ナンパテクニック

2013年01月29日

ナンパをしていると、女の子の番号やらメールアドレスが携帯にどんどんたまっていく。
それらは半分以上必要ないものだ。
なぜなら、番号を教えてもらって、その後連絡しても返信が無かったり、
女の子との関係を持ったにも関わらず、切れてしまったりも含むからだ。
僕はたまに見返し、不要なものは割と削除するようにしている。
(この前は「みき」という名前が四人平仮名で登録されていたのだが、
メモも何も無かったので、僕の連絡の取りたいみきちゃんはどの番号なのかサッパリ分からなく
困り果てることになった・・・)
上記のような連絡が取れない番号を「死に番」というが、
削除する前にもう一度だけ、一縷の望みをかけてメールを送ることにしている。
たまに反応する場合があるのだ。
所謂「死に番復活」というやつだ。

12月7日夕方、ちょっと昔に遡るが、僕は20人程にメールを送った。
ちょっと不謹慎だとは思うのだが、東京で震度4くらいの地震が起こった日だった。
一昨年の東日本大震災から地震への恐怖感は昔より増している。
過去には神戸大震災があったが、あの時は関西方面だったし、
東京近辺に住む人にとっては「東日本~」が一番わが身に染みる大きな地震だった。
その名残からかあれからちょっとでも揺れると身構える人が多くなった。
12月7日の地震はテレビから「東日本大震災を思い出してください」という際どい文言を
NHK/民放の各アナウンサーが連呼し、
嫌なことを思い起こさせるなぁと思う一方で、そのくらい言った方が人の心には響くんだろうなという感想を持った
そんな大き目の地震だった。
地震があったその直後、仕事が終わってから「死に番」の女性達にメールを送った。
内容は「久しぶり。地震大丈夫だった?」これだけ。
余計な文言は要らない。多くは返事が返ってこなかった女の子達。
そして、残念ながらどんな子だったのかどこで出会ったか、メモが無い限り覚えてはいない。
これで反応が無かったら番号は削除していく。スクリーニング作業ってこと。
この作業は突発的な台風や地震の時に行っている。
やっぱり女性ってこういう時は心細かったり寂しかったりすると思うので。
(一応断っておきますが、地震を女の子へ連絡するきっかけに使用してますが、
震災で被害に遭われた方や亡くなった方を愚弄するつもりはありません。
実際、僕の友人や同僚も被害に遭っているし、一刻も早い復興を心から願ってます。)

ほとんどは連絡が取れず、LINEで「既読」になっているのを見ては
携帯から潔く削除していた。
そこから連絡が着いたのは数名。
連絡が途絶えていた既セクちゃん達・・・そしてご新規様。

そんな中の既セクちゃんのお話。
クラブ日記No.71でも書いたが、僕がクラブで始めた即った女の子。正直あまりいい思い出がなくて
僕は忘れ去ろうとするあまり本当に顔も名前もすべて忘れていた。(失礼な話だ)
今回の爆撃メールの過程で久しぶりに連絡を取ることになった。
初めての女の子だと分かっていたらこちらから連絡などしなかっただろう。
最初僕はその認識が無くて返信の内容を見ておそらくこの子だなと思った。
嫌な思い出しかない僕は彼女とどうこうする気は正直なかった。
ただ、始めた即った女の子と会うことで
ここ一年余りの僕の成長が認識できるかもしれないと考えた。
昔の僕と今の僕が違うということが明らかになるかもしれない。
だから、彼女とご飯を食べに行こうと誘った。向こうも即答でOKだった。

彼女が看護婦だということは覚えていたから、彼女のシフトを聞いて、
日曜の夜に時間を合わせて新宿で会うことになった。
会うまでにも彼女は久しぶりの連絡が嬉しかったのか、とりとめのないメールを送ってくるし、
もしかしたら食いつかれてるのかもと心配になった。
だけど、全く下心は無くて僕は体の関係を持つ気はなかった。

12月某日日曜日 19時 @新宿

彼女は中央線沿いに住んでいるからアクセスの良い新宿を選んだ。
女の子と寝るのが目的ではないので、
普通にご飯だけ食べるつもりで高島屋の上の方にあるレストラン街で
相談して何か適当に食べようかと思っていた。店の予約なんかも必要ないから気楽なもんだ。
だけど、自分が初めて即った女性と再会する、ちょっとだけ興奮していた。(いやらしい意味ではなく)
よく覚えていないけど、どんな女性だったっけ?ちょっとワクワクもしてきた。

