2014年10月18日

image
前回、ELE TOKYOの初訪問&レビューを書きました。
その続き。

9月某土曜日 23時半~ @麻布十番ELE TOKYO →西麻布MUSE

23時半に入って、1時間近くは手持ち不沙汰、入場が早すぎました。
同行したOさんとお喋りしながら、時間を潰し、人が多くなってきた0時半近くになってからは
地下一階の通路の端っこで軽く踊る。
前回の記事でも書いた通り、年代は結構バラバラだが、若くても20代中盤あたりからで、
男女共に遊び慣れている印象を受けたし、他のクラブで見かけるようなもさい恰好をした人もおらず。
特に女性は、このクラブの内装のように綺麗に着飾っていて、
ただ、露出は少なく、お化粧もバッチリしているところに年齢を感じたりしました。
皆割と控えめでダンスフロアでガツガツ踊ると言うよりは、
通路でお酒飲みながら、音楽を楽しむ感じの人も多かったです。(これも年齢のせい?)
BlogPaint

終電を過ぎたあたりからドッと人が入ってきてそれなりに混み始めると、
ダンスフロアもまぁまぁ埋まり始める。
途中、ダンサーが踊る場面もあり、特別なイベントでない時もダンサーがいるとしたら、
こんなところにもお金がかかってるなと思ったり。
2時過ぎまでここにいましたが、2回、ダンサーが踊る場面がありました。

1度目はポールダンス中心。
image

2度目はDJブース横で。
image

どうでもいいけど、この2度目のダンサーの女の子達が可愛かったです。
たぶん、1度目とはメンバーが違うと思うんだけど、
そうだとしたら、この日最低でも10人くらい在籍してたってことになるんだよね。
やっぱりお金かかってるなぁっていう。

途中、Oさんのお友達が現れるということで、
僕みたいなよく分からない人間(クラブのことを書いているブロガー)を紹介しづらいと思って、
意識的に席を外し、その後は一人でクラブ内をウロウロ。

頃合いの2時を過ぎたあたりで合流し、「もう一軒くらいハシゴしておきますか?」とOさんに聞くと、
テンション高く、「行こう行こう」と言ってくれたので、西麻布のMUSEに移動。
大阪のナンパ箱にも行き慣れてる彼女に東京のナンパ箱を紹介しておきたかったので。

MUSEに到着して2時半、特に行列は出来ていない。
入口で「身分証明書」「名刺もしくは保険証社員証」など会社名が分かるものを提示。
相変わらず、ここは厳しく、「なんで会社名まで明かさなきゃならないんだ?」といつも思う。
別に会社名まで控えられるわけではないからいいんだけど、気分は悪い。
まぁ、それが狙いで「変なことすんなよ!」っていう抑止力の意味があるとは思うんだけど。
ちなみに、僕はただの機械系メーカー勤務だからチラと社員証を見られるだけだが、
友人に警察官がいて彼が遊びに行くときには、お互い内心ドキドキかと思うとちょっと笑える。

箱に入って2時台後半、他のクラブと変わらず3時くらいまでがピークなので、
中は激混み。MUSEは六本木周辺の箱の中では大きいので、収容人数も無尽蔵。
それでも、歩くと肩が触れるくらい入っている。

