2015年06月19日

4回目の大阪訪問・最終話。
Iさんとピカデリー前で別れた僕はタクシーでミナミに向かう。

この前日知り合いになったナンパ師・ピコさんからTwitterを介して連絡があり、
合流のお誘いを受けていた。
個人的には嬉しい反面、申し訳なさの方が先行してしまって若干億劫な気持ちにもなる。
ナンパ師さんはクラブにナンパをしに行くわけで、
ナンパをするつもりもなく、物見遊山な気持ちでクラブに行く僕とは目的も違うので、
僕が足枷(邪魔)になってしまうような気がするからだ。
それでもピコさんは「御子柴さんには海外のクラブに行く時に読ませてもらって参考にしているし、
大阪のクラブのことは分かるので、少しは役に立てると思うから恩返しがしたい。」と言う。
恩返しも何も僕は恩を売るためにブログを書いているのではないのだが、
加えてピコさんの「厚かましくてすみません。」と二度も丁寧に送ってくださるものだから、
その低姿勢な態度にも僕は甘えることにした。

車でわざわざ来てくれたピコさんとは道頓堀沿いのドンキホーテで再会した。
前日にシュバルでお会いした時には暗くて分からなかったが、
年は僕より上で「風来坊」と言った印象。日曜日の深夜にフラフラと遊べる人なのだ。
※身バレしない程度に言うと、ピコさんはしっかり定職についております。

会った時には既に2時近く、どこのクラブもいい時間だろう。
どこに行くかは決めていなかったので、「面白いところありますか?」と聞くと、
「御子柴さんが行ったことのないクラブの方が面白いでしょう?」と言ってくれる。

とりあえず、ドンキホーテ近くの「PURE」に行ってみる。
このクラブはずっと気になっていたクラブだ。
僕が初めて大阪のクラブを訪ねるより前のこと、東京在住の僕が唯一知っているクラブだった。
ジラフもバンビも知らなくて、プライベートの大阪出身の友人とクラブの話をしている時に、
その彼が大学生くらいの時に行っていたクラブとして「PURE」を挙げていた。
その彼とは疎遠になってしまって真偽の程をもう一度問いただすことは出来ないが、
当時一緒に行った、伝説のチャラ箱a-lifeと同じくらいエロかったと言っていた。
そこかしこでカップルがイチャつき、トイレでは男女が密室でイタしていたとも聞いた。
「全然PUREじゃない」とキメ台詞のように言っていたのを思い出す。

image

そんな話をすると、ピコさんは「少なくとも今はそんな感じではないですねぇ」と言う。
外国人と身内が多いクラブらしい。
一端地下にある店の前まで来たが、あまり人が入っていない様子だったのでやめにしてしまった。

そして、ピコさんが「クラブの作りが好きなんですよ。」と言っていたオンジェムに。
このクラブは名前を聞いたことがあるだけで、
小さな音箱くらいの認識だったので、まさかここに来るとは思ってもみなかった。
場所は御堂筋沿い、大丸の向かい、アップルストア近くのビルの11階にある。
オンジェムはフランス語の11番目という意味(Le onzieme)によると思われる。
「Live&Bar オンジェム」という「Live」を名前に掲げる通り、音響に力が入っているらしく、
中がゴージャスなのもあって有名な海外DJも迎えることが多いらしい。

この日はとあるDJの誕生日イベント。
そのDJさんのプレイは終わってしまったようだったが、まだ店内にはいて、
知り合いであるピコさんの挨拶がてら一緒に同行させてもらった。

知らないクラブに入店して、広くてクラブに迷うのはありがちな話だが、
オンジェムはそんなに大きくない(むしろ小さい)のにもかかわらず、
妙に方向感覚を失うような印象だ。
本当にこの世には色々なクラブがあるのだなぁと月並みの感想になってしまうが、
そこらのクラバーより多くのクラブを見てきた僕でもやっぱり特異なクラブだと思う。

