ベトナム編

2014年03月31日

photo1

一週間かけてハノイとホーチミンのクラブを調査してきました。
ちょっと前の記事で触れた通り、帰国後の感想から言うと、
自分の満足行くようなナイトライフを送ることができませんでした。
正確には「堪能できませんでした」とか「満喫できませんでした」とかって言葉が正しくて。
一週間も居ながら、自分の中で結論づける何かを得るところまで辿り着けなかったというのが正直なところ。

それは、クラブミュージックはどんなジャンルが流行ってるのかとか、
客層はどんな感じかとか、女の子をナンパできるかとか、

そういった細かいお国事情を調べたかったのです。
一番気になっていたのは、ベトナムは社会主義国なので警察も厳しいのではないか?ということ。
クラブっていう世俗的な文化がどれ程浸透しているかも定かじゃないわけで、
全く融合していないのか、それとも建前と本音があるのか、僕はそんなところに着目していました。
クラブで流れる曲も洋楽なのかな?とか気になってました。
だって、例えば、日本みたいにSpankersの「Sex On The Beach」が流れてる時に
皆でセックスセックス言わないんだろうなって。
セックスって言う言葉を発しただけで逮捕されそうなイメージ。
三回言ったら死刑なイメージ。
だから、サビの部分のワンフレーズ目で皆死刑。そんな印象。

だけど、そもそもクラブの定義自体が日本と違っていて、
僕は最後までそこに気付かず、どん詰まりになっていた気がします。

まずは、その定義の違いを少々ご説明。
これをお読みいただければ、多少はベトナムのクラブへの理解が深まって
僕のクラブ放浪と同じ視点で読んでもらえると思うので。
とはいえ、実はクラブの数はあまり行けなくて『これがベトナムのクラブの実情だ!』って
はっきり明言できるものを持ち帰ることができませんでした。
そこはちょっと残念でもあり、読んでくれてる方もつまらないと感じさせてしまうかもしれません。
だから、今回の旅は期待せずに読んでくださいね。

それでは、日本とベトナムのクラブの大きな違いについて。

相違点①売春婦の存在

東南アジアのクラブではクラブ内に売春婦が存在し、
クラブ内の男性に声をかけ交渉が行われています。
勿論、それを知っていてクラブに行く男性がいます。
つまり、女性を買いに行くということ。
(女性は不愉快かもしれないけど、ごめんなさい。そういう実態なのです。)
この売春婦の存在が厄介で、クラブにいる女性は一般客・売春婦・
半売春婦(クラブでのみお小遣い程度に体を売ったり、
気に入った男がいれば一緒に飲んだり時には金銭のやり取りなしに寝たり)の三種類の人がいるようです。
これは日本では考えられないこと。
まぁ、それは売春がある意味公然と認められているから
わざわざクラブに体を売りに行く必要が無いってことだと思いますが。
※色々調べているうちにベトナムの性風俗事情も詳しくなってしまったので、
記事にしてみようと思います。これはこれで、また独自の文化なのです。

だから、日本のクラブだったら、隣で酒を飲んでいる人に、
「今流れてるこの曲いいね!」なんて話をして盛り上がれるかもしれないけど、
東南アジアのクラブでそんな話をしたら、
「仕事の邪魔しないでくれる?」(怒)ってことになりかねないわけです。
もしくはそんな話題もいつの間にか「今日は100ドルでこの後どう?」みたいに話が移っていくと思われます。
だから、お客の中に一定数仕事のためにクラブにいる人がいるということ。
踊るとか飲むとか音楽を聞くとかどーでもいいって人がいるということです。

相違点②クラブの種類

日本でクラブの種類をあげるとすれば、音箱とかナンパ箱だとか、
音箱だったらヒップホップ・テクノ・トランス・オールジャンルとかって
音楽ジャンルで分けられると思うんですが、ベトナムのクラブを分類するとすれば、以下の三つ。

①高級クラブ

ここは入場料をしっかりと払い、アルコールの料金もそこそこ高く、
現地の人でもそれなりにお金を持ってないと行けないところ。
外国人が多く、そのため、スタッフやお客は英語が通じます。
ちなみに、ベトナムの学校では英語は必修で無いので現地の人は英語が基本通じません。
伴って外国人相手の売春婦が多いです。