image

Oさんと一緒に中に入り、入口すぐのバーカウンターエリアを通りそのまま地下2階へ。
2時台ともなると、地下2階は男女がイチャイチャしているので、
ここに初めて来る人には男女関わらず見せることにしている。
一人がけのソファに二人で座ったりして絡み合っているのを見るとやっぱり笑える。
まぁ、僕も昔は必死になっていたなぁという感想と共に、
まだ手をつなぐ程度にとどまっている男女には頑張りなよ!と声をかけたくなる。
Oさんと僕が話をしている前でも、女の子を攻略しあぐねている男がおり、
女の子との距離を詰め切れずに気持ちだけが前のめっているので、Oさんと一緒に応援してた。
元ナンパ師としては、ついつい批評やら分析やらしてしまうのが悪い癖なのだが、
このカップルは、僕とOさんが座っている丸いテーブル席に相席して口説いており、
そもそも地下2階に連れてきた時点でソファに座らないと密着出来ないし、
それに運悪く僕なんかにジロジロ見られる羽目になるんだから、やっぱり席のセレクトに難あり。
男はどうでもいいかもしれないけど、人目に触れるとかっていう部分は女の子が気にするから、
男がケアしてあげなきゃいけないよなーと思いました。
とはいえ、いつまでもこの箱のナンパ方法は変わらず、
この地下2階のソファに連れてきてしまえばナンパはほぼ成功なところがあって、
地下1階のバーカウンターなりダンスフロアなりで女の子と和んで、
「疲れたから休もう」と適当に理由付けてソファに座ってしまえば、
あとは体を寄せ合って酒を飲んだり話をしたり、そのままボディタッチが激しくなり、
盛り上がってきたら「家においでよ」なり「ホテル行こう」なりで続きの打診をする。
友達がいるからダメとかそういう場合でも、閉店後にもチャンスがあるし、
一度そこまでチャラっとした関係になったなら次にご飯に行った時でも誘いやすくなる。

「大阪もチャラい箱はホントにチャラいけど、座って行為に及ぶのは見たことが無い・・・
面白い。」とずっとキョロキョロしながらニコニコしてたので、
僕的には案内がうまくいったようで満足。
image
地下一階に戻り、ダンスフロアに。
一年くらい前にMUSEは改装され、入り口近くの円形バーカウンタールーム以外は
すべて吹き抜けになっている。
昔は「ダンスフロア」「テーブル・ソファ席」「バーカウンター・女子トイレ」と3ゾーンに分かれ、
入り組んだ中の作りは洞窟を探検するようで、
初めて行ったら必ず迷子になる作りで(それもまたナンパしやすかったのだが)
個人的には好きだったのだが、今はその部屋を隔てた壁を取り壊してしまっている。

おそらく風営法の「ダンスのための床面積はその1/5以上の面積でなければならない」
ってところを遵守するためのものなのかな・・・と個人的には思っている。
ちなみに、これにより、ダンスフロアで隠れてイチャイチャすることが出来ず、
若干ながら健全になったとは思う。
昔は、僕の知り合いが女の子にフェラチオをされた伝説があるフロアだ。

とはいえ、この日は非常にチャラい雰囲気満載で、壁際でイチャイチャしているカップル多数。

image
※ちょっとマズイ写真なので、いずれ消します。
手前のカップル・写真中央のカップル・踊り狂うリーマンの奥でも一組抱き合ってます。

この付近でOさんと一緒に踊っていたのだが、Oさんは元ダンサーということもあり、
男性がワラワラとナンパしてくる。僕が隣にいるのにナンパされるから大したもの。
僕としては「ナンパが嫌な時ははっきり言う」とOさんが明言していたので、
(この断り方も教えてもらったのだが、河内弁でめっちゃきつく、心が折れそう)
受け答えする分にはOさんも了承済みなのだろうから、放っておいた。

一人になった僕はと言うと、EDMが流れる度に激しく踊り続けていたが、
途中、女性の股間の部分を指す「ま」から始まるあの3文字を連呼し続ける外人に遭遇、
周りから浮いた存在に、女の子からも白い目で見られるこの外人(マイケル)に
なぜか肩を組まれ、「Do you like ま○こ?」と言われる始末。
「何でそこだけ日本語なんだよ」と思いつつ、「好きか嫌いか」で言われたら「そりゃ断然好き」なわけだから
「My Favorite Things」と答えたら、僕の顔面1cmのところで「Me too!!」と絶叫された。
うるさいな、もう・・・。
その後マイケルの友人も数人合流。
女の子の腰を無駄に抱こうとするセクハラを試みる外国人達に混ざることになり、
僕は、麦わら帽子はかぶっていないもののハウンチング帽をかぶるマイケルを
船長とするセクハラの一味となった。
僕の腕をマイケルがつかみ、女の子のお尻に無理やり触らせようとし、
僕が「やめてよ!」と言うお決まりのパターンを数度繰り返した後、
最後に「触るんだったらお前のだ」とマイケルのゴムゴムの部分をチョンと触ってあげたら、
背中を思い切りのけ反らせながら「Oh~!Yes!」とまた絶叫してた。
この夜中に東京のどこかで高須クリニックの社長も飛び起きるくらいに響き渡ってた。
20140526035030-123d67828fe016
マイケルに気に入られた僕は一味の副船長くらいにいつの間にかのし上がっており、
しきりに「悪魔の実」(ただのフリスク)やお酒を勧められたりして手厚い保護を受けたのだが、
こちとら三刀流でもないしタバコも吸わないので、頃合いを見て抜けさせてもらった。
お尋ね者(WANTED)になって、何億ベリーも賞金かけられたらたまらないし。