オンジェムは円形を基本としている。
ワンフロアの中心部にバーとダンスフロアがあり、
それを取り囲むように通路が囲っている。
音楽を聞くには最適な、コンサートホールような作り。
実際、電子音はこの箱であればよく響くのではないかと思う。

bstore_0_804_5_11-3-ZUMEN
上記で言うと、「ステージ」がDJブースになっていて、
ホール部分がダンスフロア(とはいえ、踊っている人はいなかったけど)、
ホール左の「CT」はバーなのだが人が少なく未使用で、
後ろのカウンターバーのようなところでバーテンダーが数名働いていた。
個室はVIPルームと思われるが、右上の「スイートルーム」も一般人は入れず、
ダンスフロアから見るとガラス張りで限られた人しか入れないようだ。

店内には40-50人の人がいた。
ほとんどはバー付近で誕生日であるDJを囲って飲んでいた。
ピコさんはDJに軽く挨拶をしたり、お客の女性に絡まれたりしていた。
(昔関係を持った女性だとか?モテ男は辛いですな・・・)

bstore_0_804_1_11-3-2

クラブは赤を基調としている。
通路は上記のようにホテルのような明かりを灯している。

bstore_0_804_2_11-3-3

カウンターバーも同様に赤いLEDが光り、上部の鏡に反射している。

クラブの割にガチャガチャしておらず、落ち着いた雰囲気も持ち合わせている。
にもかからず、人がいないのは今日が身内のイベントということでも日曜日の夜ということでもないらしい。
僕より年上で、かなり前からクラブに出入りしてきたピコさんは、
大阪のクラブの衰勢を見てきているらしい。
昔はかなり盛り上がったクラブだったとか。
風営法の強化でクラブの多くが壊滅的に潰されたり営業的に追いやられたことや
「ジラフ」「バンビ」「アウル」等(全て同じ会社の経営)が独占的に幅を利かせていることが原因だと語っていた。

もう少し詳しい話もしてくれたのだが、完全内部事情につき、
「ブログに書かないように」と言われたのでやめておく。
これもまた詳しく言えないが、ピコさんは建物のデザイン等に造詣が深く、
クラブに行ってはそのクラブの作りを根こそぎチェックするらしい。
僕がクラブのあれこれを書き続けているように、
ピコさんも人とは違う視点でクラブを斬っている。(大袈裟か?)
そんな同士がいることが僕は嬉しかった。

また、海外のクラブに話が及んだ時のこと、
ピコさんは僕と同様に日本だけでは物足りないらしい。
そして、上記のようにクラブを別軸で楽しみ、また現地民と交流することも好きらしい。
彼はナンパをするから恐らく女性が中心になるのだろうが、
やっぱり片言でも話をしてみて見えてくるものがあるという。
本当にその通りだと思う。

このクラブにまつわるブログを書いてから数年の間に何人ものクラブナンパ師に会ってきたが、
ついつい僕はナンパ師のタイプを分類してしまう癖がある。
ピコさんは数少ない「クラブをナンパの場と見ているし、かつ、クラブ自体に興味がある人」。
大体のクラバー男性がクラブをナンパする場としてしか見ていないので、貴重な存在だと思う。
「俺はクラブに興味あるよ」って言う人も、
男女の比率とか女性の年齢層とか男性のライバル達の様子だったり、
女の子といちゃつく死角があるかという意味での興味であって、
音響設備とか客の導線みたいなクラブのスペックや、
このクラブの経営者は・・・みたいな、取り巻く裏事情や経営に興味があったり詳しい人はそういない。
クラブミュージックやダンスに傾倒するのも同じタイプだがこちらもそうはいない。