②一般的なクラブ

現地のベトナム人が集まるクラブ。
ベトナムギャルをナンパしたい場合はここ。
だけど、上記の通り英語が通じないのでベトナム語が出来ないと話が出来ないです。
アルコールは高級クラブに比べれば高くありません。

そして、①②に共通することとして、
9時頃始まって2時くらいに終了。
前半は歌手のライブが行われたりします。
それは駆け出しの歌手ではなく、有名なポップ歌手だったりベトナム民謡歌手だったり、
俳優兼業の歌手だったりがライブをして、
お客との距離も近いので握手できたりサインがもらえたりするようです。
だから、それが目的でクラブに遊びに来て終わったら
店の閉店時間までいないでササッと帰る人がいたりするようです。非常に健全です。

③バー・ラウンジ

純粋にカウンターに座って飲むようなバーよりもちょっと広く、DJがいて音楽をかけています。
ダンスフロアは無いけど、バーによってはダンサーがDJブースの前で踊ったりするところもあります。
アルコールの料金も安く、現地の若い子達や安く旅行をしている海外のバックパッカーが集まっています。

相違点③クラブの楽しみ方

台湾に行った時も感じたことだけど、
日本だったらクラブには2・3人で行くことが比較的多いのに、ベトナムでは基本的にグループで行くみたい。
VIP席までいかないbox席みたいなものが沢山あって、そこを借りてお酒を飲む。
ダンスフロアは無くて、ソファ席の前だったり、
スタンド型の立ち飲みテーブルであればテーブルのスタンドの間で踊るといった感じのクラブが多いです。
日本だと梅田のSAM&DAVE・栄のGen's 2ndに近い感じです。
東京の人ごめんなさい、東京で例えるに適したクラブが思いつかず。

SAM&DAVE 梅田 → http://hitosara.com/0005009538/photo/
Gen's 2nd  → http://second.gensg.jp/

このベトナム旅を監修してくれたジミーさんが、
「俺の女に手を出すな!」とクラブ内で喧嘩になると言ってたけど、
恐らくグループで来て自分の席付近で飲んだり踊ったりして、
例えば隣の席の女の子に話しかけたりすると、そんなトラブルになるのかなと思いました。
日本のクラブではほとんどの人が席を取らないけど、
ベトナムではベースとなる自分の場所があるから、
言い方はおかしいけど、自分のシマを荒らす奴は許せん!みたいな感じになり、
小競り合いが発生する可能性がある気がします。

この三つが大きな特徴で日本と違う点だと個人的に感じました。
あとは細かい違いがあったのですが、それは本編の中で説明していこうと思います。

特に売春婦の存在はベトナムのクラブ(おそらくは東南アジアのクラブ全体)を語る上で
抜きに出来ない象徴的な特徴だと思いました。
売春婦にも話を聞いてそのやりとりをお伝えできたらと思ったんですが、それも出来ませんでした・・・。

それでは、次回はベトナム売春婦ナンパ編をお送りします
・・・なんて冗談です。粛々と見たまんまを語ります。

↓上記記事「なるほどなー」と参考になった方は以下のクリックにご協力ください。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな 



23:50│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月27日

original

さて、台湾篇に続く、ベトナム旅行記の概要をまずは書いていこうと思う。
ただ、今回の旅はトラブル続きが激しすぎて、最後はヘトヘトになってしまいました。
愚痴を言えばきりが無くて・・・

旅立つ前から、人身事故のせいで家の近くの路線が止まり、危うく空港まで到着できなそうだったり、
行きの飛行機内で体調を崩したり、
飛行機の乗り換えがうまくいかずに空港職員に取り囲まれたり、
検疫でひっかかったり、
飛行機の中で隣の韓国人のおばちゃんが僕の機内食を盗み食べたり、
街のオヤジにぼったくられたり、
(これが一番悔しかった!この人は日本人をカモにしているようなので、顔を晒してやる!)
タクシー運転手に料金をチョロまかされたり、
行きたくもない床屋(ベトナムでは売春の場所)に連れて行かれたり・・・

まぁ、軽くあげただけでこれだけあって、ほうぼうの体(てい)で日本に帰ってきました。
ちなみに、七日間の日程は以下のスケジュールを予定していましたが、
ほとんどが変更になりました。(訂正部分は赤字です。)
どれだけうまくいかなかったかが分かるでしょう・・・。
 
