2014年10月27日

10/26(日)午後2時、僕は秋葉原にいた。
ここ最近仕事が忙しく、プライベートでも体の不調で手術をしたこともあって、
クラブどころかこのブログもおろそかにしていて時間が無い上に体調は絶不調を極めていた。
それでも、貴重な休みの一部を削って秋葉原に現れたのは、「男の約束」があったからだ。

一年ほど前に秋葉原のクラブmograに一度来て以来の久しぶりの秋葉原で、
「あれからmograに行けず仕舞いになってしまっているなぁ、またいずれ行かなきゃ。」と
感慨に耽っていた。

No.118 ナンパを辞めた俺はしぶしぶ秋葉原のクラブを訪問しました 秋葉原mogra 前編
No.119 あの日行った箱の名前を僕たちはまだ知らない 秋葉原mogra 後編

あの時はあまりのマニアックさに衝撃を受けたが、今行ったらまた面白いかもしれない。
そんなことを考えていると、「男の約束」をしたあの男がホクホクの笑顔で現れた。

その男は・・・久々の登場、昨年9月に台湾に一緒に行った竜さん。
海外に一緒に行くくらいだから相変わらず仲は良く、
一ヶ月に一度くらいのペースで連絡を取り合い、ご飯を食べたりクラブに行ったりする関係が続いている。
僕は本当に男友達が少なくて、(女友達だっていないんだけど)
子どもの時から男とつるむのが大嫌いだったから、大人になった今でも友達は作れず、
定期的に会う人といったら竜さんくらいなもんだ。
竜さんとなぜ気が合うかをマジメに語ったらそれだけで記事が書けるのでそれは割愛する。
ちなみに、ブログの読者さんに会うと「竜さんは元気ですか?」とよく聞かれる。
何気にファンの多い竜さんの近況を述べておくと、
最近は性欲が減退気味でクラブへの出撃回数は昔に比べてかなり減っているらしい。
「最近は、ナンパとか積極的にしようと思わないっすよね。しんどいです、正直。」これが彼の口癖。
・・・とか言いながら、最近流行りの銀座の333(トリプルスリー)バーで平日に女の子を持ち帰っており、
「平日の鶯谷のホテルのお得さに驚きました。」とか言ったりする。全然性欲衰えてないじゃん・・・。
ちなみに、余談だが、その竜さんが女の子を持ち帰ったまさにその日に、
僕は333バーから333メートルほど離れたビルで夜遅くまで商談をしており、
僕が嫌々仕事をしている中、女の子と仲良くしているかと思うと軽く腹が立った。

そんな竜さんと以前会った時に
僕は「クラブに行き始めて三年くらい経つけど、ハロウィンに参加したことがない」という話をした。
竜さんは昨年クラブに行っており、ナースとポリスから番号を聞き出しており、
ハロウィン当日にコトには及ばなかったが、
別日に「ナースの下半身に注射をしたこと」「ポリスを逆逮捕しておしおきしたこと」などを告白された。
その情報要らないんですけど・・・。
まぁ、そんなわけで竜さんもコスプレ自体はしておらず、
ハロウィンに参加していない僕も勿論コスプレをしたことがなく、
「人生1度きり、僕らも若くないので最初で最後だと思ってコスプレしましょう」ということになった。
よく考えると、人生が1度きりだから、コスプレをしようという論理はちょっとおかしいのだが、
僕の心にはズキューン!ときて「そうですね!楽しみましょう!!」ということになった。
※どうでもいい個人的な話だけど、近いうちに仕事の転勤でクラブの無い場所に異動する可能性があることも
最近の僕の心を焦らせ、このブログの完成のためにやれることはやっておきたい!という気にさせている。

