカップ麺ではお店の味を微妙に再現出来ておらず。似てるけど、微妙に違う。
もし機会があれば、店舗で普通に食べたい。忘れている何かを思い出す気がする。

こんな感じで名古屋名物を堪能しました。
とはいっても、「ひつまぶし」「エビフライ」「カレーうどん」「あんかけスパゲティ」などまだまだあり、
今回は食べることができませんでいた。
次回行くときには、すべて網羅したいです。

↓気が向いたらいいので、クリックいただけると嬉しいです。
現在ブログのアクセス激減しており、対策を考え中です。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ



16:19│コメント(5)このエントリーをはてなブックマークに追加