その後、はぐれたOさんを探しに店内をウロウロしていると、ダンスフロア後方のテーブル席に
Oさんを発見・・・も、何やら男が隣に座り、モゾモゾ。
男の顔がOさんにかぶさっているようにも見え、遠目では何をしているかは分からないが、
間違いなく激しく口説かれているようだ。
嫌だったら嫌と言うとはっきり言っていたので、あまり近づくことなく、
二人が座る壁際の席の数メートル先で僕は休憩。
ふと隣を見るとカップルがここでもイチャイチャ。今日は激しいな、みんな。

BlogPaint
BlogPaint
※ちょっと直接すぎる写真なので、たぶんいずれ消します。
プライバシー的にもちょっと・・・って感じですしね。

さすがにこんなん見せられて僕も誰かとチューしたくなったけど、
相手がどこにもいないので、(さすがにマイケルとするわけにいかないし)
自分の左手の人差し指と中指をくっつけて唇に見立ててそこにキスしておいた。

一人で自分の指とイチャイチャすること1時間(なげーよ!)、
5時になり、音楽も止まったのでみんな帰り始める。
さすがにOさんを迎えに行くと、まだ男に抱きつかれており「彼がしつこい」と言う。
その彼は突然の男の出現に動じることなく、(とはいえ、僕のことを睨み付けた一瞬を見逃しはしなかったが)
一緒に帰ろうと口説き続けていた。
躊躇いと戸惑いと後悔と執着と幾つかの感情がブレンドされ、
僕のことを気にかけつつも、僕が強引に引き離さないから彼としては「まだいける」とふんだらしく、
出口までにも、わざと人ごみに隠れて僕とはぐれようとしたり一生懸命頑張っていた。
まぁ、彼の気持ちは分からんでもないから、彼のしたいようにさせておいた。

クラブを出てからも西麻布の交差点の前でとにかく食い下がり、
あんなに「嫌な時ははっきりと物申す」Oさんだから、拒否しないってことは
逆に僕が空気読めてないのかもと思い始めていた。
実は、ご飯を食べていた時に「ナンパされることは嫌なの?」って質問に
「一夜限り、後腐れない関係を求めることもある」って言ってたから、
僕が会った女の子のブログ読者の中でそこまで言い切った人は過去いなかったから、
その話も思い出していました。
宿泊先のホテルに戻るタクシーに乗り込むOさんは、強引にタクシーに相乗りしようとするその男性に
「なんでついてくるのよ!」と言っていたが、結局二人で乗ってどこかに消えて行った。

季節は秋、朝日が照らす明るい空に反して肌寒さを感じながら冷たく頬をかすめる風と同化するような、
そんな気持ちになりながら、僕はこんな別れもあるのか・・・と
閑散とした西麻布の交差点にポツンと一人で立ちながら、若干の寂しさを感じていたのでした。(終わり)

ということで、ELE TOKYOと最近のMUSE最新事情を紹介しました。
Oさんからは「彼だいぶひつこかったけどちゃんとかえらはりました」と連絡がありましたが、
まぁ、そこはねぇ、ほら、大人のアレですから、うん、「いつ頃」かえらはったのかとは聞けないよね。
今度お会いした時には、しっかりとその辺聞かせていただきますから!!