七時前に着いた僕は高島屋のあるサザンテラス口改札で待っていた。
このサザンテラス口は新宿駅の出口の中ではちょっと分かりにくくて、
ギリギリに女の子は「ごめん、迷ってる」とメールをくれる。
数分後、僕の携帯電話が鳴る。おっ、到着したか。
「ごめんね、遅れちゃって。」久しぶりに声を聞くが、やっぱり思い出せない。
「今、改札出たところだよ。」僕は周りをキョロキョロと見回してみる。
それらしき女の子はいない。僕の朧気な記憶では若干ぽっちゃりしていたような・・・。

「あっ!いた!」携帯電話から漏れるその声とかぶせるように
前から同じ声が聞こえる。人影が前から走って近づいてくる。
この一瞬の間に、僕は何故か悪寒がしたことは忘れない。

息せき切って彼女が顔を上げる。すると・・・

08xshiryo

がいこつがあらわれた!!

↑体型だけじゃなくて、顔もこんなだった!!

みこしばのコマンドには「たたかう」「にげる」「ぼうぎょ」「どうぐ」があったが、
僕はどれも選択することなく固まってしまった。
顔を覚えてないのは仕方ない。現物を見て思い出せないのも仕方ない。
ただ一つ気になるのは・・・本当に僕この子とセックスしたっけ?
ねぇねぇ一年前の御子柴君よ、このがいこつとセックスしたの?
この頭にヒビの入った死霊の騎士とセックスしちゃったのかい?
しかも、なんか似たようなパターン前にもあったぞー!!(前のパターン→クラブ日記No.42

僕は自分にビックリしてしまって「久しぶり~」の声もスリムクラブ真栄田ぐらいかすれてしまっていた。
「大丈夫、風邪でもひいてる?」心配してくれるがいこつを前に
(がいこつは骨だけだから風邪とかひかないんだろうな~・・・アハハ)と僕は現実逃避を始めていた。

高島屋の上階に向かうまで僕は心を落ち着かせる。
本当にこの子を僕は抱いたのか?いや、いくらなんでも勃たないくらいに可愛くない。
僕は過去の女性経験からがいこつくらい細身の人間を抱いたことなんて一度もないはずだと思っていた。
僕はぽっちゃりは好きだが(←人よりだいぶ寛容だと思う)細身の女性はタイプではない。
急激にこの子が痩せたのか、それとも別人なのではないか・・・。
一年余りでがいこつになってしまうほどだったら、よほど何かあったのだろうし、
別人だとすればこの子は誰なのか?

適当に店を決め、店内に入る。正直メニューなんてどうでもよくなっていた。

当たり障りのない会話でジャブをうつ。

「前に会ったのっていつだっけ?大分たつよね?」
「うん、そうだね、一年ぶりくらいじゃない?」
やっぱり間違いない・・・。

「前に会った時も新宿じゃなかったけ?」
「そうそう、私結構飲んじゃってね・・・。
帰り御子柴君に支えてもらいながら歩いたよね。ウフ」
ウフはキモいな!でも、やっぱり間違いない・・・。

こりゃたぶん初めての女の子で間違いないな。
僕はこの子とセックスしたんだ。
いくら妥協したからってがいこつはないだろう?もっと選ぼうよ。
初めて抱いた時も後悔の念に苛まれたが、また一年越しに後悔することになった。

「・・・それで、あまりに酔いすぎてあの後一緒にいた友達の家に泊まりにいったんだよね。」

ん?今なんて?友達?

「四人で飲んでたじゃない?で、私あの店の前から結構飲んでて
ほとんど記憶ないんだよね。」

四人?あの店?

