2015年11月08日

一時過ぎに、北海道の友人達とお別れして、クラブに行くことに。
北海道の友人達は僕の知り合いなので、
無理矢理同席させたM嬢は居心地が悪かったろうに、
さらには、すすきのの夜を連れまわす。
生活リズムが朝型で既に「おねむ」のM嬢には迷惑だろうけど。

@すすきの  札幌a-life→Omnibus  8月某金曜日夜25時頃

クラブの盛り上がる時間と言うのは少々読めない。
終電の前あたりから朝方のどこにピークが来るのか、クラブによって違うが、
特に初めて行く場所は見当がつかない。
早く行き過ぎて待つのも億劫だが、遅すぎるのも残念に思う。
札幌で25時と言う時間が適切かは分からないけど、若干遅い気もする。

まずは、札幌エーライフへ。

札幌のクラブと言えば、まずはエーライフだろう。
数年前からこの場所にはずっと来たかった。
僕の母校とも言うべき懐かしのエーライフ。
僕のクラブライフは東京エーライフから始まった。ひいてはこのブログもエーライフが始まりだ。
毎週のように通いつめ、ナンパに精を出していたあの頃とは打って変わって、
どこか達観したような、悪く言えば自分の遊び心は枯れてしまっているが、
だからこそか、東京のエーライフが無くなってしまったのは自分の青春が消えてしまったようでとても悲しい。
自分の出身中学や高校が無くなったら悲しいでしょ。僕にとってはそんな感じ。

『世界で一番天国に近い島』のごとく、『日本で一番チャラい箱』と呼ばれていた東京エーライフは、
2012年に大々的に閉店した。
僕は行けなかったが、最後の日は朝10時くらいまでクラバー達が残っていたと聞く。
突然の閉店には色々と黒い噂もあったが、真相は分からない。
その後は名前を何度か変えて、今は「BRAND TOKYO」という名前になっているが、
昔ほどの盛り上がりは全くないらしい。
リニューアルオープンの時に一度顔を出したが、特徴のない箱になってしまっており、
それから様子が変わったとも聞かないので、一度も行ったことは無い。

その支店である「札幌a-life」は当時からあって、札幌に行く機会もないし、
行きたいとも思わなかったが、東京本店が潰れてからは、
札幌はどうなっているのだろう?とずっと気にしていた。
特に大阪名古屋に遠征して多くのクラブをまわるようになってからは、
「あの」支店はどうなっているのだろう?と国内では最も気になるクラブの一つだった。

国道36号線という札幌の中心部を走る道路沿いのビルにエーライフはあった。

IMG_5229

これこれ、このマーク!懐かしすぎ!!
ビルの二階には飲み屋などが入っていて、エーライフは地下にある。
一階にスタッフが立っていて案内などをしていた。

あまり人が入っていないのか、躊躇するくらいビルの周りが閑散としていて、
東阪名・福岡と大都市のクラブを渡り歩いた経験からすると物足りない感じ。

既に人は入っていて中は溢れかえっているのかも!という期待感は簡単に裏切られた。

地下一階への階段を降りると、小綺麗なバー空間。
札幌エーライフは超長方形の形をしており、過去見たことのないクラブの作りだ。

入口前方にガラス張りの部屋があり、この中にバーカウンターとDJブースがあり、
奥にあるメインのフロアとは違うジャンルの音楽がかかっていた。
脇に店全体を横断出来る通路があり、その先を行くと上記の部屋よりも大き目のDJブース、
ダンスフロアがあった。
テーブル席はソファもありゆったりした感じだ。
サイドにはレディースシートと、もう片側にはバーカウンターとプロジェクター、
DJブースの後ろはVIPフロアになっているようだった。

IMG_5234

ダンスフロアはこんな感じで、あまり踊っている人はいない。

IMG_5238

ダンスフロアの後方のテーブル席では男の子中心に寛いでいた。

男女比は4:1と言った感じの比率、徐々に女性の数も増えるのだが、
それでも雰囲気は変わらない。
なんというか、これと同じ風景をどこかで見たなぁと思っていた。
同行のM嬢も同じ感想を抱いたらしい。
シャイボーイで、女の子に声をかけたいけどかけられない・・・みたいな状況。
余裕ぶって足を伸ばしたり組んだりしているのに、
どこか余裕が無いように見えるのは気のせいではないだろう。
全員の視線が固定され、会話も無く、緊張感からか顔がこわばっている。
ここには座る場所があるから座っているだけで、本来立ちすくむんだろう?