一日目昼 東京発仁川経由ハノイ着(アシアナ航空) 
一日目午後 ハノイ市内観光。ホーチミン廟・タンロン遺跡観光。
→飛行機頭痛と喘息発症により一日目からホテルで寝込むことに・・・。
上記の世界遺産はこの日は行かず。
一日目夜 ホアンキエム湖周辺のバー
→体調が少しだけ戻ったので、夜20時くらいから行動開始。 
二日目日中 ハロン湾クルーズ ※事前にツアーを予約済。
二日目夜 フォーチュナホテル地下のクラブ
→一日目夜のホアンキエム湖周辺のバーを再度訪問。
三日目昼 ハノイ市内観光+紹介いただいたベトナム人の経営する日本料理屋 
→見知らぬベトナム人ガイドに騙される。
そして、日本料理屋に向かったが探しても見つからなかった・・・。
三日目夜 Nexttop
→Nexttopはなんと潰れていた。New Sguareというクラブへ。
四日目午後 タイバンコク経由ホーチミン着。21時着。
→直行便だと空港に着くのが23時を過ぎてしまいクラブに行けないので、(終了は2時くらい)
わざとタイまで経由して早く着いたのだが、
入国審査でトコトン理由を詰められることに。確かに怪しすぎる。
五日目夜 Appocasy now
六日目日中  メコン川クルーズ ※事前にツアーを予約済。
→宿泊ホテルまでの送迎付きのはずが帰りは街中で放り出され、路頭に迷うことに。
六日目夜 Fuse
→Fuseは潰れていた上、現地ガイドさんにクラブ案内をお願いしていたが、
僕の生粋の欲求不満顔のせいで女を欲していると勘違いされたのか、
売春の場所に無理やり連れて行かれる。
徹底的に拒否したら、とても不機嫌になり解散。
七日目日中 ホーチミン市内観光 ドンコイ通り・ベンタイン市場
→最終日にて疲労はピークになり、ほとんど観光せず。
この旅で唯一救われたことは、日本語がペラペラのリンさんという方の経営する、
アオザイの写真館にて過ごさせてもらい、お昼ご飯もご馳走してもらう。
七日目夜 韓国仁川経由東京着

上記のようなスケジュールで一週間を過ごしました。
途中、ベトナム旅を監修してくれたジミーさんともやりとりさせてもらいつつ、
最新の観光事情・クラブ事情を教えてもらいました。

ちなみに、上記スケジュールで・・・
飛行機代:¥85000
宿泊費:¥47000(ハノイ3泊→高級ホテル・ホーチミン2泊→中級ホテル)
ツアー料金:ハノイ¥7500・ホーチミン¥3500
WiFiルータレンタル:¥10000
その他雑費:¥60000

全部で20万くらいかかりました。ちょっと一週間の旅行にしては使いすぎました。
先に、旅の感想を言ってしまいますが、ハノイはあまりお勧めできないので、
ホーチミン一都市に直行便で行けば飛行機代は¥50000かかりませんし、
ホテルもワンランクダウンしても過ごしやすいレベルだと思います。
その他雑費にはクラブ調査費と現地でぼったくられた分も入っていますので、
¥10万強で一週間の旅行が楽しめると思います。

【携帯電話事情】

ちなみに、携帯使用は国際電話料金がかかってしまうため、
WiFiのルータを日本でレンタルしていきました。
現地の方と連絡をLINEで取り合う必要があったのと、旅行先でも仕事のメールはチェックする必要があったので。
また、迷子防止に地図アプリが役に立つので、やはりWiFiが使えると便利です。
僕は「イモトのWiFi」というものを使いました。
http://www.globaldata.jp/imotowifi/

あと、電話はViberというアプリがあれば、相手がこのアプリをインストールしていなくても、
電話ができるようになります。この場合はちょっとお金がかかりますが。

【両替事情】

ご存知の方もいるかと思いますが、ベトナムの通貨ベトナムドンは桁数が大きいです。
硬貨は流通しておらず(存在はしているらしいです)、すべて紙幣。
小さい順に・・・
100ドン・200ドン・500ドン・1000ドン・2000ドン・5000ドン
1万ドン・2万ドン・5万ドン・10万ドン・20万ドン・50万ドンの計12種類。
ちなみに、ドンを÷200するとおおよその日本円になります。(2014年3月現在)
つまり200ドンは1円で、50万ドンは2500円ということです。
ちなみに、物価はコンビニの水が8000VND→40円といった感じです。

