2014年06月28日

とある世界で人気のイベント、「エロチカ・ジャポネスク」に参加してみた。
前回は参加に至った経緯と前座部分までをご紹介。
前座にして、人生で初めて人間の真空パック(バキュームラックと言うらしい)を鑑賞。
本番に向けて僕はワナワナと足を震わせていたのだった。

6月25日(水)20:00~ @表参道 CAFE ATLATIS

20時になり、本編プログラムが開始される。
まずは、
REIKO&mayumiのポールダンス。

舞台から通路を挟んでバーがあり、そのバーカウンターにあるポールを使って行われる。
ポリス役と囚人役に分かれて妖艶な演技を繰り出す。
クラブでもよくポールダンスを見ることがあるが、
体が締まっていて腕だけで体を支える姿はいつ見ても凄いの一言。
IMG_2221

IMG_2223

10分ほどで演技は終了。
その後、司会者による挨拶があり、主催者さんによる物販の説明が入る。
まぁ、これはこれで面白いものがあったので、帰りがけに買ってしまった。
基本的にはSMの本とかSMグッズとかそういった類のもの。

この後、真打ちの有末さん登場。
素人さんを緊縛してくれるとのことで、希望者を募る。
これは相当盛り上がるだろう。
司会のお姉さんが「縛られたい人~」と言うと、150~200人くらいいるお客の中から
何人かチラホラ手が上がる。
最初からこんなに手が上がることは珍しいらしく、司会者もノリノリに。
その中で浴衣を着た双子の女性(20代前半)が珍しかったので、
彼女たちを舞台の上に上がらせ、椅子に座らせ背中合わせにして縛ることに。
有末さんは黒いシャツに黒いズボン、サングラスをかけており、もうどう見ても怪しい風貌。
舞台ではこの女性達をいとも簡単に縛り上げていく。
実際は相当の技術を持っているから簡単に見えるのだろうが、迷いもなく淀みもなく
それはそれは見事。プロの技って凄い・・・って本当に思った。
双子の女性はなぜか華やかな浴衣を着ており(この日はお客に浴衣姿が何人か見られた)
有末さんのダークな出で立ちと対照的でまたそれも舞台上では映えていた。
女の子のちょっと困ったような顔も妙にそそる。
縛られた姿のまま、ちょっとインタビューを受け、素人っぽい受け答えにも僕は興奮した。

この後、二人目としてお客のAV女優さん(スタッフさんと知り合いらしい)も縛られていた。
ただ、堂々と舞台に上る姿や「写真撮ってもらってOKですよ」と言ったり、
(このコーナーは素人さんが登場するので写真撮影は基本禁止・・・とはいえ、ニコニコ動画で生配信されていた)
縛られると痛いからとブラジャーを着衣のまま脱ぐ姿は
あまりに飄々としていて、全く興奮できなかった。
彼女はAV女優だというから、きっと人に見られることに慣れ過ぎている。
素人の緊縛は「うぶ」っぽさも芸術点に入るから、たとえ彼女の容姿が美しくてもポイントにはならない。
そういう意味では残念だった。

二組の緊縛が終わり、「他に縛られたい人~」と司会者が言うと、
まだチラホラ手が上がる。普段は真面目そうなOLさん風がほとんど。
僕に縛る力量があれば、個人的にお誘いしたい綺麗な方も多かったです。
ちなみに、同行のM嬢に当初から「御子柴さんも縛ってもらいなよ。」と言われていたが、
「結構です。」とお断りしていた。
僕はどちらかと言うと縛る方に興味があるし、二組の緊縛を見ていても女性だから美しく見えるように思う。
そもそも男性の縛られた姿なんて見たいか?見たくないでしょ?
そんなことを考えていたら、M嬢が僕の腕をつかみ、強制的に挙手するという暴挙に。
そして、めざとくそれを見つける司会者・・・。
「スーツのサラリーマン・・・いいねぇ!!」ってマジで!?
「舞台にどうぞ~」と言われ、拍手喝采という突然の急展開にびっくり。
本当に僕が縛られるわけ?

舞台に祭り上げられ、真ん中に立たされると、後手にされ、手首から縛りが始まった。
おいおい、ホントにやるの?
有末さんも男だからつまんなそうにしてるよ。仕方ねぇな・・・みたいな。

BlogPaint

ものの一分もしないうちにこんな姿に。

BlogPaint

結構お客さんも盛り上がっているっぽい。
皆がワイワイしているのが舞台の上から分かる。
司会者から「顔出していい?」って聞かれたから、つい「いいですよ。」と安易に答えてしまったため、
フラッシュが焚かれることに・・・。
芸能人ってこんな感じなのかぁ・・・。「STAP細胞はあります!」って言いそうになっちゃったよ。
BlogPaint