クラブ日記No.163 福岡クラブ放浪記 ~クラブ「Cat's」 盛りのついた子猫たち

ここで見かけた様子と随分と似ている。

このバカタレが!!ナンパをしろ、ナンパを!!

元エーライフ高校のOBはうるさい。
偉そうに先輩面して部活にやってくるOBは正直面倒くさい存在だ。
それを知っていながら、後輩たちを叱りたい気持ちでいっぱいだ。

もっと声を出してけ!声がちっちぇんだよ~。

僕の心の中では怒声がとんでいた。

それでも、彼らを擁護するなら、人が少なすぎる。
店内には百人もいないだろう。
時間は二時前で、割といい時間帯のはずだ。
この男の子たちの寛ぎ具合から言ってピークには達していないのだろうが。

ものの30分ほどの滞在で様子も変わりそうになかったので、
一端ここを後にして、別のクラブに行くことにした。
数時間後の後輩たちの成長が楽しみだ。

今回の北海道旅は2泊3日のスケジュール、
あらかじめ調べた札幌のクラブのめぼしいところは全部で5か所ほどで、
次にいつ北海道に来るかも分からないので、
「あそこのクラブに行っておけば良かったな~」ってことにはしたくはない。

そんなわけで金曜の夜にもう1件はまわっておきたく、
「Omnibus Sapporo」を訪ねた。
場所はエーライフのある月寒通(国道36号線)を挟んで100メートル歩いたF45ビルの3階にある。
ビルの前には割れた卵のようなオブジェが飾っており分かりやすい。

男性¥2000のみ支払って入店。(女性は無料だった)

ここはLEDシステムがすごいらしく、
エーライフと対を成すような、札幌の二代巨頭のクラブ・・・とネットでの情報にはあったが、
実際には・・・

IMG_5259

ほとんど人が入っていなかった。
確かにこのライトの色はクラブにしては明るく斬新ではある。
しかし、先ほどのエーライフと違い、段違いに人がいない。
フロアの大きさはエーライフと同じくらいかそれ以上なのに、
フロアにはテーブルが置かれ、空席まで見受けられる。
後方にポールダンス用のポールがあったのだが、
その近くは立ち入り禁止のロープが張られ入れなくなっていたが、
それでも狭く感じないほどに人が入っていない。

IMG_5266

カウンターも綺麗で、オシャレな空間だとは思うのだが・・・。

あまりの人のいなさに戸惑い、フロアの隅にいると、
一人の男性が話しかけてきた。
今風のお兄ちゃんでイケメンなのだが、物腰柔らかに「楽しんでますか?」と
聞いてきて、「いや、全然楽しめないです。」と正直に言いかけたが、
突然の男性からのナンパに戸惑っていたところ、名刺を渡された。
名刺にはオムニバスの運営会社と思しき会社の名前と男性の名前が書かれており、
肩書は「代表」となっていた。
流れる音楽の大きさによく聞こえなかったが、
このクラブの代表かクラブを含めた幾つかのお店の代表かどちらかだろう。
こちらも名刺を差し出して、「クラブのフィールドワークに取り組んでおります御子柴清麿です。」
と自己紹介したいところだったが、向こう側も意味分からないだろうと思って、黙っていた。

あまりの人の少なさに驚いたので、「今日は金曜だが、土曜夜はもっと人が来ますか?」と聞いたら、
「同じくらいですよ。」と平然と言われたので、客の少なさに悲観しているわけでもなさそうだ。
割と一等地のビルにお店を構えて収益が成り立たないと思うのだが、大丈夫なのだろうか。
クラブではお馴染みの「畑中奈緒美」と「山田親太郎」をゲストに迎えたイベントの告知ポスターが
店内に貼られていたが、その時もこんな客の入りなのだろうか。ただただ心配だ。

店内には10数人しかいなかったのだが、そんな中一人の女の子が酔いつぶれており、
人目のつく中堂々とお持ち帰りを企み女の子を無理やり連れていこうとしている男がおり、
女の子が脱力しずぎていて、男一人のチカラでどうにも持ち運びできず、
トライしては諦めるという行為を繰り返していた。
混雑していたら、たぶん持ち帰られてるんじゃないかな。
女の子的には、ここが札幌でしかもオムニバスで良かったと思う。