こんな感じで僕は誰かに誘われたら、男性女性関わらず、クラブに連れて行きます。
解散時間も自由ですし、一緒に居てくれと言われれば一緒に居るし、
ナンパしたい(されたい)って言ったら相手に任せます。
まぁ、僕の都合もあるので、時間と日にちが合えばですが、「一緒に行こう」って人がいたら
お気軽に連絡ください。お付き合いします。
ちなみに、「何の得にもならないのになぜ?」と思うかもですが、
相手のクラブにまつわるストーリーを聞くこと・こうやってブログのネタになるかもしれないことが
僕の時間とお金を割く代償です。無償の奉仕ではないです。

mikoshibakiyomaro@hotmail.co.jp


にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな 



a>02:53│コメント(16)日記 | クラブデータこのエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by Oさん   2014年10月18日 23:48
5 先日はありがとうございました。
美味しいお店とトーキョーのクラブに行けて楽しかったです♫
関西弁怖かったですか(°_°)すいません。つぎお会いしたら気を付けます。
外国人のくだり知らんくて笑いました。笑
今度お会いしたときにあんまり面白くないその後のストーリーを聞いてください*\(^o^)/*
2. Posted by なお   2014年10月19日 13:40
4 ブログめっちゃ楽しく読んでます!文才が半端ないですねぇ〜!東京のクラブは行ったことありませんが、華やさが大阪とは違う感じですね!次のブログ楽しみにしています!(^○^)
3. Posted by なおみち   2014年10月20日 08:01
踊ってると外国人に混ざるっていうのは僕もたまにあります。
muse行かれたんですね!
客層は以前と変わらずでしたか?
今度予定合ったら一緒にいってください。
4. Posted by ゆー   2014年10月21日 11:56
久々の、「らしい」レポート、面白かったです!
やっぱり文章うまいなあ。本当に!
5. Posted by 御子柴清麿   2014年10月25日 02:33
To:Oさん

書き込みありがとうございます。

あんな感じの案内で良かったでしょうか?
多少でも思い出に残ってくれたら幸いです。
関西弁恐いですけど、最後の方はだいぶ慣れましたよ。

MUSEではOさんに放置されたので、
マイケルと楽しんでしまいました。
そんな感じでなんとなく巻き込まれることがよくあります。

面白くないその後のストーリー聞かせてください。
彼氏とのお話も興味深いのでまた教えてくださいね。

楽しい時間をありがとうございました。

6. Posted by 御子柴清麿   2014年10月25日 02:37
To:なおさん

楽しんで読んでもらえて光栄です。
今、僕がブログを書くのはこうやって人に笑ってもらえることなので、書き込み嬉しいです。
文才が半端ないですって?
もっと言ってください。
その言葉だけでご飯が三杯くらい食べれそうです。
ありがとうございます。

東京と大阪では、一概に比較できないですが、
内装のオシャレ感は東京の方があるかもです。
ちなみに、ノリは大阪の方が僕ははるかに好きです。
どちらもそれぞれいいところありますよね。
7. Posted by 御子柴清麿   2014年10月25日 02:43
To:なおみちさん

今六本木に行くとすればMUSEかV2です。
個人的にはMUSEは男性も座れるっていうご老体にもやさしいシステムだし、
音楽も王道な曲が多いので好きです。

MUSEの客層はあまり変わらないですよ。
とは言っても、六本木の主要クラブのどこかが
ガサ入れで営業停止になったりすると、
入れ替わってしまうんでなんとも言えませんが、
「年齢層の分布が割と広く、男性女性共に
イケメン美女からブスブサイクまで存在する」クラブだと僕は思います。

ぜひぜひクラブ行きましょ~。
8. Posted by 御子柴清麿   2014年10月25日 02:47
To:ゆーさん

「らしい」記事ってどのあたりですか?
ナンパの描写?それとも、マイケルのくだり?
ナンパは僕がしたわけではないですし、
マイケルもたまたま近くにいただけなんですけどね。
全然能動的ではないですよね。

