2014年09月13日

gigazine18_m
(出典:GIGAZINE

其の三では他のHPから写真を拝借して店の様子を紹介させてもらった。
何度も言うが、写真撮影は厳禁だ。
ネットで出回っている写真や動画は非許可の盗撮もの。
撮っているところを見つかると組合の人が駆けつけて取り締まりを受けるらしい。
勿論警察じゃないから自警隊みたいなものだと思う。
ただ、盗撮に成功してしまえば、ネットで公開することに罪が無いから、
違法かと言われれば決して違法ではないはず。

写真では分からないという人のために、動画もリンクを貼っておきます。


※こちらは車に乗った男性一人と女性二人が会話しながら、
通りを走っています。秒数は短いですが、女性の感想が生々しいです。


※どうも自転車をこぎながら撮影しているらしく、雑音がうるさいです。
ボリュームに注意してください。


※最近飛田新地と天王寺駅の間に高層マンションが建てられています。
この高層マンションから飛田新地が見えるので、
子どもの教育上良くないとかそういった話で一時期モメていました。
映像は角度から見るに、どこかのマンションの上階から望遠レンズで撮影されたものです。

なんとなく、雰囲気は伝わったと思います。
さてさて、ここで僕の感想を。

僕は「飛田新地料理組合」「料亭・鯛よし百番」「慰霊碑」を見た後、
女の子を物色しに行きました。
まぁ、それはそれは面白く、普段から女の子をジロジロ見てしまう悪癖を持つ僕にとって
公然と女の子を見ることができるなんて嬉しくて、ゆっくりと街中を歩きました。
青春通りとメイン通りの東側は特に美人や可愛い子が並んでいました。
芸能人で言うと、「新垣結衣」「蒼井優」「大島優子」「吉瀬美智子」「志田未来」似の女の子を
少なくとも確認しました。
可愛い子を見ると、ドキドキしてしまうし、お店で女性を買う気が無い僕も流石に心が揺れました。
また、妖怪通りの方に足を伸ばすと、
「一旦木綿」「塗り壁」「砂かけばばぁ」「子泣きじじい」に似た方々が佇んでいらっしゃいました。
ガチで妖怪!と言ったらおかしいけど、
年齢的にも呼び込みのおばちゃんより年齢が上の方(どっちが嬢なんだ!?みたいな・・・)や
「超ガリガリ」のおねえさん(一旦木綿)や「超ぽっちゃり」のお姉さん(塗り壁)がいました・・・。
年齢や容姿で青春通りには敵わない分、サービスが良く料金も多少安いようです。
サービスっていうのは「キス」や「フェラチオ」がありだったり、「NS」だったりします。
※NSはノースキンの略、ゴム無しってことです。

僕は一時間以上新地内をぐるぐる周りました。
実際、見てるだけでも楽しいです。
途中、目ざといおばちゃんからは「あんた、何周目や!」と笑いながら言われる始末。
AKB好きの僕なので、最後まで大島優子似の女の子に執心し、入ろうか入るまいか迷いましたが、
結果やめて、新地内にある公衆トイレで白色で無い、膀胱に溜まる方の液体を放出し、帰ることにしました。
BlogPaint
なぜ、結局女性を買わなかったかはこの公衆トイレを通りかかって、
ここに来る前に本で読んだことを思い出したから。

実は新地内には公衆トイレがここしかありません。
女の人もここでするらしいです。
※これは昔の情報らしく、一軒一軒にトイレは完備されているとコメントをいただきました。

女性が働くお店の一軒一軒にはシャワーやお風呂がついていないそうです。
女の子は男性を相手する度に、蛇口につながれたホースで股間を洗い流します。
いちいちシャワーを浴びたりするわけではないんです。
妖怪通りのお姉さんはどうか分からないけど、
それ以外の通りのお姉さんたちは生でのフェラチオもキスもしないし、
ゴムはつけるからきっとそう簡単に性病にはかからないと思います。
そんなリスクの無さも女の子が働く理由の一つとして集まってくるんだろうし。

だけど、やっぱり病気は恐いし、
そもそも他の男性が抱いた女の子をすぐに抱くという行為自体に
嫌悪感が出てしまい、僕はやめてしまいました。(そんなん言い出したら風俗行けないけど)
でも、今となってはかなり後悔していて、こんなにブログに色々書くんだったら、
しっかりコトを為さないと意味が無いと思っています。だって、その体験談が重要じゃないですか。
新地の歴史や成り立ちや仕組みを語ったところで一番大事なところが抜け落ちている。
だから、失敗したな・・・と後悔しているわけです。
次に大阪に行ったときはしっかりと女性を買って追記を書きたいと思います。

こんな感じで僕の飛田新地・冒険の旅は終わっていきます。
男性の方は一度行ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、僕は飛田に行くにあたって、二つの本を読みました。
一番最初に書きましたが、飛田に関する情報はとても少ないです。
風俗体験記はネットを探せばいくらでもあるんですが、もっと真相に迫るものがない。
唯一お勉強させてもらった本が以下のものです。
僕の記事を読んで、飛田に興味が出ましたら、お勧めの名著です。


~遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白~ 飛田で生きる
杉田圭介

元経営者の遊郭経営の際の自伝書です。
知り合いから譲り受けた経営権(相撲の親方のような、権利制)を持って、
お店を開くことにした杉田さんが、お店を開くまでの手続きや女の子の募集などを
順序を追って当時の気持ちを表現しながら書かれています。
お店を開いてからも、すぐにうまくいかず、精神的に追い詰められていったり、
お店で起こった事件(呼び込みのおばちゃんとのいざこざ、女の子同士の喧嘩)なんかも
ただの風俗店ではなく、新地だから起こりうるような話が満載。
決して、面白おかしく書かれているわけではないけど、
淡々と語られる内容だからこそ、筆者の秀逸なバランス感覚が読む人を引きつけます。
この本、相当売れたらしく、最近二冊目が出ました。
僕の手元にもあるのですが、まだ読んでいません。働く女の子のストーリーが描かれているようです。


さいごの色町 飛田 井上理津子

作者はフリーライターの女性。
関係者でもなんでもないこの女性がよくもここまで調べ上げたなと思うくらいの情報量がある。
10年以上追い続けたからこそ、見えてくるものがあったと思うし、
井上さんの調査能力もさることながら、男性だったらこんなに深いところまでたどり着けなかったと思う。
上の「遊郭経営」とはガラリと変わり、歴史本と言っていい。
遊郭経営がドラマだとすると、この本はドキュメンタリーの部類に入ります。
明治以降の新地の歴史は興味深く、当時の資料や飛田新地料理組合へのアプローチで
相当掘り下げれています。

ちなみに、アマゾンのレビューはあまりよくありません。
理由は「かなり嘘をついて取材していることの不誠実さとそれを正直に書いてしまっている誠実さ」、
これは致し方ない部分もあって、取材されている方も嘘をついていると分かるだろうし、
嘘をつかないと知りえない情報が多く合った気がします。
ジャーナリズムに反しているという意味で非難が大きいです。
また、ネタバレになりますが、「あとがきに『飛田には物見遊山の気持ちで行くな』と言っていること」、
散々取材しておいて、それはないだろうという感想が見られます。
それに対しては、自分の取材により、飛田と言う場所が荒らされることを
井上さんは自問自答している様子が見受けられるし、許してあげてと僕は思います。

色々非難も多いんですが、いつ消滅してしまうか分からない日本の隠された歴史を
事細かに世に明らかにする文献としては唯一の本だと思います。

折角なので、以下はおススメのリンク集です。僕の記事だけでは物足りなくて、
かつ興味があって、お時間があれば以下を読んでみてください。

Googleストリートビュー

・・・太陽光の方向から朝方に撮影したものと思われます。
Googleのカメラを積んだ車が飛田新地内を走り回ったようです。
残念ながら夜の雰囲気を味わえませんが、その分建物の様子がよく見て取れます。
リンク先は青春通りから。ここからまっすぐ進む両側の店に、特にかわいい子がいました。

【遊郭】飛田新地で働いているけど、質問ある?

・・・2chにて、飛田新地で働く女の子が質問に答えていく。
答えている女の子がとてもいい子です・・・。

飛田新地の女 遊女のブログ

・・・現役の女の子のブログ。アイドルの女の子のブログみたい。日常の一言日記風。
ファンがいるのだろうか、コメントも多い。

飛田新地に侵入してきたでござるの巻 -キニ速

・・・初めて飛田新地に行った男性が女の子とのやり取りを克明に描写。

くまが行く世界丸かじり計画 エロの聖地・飛田新地に行ってみた

・・・こちらも体験談。男子中学生みたいなノリがいい。

以上、いかがでしたでしょうか?
特に大阪に関わりのない方は知らないことだと思います。
飛田新地を含む西成地区は差別問題や労働者問題を抱えた地域です。
アンタッチャブルな部分もあり、普通に生活していては知りえない場所です。
自分がどれだけ恵まれているのかとても考えさせられたりします。

大阪・飛田新地編 其の一 天王寺駅~飛田新地を歩く
大阪・飛田新地編 其の二 飛田新地料理組合・鯛よし百番・慰霊碑
大阪・飛田新地編 其の三 青春通り・メイン通り・妖怪通り
大阪・飛田新地編 其の四 飛田新地の概要・動画・文献紹介

楽しんでいただけましたら、以下をクリックしていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ


この記事へのコメント

1. Posted by たなか   2014年09月13日 14:58
トイレはどの店にもありますよ
2. Posted by 御子柴清麿   2014年09月15日 17:24
To:たなか様

どの店にもあるんですね。
貴重な体験談をありがとうございます。

本編でも訂正させていただきました。
3. Posted by なおみち   2014年09月15日 18:00
いやー、かわいい子いたなら行くべきですよー!一度は。
あそこに行って我慢できるのすごいですね。
中は普通に女の子の部屋でベッドじゃなくて布団ってのがなんかそそります。
4. Posted by 川田   2014年09月17日 02:31
飛田の女の子のブログあるんですねみてみよ
5. Posted by りま   2014年09月17日 02:56
ブログ紹介ありがとうございます(≧▽≦)びっくりしました
6. Posted by 関西人   2014年09月26日 02:52
楽しく拝見させてもらいました

4.5回ですが私も飛田に行きましたが
値段は交渉ですこし安くなる場合もあります

見た目でまけてくれる場合もあるとかないとか…


7. Posted by 御子柴清麿   2014年09月27日 00:01
To:関西人さん

お読みいただき、ありがとうございます。

交渉で安くなるんですね。
大阪っぽいですねー。

見た目というのは男性側のことを言っているのでしょうか・・・評価されるの怖いです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字