クラブナンパ防衛講座

2014年09月16日

女性に贈る、クラブナンパ防衛講座も今回でとりあえず最終回。

その① ナンパされない/されにくいクラブの選択
その② 心構え編
その③ ポジショニング編
その④ 事前準備編
番外編 いい男をつかまえるためには


「行くクラブの選択」「クラブでの居場所」「クラブに行く前に気を付けること」に続いてのお題。
今回は現場での撃退方法・逃走篇になります。

img_24

ナンパされにくいクラブに行ったり、ナンパされにくいポジショニングを取ったり、
それでも、ナンパされてしまった場合。
もしくは、ブサイクな男にナンパされてしまった場合、自分の嫌いなチャラ男にナンパされてしまった場合、
無視してもそれでも引き下がらない男、強引に腕をつかんで離さない男・・・。

さぁさぁ、つまらないオトコに付き合ってるだけ時間の無駄!
せっかくクラブに来たんだから、飲まなきゃ踊らなきゃ。
ナンパされるなら、もっといい男がいます。
お嬢さんお逃げなさい。 スタコラ サッサッサのサ~♪

・・・ということで逃走編。こんな風になってしまう前に↓

afd2a864_1317216398072












僕が思うに、クラブ内で男から逃げる場合って2種類ある。
【声掛けからの逃走】と【会話からの逃走】。

この二つの違いについて最初から線引きしておくと、
「声掛けから逃げたい」ということは、ハナからナンパに興味が無いか、
声をかけてきた男に興味が無いってこと。
ナンパという行為自体に嫌悪感があったりする場合や、
一瞥して顔が自分の好みとは違ったり生理的に受け付けなかったり、
声掛けのフレーズが耳障りだったり、第一印象から悪いという場合。

そして、「会話から逃げたい」というのは、上記の第一関門をクリアし、
喋ってあげてもいいかなってなった後の逃走について。
一度こちらが興味を示した時点で男の期待度を上げてしまっている点で
「会話からの逃走」の方がなかなか難しい・・・。

【声掛けからの逃走篇】

・ガンシカ

優しい女の子にはハードルが高い、ガンシカ。
本来は「ガンとばされてシカトされる」の略らしいけど、
実情は「頑としてシカト」ってこと。もうとにかく、男の声掛けにウンともスンとも言わない。
相手の男の目も見ない。とにかくあなたに興味がありませんの意思表示の一点張り。
無表情でいると特に良いと思います。携帯電話をいじり始めるのも効果あり。
これ、やったことの無い女の子には辛いと思います。
そんな、人を無視することなんてひどくて出来ないよ!って。
逆にこれが出来る女性は擦れてる証拠。もうあなたは純情とは言えませんね。(笑)

・罵声・舌打ち

大体の男はガンシカで通じます。
あぁ、俺に興味が無いのね・・・って男は非常に残念なわけです。
しかも、第一印象でアウトくらってるんだから。
男は「第一印象で決めてました!」って手を出してきているのに
女の子に「第一印象で決めました!」って逆にシカトされるんですよ?
今差し出しているこの手をどうやって引っ込めればいいのか、もう男としてはこっ恥ずかしい。
このダメージは女性には分からないと思うけど、ナンパに慣れていない男なんかは大打撃なんですよね。
でも、中には丁寧に「ごめんなさい」とか言ってくれる子もいて、
そんな子は「シカトせずに、謝ってくれた・・・しゅき!!」ってなって、さらにしつこくしてる人もいます。
(いや、ないか・・・)とにかく、シカトに限ります。
あまりにしつこかったら舌打ちしたり、「スタッフ呼びますよ」って言ってみたり、
大きい声で「やめてください」って叫んでみたり。
本気で嫌がっている時は周りも分かるんで、
拒否の意思表示が伝われば助け舟を出される場合もあります。

【会話からの逃走篇】

男に声をかけられて、まぁちょっとだけ話をしてあげて
「この男つまらないな」「やっぱりタイプじゃないわ」って
話をするのに嫌気がさしたら、いいタイミングでこの会話を切り上げたい。
そんな気持ちに勘づいて話を切り上げてくれる男だったら話は楽なんだろうけど。
もっと上級者の女性であれば、男にお酒をおごらせる目的で男からの声掛けにわざと乗っかって、
買ってもらった瞬間にすぐに切り上げていきます・・・。
所謂「酒乞食」。男もバカだからコロっとだまされる。