僕は思考回路をフル回転させて思い出そうと努力する。

「そういえば、御子柴くんと一緒に居た××君元気??」

あ~、思い出した!!君かぁ。
良かった、思い出した。僕は二つの意味で安堵していた。
「彼女のことを思い出したこと」「がいこつとセックスしてなかったこと」
彼女は、僕が友人と飲みに行ったとき、バーでナンパした子だった。
このがいこつの隣にはRPGでいうところのお姫様のような美女がいて、
僕の友人はどうしてもナンパしたいと美女をナンパし、
おまけにくっついていたお姫様の付き人にもならないがいこつを
僕は相手していたのだった。
僕は丁寧にがいこつにも「綺麗だね」等の戯言を申し上げ、その場の雰囲気を盛り上げたこともあり、
結果この子はどうも僕に食いつき気味で、
数日間はメールが激しくきていたことを思い出した。

この日は適当に身にもならない話をして終了。
今度合コンしようと約束して解散となった。
とりあえず、色んな意味でホッとした。

まぁ、こんなことも起こりうる、そんな爆撃メールだが、
たまには良い思いをすることも伝え聞く。
皆さんもぜひやってみてはいかがだろうか?
がいこつがあらわれる危険性については保障できませんけど・・・。

※今回、ご新規さんとのアポでも顔を覚えておらず、なんとか途中で思い出した。
ご飯を食べながらしこたまいちゃついたので、イケるかと思い、
手をつなぎながらホテルの前まで来た途端、
ホテル街に響き渡る声で「ホテル、イヤー!!」と絶叫したため、断念することになった。
散々ついてないな・・・。

↓久しぶりにナンパっぽい記事を書きました。色気なくてごめんなさい。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング


ナンパあんてな

18:59│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年08月18日

人にはそれぞれナンパの仕方があって、
クラブでも路上でも、たまたま目の前でそれが繰り広げられていると
「お~、こうやってやるんだ」と参考になったりもする。

最近は僕もある程度パターン化しており、
ハマれば「即」という最高のパフォーマンスを発揮するし、
ハマらなきゃ、前回の日記のようにクラブを3つ周っても坊主という結果になってしまう。

だからこそ、反省材料としては自分のナンパに幅を持たせて、
定番化したやり方とは別の形も覚えていったほうが
クラブを変えても時間帯を変えてもうまくいくんだと思う。
自分が敬遠している若干強引な声掛けなんかも必要な場面がきっとある。

今回は自分らしい誠実系(?)ナンパの模範例。
クラブ日記No.29で紹介した女性。
クラブ日記No.29 バスト占いの歌を口ずさみながら・・・

この時の話を簡単にまとめると、
7月前半にフラワーで会った女の子で、彼女は友達と来ていた。
次の日に仕事ということで朝3時頃にフラワーを出たがっていたが、
連れの女の子が男にがっちりホールドされ、連れ去られそうになっていた。
僕はこの連れの女の子にも配慮しつつ、(遠くに行かないよう監視しつつ)
キス&イチャまで楽しんでいた。
そろそろという時間が来て、男があまりに強引なものだから
無理矢理引き離してフラワーの入り口まで送り届けておいた・・・という話。
(No.29の記事の2人目の女の子はNo.42のC級モンスターに変化している。)

8月某日土曜日 PM10時 @大宮

この女の子、一か月間間隔を空けてちょこちょこメールしていたが、
なかなかアポにつなげられずにいた。
というのも土日は忙しいと言ってアポが成立しない・・・。
食いつきもあまり良くないし、こりゃ深追いしてもダメかなと
思ってた矢先、お盆で余裕ができたということでやっとこさアポ確定。
しかし、夜の22時に大宮駅待ち合わせ。
大宮って埼玉ですよね・・・?僕都内なんですが~。
理由を聞くと、それまで友達と約束があると。
時間も22時に終わるか分からない・・・と微妙な感じ。
ドタキャンの匂いがプンプンする。
ノコノコ大宮まで出かけて行ってドタキャンされたら空しすぎる。
しかも、大宮で22時って終電で帰れるのか?
何も起こらずクラブに行くとしたら渋谷であれば0時、
六本木であれば23時半に大宮を出なければならない。
それに、大宮に行ったこともなく、土地勘も全くないため、
どのお店に入ったらいいのかもさっぱりだし、
もしホテルに行くことになったらどこにあるのかも分からず。
アウェーすぎる展開。
正直危険すぎる。ゼッタイに段取りの悪さを露呈するし、
本来なら避けるべき行為。

アポ当日、前日金曜日にクラブに行って朝まではしゃぎ、
昼すぎから仕事にでかける。休日出勤。
ドタキャンを避けるため、念のため日中に連絡。
「今日大丈夫だよね?」のメールに「OK」の返事。一応大丈夫そうだ。
(案外、このリスクヘッジの当日メールは重要。
女の子次第でここでキャンセルしてくる子がいるが、
直前でキャンセルされるよりはずっとマシ。)
21時頃、会社を出て大宮駅へ。
早速、22時前に「22時待ち合わせには間に合わない」と連絡が入る。
それを見越して到着時間もあらかじめ遅らせておいたからいいけど。

