2014年06月30日

表参道で開かれた「エロチカ・ジャパネスク」に参加し、
ノリで有末剛先生の緊縛を体験することになった。
僕としては希少な経験をさせてもらったという感謝の気持ち。
一方でブサイクなサラリーマンの緊縛シーンというお粗末なものを観客にお見せしてしまって、
ひたすら申し訳なく、イケメンだったら良かったのにと自分の顔を恥じるばかり。
ただ、どういうわけか意外にも好評だったらしく、(顔は関係ないのか?)
舞台の上からもお客さんが「カイジ」並みにザワザワしているように感じたし、
同行の二人の女性からも「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!」と
どこかで聞いたようなセリフを僕に投げかけてきた。

司会者の方は「Twitterでツイートする時はハッシュタグをお忘れなく!」
(ハッシュタグとは・・・Twitterでツイートする時、#○○○と入力すると検索されやすくなる)
と煽っていた。実際、このイベントに関するツイートが当初からされていた。

次の演目が始まり、僕は元の観客に戻っていたのだが、
数分後に僕の前に立っていた女性が「めっちゃ私のツイートがリツイートされてます」と
言っており、とんでもないスピードで僕のあられもない姿が拡散されているようだった。
ネット社会恐るべし。僕の痴態が日本中をかけめぐることになるとは・・・。

Twitterでの反応が結構面白かったので、ちょっと羅列してみようと思う。

BlogPaint

BlogPaint
BlogPaint

BlogPaint
BlogPaint

まぁ、こんな感じでワイワイ騒がれているわけです。
中には否定的なコメントもあって、「緊縛されてる人がニヤニヤしてるから減点でーす」というものや
「リーマンならもっと大人しそうな人がいい。緊縛されてる側は笑うな!」というものもありました。
ニヤニヤしててすみません。こういう顔なもので・・・。
というより、実は突然舞台に上げられてどんな顔してたらいいか分かりませんでした。
「無表情でいなさい」とか「始終笑顔でいなさい」って指示あれば、その通りにしたんだけど。
困惑のあまりニヤニヤしちゃったんだよね。
かといって、緊縛に悶える姿とか演技しちゃってもそれはそれで違う気がするし。
もう一回チャンス与えられれば、その時までに勉強しておきます。

この後も週末まで話題にされ、最初のツイートが5000リツイートされてました。
こんなのまで出始める始末。

反響4
反響5

わぁ、僕が超絶イケメンに美化されてる・・・。顔の作りと表情がすり替えらえてる。
でも、こういう顔しておけばよかったんだってことが分かったよ。
ってか、こんなんパッと書ける画力が凄い。才能あるんだろうな、きっと。

ちなみに、二三日前に同行のM嬢から又聞きした話では
ゲイ界でも話題になっているとか・・・。なんじゃ、そりゃ。
このくらいで喜んでもらえるなら、何度だってやるけどね。

でも結果、こんな感じになりました。

反響6

不適切なんだって・・・。だよね~。笑

↓次回からはイベントの続きの模様をお届けします。
僕の緊縛ショーなんて序の口、まだまだ奥が深かったのです。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ




a>07:14│コメント(4)日記 | 飽くなき性の探求このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by カメラマン   2014年06月30日 08:32
5 痛みに耐えてよく頑張った!感動した!

ぬーどかめらまんより
2. Posted by りょうた   2014年06月30日 15:19
どーも!

今回の記事も面白くて
興味深いです!\(^o^)/

ところで大阪編のCLUB日記は
書かないのですか?Σ(゜Д゜)

自分も夏に時間があれば
大阪に行こうかと思って
出来れば早く最近の大阪のCLUB事情が知りたいです!(*´ー`*)
3. Posted by 御子柴清麿   2014年07月01日 00:00
To:カメラマン様

コメント連投ありがとうございます。

小泉元首相からメッセージいただけるなんて
感激です。

痛くなかったですけどね。笑
4. Posted by 御子柴清麿   2014年07月01日 00:04
To:りょうたさん

くだんねーこと書いてないで、クラブの事書けと?笑
そうですよねー。

書きたいこと沢山あるんですけど、
全然追いつかないんです・・・。

とりあえず、このイベント篇の後は、
沖縄編に戻り、さらに大阪編に戻り、
さらにベトナム編へと戻っていくつもりです。

大阪編は以前行った時とそう変わっていませんでしたよ?
夏前に行かれるということですが、
今回3度目の訪問となった大阪編より、
1度目と2度目の方が読み応えがあるかと思います。

ぜひぜひ遡って読んでくださいませ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字