・体のいい断り文句で。

声をかけられて、まぁ、こちらも気分がノってるから男と話して、
でも、なんか盛り上がらなかったり、話がつまらないかったり、
とりあえず、今目の前にいる男と離れたかった時には、さよならする理由づけが欲しい。
それが「そろそろ友達探してくるね」と「トイレに行きたい」。
この二つってど定番中の定番。京都でお茶漬け出されたみたいな。(お帰りくださいの意味)
女の子があまりに使うから、慣れた男なら大抵気づく。あ・・・嫌がれてるかもって。
だから、男としては無理しないで、じゃーねって別れたほうが無難だと思ってる。
「友達探してくる」は友達とはぐれちゃって時間が経つからそろそろ会っておきたいの意味。
でも、このフレーズの完璧じゃないところは、男に「それなら一緒に探してあげるよ。」って
ついて来られちゃうところ。いや、ついてくんなよ!って思ってもついてこないで!とは言えないし。
そういう意味では「トイレ行きたい」はトイレに緊急避難できるところがいい。
これも男がついてきちゃうパターンだけど、幸いトイレの中までは入れまい。
トイレで時間つぶしてるとどこかに自分から消え去る男も多いし、
スタッフが「トイレ前でタムロするな」と男を叱りつけるところもあるから、
なんだかんだで男と離れることが可能。

・男の匂いを感じさせる

声掛け段階でも使えると思うけど、
やっぱり男と来ているって伝えるとナンパする側は逃げ腰になりやすい。
「事前準備編」でも書いたけど、ナンパする男性視点からすると非常に面倒くさい。
一緒に来ている男性とモメるかもって心配とか、
その日のお持ち帰りは難しいだろうとか考えてるとデメリットが多すぎる。
だから、「誰と来たの~?」って言われた時の切り返しだったり、
ナンパされた男と穏便に別れたい時には「男友達が待ってるからごめんね」とか
「職場の同僚が探してるみたい」とかってフレーズが有効。
「今日VIP席取ってるんだ~」でもいいと思う。VIP席は基本男が取ってるから、
クラブによく出入りしてる男なら、誰かしら男がいるなと分かってくれる。

それでも引き下がらない男には・・・

とにかくしつこい男、こいつらは確かに存在する。
嫌だって言ってるのに絡んでくる男、うざったいなーっていう。
あくまでナンパの経験のある男から言わせてもらうと、
追い払う方法として一番楽なのは「ケータイ番号」とか「LINE ID」を教えてあげること。
ナンパする男はそれを番ゲ(番号ゲット)ってその日のクラブの成果の一基準にしてる。
それは番号を教えてもらうことで次に進める可能性があるから。合コンなんかと同じ。
個人情報を簡単に教えらんないよーっていう女の子もいるかと思うけど、
そこまで深く考える必要は無いと思う。
僕が女の子だったら、「また連絡するから番号教えてよ」って自分から言うね。
男は「あれ?この子食いつきいいな。また話できるかも。」って期待感上げられるわけ。
だから、クラブ内で別れてもまた会えるかもって考えると無理やり引きとめる理由がなくなるから。
で、後日男から連絡来ても無視する。LINEだったら簡単にブロックもできるし。
「ケータイ番号」や「LINE ID」を囮にして逃げるパターン。
これらって大抵男から女の子に「教えてくれない?」って言うものだから逆手にとって、
「友達を探したい」(理由づけ)+「また、連絡したいから番号教えてくれない?」(囮作戦)のコンボで
女性から食い気味に行くことがうまくいく秘訣かな。
男の耳元で「また後で連絡するから朝一緒にご飯食べようよ。」とかっていう嘘を囁けたら
騙しのテクニックとしては一流。
男からしたら断わる理由ないし。それでトンズラをかますっていう。

どれもある程度嘘をついたり、ちょっと悪女ぶらないと出来ない行為かとは思います。
ピュアなハートの持ち主で断れないという女の子でも慣れてくると、
クラブに何回も行くようになると、声かけてきた男を目力だけで撃退できるようになります。
たぶん上記に挙げたことなんてクラバー女子からしたら「当然」って感じかな。