IMG_5265
IMG_5273

結局、ここには20分ほどしか滞在しなかった。
数か月後に潰れないか心配なクラブでしかない。

そしてエーライフに戻ってみる。

IMG_5301

IMG_5286

まぁ、若干ではあるが人の入りも増え、盛り上がっているように見える。
オムニバスのすっからかんな空間を見たからなおさらだ。

曲は洋楽のヒットチャート中心にEDMも流れていた。
LMFAOやらLady Gagaやら若干昔の曲だったのが気になったが。

ナンパ戦線は異状なし。
おばちゃんが一人、男性をつかまえて濃厚なチューをしていたのが
浮いていたくらいだ。
あの頃の東京エーライフのチャラさを知っている僕にとっては、
勝手なエゴながら、もっとチャラっチャラのエーライフを見たかった。
あの入り乱れるようなおかしな空間はこの世には(少なくとも今の日本には)存在しないのだろう。
なんだかそんなことを思うと、当事者でもなんでもないが残念な気持ちになった。

若くて可愛い燕たち(♂)は僕が期待した成長をしておらず、
ピヨピヨと鳴くばかりでナンパに講じているようには見えなかった。
OBとしては、野球で言うところのノックでもして後輩を鍛えたかったが、
あいにく眠くなってきたし、明日(土曜)になればまた様子が違うかもしれないと期待し、
この日焼きを入れることは勘弁してあげた。

それに、「御子柴先輩、見本見せてくださいよ!」とか言われたら、
今の鈍(なま)った体とトークでは醜態をされることになるだろう。

明日までに練習しておけよ!

気弱な先輩は、またしても心の中で、吐き捨てるように後輩を叱りつけ、
午前3時半頃、ホテルに帰っていくのでした。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ



a>03:28│コメント(4)日記 | 北海道編このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by mie   2015年11月10日 20:57
ご無沙汰しております。
御子柴さんと同じ名字の者です。笑
御子柴さんの地方クラブ遠征記はグルメ、観光ブログ的な要素も多く、北海道編が始まって楽しみに読ませていただいています。
タイムリーなんですが、11/27、北海道にVINAIが来るみたいですね。Rivieraというクラブらしいです。もしかしたら御子柴さんも今回の旅で行かれたのかな?
ただ、クラブがあまり盛り上がってないってなんだか悲しいですね。地方だとなかなか難しい部分もあるのでしょうか。

最近、ブログを読んでいて御子柴さんのクラバーとしての本当の終焉が近いように感じます。ギリギリの過渡期のときにお会いできてよかったです。また、健全にランチかお茶でもご一緒しながら不健全な話ができればうれしいですが。笑
もうブログ読者との交流はされいないとのことなのでお任せします。
北海道編、更新楽しみにしています(^ ^)
2. Posted by 御子柴清麿   2015年11月23日 10:19
To:mieさん

こんにちは。お久しぶりです。

先日はULTRAの写真を送っていただきありがとうございました。
千葉の田舎娘がギャルに混じっても違和感なくなるのは、
だいぶなじんでる証拠だと思います。
めちゃ笑わせてもらいました。
飽きるまで道を外さない程度に楽しめばいいと思います。
これは一年くらい前に会った時に言った話ですね。

ブログ読者の交流は基本気分がノリませんが、
こちらから会いたい人もいるので絶対というわけでもないです。目的があれば。
※このブログを読んでくれてるアメリカ在住の日本人コメディアン(「安心してください、履いてますよ」というギャグでアメリカ人をドッカンドッカン笑わせている人)とかには会ってみたいです。
ただ、mieさんと会う意味は今のところないですね。

このブログの更新はゆるゆると進めます。
3. Posted by とにかく明るい厚切りツッチー   2015年11月28日 23:44
お疲れ様です。

相変わらずMMSですね。
心配です!
帰国時には一緒にクラブに行きましょうねw

MMS:モテて モテて しょうがない
4. Posted by 御子柴清麿   2015年12月12日 23:04
To:ジェイソン土屋さん

ご無沙汰しております。

実際は一度も会ったことが無いし、
写真でしか拝見してないですが、
ツッチーには子供の頃の幼馴染のような、
どこにいても近くにいるような不思議な距離感を感じます。

本当にいつか会いたいです。
今はアメリカで有名なコメディアンになったとのこと。
お会いした際にはサインくださいね。
※厚切りジェイソンもエリートサラリーマン兼お笑い芸人だそうです。ツッチーと同じですね。

あの件では色々とお騒がせしてすみません。
また、時が来たらここでも何かしたら書きたいと思っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字