文章うまいですか?
あざーっす。
調子にのらせていただきます。
9. Posted by ゆー   2014年10月25日 11:41
 東京のクラブ×ナンパ
という内容自体が久しぶりな気がしたのと、ナンパの描写や、それを見ながらアドバイスや方法を書かれてたり、御子柴さんが実際にされていなくても、そのあたりを考えているのは能動的にされているので、ナンパされていた頃のテイストが少し感じられたんだと思います。
 あと、マイケルのくだりは、ワンピースの例えを、最初はさりげなく入れながら、徐々にその例えを掘り下げて行って畳み掛けてくるあたりが、らしさを感じたところですかね(笑。
10. Posted by ポロリ   2014年10月25日 18:46
5 初めて書き込みします。
知的でクールな文章にいつも惚れ惚れしております。
御子柴さんの台湾のクラブの記事を読んで台湾に行きました。
めっちゃ楽しかったです。
これからも更新頑張って下さい!
11. Posted by 御子柴清麿   2014年10月26日 23:05
To:ゆーさん

普通に分析されると恥ずかしいですね。
ナンパのこと書くと、反応いいのは事実で、
実際ここ数日のアクセス数も伸びてるんですよ。
まぁ、それほどクラブナンパっていうジャンルに興味ある人が多いってことなのかもしれません。

とはいえ、ナンパしてないんでね、
こういった記事を今後も書けるかと言うと微妙なわけで。

まぁ、ちょっと気付いたことあれば
これからも触れて行こうとは思っています。
クラブとナンパは切り離せないとも思っているので。

今後ともよろしくお願いします。
12. Posted by 御子柴清麿   2014年10月26日 23:16
To:ポロリさん

知的でクールなのはポロリさんの方でしょう。
面白い文章書かれますね。
書き込みいただいてから、
過去にさかのぼる形でブログを読ませていただいてます。

ナンパのブログは数知れずありますが、
女性との関わりを細かく書く人いないんで、
短編小説を読んでいる気持ちになります。
ファイリングされた図鑑っぽくもあるんで、
男性は読んで楽しいと思います。
ポロリさんの人柄もどこか哀愁があって好きです。
凄く引き込まれます。

まだ途中までしか読んでないんですが、
一つ謎なのは、
ポロリさんが女の子の関係を一度で断ち切ろうとすることです。

全部読んだら見えてくるんでしょうか。
ポロリさんの本質の一端な気がして、今は読み進めています。

話変わりますが、
台湾のLAVAでのショー風景は僕が経験したものと同じですね。
パズドラの話がちょいちょい差し込まれるのも好きです。
数字が出てくるから男のゲームという考察はごもっとも、
全然気が付きませんでした。
僕も無課金でいまだ頑張ってます。

これからもよろしくお願いします。
13. Posted by ダンサーマン   2014年11月08日 13:32
クラブに女の子といって、その娘が別の男とくっつくってのはクラブのあるあるですよね。。自分も経験あるし最後に残された気持ちもわかります笑
14. Posted by 御子柴清麿   2014年11月08日 13:59
To:ダンサーマンさん

それ、クラブあるあるなんですね。笑
僕はそこまで女の子と行くこと多くないので初めての経験でした。

僕の場合、Oさんとは初対面でしたから、
「Oさん、帰っちゃった・・・。」くらいな感じですが、
友達の女の子だったら割とショックな気がします。

15. Posted by ゆんきち   2014年12月03日 21:35
5
初めまして。
ふざけた内容をシュールに書きまとめてらっしゃいますね、面白いです、脱帽です。

12月後半に単身、東京にいこうと計画しているのですが、
まったく一人でいくのは初めてで東京には知り合いはおりません。
よかったら東京のCLUBを案内してもらえませんか?
16. Posted by 御子柴清麿   2014年12月04日 02:04
To:ゆんきちさん

はじめまして。
お褒めいただきありがとうございます。

ゆんきちさんはどちらの方ですか?
東京案内は全然問題ないのですが、
時間と日にちが調整できるかどうか・・・。
割と年末は仕事が忙しい上に
仕事に付随する忘年会が多いので。

とりあえず、同行できるかは分かりませんが、
東京のクラブ案内は出来ますので、
こちらにメールいただけますか?

mikoshibakiyomaro@hotmail.co.jp

コメントする

名前
URL
 
  絵文字