結果会ったのは22時半。この時点で時間的に微妙な感じ。
何も起きなかったとしても、帰れる時間じゃない。
漫画喫茶コースだなと覚悟を決める。
ちなみに、ちょっと心配していたフラワーのクラブマジック発動も無く、
ホッと一安心。僕好みの貫地屋しほり似の彼女、スタイルもいい感じ。

駅を離れて、入ったのは割と綺麗な個室居酒屋。たぶんチェーン店。
駅前にあったビルの一つに何も考えずにそのまま入った。
女の子も大宮にはあまり来ないと言ってるんだもん。
個室は○だが、がっちり対面(トイメン)、しかも明るい・・・。
これがあるから予約しないで店に入るの嫌なんだよね。

しかし、ここからが御子柴の真骨頂。今回はトーク力がすべてだったと思う。
話したことはしほりちゃんの「仕事」「休日の過ごし方」「交友関係」
「学校で何を勉強してたか」「家族構成」「恋愛」「クラブで会った時の話」。

基本線を行くベタな話だが、8割方しほりちゃんに喋ってもらう。
(だから正確に言うとトーク力というより聞く力)
ちなみに、僕は女の子と会ってもあまり喋らない。
そして常に気にしているのは話の内容から
彼女の性格や生活スタイル、考え方などを推定すること。
今思い出すと、しほりちゃんに刺さったのは以下の点だ。

①共感
上記に挙げたようなベタな話をしていると、話の内容がベタで無いときがある。
それは「仕事」だったら「人が知らないような珍しい職種」だったり、
「恋愛」だったら「前に付き合った変人の彼の話」だったり。
僕はそれを徹底的に掘り下げていく。変わった体験はその人の本性を現すからだ。
たまたま今回はしほりちゃんの家庭の事情が複雑だった。
家庭環境は違うけど、実は僕も複雑な家に育っている。
「お互い大変だったけど、それで今の僕たちがあるんだよね」と
まるで一緒に苦楽を共にしてきたかのような言葉を言ったり、
そもそもマイノリティ同士というのは強い共感を生む。
また、話は全然違うが、
彼女が元バリスタとかでコーヒー好きとのこと。
豆の原産地とかコアな話をしてみたり、
チェーン店のコーヒーについて語ってみたり。
マニアックな話で共通項を見つけるのも重要。

②誠実さとチャラさ
クラブでキスまでしてるし、チャラいと女の子に言われて当然なのだが、
この日も「何人の女の子と遊んでるの?」とか「彼女何人いるの?」とか言われる。
女の子によって強く否定する時もあれば、軽く否定する時もある。肯定はしない。
真面目な女の子の前では強く否定し、
遊び慣れてる男が好きな女の子も少なくないので、そういう場合は軽く否定する。
今回は後者のパターン。
「遊んでないよ!」とか言っておきながら
スイーツやオシャレなレストランに詳しかったりするのを
「嫌味なく、さりげな~く」出して(今度一緒に行かない?的な)
「いつもは誰と行ってるの?女の子?」と思わせるのがいい。
一方で、①のような家庭環境が複雑で・・・とか
「仕事には一生懸命」とか「料理を取り分けてくれる」とか真面目なところも露出。
やはりギャップが重要だ。

そして極め付けは「クラブでの行動」にあった。
初めて会った日、しほりちゃんとイチャつきつつも彼女の友達のケアをしていたことが
かなり高ポイントだったらしく、
「彼女の友達」からは「御子柴君はいい人だよ、クラブにはいない珍しいタイプ」と
お墨付きをもらっていたようだ。
心理学的に言うと、「間接強化」という方法で、利害関係のない人から褒められると
お世辞などが入らない分素直に聞き入れられるという手法だ。
彼女自身も「私を連れ去ることなく、ずっと友達と離れないようにしてくれた。
普通だったらもっと強引にされる」と。

誠実系、万歳!!

