2014年04月05日

最近たまにクラブに行く。
金曜日の夜に誘われたりして、特に予定が入ってなかったり、
一週間の疲れがピークで無ければ、
多少腰の痛みがあっても右手でトントンと叩いて、
腰は曲がってはいるが、六本木に足を運ぶことがある。

行って何をするわけではない。
酒は飲めないので、レッドブルをストローでチビチビ飲みながら(気持ち悪!)
クラバーの友人に「ヤア元気?」と挨拶をし、スタッフ(面識は無い)がしっかり働いているかを確認し、
フロアで軽く踊り、腰が悲鳴を上げる大体三時頃にはクラブを出てタクシーで帰ってしまうことが多い。
28歳の枯れた老紳士はステッキを使ってノロノロとフロアを徘徊し、
男女が抱き合って接吻するのを「若いっていいね~」とつぶやき、
スタイルのいいお姉ちゃんがいれば、時々ステッキで肉付きのいいお尻をつついたりするだけだ。

その間ナンパはしない。
一緒に行った友人のナンパを見ているだけで、
友人のフォローのため、2VS2の一人として協力するか、
フロアで踊っていて見知らぬ女子に「酒を奢れ」と絡まれるか、女性と話すのはそれくらいだ。
つくづく欲が無くなったなぁと自分で感心さえする。

ちなみに、ナンパをしなくなった僕は頗る評判が悪い。
このブログのアクセス数は激減し、
このブログ経由で知り合った男性読者からは嘲笑と皮肉じみたことを言われ、
この前はなぜか「ナンパは気持ち悪いのでやめてください。
そして、クラブには行かないでください。 ジラフ大好き女子」というメールさえ送られてきた。
最近してないのに・・・。(泣)別にいいんだけどさー。

最近自分について考察したところ、所謂老化現象の始まりだろうとふんでいる。
前回、「ナンパと女遊びの終焉」という記事を書いてそこでも触れたが、
女の子を口説くという行為が非常に面倒くさい。
人は年齢を重ねるごとに落ち着いていくもので、多くの人が結婚をしてしまうのも理由の一つだけど、
合コンとかナンパとかそういった類のものから男女共に離れていく。
重い腰を上げて女性(男性)と出会いたい!って気持ちは薄まっていくんだと思う。
女の子とデートして口説いてセックスするという手順が長丁場の作業に感じてしまう。
性欲はあってもその性欲を解消するための時間や労力と比較して、性欲が勝てないってことだ。
僕は風俗が嫌いなので、女性を買いに出かけることは無いけど、
その時間と労力をカットして性欲を処理することにお金を払うという行為がいかに合理的か、
最近になってようやく理解できてきた。
ナンパをやめた今でも女性を口説く行為にこそ面白みがあると思うんだけど。

僕は個人的にはナンパは引退して隠居生活に入っているつもり。
イメージとしては、漫画に出てくる「じじい」のイメージだ。
ドラゴンボールの「亀仙人」とか、らんま/1/2の「八宝斎」とか、
のだめカンタービレの「シュトレーゼマン」とか・・・
いや、これ、全部エロジジイじゃないか。
「ぱふぱふ」とか「野球拳」とか好きじゃないし、下着を集めるのも趣味じゃない。
ONE PIECEの「レイリー」とか、風の谷のナウシカの「ユパ」とかそういうイメージ。
もう肉体的にもピークを過ぎて安穏と暮らしており、次世代に後は任せた!って感じ。
だけど、いざとなれば、まだまだ引けを取らず、若者たちをビビらす実力は未だ健在・・・みたいな。
僕の場合、残念ながら誇示する実力が無いんだけど。

まぁ、そんなわけで(どんなわけだ?)、ナンパもしない僕は
新しく渋谷にできたクラブ「T2」に足を運んでみました。
女の子との絡みのないレポートです。雰囲気だけでも、どうぞ。

@渋谷宇田川町 「T2」 4月某金曜日24時前

IMG_1641

渋谷T2というクラブの評判がいい。
クラバーの友人達の中では高評価で、行ってみるといいと言われたし、
このブログの書き込みでもそういうコメントをいただいたので、クラバーの友人と行くことにした。

一年ほど前にユウさんという方とブログ経由で知り合った。
ピンポイントの同業者で、僕の文章を読んでいると端々に何の仕事をしているかが現れているらしい。
初めて会った時に「もしかして○○の仕事してませんか?」と当てられた。
この時は結構衝撃を受けた。色んな人とブログを介して会ったけど、
職業を当てられたのは初めてだったので。
そんな彼とは一度会ったきりメールを交換する仲だったが、
最近急接近してご飯に行ったりお互いの近況を報告している。