ということで、女性向けのクラブナンパ防衛講座編は以上です。
どこかでも書いたと思うけど、音箱で無いクラブであればある程度のナンパは受け入れてほしいのが僕の本音。
誰の声かけにも愛想よく・・・ってことではなくて。
声をかけると「気持ち悪い」だの「死ね」だことの吐き捨てる言葉を吐いてくる人以上に、
たまに度を超えてナンパに拒絶反応を示す人はさすがに
「そこまで嫌がるんだったら、ここに来ちゃダメでしょ」って思ってます。
クラブに行く目的の一つに「出会い」っていうことも含まれているわけだから、
男女共に余裕を持った対応(男も強引にしないこと!)が出来ればいいなぁと思います。

※女の子がクラブに行った感想や出来事ってインターネット上探してもあまりありません。
男は沢山のナンパ師さんが書いているから、男性視点は存在するのに女性視点が無い。
本当は僕では無くて誰か女の子が女の子のためにクラブのこと書けばいいのになと思います。
初めてクラブに行く子とか心配だろうから色々情報あればいいんだけど。
そんな迷える子羊の女性達に元・狼の僕が書いてみました。ぜひ参考に、よいクラブライフを。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

ナンパあんてな



00:30│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月06日

その① ナンパされない/されにくいクラブの選択
その② 心構え編
その③ ポジショニング編
その④ 事前準備編
その④ 逃走篇

さて、諸々書いてきたクラブナンパ防衛講座もこれで最後。
ナンパされる女性としては、ナンパに対するスタンスを明確にすることが大事だと思う。
どこまで許容できるかっていう。
「ナンパ自体がダメ」・「話すのはOK」・「手をつなぐくらいまでなら・・・」
「なんならこっちから男を喰ってやる」etc。
その上で、自分の望むラインを超えてきた男にはしっかり拒絶反応を示すこと。
これが簡単だけど究極のナンパ防衛論だ。
あの手この手で技をかけてくる男から逃れる小手先のテクニックは今まで書いてきた通り。

ここからはナンパOKな女性、そして、出会いを求めていたり、
なんなら自分の好みの男を探し出す方法についてちょっと考えてみたいと思う。
また、クラブで会った男とセックスも辞さないという女性にも選球眼が磨かれるような、
見極めのポイントを元・ナンパを頑張ってきた男の目線から語ってみたいと思う。

題名に「いい男を見つけるためには」と書いてみたが、
そもそも「いい男」はいるのか・・・?
うーん、いると言えばいる、いないと言えばいない、そこは女性の判断するところだから
なんともいえないけど、クラブにいる男性像って実はある程度絞られるって女性は知ってるだろうか?
それは「そこそこ大きな企業に勤めていて、土日休みの職種、可処分所得が結構あって、
四大を卒業後10年目以内、現在住んでいるのは(東京であれば)東京都内か近郊で女好き」。
まぁ、僕も上記条件をふわーっと満たしている。
たぶんこの文章を読んでくれる男性の多くもこんな感じだと思う。
※ちなみに、大阪はちょっと違う。理由は後述。
実はクラブに行く人というのはこの条件を緩く満たせるようにフィルターがかけられている。
言い方に気を付けないと悪意的に捉えられる可能性があるが、
「クラブへの入場料がかかる」ってことが最大の理由だと個人的には思っている。
女性の多くはクラブの入場料がタダだから、ピンとこないかもしれない。
でも、男性は毎回一つのクラブに入るのだけで¥3000~¥5000近くのお金を支払う。
勿論酒代とは別にだ。
実はこれってお金がそれなりに無いと出来ないこと。
仲間内で飲みに行くのにだってそれくらいはかかるでしょ?と思う人がいるかもしれない。
だけど、クラブに行く時って大抵その前に飲んでる。
だから、一次会の飲み代にクラブ入場料、クラブの中でさらに飲んだり女の子に奢ったり、
朝方にはラーメンを食べて締めたり、逆に女の子と一緒にホテルなんかに行っちゃえばホテル代・・・
とお金がかさむかさむ。

例えば、金曜日の仕事終わりに会社の後輩と合コンに行ったAさん、
1次会の個室居酒屋では女の子の分も一部支払い、
2次会にカラオケ、後輩の前でカッコつけてまたしても多めに支払い、
女の子達は終電で帰ってしまったので、勢い余って六本木のクラブへ。
クラブでは女の子をナンパし、お酒を奢ってあげる。
とある女の子といい感じになって、朝方クラブを出た後、
タクシーで渋谷のラブホテルへ・・・みたいな感じだったら、