強引なナンパもいいかなーって思うけど、自分のスタイルで彼女に刺さってたのは
非常に達成感的なものを感じた。

③ノリの良さ

ここまできたら、あとはクロージング。
彼女と話していて気になった言葉は「ノリ」。
なんでそんな行動をしたの?って聞くと「ノリで」。
なんでそれを食べたかったの?って聞くと「ノリで」。

随分ノリを気にしている様子。
こういう子は「ノリ悪くない?」っていうと嫌がるんだろうなと思い、
散々下ネタ(上品な下ネタですよ、上品な!)を話した後、
直球で「セックスしようよ。」と。
困惑気味に「え~・・・」というので、「それってノリ悪くない?散々エッチな話しておいて
この流れでセックスしないってありえる?ノリ悪すぎだよ。」って言うと
「そんなにしたいの?」と。ここまでくればもう大丈夫。
「したいに決まってるじゃん。こんな可愛い子目の前にして
セックスしたくないなんて、そんな男いないよ。
もう終電逃しちゃったし、朝まで一緒にいてよ。」で終わり。

店を出て手をつなぎながら歩き、ホテルを探す。
不慣れなせいでホテル探すのにも時間かかったけど、
立ちんぼのお姉さんに助けてもらってなんとかイン。

セックスは相性が良かったらしく、
終わった頃にはシーツが汗と潮と愛液でびしょ濡れになっていた。
珍しくこの子とはまたしたいなと思った。
個人的には本番の後、後戯ができるかどうかが
その子に思い入れがあるかどうかの判断基準になっている。
終わった後、腕枕をしながらしほりちゃんから
「今日、会う前からエッチしちゃうかもしれないなって思ってたの。」と言われる。
このセックス後の会話は本音が聞ける貴重な時間。
(駅で会った時かぁ、さすがにそれには気付かなかったなー)と思いながら眠りにつく。

朝方起きだして三回戦。我ながら珍しく頑張りました。
そして駅でお別れ。ちょっと寂しい気持ちにもなるが、
別の女の子とのランチアポが控えている。早く行かねば。
相変わらず最低な野郎・・・。

今回は「誠実さ」と「チャラさ」のギャップをうまく利用したいい例だったと思う。
一般的にはナンパという行為自体チャラいのだから、
しっかりと「誠実さ」を見せると女の子の気持ちは揺れ動く。
いつもこんなうまくはいかないが、
自分でも今後ちょっと教訓にしたい教科書的ナンパとなった。

↓皆さんの清き一票が僕のモチベーションです!ぜひクリックをお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング


ナンパあんてな

00:05│コメント(8)このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年08月06日

時々記事の中にも出てくるので、分かってくれている読者の方もいらっしゃると思いますが、
僕はお酒が飲めません。正確に言うと、かなり弱いです。
自分の許容量を超えるとまず眠くなり、その後吐きます。
許容量はビールでジョッキ一杯くらい。
調子に乗ってテキーラショットを一気したこともありましたが、
三杯目を飲んだ後、ナンパしに行ったクラブのトイレで吐いていたこともあります。

はっきり言ってこれはコンプレックスに近いです。
ビジネス上の飲み会なんかでも飲めないことがマイナスに作用しています。
割と飲んでナンボの業界なので・・・。

ナンパにおいても「もう少し飲めれば・・・」と思うことは多いです。
やっぱり相手にする女の子の酒量に合わせたいですからね。

そこそこ飲める人からしたら理解できないと思いますが、
飲めない人って「飲めたらいいのになー」って考えてます。
この悩み分からないでしょう?
ということで今回は「お酒が飲めない同士」に送るエントリーです。
お酒が飲める人は今回の記事は読み飛ばしてくださいね。


先日、こんなコメントをyasuさんからいただきました。
「実は一つ教えていただきたいことがあってコメントしました。
僕はお酒が弱く、2・3杯飲めば限界をむかえるのですが、
やはり飲めたほうが有利なのかなというのが正直なところです。

清麿さんも強くないということですがこちらが飲まずに
相手に気持ちよく飲んでもらう方法ってありますか?」

僕は同士がいたことが嬉しく、コメントを長々と書いて投稿すると
コメント欄の文字数オーバーで自分の書いたものはすべて消えてしまいました。
ということで、改めて記事として書き直している次第です。
正直、解決策は自分の中で無いのですが、
最大限のアルコール回避法として僕が実行していることを書き記そうと思います。