そんな彼と数週間ぶりに会い、T2に行きましょうということになった。
22時に待ち合わせして、ご飯を食べた後、マクドナルドでお茶をしながら、
彼が昔ハプニングバーに行った話を隣の席の女の子が興味津々に聞いているのを横目に
根掘り葉掘り聞いた後、24時前にT2に向かった。
(実は最近僕もハプニングバーに行く機会があって、初心者の僕はどういう場所か分かっておらず、
とんでもない目にあったので、ユウさんにルールや実情を教えてもらったのだ。
また、このハプニングバーでの出来事は近いうちに記事にしようと思っている。)

ちなみに、週末の場合、24時前に入ると、男性は¥2000・女性¥1000(共に2drink)、
24時以降入場はさらに1500円増しになる。
渋谷のクラブらしく女性からもしっかりと入場料を取るらしい。
しかし、女性¥2500は高くないかなぁ。六本木だったらタダなのに。

場所は渋谷センター街から一本離れた道、LOFTと東急ハンズの間くらいのビルの地下一階。
一時期流行った肉横丁(お肉の店がぎっちり入っているフロア)が入っているビル。
入り口でしっかりと持ち物とボディチェックをされ、中に。
地下一階へ階段で降りていくのだが、その時点で頭上には「T2」という文字が
モニターに表示されている。ここはモニターとかプロジェクターとかの使い方が上手だと思う。

地下を降りて入口のドア前にあるカウンターでお姉さんにお金を支払い、チケットを二枚もらう。
珍しい緑色のプラスチックのコインで表面にT2と書かれている。
どうでもいいけど、女性スタッフは綺麗な方ばかりです。
男性スタッフは身なりがしっかりしていて、
(BOX席が多いから接客に力を入れているためだと思われますが)キビキビした態度の方が多かったです。
セキュリティの人はガタイがでかくてひたすら怖い・・・。

floormap_s
(HPより拝借)

http://t2-shibuya.com/about/
※ぜひ、HP見てください。内装が超シャレオツ。

入口を入ると一瞬でオシャレなクラブなことが一目瞭然。
赤いライトで統一された内装が煌びやかに照らされている。

入口の左側にはカーブを描いたバーカウンター。
スタッフの後ろにはシャンパン・ウォッカなどの瓶が美しく並べられている。
一番上の写真がそれ。
IMG_1612
別の角度から。この日は二人のドラァグクイーンも出勤中。

入口の正面には背の高いテーブル席が並べられている。
その前に長方形サイズのカウンターテーブルが置いてあるんだけど、
こちらは時間が深くなると外国人のお人形さんみたいなダンサーさんが三人踊っていました。
正確には踊るというよりパントマイム風でした。
※写真もコッソリ撮ったんですが、憚られるのでやめておきます。

入口から右手に、どでかいフロアがあり、
左側にストレート型のメインカウンターが見える。

IMG_1607

その前に若干のスペースがあり、その先に変わった形のDJブースとダンスフロア。
これがなかなかカッコよく。

IMG_1603

ブースのDJの顔が見える穴の上の部分に「NINJA LAGER」と書かれており、
これはこの店の推す飲み物らしい。調べてみましたが市販されてませんでした。
ビールではなく、発泡酒なので若干薄く物足りないお味。
外国人にウケそうなデザインですけど。

IMG_1623

フロアの右側にはレディースシート。そして、壁際にはずらりとBOX席。
24時に入った時にはあまり人がいませんでしたが、
25時を過ぎたあたりで人が集まり始め、
レディースシートもBOX席も埋まっていました。
店内が広いにも関わらず導線が少ないのが印象的。
BOX席とバーカウンターが遠いせいで、
注文したお酒を届けるのにダンスフロアを通らなければならなくて、
ここのスタッフがキビキビと早足で歩くものだから、
何度もぶつかりそうになってました。この点だけはマイナスかなぁ。

客層は女の子は20代前半を中心に20代後半もちらほら。
クラブ初めての女の子風も見かけました。
ちなみに、女の子は可愛い子が多かったです。
土地柄アパレル系の子も結構いるんじゃないかなって印象です。
逆に男は冴えない連中が多かったような気がします。男女比は6.5:4.5ってところでしょうか。
金曜日なので僕みたいなサラリーマンが3割ほど混じっていました。
僕は私服で行ったけど、渋谷の箱にしてはスーツ率は高い印象。
年齢は20代前半が多くて、上は30代半ばまでは普通にいました。
それよりも年齢高い方もいましたけど、BOX席でゆっくり飲んでた感じ。
ディアナ・ジニアスみたいにオジサマがはしゃぐ箱では無いです。
イケメンも結構いましたね。ただ、数としては美女>イケメンです。
そういえば、フロアで踊ってたら、割と酔った女の子に「おっ、イケメ~ン」と絡まれ、
あまり言われたことないので気分良くなっていたら、
「これ、持ってて」と件の忍者ラガーを持たされ、女の子は踊っていました。
そして、そのままどこかに行ってしまいました。
「ちょっ・・・待てよ!」とイケメン気取りのキムタク風に
(どちらかというと、ものまね芸人のホリ風に近い)言ってみましたが、
ただの荷物持ちにさせられてただけでした。騙されたー。