低く見積もっても、1次会¥5000+2次会¥5000+クラブ入場料¥3000+酒代¥3000
+タクシー代¥1000+ホテル代¥10000=¥27000

一晩で¥27000使うってなかなかのもの。
僕がナンパしてた時は酒が飲めないのと結果がほとんど出ないので、
クラブ入場料¥3000+朝食代¥1000=¥4000ってパターンがほとんどだったけど。笑

一晩の飲み代でそこそこのお金が支払える能力って実は限られた人種。
職業に貴賤は無いけど、コンビニバイトで生計を立ててる男性をクラブでは見かけない。
他にも大工さんや工場労働者も見かけない。所謂ブルーワーカーの人ってほとんど見ない。
いつもスーツを着て仕事をするようなホワイトワーカーの多いこと。
(俺は違う!って人もいるでしょうけど、俯瞰した見方としてです。あしからず。)
しかも、その中でもお金に余裕がある人って言うのは、つまり高給取り。少なくとも同世代より平均以上。
そうなると中企業~大企業やベンチャーで結果の出ている企業に属している。
そして、それらに就職するチャンスに恵まれているのは四大の有名大学卒の人ってこと。
社会人10年目以内としたのは、10年以内に多くの人が結婚するから。
クラブに既婚者がいないのは夜遊びができなくなるのと、
可処分所得(自分の自由になるお金)が制限されるようになるから。
それから、大学生が除外されるのはクラブの年齢制限と上記のお金の有無から。

実は大阪が違うと書いたのは、クラブの入場料が高くない箱が多いため。
受け皿が広い分、年齢職業関係なく、クラブに行ける。
逆に、大阪のクラブが東京のクラブより盛り上がっているのは、
誰にでも門戸が開かれているからだと思う。

実際、僕はこのブログを始めてから百人は下らない男性読者と交流を持ってきた。
メールやブログコメントのやりとりだけを含めると数百人の男性を見てきたと思う。
だけど、間違いなく90%近くは上に挙げたような人たちだ。
また、言い方に気を付けないと非難されそうだが、
ナンパをする男性の中でストリート(街中で)やネット(出会い系)をテリトリーとする人と
明確に違うのはこのステータスの部分。
だから、街を歩いていて、横に並行して歩きながら話しかけてくる男と
クラブでグラスを片手に話しかけてくる男の違いはスペックにあると思う。
ただ、一つ注意したいのはお金を持つ人の女遊びはちょっとタチが悪い。
お金をかけて女性を楽しませる術を知っているから、
一緒に美味しい物を食べに行ったり、女の子が好きそうなデートを演出したりできる。
この辺りをいい男と判別するかは女性次第かな。

さて、本題の「いい男を見つけるためには」について。
例えば、時計を見て高級時計なら身なりに気を遣う人・・・みたいな分類が細かく出来たら面白いんだけど、
残念ながらそこまでのデータは無い。
ただ、前提としてクラブに居る男性の多くは身元のしっかりした社会人が多いとは言える。
その中でさらに「自分の好みの男」を見つける方法、
先に挙げたナンパに対する女性のスタンスで違ってくると思うが、
例えばその場限りの話し相手ではなくて、長期的なお付き合い(友達探し・恋人探し)を望む場合、
僕は「もう一度後日しっかりと会う」ことをおススメする。
クラブのガヤガヤした中で、酔って鈍った頭の回転で正常な判断は出来ないと思う。
合コン相手やクラブ友達を探す場合でも、本当に気が合うのかノリがいいのか、
クラブ外で会ってみて判断すればいいと思う。
その日に関係を持つ場合にも、本来であれば、一旦落ち着いて考えよ?と思うけど、
盛りのついた男女を止める術を僕は知らない。
本当に割り切れる人ならば(後日あちゃーって引きずらない人ならば)好きにしたらいい。
自分の思うがままに男性の顔や外見で判断すればいい。
だけど、そこで何か躊躇するものがあるならば、クラブを出て家に帰って一眠りして、
男性から来るメールに返答してからでも遅くない。
後悔しない男選び、それがクラブで会う男性と戯れる正しい遊び方だと個人的には思います。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな 



14:30│コメント(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月10日

クラブに行ってナンパされたくないと本心で思っているなら事前準備が重要です。
ナンパに寛容な女性も耳を傾けてください。
ナンパされ慣れて上手なあしらい方を知っている女性なら単なるあるあるネタになるでしょう。