基本的に、女の子にお酒を飲ませて意識を混濁させてセックスしちゃうのは僕の中では
ありえません。ある程度までお酒に助けていただくというスタンスです。
自分が女の子を落としたんだっていう達成感も味わいたいですしね。
お酒を飲ませるのもナンパのテクニックだとおっしゃる方もいると思いますので、
そこは見解の相違ということになりますね。

yasuさんのおっしゃっている通り、「相手に気持ちよく飲んでもらう」ということに
僕は意識を置いて以下のように対応しています。

【クラブにて】
ナンパをしたら高確率で、女の子と話をする機会が生じます。
その際は「一杯飲みながら」ということも多いです。
ここでの選択は「アルコール度数の低いもの」もしくは「ソフトドリンク」が
自分にとってベストの選択になります。
というのも、その後、どのくらい女の子と飲む機会が生じるか分からないから。早いうちから飛ばすと後半ひどいことになるのでしっかり様子を見て。
ただし、「ソフトドリンク」なんて頼んだら「なんでよ~?」と雰囲気を壊しかねません。
そういう時はせめて「アルコール度数の低い物」を選びます。
「ソフトドリンク」を頼むのは女の子が「ソフトドリンク」を選んだ時だけ。

ちなみに、クラブナンパ師はともかく、
普通クラブに行く人間は往々にして一次会もしくは二次会を外で済ませてきています。
僕はクラブに行くときは家や会社から直接行きますので、完全にシラフですが、
敢えて「外で散々飲んできた」という体にしておきます。
女の子がアルコール度数の高いお酒を飲んだとしても、
「悪いけど、これ以上は飲めないから(合わせられなくて)ごめんね」っていう言い訳がたちます。
これで「テキーラを飲みなよ、ノリ悪いな~」とかって言われたことありません。
っていうか、もし言われたらその女の子とはその場でお別れですね。
(余程可愛いければ別ですが・・・)

【女の子とのデートにて】
女の子とアポで飲みに行くことになったら、
「外で散々飲んできた」という言い訳は全く使うことができません。

そのため、僕の場合は正直に女の子に伝えています。
「申し訳ないけど、ほとんど飲めないんだよね。
無理して飲むと寝ちゃうんだよ。折角○○ちゃんと食事できるチャンスをもらったのに
台無しにはしたくないから、許して
」とか
「○○ちゃんは自分の好きなだけ飲んでもらってかまわないよ。
○○ちゃんを酔わせてどうのこうのするつもりはないから」とか直球で伝えます。
女の子は大抵笑ってくれます。「はっきり言い過ぎだ」とも言われますが。
でも、これが飲めない人間の処し方だと思っています。
飲めない人は虚勢張って飲めるフリしてもいいこと一つもないです。
無理して飲んで女の子に失礼なことをするよりずっといいと思います。
ちなみに、「どうのこうのする」かどうかは状況判断です。
そこは自分の言葉にがんじがらめになる必要は無いと思います。

あと、小技としては女の子を誘うときに
「飲みに行かない?」という誘いではなく、「ご飯食べに行かない?」という表現
しています。(飲み・・・?酔わせて何かするつもりでは?)と女の子に警戒されるのを避けることの他に
後に会った時に「実は飲めなくて・・・」って言う事のできる伏線を張っておきます。
他にはアポの場所についても
一部の酒好きにはたまらない「日本酒」「焼酎」「ワイン」等の充実したお店を避けることを心がけています。
それらの提供が豊富な「和食屋」「居酒屋」「イタリアン」等は避けるのが吉です。
僕はカクテルが多いダイニングバーや料理に力を入れていたり定評のあるお店を選択するように心がけてます。

とりあえず、意識しているのはこんなところですね。
「自分が飲まないで女の子に飲ませようとしている」という誤解だけは
されないようにすれば全く問題ないと思います。

yasuさん、多少は参考になりましたでしょうか。

↓参考になりましたら、クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな



00:05│コメント(12)このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年05月21日

正直、御子柴はこうやるんだ~というのがバレバレで恥ずかしいのですが、
基本的には皆さんこんな同様の流れのはずです。
あとは自己流のアプローチ方法やトークネタを考えたり、
口説きの文句を作ってみたりすればいいと思います。

誰でも口説きのテクニックは違います。
僕のやり方も一端ですし、僕より上手な方もたくさんいらっしゃいます。
ただ、基本線は間違っていないので、初めての方や慣れていない方は
この講座に沿ってやってみたらいいと思うし、
自分なりのアレンジを加えていけば、クラブナンパが楽しくなると思います。