音楽はこの日はALLMIX、音響に詳しくないけど、おそらくお金かかってると思います。
クラブ内のどこにいてもクリアな音が聞こえてきました。
さっきもチラッと言いましたが、ダンスフロアは通路との境界線が無いため、
とても散漫な印象。ゴタゴタしてないから踊りやすい反面、
身動きが取れないギュギュっと感が無いから盛りあがる曲も、
なんていうかブチアゲ↑っていうカオス感は無いです。
内装雰囲気含め、僕はT2をV2とキャメロットを足して2で割った感じだと思いました。
大阪名古屋で言うと、プラチナムに近いかな。

IMG_1647
これ、3時くらいのフロアの様子。
最も盛り上がる時間を過ぎてる上に広いから人が少ない印象を受けますが、
箱の中はそれなりに人がいます。

あー、あと、男性諸君のためにナンパについて。
前提として一人でナンパは出来ない感じ。ソロでやる人はきついと思います。
コンビナンパが前提で、フロアじゃなくて通路に居る女性に話しかけて、
王道の「一杯飲まない?」的な声掛けが適切かと思います。
(ナンパしてないくせに偉そうにごめんなさい。)
ちなみに、クラブ内でイチャイチャする人はあまりいません。
出口で張り込みもしてましたが、持ち帰り持ち帰られって男女もあまり見かけなかったので、
番号だけ聞いて後日連絡と言った感じでしょうか。
その日に持ち込みたかったらあまりこの箱は適しません。

僕達は朝方に外に出てセンター街で「かむくら」のラーメンを食べて帰りました。
一緒に行ったユウさんが「一蘭」(T2から30秒のところにあります)に
可愛い女の子が一人で入って行ったから追いかけたいとのことで、
一度「一蘭」に入ったのですが、それらしき女性がいないという、
ユウさんの残念なナンパ話をおかずにラーメンを食べて、午前7時頃渋谷を離れました。
ユウさんは12時から花見アポがあるとのことで相変わらず精力的な活動をする様子(睡眠時間は?)
僕はというと、最近低血圧に悩んでおり、病院に行って薬を処方してもらうという、
やっぱり老化したおじいさんのような生活を露呈するという雲泥の差を見せつけられたのでした。

以上、28歳の孫どころか子供もいない老紳士のT2レポートでした。

↓参考になりましたら、以下のクリックにご協力ください。
よろしくお願いします。
mikoshibakiyomaro@hotmail.co.jp

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな




a>21:11│コメント(6)日記 | クラブデータこのエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by なおみち   2014年04月06日 16:56
T2ってそんな感じなんですね!
僕もそのうち行ってみたいと思います。
2. Posted by hiro   2014年04月09日 21:28
ご無沙汰です
台湾は、私と違う結果で羨ましい限りでした
ナンパもおもしろいですけど、クラブ情報も楽しいので、これからも新しいクラブの更新も期待してます
3. Posted by イーノック   2014年04月10日 19:53
4 いつも拝見しております。

T2には2回行きました
キャメロロットみたいに媚びすぎてるわけでもなく、wombやビジョンみたいにつきぬけてるわけでもない、若干中途半端なイメージを受けました><w

ご指摘どおり、たしかにかわいい女の子は多かったように思います。^^

最近はわかりませんが、オープンしたてのころは音質、ジャンルともにもりあがらなさすぎて、逆につまらなそうな子を場所変更で連れ出せるということがありましたwww

24時前に入れば、リカバリがきくというのは初耳でした!ありがとうございます^^
4. Posted by 御子柴清麿   2014年04月11日 22:42
To:なおみちさん

ぜひ参考にしてください。
内装が綺麗だったのが印象的でした。
5. Posted by 御子柴清麿   2014年04月11日 22:44
To:hiroさん

ナンパをやめてしまってから、
著しくブログのアクセス数が激減している最近ですが、
(それだけナンパブログの側面が大きかったということ
だとは思うのですが)
こうやって新規の箱を紹介できたらと思っています。
(海外のクラブも含めて)

今後ともよろしくお願いします。

6. Posted by 御子柴清麿   2014年04月11日 22:49
To:イーノックさん

中途半端というのは、あくまでナンパ視点ではないでしょうか?
イーノックさんはナンパブログを書かれているようですし。

普通にクラブでお酒飲んで騒ぎたい女の子だったら、
逆にナンパもなくて快適だと思いますよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字