クラブでのナンパという行為はあまりにありふれていて、街でナンパを避けるのより難しい。
例えば、街でなら「早足で歩く」とか「イヤホンをして音楽を聴く」とか
「サングラス・マスクをする」とか一定の対策が立てられるけど、
それらって全部クラブでは意味ないもんね。逆に目立ってつかまります。
ということで、あらかじめナンパを最低限に抑える事前準備を。
僕なんかがおこがましいけど、ナンパする男性にアドバイスするなら事前準備が重要と答えます。
女性も同様、ナンパを避けたいなら同様に準備しておかなきゃ。

①露出度の高い服装をしない

もう前提中の前提。
クラブという非日常空間を楽しみたくて、はっちゃけたいという人もいるかもだけど、
服装まではっちゃけちゃいけない。
肩が見えたり胸元が見えたり、生足だったり。
男なんて単純だからジロジロ見てます・・・。
見ようと思って見てるんじゃなくて悲しい男の性。
クラブでナンパする男は下心が少なからずあるわけで、
そんな人たちからしたら露骨に性的なものを見せつけられて興奮しないわけないし。
だから、多少暑くても露出度低めに抑えること。

同様の理由で、体のラインが浮き出る恰好やスカート、ひらり翻っちゃうような格好もダメ。

②複数人で行くもしくは男性を連れて行く

複数人でいると、ナンパする男性側視点からすると非常に声をかけづらい。
例えば、男性が一人で三人組に声掛けするのって勇気がいるし、
やっぱりその場の主導権を握るには人数が多い方がいい。
ということで、クラブに行くのには複数人で行くこと。
もし、友達とはぐれて一人になってしまっても大人数で行ったら、
探し回れば遭遇できる確率も上がるわけだし。
悲惨なのは比較的大きいクラブに女の子二人で行ってはぐれちゃった時。
どうやってもお互い出会えない。そういうときに限って電話もつながらないし、
なんか電波悪かったり。電話がつながったと思ったら五月蠅すぎて何言ってるか分からないみたいな。
一人になったらナンパする男性にとってはカモのようなものだから、ガンガン声かけられることに。

もう一つ、一番有効なのは男性の友達を連れて行くこと。
その男性が騎士(ナイト)のように守ってくれる人だったら最高だし、
始終一緒に居てくれなくても御札程度の効果はある。
男が「誰と来たの~?」って声かけてきて「男友達」って言ったら、
男の顔がみるみる曇っていくのが実感できるはず。笑
ナンパする男性からしたら、「なんだよ、面倒くさいなぁ。」って感じ。
男友達と一緒に来る女性って、ただのクラブ好きや飲み好きの可能性が高いし、
女の子に手を出そうものならモメるかもしれないし、
一緒に友達と帰るだろうからお持ち帰りとか無理だし・・・って
色々リスクを考えると旨味が無いって結論に行きつくわけ。
つまり、裏を返せばナンパの声掛けに「今日オトコと来てるんだよね」ってのはとてもいい返しになる。
例え嘘であっても男性の戦意を削ぐには十分。

③酒を飲み過ぎない

案外、これを守れない女の子が多い。
クラブに来てはしゃぎたい気持ちは分かる。
だけど、必要以上にはりきって飲み過ぎちゃうのはまずい。
普段友達と居酒屋で飲み過ぎちゃうのとはワケが違うんだから。誰も助けてくれないよ?
悪質な男共が暗闇からあなたを見てます。
夜のハンターの梟が道に迷う純情なリスやうさぎを狙っている。
これは本当に最低の行為だと思うけど、実際にあり得るから気を付けたほうがいい。
僕が嫌いな男性の持ち帰りパターンは、女の子にお酒を煽るように飲ませて
ベロンベロンにさせて、体力を失ったところをクラブから運び出すように
タクシーに乗せて帰る連中だ。
そんなんでレイプまがいに女の子を抱いて何が楽しいんだろうと思う。
女の子もとてもかわいそうだけど、自業自得。
たまに助けたくなる時もあるけど、僕には手を下す権利なんてない。
知り合いの女の子だったら男をぶん殴っても、タクシーから引きずりおろすけど。