ちなみに、僕の場合、他の人と明確に違う点が2つあって、
一つはうまくいった女の子から感想をヒアリングします。
非常に無粋だとは思いますが、今後のために聞きます。
「なぜ僕についてきたのか」「どこが良かったと思ったか」
「直すべきところがあるか」「不快にさせなかったか」
「お店の選択は間違っていなかったか」など。
二つ目は自分が酒を飲めないことからくる
「どうやって酒を飲まずに(飲ませずに)最後まで持ち込むか」
「酒でなく、自分に酔わせるにはどうしたらいいか」などを考えます。

でもそんなことも含めていろいろ考えたりすることも僕にとっては
クラブナンパをする醍醐味です。

皆さんもぜひクラブナンパに勤しみましょう。
皆さんのご健闘を心よりお祈りしています。

↓少しでもやる気になりましたら、クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング



ナンパあんてな


00:05│コメント(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年05月20日

今回でキリのいい10回目が最終回になります。
最後は、持ち帰りできなくても準即という可能性に向けての話です。
僕はまだまだ未熟者なので、持ち帰りより準即の方がはるかに多いです。

女の子からしても持ち帰りは嫌でも
準即ならば「その日に」というわけでない分、言い訳がたちます。
女の子は言い訳が無いとエッチしにくいです。
そこは男の優しさを見せて「無理やり家に連れて行った」
「終電を逃してしまい、仕方なくホテルに行った」
「酔わされて、気付いたらベッドの上だった」という言い訳を女の子ができるようにしましょう。
女の子を四面楚歌にせず、一方向だけ逃げ道を残しておいて
その逃げ道の先にはエッチしか残されていないのが理想です。

「私にそんな気は一切なかったけれども」「男もしつこかったし」
「飲んでたら終電を逃しちゃったし」「行くところも無くて」「仕方なく」
「男と一夜を明かすハメになった」って女の子には言い訳できるようにしてあげるのも優しさです。

さて、準即の手口です。
クラブで番号を交換したら早いうちに打診をします。
ちなみに、僕は基本的には電話はしません。
出れない可能性もあるし、結構話すのって気が重たい作業だから。(お互いに)
ただ、メアドを交換してはいないので、(クラブでのメアド交換作業は面倒)
携帯のショートメッセージかLINEを使って連絡します。
連絡するのは次の日の夜か次の次の夜あたり。
あまり遅くなってしまうと気持ちが離れてしまいます。
クラブを出た直後というのもなかなか反応するポイントだったりします。

僕が送るメッセージは
「昨日は朝までお疲れさま。○○で番号交換した御子柴です。
覚えてる?また××ちゃんと話したくて連絡しました。」
こんな感じ。
返事が帰ってきたら、数通和んだ会話をして
「今度ご飯食べに行こうよ」・・・でOK。

返事が返ってこない子はいるけど、
返事が返ってきた子で食事の誘いを断る子はまずいないです。

で、アポをとる際に気を付けること。
まず、セックスをするという目的から物事を逆算することが大事です。
例えば、会う日と時間は、「休日か休日前の夜」
会う場所は、「自分の家近くかホテル街が近いところ」。
平日の遅い時間にご飯を食べに行ってもそれだけで終わってしまうし、
いい雰囲気になってもベッドが無ければその行為はできませんので。

僕の場合は、
時間:金曜土曜の夜7時か8時から
場所:自分と相手の自宅や職場からアクセスのいいターミナル駅
お店:女の子からヒアリングした好きな食べ物を提供する店
かつ個室or半個室orL字型シートorカウンターなどの
女性との接触が図れるお店。

あとは会って女の子と普通にデートする感覚でお喋りし、
会話編にあったような一般的な話からエッチな話にもっていきます。
途中、腰を抱いたり、頭をなでたり、手をつなぐことも忘れずに。
一軒目でダメそうなら、二軒目にバーにでも行き、その後に・・・という流れで。

今度、おススメのお店なんかも紹介したいと思います。

以上でクラブナンパ講座は終了です。
ご拝聴ありがとうございました。

※巷で噂の良本。特に左は個人的にお勧め。
ベッドのある個室居酒屋、家のリビングみたいなイタリアンなど笑っちゃうような店が紹介されています。

↓少しでも参考になりましたら、クリックをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング



ナンパあんてな


00:05│コメント(2)このエントリーをはてなブックマークに追加