気を付けなければいけないことは両替所で数万円を両替する時に、
50万ドン札が一番大きい紙幣なので、大量に渡されてしまいます。
ベトナム内では大きすぎて、店員やタクシー運転手に嫌がられます。
また、ぼったくりの元になります。50万ドン札で支払った時のお釣りをちょろまかそうとします。
こちらも計算を間違えたりするので、後で気づくことが僕は多かったです。
「Toi moun nhieu 100000VND」(10万ドル札を多くください。)
この言葉を両替所で紙に書いて渡すと、ある程度崩して渡してくれます。

さて、次回からは旅篇のスタートです。
早速一日目からタクシーの運転手に騙された話です。
信用できるタクシー会社の紹介なども交えながら、話を進めます。

新しいカテゴリにも登録しましたので、クリックご協力ください。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな 


00:30│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月20日

親愛なるジミー先生に捧ぐ・・・

初めて行った海外のクラブ放浪からおおよそ半年経つ。
ブログでは二週間前まで台湾のクラブ放浪記を書いていたから、
僕がまた海外に行くと言ったら、「もう次の国へ行くのかよ!」と
ツッコまれるかもしれないが、実時間ではもう半年経つのだ。
それだって、一年に二回は割とブランクが短いのだが。

ちなみに、台湾を挟んで一年間ほど、日本ではクラブに行くことは少なくなり、
実際行くとすれば、クラブ未経験の女性の同伴だったり、
東京のクラブに行ったことのない関西在住の女性の案内だったり、
合コンの流れから二次会としてクラブに行ったり、
数年前の自分からは想像できないくらい「ナンパ」から手を引いてしまった。
もう女性のボディガードやエスコート役としてしかクラブには行かない。

その辺りの心境の変化は「ナンパの終焉」というタイトルでこの前記事をアップさせてもらった。
純粋に「飽きた」というのが素直な理由。
ただ、僕はクラブが好きだから、日本では色々なジャンルのクラブに足を踏み入れているところ。
別に女性に嫌いになったわけではないので、台湾に行った際には珍しさから張り切ってナンパしてみた。
まぁ、幸運にも台湾の女性と仲良くさせてもらえる機会を得たわけで、
このブログ的にも面白い展開をお見せすることが出来たと思う。

というわけで、台湾に続き海外放浪をしてみようと虎視眈々と狙っており、
やっと3月になって仕事の調整が出来て一週間弱の休みを会社よりもらえることになった。
そもそも有給は有り余ってる訳で、典型的な日本人サラリーマンのように、
それらをほぼ使うことなく日々が過ぎ去っていくのだが、
秋口くらいから土日出勤が続くという無限地獄に陥っていたからその救済措置として、
ありがたくも一週間近い休みを得たので、これ幸いと海外のクラブに行くことに決めた。
ちなみに、台湾で活躍した相方竜さんも誘ってみたが
「年度末で忙しすぎる。誘うなら違う時期にしてよ、バーカ!」と
思い切りフラれてしまったので、一人で行くことにした。うわーん。
※ちなみに、竜さんの近況だが、最近ボクシングを始めたとのこと、
クラブではその締まった体で女の子を魅了しているのかと思いきや、
ナンパがうまくいかずイライラのあまり、シャドーボクシングをしてしまうという。
クラブ内でボクシングの構えでステップを踏んでいる奴がいたら、それが竜さんだ。
ホントはそんな竜さんと一緒に海外のクラブに行って、
セキュリティの外国人VS竜さんという対戦も見たかったのだが、叶わなかった。

