2015年01月25日

ホンデクラブマップ2

クラブ日記No.169からの続き、韓国第一夜。

前回は弘大の街を歩いてみた。その続き。
時間は21時半、クラブに入る時間には少々早い。
21時からオープンしているところも多いのだが、人は入っていないことは予想がつく。
大体僕は旅行先で新規の箱へ行く時には、
「もしかしたら早い時間から盛り上がる箱かもしれない」「行列が出来て入場できないかもしれない」と思い、
かなり早い時間に行くのだが、100%と言っていいくらい人はいない。
韓国でも同じ失態を犯してしまった。

クラブ通りを離れ、今夜入場するつもりのクラブ、
「nb1」「nb2」「HALREM」「COCCON」「m2」を探してみる。
「m2」以外は分かりやすいところにあるので、迷わずに行ける。
ただ、店の前に行ってもセキュリティのお兄さん
(日本と違って屈強なタイプのセキュリティを韓国では見かけませんでした)がいるだけで、
店の前で数分張ってもなかなか人が入場していかない。
時間の潰し方が分からない僕は仕方なしに意を決して、「nb2」に入ることにした。
本来の弘大の楽しみ方は飲食街やカフェ。
ガイドブックには載っていないものの、様々な種類の飲食店が大量にあるし、
カフェは2010年以降乱立しているそう。
確かに、夜遅くにオープンしているカフェが結構ありました。
※韓国では「おひとりさま」文化が無いので僕は入れませんでしたが、
女の子同士で旅行に行ってのんびりお茶するにはいい場所に思います。

「nb」はソウル市内に4店舗、
弘大に「nb1」「nb2」「HARLEM」、江南に「nb江南」・・・と聞いていました。
事前情報では弘大の3店舗は半径50m以内に固まっていてハシゴしやすそうだったけど、
どうも「nb2」は潰れた様子。現在は正確には「HARLEM」を「nb2」として運営しているようだ。

IMG_2539

このカラフルな建物に「nb2」があったみたい。
上の写真の「nb2」という看板の下に入口があったけど、中は真っ暗になっていました。
入口には張り紙が・・・。

IMG_2545

全く読めません。途中に「GAP」の文字がありますが、
確かに現在の「nb2」は「GAP」と同じ建物にありました。
おそらく「場所は変わって、GAPのところにあるよ」・・・的な意味かと思います。

IMG_2543

元々HARLEMという系列店だったところをnb2としてオープンしている様子。
弘大の3店舗の中では最も最近出来たクラブのようです。
入口で10000ウォンを支払い、地下一階へ。
※22時までに入るとタダらしいので、迷わず入っておけばよかったと後悔。
時間は22時過ぎで、まだスカスカ・・・。この日時間を潰すのに難儀しました。
韓国のクラブに行くなら、どこでも日を超えてからで充分。
日本だと終電前に終わるクラブだったり、名古屋みたいに1時くらいに終わるクラブがあったりするけど、
韓国にはそのようなクラブはありませんでした。

nb2の中は地下1階と2階の2層になっています。
地下1階にはバーカウンターとVIPROOMがありますが、半分くらいの面積が吹き抜けで、
地下2階を見下ろせるようになっています。
地下2階はその吹き抜けの部分を中心にダンスフロアがほとんどを占めています。
片側にバーカウンターがあり、こちらは男女共に座れる感じ。
総じて、人が混むと、座るシート・(立ちながらでも)休憩するスペースが無いので疲れます。
とはいっても、これも韓国のクラブの特徴ですが、再入場は可能ですので、
休みたくなったら外に出て飲みに行ったりご飯食べたりできます。

image

image

上の写真は平日木曜日の深夜0時くらいの写真。
客層は平日だけあって学生らしき人が多いです。どう見ても20代前半の人ばかり。
人の入りはそこそこ。
入店した時には50-60人くらいだったのが最終的には200人くらいにはなっていました。
週末にもう一度行った時にはおしくらまんじゅう状態でしたけど、平日はそれほどでも。
音楽は馴染みのないジャンルの音楽が流れており、たぶんハウス系。
深夜1時くらいに突然としてオールミックス&K-POPが流れたので、
その時はみんながフロアに集まり一盛り上がりしました。
クラブ内の音楽としては山と谷があって、山に相当する部分の最後にはG-DRAGON「今夜はピタカゲ」。
とにかく韓国にいる間中何度も聞きました。

そして、前回の記事で紹介した、韓国特有のナンパ方法・・・ブビブビ。
普通に韓国人男子たちはやってましたね・・・。
上の写真のダンスフロアで、もっとライトが照らされていない暗い時に。
特に、この写真の後方柱部分はブビブビポイントであるらしく、ブビブビ師達を見かけました。
所謂羽交い絞めナンパに近いです。
女の子が前のDJの方を見て踊っているとしたら、後ろからスススと近づいて、
股間を女の子のお尻に当てがう感じで密着。手は女の子の腰に。
でも、このやり方あまり成立していませんでした。
日本でも同じだけど、女の子としては不快極まりないナンパ方法で、
するんだったら正面から堂々と!と思わされます。
大抵、男性の顔を確認せずに、腰に当てられた手を振りほどくか、
そのまま遠くに逃げるかって感じでした。
休日のクラブではうまくいっている人もいましたが、少なくとも平日はあまり反応がよろしくないようです。
僕も折角なのでチャレンジしてみたかったのですが、あまりの反応の悪さに怖気づいてしまい、
とりあえず、次のクラブへ行ってからやってみようと箱を変えることにしました。

前途は非常に暗い。平日だからか盛り上がりに欠けるし、音楽もよく分からない。
特別なイベントごとがあるわけでもなく、
どこに楽しみを見出せばいいのかちょっと分からないまま1軒目の偵察は終了です。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな 


a>04:18│コメント(0)韓国篇 | 日記このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字