自分の飲めるお酒の量をしっかり把握しておくことが重要。
女の子は月に一度のお姫様の日もあるし、そういった体調で飲める量も変わってくるから
それを見極めること。
クラブに行く日は、クラブに行く前にご飯食べにいったりすることも含めて
自分の肝臓と相談してください。
自分の理性のハードルを下げないように酒量をコントロールすることは重要です。

クラブ内では、男に言われるがままに飲まないこと。自発的でも自分の酒量を守ること。
上記のような悪質な男じゃなくても、
飲ませていい気分にさせて理性を緩めてって考えてる人は多い。
とんでもないブ男がアルコールのせいでイケメンに見えることのないように願ってます。
もし、目の前にテキーラを差し出してイッキ!コールするような奴が現れたら、
テキーラを口に含んで男の顔面に吹きかけてあげましょう。
あなたは全然悪くない。
ワタシを酔わせて何すんのよ!?そんな気概があっていいと思います。
iza-bt-121106-02-ns300

左)大仁田厚(あなた) 右)曙(つまらない男)

もうこの文章を読んだからにはあなたも大仁田厚になれますよ。
テキーラもいつの間にか赤くなりますって!

④ロッカーは別々にしない

これは最終防衛線。その日の持ち帰られを阻止する方法。

クラブでナンパする男側の目線からすると、その日女性を連れ出す時、
女性の言い訳として攻略しづらいのは「友達グダ」と「ロッカーグダ」・・・。
友達グダは「友達がいるから・・・」ってやつ。
まぁ、仲の良い友達を置いて男と外には出れないってこと。
これは食いつきが良くても女性同士の友情と見栄(軽い女だと思われたくない)によって
崩壊するパターン。まぁ、「始発まで待つ」とか「友達の女の子の様子を伺う」とか対策はあるんだけど、
とりあえず、それはいいとして、もう一つが「ロッカーグダ」。
友達と一緒に荷物をロッカーに預ける女の子の多いこと。
混んでいるから二つのロッカーを使わずに押し込んだのかもしれないし、
上記の友情と見栄の証明として「朝は一緒に帰ろうね!」ってことなのかもしれない。
女性の友情がハムより薄い場合には、女の子に荷物を出してもらって鍵を相方の女の子に渡して・・・
って作業をやらなきゃならないわけだけど、時間もかかるし、これは非常に面倒くさい。

ということで、逆説的に言えば、ロッカーを女の子同士で併用することが最後の砦になる。
本当に男とセックスしたくなったらクラブから出ればいいと思うけど、
「なんとなく流れで・・・」ってのもバカらしいし、
肉体関係を求めるにしたって後日よーく男を見定めてからでもいいわけだから、
少なくとも「その日に」ってことを回避するには有効。
まぁ、ロッカー云々じゃなくて意志が固ければ一番いいんだろうけど。

ということで、①②③はナンパを回避するために事前に取る行動、
③④は当日に男に連れ去られないような行動でした。

まだ幾つかありそうな気もするんですが、思いついたら追加します。
とりあえず、パッと挙げられるのは上記四つでした。

↓事前準備編はいかがでしたでしたでしょうか。女性の参考になればいいと思って書かせてもらいました。
男性の読者は「女の子に余計なこと教えるな」って怒られるかも知れませんが。ごめんなさい。許してね。
楽しんでもらえましたら、以下、クリックお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな 




00:05│コメント(4)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年03月16日

久しぶりの更新、女性のためのクラブナンパ防衛講座。
前回は心構えについて書きました。
クラブに行くときに男性の行動に対してどこまで許せるのか、
自分で境界をしっかり引いていかにそれを守るかが重要です。

まぁ、正直女の子がクラブに行くスタンスって人それぞれで、
クラブでナンパなんて絶対嫌という子もいる一方で、
いい男だったら話したいとか踊りたいとか、もっと言えばその日を共にしたいって子も結構います。
僕はそれはそれで構わないと思います。男性がエッチしたいって思ってるように女性だって性欲あるんだし。
ただ、そうは言っても女の子だって相手が誰だっていいわけじゃなくて、
できればイケメンがいいし、できれば面白い人がいいし、
金持ちだったり、いい企業に勤めていたり、筋肉質だったり、
セックスが上手そうだったり、何か自分にとって好みの男がいいのは間違いないです。
そんな男達をより分けるためにも女性はナンパを避ける方法を覚えておいたほうがいいと思います。
いい男と会うにはどんどん気に入らない男は判別排除していくべき。