10月27日(日)14時 @秋葉原駅電気街口→アコス→コスパ→ドンキホーテ

僕は人生で一度もコスプレをしたことが無い。
だから、どこでコスプレの衣装を購入したらいいか分からない。
僕はネットで検索し、ハロウィン用の衣装を調べてみた。
専用の業者らしいサイトがいくつも見つかり、
所謂それっぽい「妖精」「悪魔」「お姫様」「バニーちゃん」「AKB風」などが売られている。
しかし、それらは女の子のものであり、男性用商品があまりない。
ラインナップから見てもハロウィンっていうのは女性のためのものなんだなーと思ったりする。
先日、ふらっと近所のドンキホーテのコスプレコーナーを覗いた時も9割方女性のもので、
果たして男性用のものはどこで購入したらいいのか分からなかった。

なんとなく、秋葉原にならあるだろうという気がして、竜さんを誘って秋葉原に来たという次第。

まずは、秋葉原駅から中央通りに出て北上し、一歩路地を入ったところにある
ACOS(アコス・アニメイトコスチューム館)へ。
image

これ、ガチのやつやん・・・。
ハロウィン用の衣装探しに来ましたとか言ったら周りのお客に瞬殺されるレベルの
「お遊び」許すまじの雰囲気が漂っている。
値札と一緒に元ネタのアニメ・漫画の名前が書いてあるのだが、半分以上は分かりませんでした。
※「初音ミク」「まどマギ」「ガルパン」くらいまでが僕の分かる範囲。
ウィッグとか化粧品とかかなり充実していて、コスプレする人には必須のお店なんだろうなって感じでした。
ってか、僕たちの求めているものはこういう一定の人しか分からないコスプレではない。
もう少し汎用性の高いもの。
店に入って5分後には退店・・・。

もう一つ事前に調べておいた「コスパティオ」というところを覗いてみる。

image

3階に昇ると、先ほどのアコスとはちょっと違った雰囲気。
コスプレ衣装もあるにはあるが、こじんまり。
その代わり、それっぽいのがあった!
image
ドラゴンボールの「孫悟空・魔人ブウ」・ガンダムの「シャア」・ワンピースの「ルフィ・三大将」・・・。
僕の欲しいのはこういうもの、だけど、「亀」って文字が入った道着を着る気にはなれず。
その中で、一番気に入ったのはこれ。

918ameZaL3L__SL1500_

おー、なんか、カッコいい。
しかし、このセットには杖がついていない。杖が無ければなんか締まらなさそう。
購入をためらっていると、竜さんが「股間に魔法の杖があるじゃないですか~。」
「腰あたりの袋にコンドームが常備できますね。」と二連発で下ネタを言ったので、
正式に却下!!しかも、これ¥15000もするし。



※アマゾンでは多少安く売ってました。興味のある方はぜひ。

仕方なしにこの店も諦め、ドンキホーテに。
 image

ここのドンキホーテは他のドンキホーテと違い、5階がコスプレ館となっている。
1階分が丸々コスプレ衣装ばかりで、豊富な品ぞろえ。
ボリューム満点 激安ジャングル♪の歌通り、圧巻。

image
image
image

ハロウィン前ということもあって、かなり混みあっていました。
やっぱり女性が多かったです。
多くは二人連れや三人連れの友人同士で来て選んでいる様子。
来週何着ようか~みたいな話していました。
そんな中、超綺麗な清楚系三十路OL風が眉間に皺を寄せながら、
天使コスプレか悪魔コスプレかとても悩んでおられました。

相方竜さんも同様に悩んでいて、漫画「クローズ」のメンバーにしようかと言っていましたが、
最終的には「ドラキュラ」に落ち着きました。
ちなみに、僕は「魔法使い」になります。

帰りがけにドンキホーテ最上階にあるAKB劇場で峯岸みなみの公演をちょっとだけモニターで見物し、
近くのサイゼリアでご飯を食べ、本当に気持ちの悪い男同士のデートとなりました。

次回は本番のハロウィンのことを書きます。面白いことが起こるといいんだけど。
何もなくても、雰囲気が伝わるように、写真多めで公開したいと思ってます。乞うご期待!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな 


a>02:20│コメント(0)日記 │ このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字