また、極めつけは「フルムーンパーティー」の話をしたこと。
皆さん、「フルムーンパーティー」って知ってますか?
タイのバンガン島に満月の時だけ開かれるお祭りがあるんだとか。
説明しだすときりがないので簡潔に言うと、
元ドラッグ島と呼ばれたこの島では夜通し音楽が流れ皆が踊り狂っている。
その名の通りクスリが横行していたが、今は観光地としてイベント化してしまって、
かなり健全になっているみたいだけど。
現地のタイ人は出店での売り子だけで、参加者は白人ばかり。
この祭りが相当盛り上がるらしい。
数年前にピコさんは一人でそこに行ったらしい。
しかも、そこに訪ねるツアーも無く現地で手配して行ったとのこと。
たぶんピコさんも僕と同じ好奇心が旺盛な人なのだろう。
生死に関わることではなく、同行者がおらずもし何か不慮の事態が起こったとしても
迷惑がかかるのが自分だけであれば、
多少の危険が伴うとしても、人が踏み出せない一歩を躊躇なく踏み込む人なのだ。
フルムーンパーティーだって、実際今はドラッグなんかほとんどないのだろう。
それでも多くの人は異国の地でもあるしリスクを負って二の足を踏む。
僕やピコさんはたぶんそこにリミッターが無い。
むしろ好奇心が勝ってしまって、行かない後悔を後でするのが嫌なんだと思う。

そんな話をバーカウンターの後ろで二人でしながら、クラブでの時間を過ごしたのでした。

image

image

店内に動きは無く閑散としていて、クラブの終わる3時くらいにはお店を出ました。
ピコさん、ご同行ありがとうございました!

というわけで、オンジェムのレポートというより同行者ピコさんとの会話に終始してしまいましたが、
これにて4回目の大阪編は終了です。

一応、総括です。
今回の大阪訪問で得た物は二つ。

正直、一年スパンで大阪を訪問すると、クラブは様変わりしてしまって、
東京の六本木より流行り廃りが激しいと思うのですが、
相変わらずどこも盛り上がっていて大阪の活気の良さを感じます。
それでも「マハラジャ」の存在はちょっと新しい気がしました。
ディスコ世代のお客を現代に取り戻すことは可能なのか、興味が湧きました。
日曜日の夜という適切でないタイミングでしたので、
週末夜に訪問し実態を再度調査したいと思ってます。(次回いつ行くか分からないけど)
ディスコを完全再現するという木曜日が一番気になっています。
また、その延長で六本木にある「マハラジャ六本木」も気になっています。
こちらも行くつもりで日ばかりが経っていますが近いうちに行きます。
クラブの歴史はディスコから通じているので、現代に生きる化石となった「マハラジャ」に
行くことは僕にとって必然だと思っています。

また、今回の大阪旅で得たもう一つの収穫は「ピコさんと知り合ったこと」です。
正直大阪旅から4ケ月程経ってしまっているのと僕の鳥並みの記憶力のせいで、
クラブの爆音の中で話したすべての事を覚えていないのですが、
ピコさんの経験談や仕事のこと、クラブの設計からクラブを取り巻く諸事情まで詳しく、
聞いていて全く飽きませんでした。
論理的で頭のいい人特有の筋立った話をする一方で、
男らしい単純なアホさと他のナンパ師とは一線を画す女性への優しさを持ち合わせているところが
人間的であり、
特に個人的に一番魅かれた理由は「好奇心の方向性」が似ていることだったと思います。
あれから連絡は取っていないけど、またお会いしたい人の一人になりました。

そして、ここからはちょっとだけ個人的なお話を・・・。

まずは大阪でお会いした方々ありがとうございました。
特にナンパ師の人達。
シュバル篇にも書きましたが、突然多くの人に囲まれてびっくりしました。
単なるクラバーの僕に優しく接してくださり本当にありがとうございました。
僕がナンパをしなくてもクラブが出会いの場であることは変わらず、
そこを僕が訪問し続ける限り、どこかでつながっていると思っています。
僕がブログを書くことで誰かの役に立ったり、
あわよくばフォードバックをもらうことで僕が媒体になって、
皆が楽しく安全にクラブ遊びが出来る環境に少しでも協力できればと思っています。
勿論男性だけでなくて女性もです。
今となっては、どちらかというと女性に向けてクラブの情報を詳(つまび)らかにして、
嫌な思いをしたり迷惑行為をされないように過ごしてもらいたいなとう気持ちが強いです。

ちなみに、よくコメントやメールで聞かれるのですが、
色々と心境の変化があり、僕はもう自分の意思を持ってクラブでナンパをすることはありません。
ナンパに対するモチベーションはここ2年ほどで収縮し、今は最早ゼロです。
誰か男性とクラブに行って相方のお手伝いをするかもしれないし、
海外のクラブで女性の反応を伺うために声をかけることがあったとしても、
女性を口説いてやろう、女性を持ち帰ろうという気持ちでナンパすることはもうありません。