なぜか椅子に座らされて・・・。

BlogPaint

椅子にも縛り付けられる・・・。
観客からは大きな笑いが漏れてる。

BlogPaint


そして屈辱の前かがみ&インタビュー。
大した受け答え出来なかったが、「田舎で家族が泣いてるよ」みたいなことを言われた。
うちの家族だったらたぶん爆笑してくれるけどね。

IMG_2349

BlogPaint

後ろと前から。
そして、別角度からも。

BlogPaint

以上、御子柴清麿の緊縛写真集でした。
縛られた感想としては、プロがしてくれるからか全然痛くない。
なのに、全く動けない状態にされ、不思議な感覚。
おそらくどこかに吊るされてもそんなに痛みは感じないと思う。
どちらかといえば、やっぱり快感に近くて、
肉への圧迫感は心地よかったです。
こんな表現をしたら怒られるかもしれないけど、
「スリムウォーク」を穿いた時に近い気持ちよさでした。
そういう意味では前座にあった真空パックも気持ちいんじゃないかと思ったり。
女性の場合、力強く男性に抱きしめられる感じに近いかもしれません。

ちなみに、同行のM嬢に言わせると、お客の一部は熱狂的な盛り上がりを見せていたとのこと、
「X JAPAN」のライブでもやってんのかな?ってくらい失神しそうな人がいたという。
舞台からはクスクスした笑いしか聞こえてこなかったけど。

でも、案外それって間違っていなくてこの姿に萌える人がどれだけいるか
後から思い知らされることになったのです・・・。

※男性である僕も大好きなスリムウォーク、基本女性が履くものですが、
足の疲れが取れるので重宝してます。皆さんもぜひ!

↓次回は「『緊縛リーマン』御子柴清麿、人気者になる」をお届けします。
どうぞ、お楽しみに。その前にいつもの一票をよろしくお願いします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ




a>23:30│コメント(7)日記 | 飽くなき性の探求このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by カメラマン   2014年06月29日 00:49
5 キーワード検索で来てしまった通りすがりのカメラマンです、こんばんはー

被写体として完璧です、レポートも素晴らしくて震えました
そして関係者も未曾有の大絶賛の嵐でしたよ
続き楽しみにしてますね!

ぬーどかめらまんより
2. Posted by ゆめ   2014年06月29日 11:19
御子柴さん!笑
どうしたんですか!笑
検索したら炎上してるじゃないですか!笑
3. Posted by peco   2014年06月29日 11:38
リーマン緊縛の本人さんがブログ書いてて笑いましたwww
最高でした。手がきれいですねー。
4. Posted by 御子柴清麿   2014年06月30日 21:40
ヌードカメラマン様

ヌードカメラマン・・・という表現でいいんでしょうか・・・?

先日は面白いイベントを紹介いただき、ありがとうございました。とても楽しめました。感謝してます。

まさか、ブログが見つかるとは思いませんでした。お会いした時は話しませんでしたが、僕はクラブが好きで、クラブにまつわる話を細々と書かせてもらってます。今回のイベント同様、日常生活から切り離された、ちょっとした異世界が好きなんです。

今回の会場の反応もTwitterの反応も僕にとっては意外だったけど、面白がったくれたので僕は満足してます。

重ね重ねありがとうございました。
また、お会いした時ゆっくりお話させてください。
よろしくお願いします。
5. Posted by 御子柴清麿   2014年06月30日 21:47
TO:ゆめさん

炎上はしてませんよ〜。
沢山の人に笑われてるだけです。
話題にされてるのはTwitterだけのようですし、
気持ち悪い!とか消えろ!とか
否定的な雰囲気になったら炎上かな・・・。
そしたら、ブログの方も削除しなきゃですが。

まぁ、新しいフィールドに進んでいると思って温かく見守っていただけると嬉しいです。
6. Posted by 御子柴清麿   2014年06月30日 21:58
TO:pecoさん

書き込みありがとうございます。
あの会場にいらした方でしょうか。

緊縛リーマン本人です。
お見苦しいものをお見せしてしまったのではないかと思っていたのですが、
意外と好評でホッとしてます。
pecoさんにも笑っていただき、光栄です。

贅肉ダルダルで、顔も残念なアラサーリーマンですが、
唯一指だけが自分の好きなパーツです。とはいえ、最近手入れを怠っていたので今更ながら後悔しています。
まさか人前で晒されると思っていなかったので。

またどこかで僕を見ることがありましたら、緊縛リーマン!とお声掛けください。

今後ともよろしくお願いします。
7. Posted by カメラマン   2014年07月01日 13:30
まぁぶっちゃけ普通の会社員なんですけどそのうちヌードも撮る予定なので暫定ヌードカメラマンでよいです

夜は徘徊しないタイプなんですが、
何故か不思議なイベント情報が私のところにたくさん流れてくるのでまた色々と潜入記事書けそうなのがあればタレコミます

M様と今度フーターズ行きましょう、ぜひ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字