2014年12月02日

旅行に出かけるときに気軽に情報が手に入る「るるぶ」とか「まっぷる」とか、
そういった雑誌をパラパラめくっていて気づいたんだけど、
福岡の観光スポットって意外にない。
グルメに限って言えば、大阪に匹敵するくらい食い倒れの街かなって思うんだけど、
それ以外だと案外ない。
福岡出身の人にも聞いてみたけど「太宰府?あとは県外まで行って温泉とかかな」って言われたりして、
福岡県内で「ここ行ってごらんよ。」みたいな隠れスポットを紹介されたりはしなかった。

ということで、とりあえず押さえておくポイントらしい太宰府に行くことにした。

11月2日(日) お昼過ぎ @太宰府天満宮

太宰府は学問の神様・菅原道真公が祀られていることは知っていたけど、
今更何かお願いすることは無くて、「見た目は大人、頭脳は子供」っていう名探偵コナンの逆を地で行く、
お勉強の出来ないアホの子に既に育ちきってしまったので、
道真さんだって「20年くらい前に来ればよかったね・・・」って思うだろうし、
僕だって「・・・ですよね。」って言わざるを得ない。

image

福岡駅から20分、市内からほど近い「太宰府駅」で降りてみると、
休日だけあって沢山の人。おじいさまおばあさまも大勢いらっしゃいました。
僕以上に今更学問の事で何をお願いすることがあるんだろうと思うし、
道真さんだって「ちょww何しに来たの?」ってなっちゃうけど、
一応何も言わずに温かく迎えてくれる。
道真さんは政略ではめられて太宰府に左遷になってるから、
不条理な事柄を受け止める優しさがあるらしい。
個人的には日本人の「無宗教」な信仰心は好きだから観光地化したお寺の様子はほっこりする。
とにかくいいことあるかもしらんから祈っとけみたいなスタンスが特に。
※一応調べてみたら「学問」のほかにも「五穀豊穣祈願」「厄除け」の役割もあるらしいです。

太宰府駅で降りて太宰府天満宮への一本道にあたる参道を歩く。
御土産屋や喫茶店、レストラン、それからここの名物である梅ヶ枝餅を売っている店が多い。

10分ほどで鳥居に到着。

image

鳥居を抜けて本殿に向かう途中に太鼓橋・平橋と言う池にかかる勾配の激しい橋を渡る。
太鼓橋は二つあり、平橋と合わせて計三つ、それぞれ「過去」「現在」「未来」を表しているらしい。
勾配の激しいのは「人生山あり谷あり」という意味なんだと。
そういう説教くさいのいいわー。
ただ純粋にこの橋がきつくてM嬢と二人でハーハー言っちゃって、
それだけで歳を感じるって意味で人生悟ってるし。

image

本殿に着くと、御賽銭待ちの人でぎっしり。
この後、5分くらい待って前の方へ。
隣にいたM嬢が何やら真剣にお祈りしていたので、
「何をお願いしていたんですか?」って聞いたら「教えません。」とピシャリ。
そんなん秘密にしたって仕方ないでしょと思うのだが、大体女の子ってこういう時言わないよね。
その後もしつこく聞いても全く教えてもらえず。
「女の子か!」ってツッコミたくなったけど、M嬢は女の子ということに気付いたので黙っていた。

image

これは御神牛という、頭をなでると知恵が授かるという牛。
触られ過ぎて頭部だけ色が剥げちゃってるし。
こんなんで頭良くなるわけないでしょとか言いながら一応触っておく。

この時点で天気が突然悪くなって雨が降り始めたので慌てて引き返す。
参道まで戻ってきて、スターバックスに避難。

image

木組みされた店外の様子はオシャレとは言い難いが、異彩は放っていた。
2000本の杉を釘を一切使わずに組んであるらしい。
隅研吾という有名な建築家がデザインしたとのこと。
image

店内が暗くて上手に撮れてないけど、こんな感じ。
下から木材をライトで照らして光と影をうまく利用していたり、
椅子もテーブルも木で作られた木目調のものだったりと所々凝っています。

コーヒーの味は普通、接客は難あり。
人気店らしく人がひっきりなしに入ってくるが、うまく捌ききれずにいました。
接客の下手さ加減にM嬢、激キレ。
店員に文句つけたりしないけど、ブツブツと一人で小言。こわー。
image
この後、この参道の名物らしい梅ヶ枝餅(うめがえもち)を露店で購入し、M嬢に食べさせ、
ご機嫌ナナメが治ったところで太宰府散策は終了。