ということで、ナンパ嫌いな女性にもナンパに寛容な女性にも知ってほしい防衛術。
今回はポジション編。

実はどのクラブにも共通してナンパされにくい場所が存在します。
そして、ナンパされるにしても男性の荒いナンパを避けられる場所。
ちなみに、僕は荒いナンパ大嫌い。
女の子が嫌がっているのに、無理やり掴んで抱きかかえて・・・。ちょっとそういうのは。
でも、自分の目の前でそんなナンパが繰り広げられていて、
本当にヤバそうだったら助けてあげようと思っていると
最初は嫌がっていたのに、気が変わったのかオトコとイチャつき始めたりする子もいるからなぁ。

正直女の子の本心とか分からん。

ということで、ナンパされにくい場所一覧。

①バー付近。

クラブ内に幾つかある(クラブによっては一つのところもあるが)バー。
この辺りはスタッフ・バーテンダーの目もあるし、なかなか派手なことはできない。
男にとっては「一緒に飲もうよ」って声かけはしやすいけど、
強引に突っかかってくるようなしつこいナンパは限りなくゼロ。
抱きついて来たり羽交い絞めとかって荒いことは絶対できない。
実は、ナンパする人が恐れているのは女性の冷ややかな目よりスタッフの目。
スタッフは見てますからね~。
つまみ出された経験もある人いるんで、顔を覚えられたら嫌だし、
あまり派手な動きしてると目をつけられます。
よって、バーテンダー・スタッフの目の行き届く場所にいることが安全。

②レディースシート・テーブル席・ソファ席

男性の声かけを明確に禁じているレディースシートもあるし、
暗黙の了解で「声かけんなよ」という意味を持つレディースシートも存在する。
お構いなしに声をかけてるとスタッフが駆け寄ってくる場合もあるくらい。

また、テーブルやソファに座られてしまうとどうしてもナンパしづらい。
女性が座って男性が立っているという構図も男性にとっては主導権を握りづらい図式だし、
(会社の上司と部下みたいなSMの女王様としもべみたいな)
二人で立ってる・二人で座ってるというような状態で無い分、距離感を縮めづらいってのもある。

③照明が明るいところ

「夜になったら暗い道を歩いてはいけません」と同じレベル。
人間、なかなか明るいところでやましいことはできないわけです。
暗ければ暗いほど、闇に乗じやすいので、光のある場所が吉。

そして、クラブで踊りたくなったら・・・以下の場所をお勧めします。

④ダンスフロア・DJブースの前。

この場所ってクラブによってはダンスフロアの雑踏の中にあって
案外危険かと思われてるんだけど、
ここにいる女性の多くは「DJのファン・知り合い」「踊りたがりのクラバー女子」。
感覚的にナンパする人は避けるべき場所だということを知っているし、
まぁ、声をかけても反応は悪いことが多いです。
目の前にはDJもいるし、あまり派手な動きをすると目立つので男性はひいてしまう場所。

⑤ダンスフロアで踊る集合体の外郭

ナンパ箱でダンスフロアに入ってはいけない。もうこれは鉄則。
人が入っていないうちならいいけど。
もうどう考えても踊れないような時間に身を投じてはいけない。
踊りたければ、身動きがとれる、雑踏の中から若干離れたところ。
どうせ中に入ってももみくちゃにされるだけだし、
友達と手をつないで入っていっても男にはがされて終わりです。
しっかりとポジショニングして踊ることが重要。

こんなところですかね。まだ思いついた場所があったら追加したいと思います。

↓ナンパされる女性の参考になったでしょうか?また、男性は反面教師にしてみてください。
お読みになったら1クリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな

00:05│コメント(4)このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年09月22日

さて、クラブでナンパを回避するテクニックです。
基本的にはクラブでナンパされるのは普通のこと。
この記事を読まれている女性がどんなスタンスでクラブに行っているかには依りますが、
目的→踊りたい?飲みたい?雰囲気を楽しみたい?いい男を見つけたい?
ナンパの可否→ナンパ絶対ヤダ、話すくらいなら○、一緒に踊るまではOK、今夜一緒に過ごす男を見つけにきた
ナンパは絶対嫌という方にも、話くらいなら・・・という方にも、
少なくとも自分の気のノらない男に対して自分に寄せつけない防衛法を男性視点からお伝えしたいと思います。