簡易日記という別記事で普段の生活のつぶやきを記しているのだが、
そこでも少し触れていた通り、海外に行くにあたって候補がいくつかあった。

「タイ」「シンガポール」「韓国」「ブラジル」「イビサ」・・・。
こんな感じで行きたいところはいくつかある。

タイ・・・クラブ好きにはたまらないという。
バンコク市内の「RCA(ロイアル・シティ・アベニュー)」や「カオサン通り」には
クラブが溢れているらしい。
話しかけた女の子が男だったなんて笑い話もありそうなニューハーフも多い国だし、
なんだか面白そう!
実はここにほぼ決めていたんだけど、昨今の政情不安から、断念。
空港閉鎖で帰ってこれませんでしたとかあったらシャレにならん。
シンガポール・・・最近旅行番組なんかでも特集が組まれるくらい、
割と流行の国。アジアでは先進国なので、クラブもお金がかかって豪華らしい。
ついでに「ソフトバンク」のCMで見た「マリーナ・ベイ・サンズ」にも行ってみたい。
韓国・・・絶対今年中には行きたいと思っている。
アジアでクラブが盛り上がっている国筆頭。
ただ、お隣の国なのですぐに行けるし、一週間を韓国で過ごすのはもったいないと思い、
今回は行くことを止めにした。
ブラジル・・・次のサッカーワールドカップ・オリンピックの開催地だけあって、
街の整備が行われて綺麗になっていると聞くし、治安も良くなるだろう。
昨年とあるクラブが全焼して死者が多く出た事件があった。
個人的にはその跡地を見に行きたいなと思ったことも一つの理由。
あと、女性が積極的なんだって。東洋人はウケが悪いかもだけど、逆ナンとかあるかも?
イビサ・・・クラブの聖地。オフシーズンで無ければ、毎日がお祭り騒ぎらしい。
いつか行きたい。最後にここに行ってクラブ巡りをしてブログに書けた時、
このブログを終わりにしようと最近は思ってます。

それから、今回行ったベトナム。
正直言って、クラブは盛り上がっていなそうだし、そもそも社会主義国なので、
なかなかクラブと言う文化が根付いていないと思っていた。
そんな中、最近ジミーさんというブログの読者さんとメールでやりとりさせてもらえることになって、
話を聞くと、この方が海外クラブフリーカーと言っていいくらい、アジア各国のクラブ事情に詳しい。
海外生活も長いようで、地元民しか分からないようなネタまでお持ちだ。
そのジミーさんが昔住んでいらっしゃったというベトナムのクラブ情報を聞いてから、
俄然興味が湧いた。ただ、ベトナムのクラブを調べてみようと思っても全く情報が無い・・・。
ネットで調べても詳しい情報が得られないのだ。

ということで、完全なジミー先生のコーディネートで、旅行プランを組み立て、
「クラブ」「宿泊先」もすべてジミーさんに監修いただきました。
本当に筆舌に尽くし難いくらいジミーさんに感謝しきりです。ありがとうございました。
このジミーさんがとてもすごい人で本編でもその辺りは書いていきます。
ベトナムのクラブ情報もこれから書くつもりですが、
基本情報はジミーさんの受け売りです。

ちなみに、ベトナムは社会主義を崩壊させる恐れがあるとして、
「売春」「夜遊び」「ドラッグ」は「殺人」より重い罪になるそうです。

というわけで、ベトナム「夜遊び」編のはじまり、はじまり~♪
えっ?海外で罪を犯すのかって?そりゃもうねぇ、賢明なYOUなら分かるでしょ?
脱獄の仕方とか賄賂の渡し方とか?・・・その辺りも説明していきますよ・・・なんて。

クラブ放浪は「クラブ日記」で、日中の旅行は「みこ散歩番外編」で記していきます。
それではごゆるりとお付き合いくださいませ。

3/25追記 この記事は旅行に出かける前に書き上げてアップしていきました。
ただ、実際行ってみて予定外の事があまりに起きすぎてしまい、
旅行記もクラブ放浪記もうまく書ける自信が無くなってしまいました。
それくらいトラブル続きの旅になってしまい・・・。
あまり読者の方に面白く読んでもらえる気もせず、
コンパクトにまとめた感じでアップしていこうかなと思っています。
特に、僕の旅日記とか読みたいですかね?
クラブの事だけで充分だっていうならそれだけにしようかなって気がしてます。
たぶんこっちは愚痴ばっかになっちゃうと思うんですよね・・・。



以下、クリックいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな


20:00│コメント(0)このエントリーをはてなブックマークに追加