11月2日(日) 夕方 @福岡タワー
800px-Fukuoka_Tower_October_2004

太宰府から福岡駅近くに戻ってきて、次に行ったのが福岡タワー。
西鉄バスに乗って30分くらい。
地下鉄や電車が通っていないので、交通の便が悪い若干面倒な場所。

東京タワーや大阪タワー(今は無い)もそうだけど、テレビ・ラジオの電波塔の役割を果たすので、
この福岡タワーも民放・NHKの基地局として使われている。
RKB毎日放送が管理しているらしく、RKBの本社も福岡タワーの隣にあった。

¥800を支払い、エレベーターで展望台へ。
エレベーターガールが丁寧に説明をしてくれる。

高さは234メートル、海浜タワーとしては日本で一番高い。
GWと体育の日前後には非常階段を一般開放し、
1階から展望室までの577段を登るというイベントが開催され、
このイベントにおける最速到達3分18秒という記録は、2014年現在更新されていない。

説明の途中、M嬢が「スカイツリーに行きたいなー」と空気読めない発言を突然して
エレベーター内が固まるというハプニングを経て(機嫌治ってなかった!!)上階へ。

234メートルと言っても展望台は120メートルくらいとのところ。
それでも、福岡市内が見渡せ、日が落ちてくるにつれていい雰囲気に。
image

観光地で良く見かける、「恋人の聖地プロジェクト」がここでも実施されており、
愛のメッセージが書かれた南京錠がいくつも並べられていました。
本当に何千個というレベルで展望台の柵にかけられており、
これを書いたカップルは今も継続してお付き合い(結婚)しているのだろうか?と思ってしまう。
南京錠に思いを書いてロックをかけても全然そんな言葉はあやふやで確かなものではないよなと
考えていたら、隣でM嬢が「気持ち悪い。こんなに並んで気持ち悪い。」って吐き捨てるように言ってたから、
同じ気持ちなのかなーと思っていました。

この後福岡タワーを降りて、HKT劇場に。もう少しだけ旅は続きます。

※普通の旅日記でごめんなさい。楽しめましたら、以下クリックお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ



a>01:22│コメント(6)みこ散歩 | 福岡編このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by sana   2014年12月02日 19:53
5 みこ散歩大好きです〜ヾ(´ω`)ノ
ブラックタイガーみたいなM嬢さんとのやり取りが特に(^ω^)
次に九州に来るなら福岡拠点で昼間は温泉地がいいと思います☆


2. Posted by tkm   2014年12月03日 00:43
女性には非常にめずらしく感情は殆ど表に出さず、冷静に的確な仕事をするMさんの違った一面が見れて面白いです。
彼女は今、中東の難民キャンプで難民となんか楽しそうに働いてますよ。
散歩の続き楽しみにしてます。
3. Posted by 御子柴清麿   2014年12月03日 01:08
To:sanaさん

書き込みありがとうございますm(_ _ )m
sanaさんは九州の方ですかね?

やっぱり温泉ですか・・・。
次に行くときは検討します。
その際はおススメ教えてくださいね。

散歩記事は女性によく読まれているようです。
ブラックタイガーとの珍道中はもう少し続きますので、
引き続きご愛顧の程よろしくお願いします。
4. Posted by 御子柴清麿   2014年12月03日 01:24
To:真人兄さん

M嬢の仕事中の様子は普段とは違うのだろうと想像します。
旅行中も電話で仕事の話をされている時には、
的確に相手の急所を狙う必殺仕事人のような目つきになっていました。

まぁ、文中では若干キャラを立たせるため、
本人に言わせれば「盛ってる」部分もあるかと思いますが、
概ね僕の視点から見ればこんな感じです。

今は中東に行っていると僕も聞いています。
「人買い」だったか「人攫い」だったか
「組長の代理出産の母探し」だったか忘れましたが、
そんな件で旅立ったと連絡がありました。

ヤクザの世界は僕には分からないのですが、
色々なお仕事があるんですね・・・。
5. Posted by ようじ   2014年12月07日 11:10
はじめまして。
ずっとblog拝見させてもらってます🎵
御子柴さんのblogで竜さんのように、
女の子なのにキャラとして確立したmさんに注目してます(笑)
いつかクラブで絡む機会があればよろしくお願いします。

6. Posted by 御子柴清麿   2014年12月11日 00:28
To:ようじさん

はじめまして。
ブログをお読みいただきありがとうございます。

ブログを通じて女性と知り合うことがたまにあり、
このブログに登場してもらった女性も何人かいますが、
M嬢は登場回数も多いため、主要人物となりました。

彼女はクラバーではないので、
本来このブログの趣旨には合わないのですが、
聡明で美しく人とは違った視点を持つ彼女は
クラブでも異彩を放つので、
ついつい同行を頼んでしまいます。

今回のような旅行記も彼女のユーモアセンス溢れる発言なんかがアクセントをきかせてくれると思ってます。

僕にとっては大切にしなければいけない、
ありがたい存在です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字