昔から僕のブログを読んでくださっている(特にクラブ日記を順番に)方には
僕の心境変化がなんとなく伝わっていると思います。
このブログは「クラブの情報発信」だけでなく「一人のナンパ師の足跡」も兼ねています。
遊び人だった男が時を経るとどうなるのか実験体としてさらけだしていると思っています。
今は自分の事をうまくまとめて表現できる気がしないのですが、
あと1年ほどしたら僕と言う人間の末路が語れる気がしています。

だから今はナンパという側面でクラブを斬ることができません。
その部分は申し訳ないと思うこともあるのですが、あくまで経験者の視点で語るつもりでいます。

ちなみに、現在はタイのクラブを攻めるべく画策しています。
どうも調べる限り、「ナンパ」は横行している様子。
というわけで、台湾篇で登場した竜さんを召喚し、タイ人ナンパ部門については彼に任せようと思ってます。

そんな感じでうまくバランスを取りながらこのブログを続けていくつもりです。
引き続きよろしくお願いします。

【オンジェム】
大阪市中央区西心斎橋1-4-5御堂筋ビル11F
地下鉄御堂筋線・鶴見緑地線 心斎橋駅7番出口より徒歩1分
TEL:06-6243-0089
HP:http://www.onzi-eme.com/

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな


a>02:30│コメント(6)日記 | 大阪編このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by ゆゆゆ   2015年06月27日 00:58
みこさん、初めまして!
検索の末たまたまたどり着いたのですが、初めて知ることが多かったりみこさんの文章が面白くて、気付いたら2時間くらいずっと読み続けてましたw
でもまだまだ記事あって嬉しいw
クラブのことお勉強させて頂きます!
更新ゆるーくがんばってください♩
2. Posted by 大学生K   2015年06月28日 14:15
お久しぶりです。
以前、コメントさせていただいた大学生Kです
御子柴さんのブログをいつも読ませていただいております

クラバーとして、ナンパ師としてのマナーや心構えなどとても勉強になることが多く参考にさせてもらってます


だいぶ遅くなりましたが、僕のブログも徐々に更新しつつ、御子柴さんのブログの事も簡単に紹介させていただきましたので、良ければ一度遊びに来てください
そこらへんのいきがってる大学生が書いてるような乱文ですけれども(笑)

また、大阪や神戸に来ることがあれば一度ご連絡いただけると幸いです^^

3. Posted by 御子柴清麿   2015年07月08日 01:36
To:ゆゆゆさん

ブログお読みいただきありがとうございます。

当ブログは当初はクラブナンパをメインに、
その後日本国内の箱紹介、海外旅行記を経て、
今は若干アンダーグランドな世界を覗きみる記事なんかも
書かせてもらっています。

最近の更新は滞っておりますが、
ゆるゆるやりたいと思っています。

こんなこと書いてと言われれば書きますので、
何かお題があれば教えてくださいねー。
4. Posted by 御子柴清麿   2015年07月08日 01:39
To:大学生Kさん

こんばんは。

お読みいただきありがとうございます。

ブログを始められたんですね。
また、時間がある時に読ませていただきます。
ブログをやっても飽きてしまう人が多いので、
頑張って続けてくださいね。

引き続きよろしくお願いいたします。
5. Posted by ジュリアナ   2015年07月18日 18:13
5 初めまして!楽しみに読んでます!大阪レポート楽しみです!やはりディスコやクラブは人であふれイモ洗い状態が好きです!神戸の方のクラブなども是非とも行って見てください!
6. Posted by 御子柴清麿   2015年08月02日 16:04
To:ジュリアナさん

はじめまして。

大阪レポートお読みいただきありがとうございます。

芋洗い状態お好きですか。
まぁ、あれがクラブの象徴なところありますよね。

僕はもう腰が痛くなるから嫌ですけど。

神戸のラルスの入口まで先日行きました。
次回は中に入ってみたいと思っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字