まずは精神論から。
僕は以下の二つが女性に必要だと思っています。
それは・・・
「女性の心構え・意志」(防御)と「男の心をへし折ること」(攻撃)。
これらを持っていると、男性として攻略しにくいな~と正直思います。


まずは、「女性の心構え・意志」について。こちらは完全なる防御の秘訣。
それは間違いなくナンパに対する自分自身の意志。
クラブに行ってナンパされることにどう思うかを明確にすることが大切。
(う~ん、ナンパされてもいいけど、強引なのは嫌だし、持ち帰られるなんてそんな気はないけど、かといって全く声かけられないのも女性として魅力がない気もするし・・・)って中途半端な気持ちでいると間違いなく男に攻め込まれます。
ただでさえ、薄暗い照明・頭に響く音楽・アルコールの摂取などで判断力が格段に落ちているところに、
口が上手くて、顔もタイプで、しかもあなたを楽しませてくれる男が現れたら、
なんだか相手はいい男に見えてきませんか?
冷静に考えれば、その場で相手の人間性まで理解できる訳がない。
それでも、クラブという場で理性のハードルは間違いなく下がっている。
気づいたらベッドの中だったなんてならないために重要なのは意志の問題。
男はあらゆる手をつかってあなたを落としにかかる。
最悪な場合、卑劣な手を使って、酒を飲ませようとする男もいるし、ボディタッチで体に訴えかけてくる男もいる。
でも、もしナンパが本当に嫌だったら声をかけられても断るべきだし、
話だけはOKだったら、一緒に踊ろう・一緒に飲もうって誘いは断るべき。
意志を明確に持ち、相手に示すことが重要。

二つ目は「男の心をへし折ること」。
攻撃は最大の防御。自分から攻撃して男を撤退させてやろう。
実は、ナンパする男も余程慣れていないと声をかけるのは緊張するもの。
特に、貴方みたいに綺麗な女性に声をかけるのは、
(おだてているんじゃなくて、声をかけるってそう思ってるってことだから)
ある意味あなたに興味がありますっていう告白なわけで、もしフられでもしたらショックなのは当然。
だから、そんな男の気持ちを利用して男にカウンターを食らわせる。

一番簡単なのは無関心を装うこと。所謂ガンシカ。
声を書けてきた男をチラッと一瞥してプイと反対方向を向く。これだけで軟弱な男はKO。
それでも食らいつく男でも、しっかり無視し、
携帯を見たり、一緒に来ている友達とでも話し始めれば、男は勝手に去っていくだろう。
しっかりと拒絶の態度を分かりやすく示すこと。
男を残してその場を去ったり、
あなたに勇気があれば「気持ち悪いんでどこか行ってもらえませんか?」など丁寧に嫌みを言うこと。
こんな事言われた日には男はクラブから帰るかトイレに閉じこもって泣いてしまうだろう。
(↑まぁ、実際こんなことを言ってる人は聞いたことない。
無表情で「話しかけないでもらえますか?」ぐらいでも結構効くと思う。)
でも、それくらいの気概があって丁度いい。
なぜなら、女性に声をかけるのが上手な男性もいるから。
うまくクラブの雰囲気に溶け込んでさり気なく声をかけ、ついつい反応してしまう。
まぁ、どちらかと言えば危険性が高いのはコッチの方なんだけど。

また、上記のように声かけ時点で断る時以外にも、
声をかけられて話をしてお酒を飲もう、一緒に踊ろうって言われたとしたら、
それは男が一歩先に展開を進めたがっているわけだから、自分が望んでなければ、それは「結構です」「嫌です」と断ることが重要。
 
interview_img
実際はクラブに行く女性ってある程度はナンパに寛容だと思うし、そうであって欲しいと思ってる。
ナンパ絶対お断りという人ってどちらかといえば少数派。
ただ、それにつけこんでグイグイくる男もいるので、注意が必要。
優しい女の子は興味無い男でも相手してあげてしまいがちので、
容姿やトーク内容でNGだったら次の男に行った方がいい。
男の強引さも悪くないけど、受け身である必要なんて全くなくて
女の子が男を選ぶ権利を持っていると僕は思っている。

次の講座は具体的なテクニック論について。
・・・結構この記事書くのって考えをまとめるのに一苦労。次回まで気長に待ってください。

↓皆様の参考になりましたら、以下のクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング


ナンパあんてな

00:05│コメント(5)このエントリーをはてなブックマークに追加