2014年02月09日

1241971971731662
クラブ日記No.113・No.114の続き。
引き続き、前半は相方竜さんの視点で。
そして、途中からは、海外ナンパのためになるアイテムをご紹介。

9月某日曜日(台湾滞在4日目) 18時 @台北101  from side-Dragon


台湾滞在3日目の夜にクラブで会った台湾女子・スージーと
出会った次の日の夜にご飯を食べに行くことになった。
相手は有村架純に似た清純系でなおかつモデル体型と非の打ちどころのない
素晴らしいスペックの女の子、しかも、自分に食いつきがあるようで、
LINEでのやり取りも言語翻訳アプリをわざわざ駆使して、
返事を送ってくれるという丁寧さ。
台湾滞在中に肉体関係にもっていけるかは、
初日にいい流れのままホテルに連れ帰らなかったため、若干可能性は落ちたが、
それでも全くゼロという気がしないでもなかった。

御子柴さんはそれを察してか、「竜さん、頑張って!」と応援してくれるのだが、
「そのアポ、一緒に行きましょうか」と言い出す始末でちょっとウザかった。
それでも、何とかしてホテルに連れて帰ってこれるといいね!という気持ちを前面に出しており、
「アポに行く前に僕の部屋に立ち寄ってください。」と不敵な笑みを浮かべて消えて行った。
御子柴さんのことだから、コンドームとか、下手をすれば大人のおもちゃをくれるとか
そういったギャグを繰り出してくる可能性が高かったが、付き合い上仕方なく御子柴さんの部屋を訪ねた。

部屋をノックして中に入ると、御子柴さんは「お待ちしていましたよ。」とニヒルな笑いを浮かべる。
約束の7時まで時間もなかったが、そんな俺におかまいなしに、
「まぁ、そこに座ってくださいよ。」とソファに座ることを提案する。
御子柴さんはというと、旅行用のスーツケースを持ち出し、なぜかベッドに転がした後、開封し始めた。
「僕、日本から色々小道具を持ってきたんですが、結局使いませんでした。
だから、これを竜さんに託します。使えるようだったら、使ってください。」
そう言って、御子柴さんは四次元ポケットから次々にひみつ道具を取り出した。
御子柴さんがどこぞの猫型ロボットに見えたのは言うまでもない。

-----------------------------------------------------

さて、一旦話を引き取り、私御子柴に解説させていただきたく。
僕は台湾に行く前に用意周到に各種の小道具を用意した。
それらは以下に紹介するものだが、すべて受け売りで僕のオリジナルではないことを
明言しておく。
このブログを読んでくださっている方の中にもファンがいると思う、
海外ナンパの先駆者、ブログ「ナンパはスポーツ No girl No life!」
clubtropixxx(クラトロ)さんだ。
台湾・タイ・ベトナムなどの海外でナンパをして結果を残されている方。
彼が海外ナンパのハウツーとして書いた記事
世界よこれが日本のナンパ師だ!海外ナンパに役立つ11の最強TIPS
これが最強に素晴らしい教科書になっている。
ある程度親日だったり日本バリューが通用するアジア諸国であれば、
これらの道具を駆使すれば、相当ナンパの成功率は上がると思う。
ブログを見れば分かる通り、クラトロさん自身ユーモア溢れる方だし、
語学も堪能そうだから結果が出ているということもあるけど、
その点を差し引いても絶対に+になるはず。
海外でナンパしたかったら、この記事は絶対読んだ方がいい。
予習が出来て本当に良かったと思う。パイオニアはいつだって偉大だ。

ちなみに僕が持って行ったものとは・・・

①日本のお菓子(クラトロさん記事・TIPS①&⑩)


上記、「コアラのマーチ(ロッテ)」「じゃがりこ(カルビー)」の他、
「きのこの山・たけのこの里(明治)」「キットカット(ネスレ)」「ハッピーターン(亀田製菓)」 などを持ち込んだ。
ロッテは韓国、ネスレはスイスの会社なんだけど・・・。
それでも、日本っぽいっていう理由で持って行ったが、
いくつかは同じアジア圏だけあってコンビニでも売ってました。

「日本のお菓子あげるから、ホテルにおいでよー。」と
悪いオジサンが子どもを誘拐するような誘い文句が使えるはずだ。

これだけならまだしも、台湾人には絶対に分からないだろう
有名パティシエ辻口博啓が自由が丘に開いた豆菓子店「フェーブ」のお菓子まで持参していったが、
さすがにこういうのは要らなかった。台湾女子にあげたけど、反応は「?」って感じだった。
そりゃそうだよね・・・。
http://feve-jiyugaoka.jp/products/list.php

②日本の入浴剤(クラトロさん記事・TIPS①)

左は「登別温泉」とか「別府温泉」とか書かれた、
各温泉の温泉エキスを凝縮した入浴剤。
そして、右は女の子受けしそうなハート型の入浴剤。

「日本の温泉入りたくない?だった、ホテルにおいでよー。」と誘い出せばいいと
思っていたが、左のご当地温泉の入浴剤は結果お蔵入りとなった。

クラトロさんの記事には登場しないアイテムだが、
日本っぽいつかみのアイテムとして持参したが無意味に終わった。
右側の入浴剤を台湾女子にあげたけど、ピンと来ていなかった。

③指さし会話帳(クラトロさん記事・TIPS④)

僕は左のminiの方を持参。これでも十分事足りるくらいの分量があった。
単語から短文まである程度網羅されており、本の名前通り、
指さしで会話が出来そうなくらい。
これ、次回記事で再登場するんで要チェック。

どうでもいいけど、「我爱你!」(ウォーアイニー・アイラブユーの意)だけ覚えておいても損は無い。
クラブ内ではめっちゃ使ってた。そして、台湾女子をドッカンドッカン笑わせた。
日本でも外国人が「アナタノコト、スキデース。」って言ってたら笑っちゃうのと一緒だと思う。

④発光ブレスレット

クラブで使おうか迷ったけど、結果使わず。
日本のクラブではよく配られることがあるが、台湾では一度も見なかったので使用は控えました。
目立ちたかったら使える気もしないでもないけど。

これはクラトロさんの記事には登場しないです。

ちなみに、相方竜さんも僕もクラトロさん記事・TIPS②のメッセンジャーアプリ「LINE」「whatapps」は
インストールしていたし、
クラトロさん記事・TIPS⑦のホテルの立地もクラブ街(台北101近く)だったから、
この点も教科書通りだった。

アプリについてはナンパする上では必須。
本当にLINEが流行る数年前に比べて、ナンパそのものがしやすくなったと思う。(海外でも日本でも)
言葉が多少不自由でもスタンプが使えるのはとても頼りになるし、
意思疎通のしやすさで言ったら抜群のアイテム。
例えば、メールアドレスだけでメールをするだけでは伝わらない細かい部分を
絵や写真で手軽に伝えることができるのは本当LINE様様だと思う。

ホテルについては、今までの記事で何度か書いたが、
最寄駅まで歩いて20分くらいかかるような場所にあり、観光には不自由な場所にあった。
ただ、クラブには近く、行き帰りには便利だったし、
観光についてもタクシーを利用すればそれほど不便には感じなかった。
(タクシーは安いので、思い切って使った方がいい。)

本当にクラトロさんには感謝してます。ありがとうございました。
掲載にあたってクラトロさんに連絡してみたけど、
返事を頂けなかったので、ぶっちゃけ無断掲載です。
懐の広い方なので許してくれると思いつつ、何かあったら削除するつもりです。

↓さて、話戻って竜さんの話は続きの記事で。次がラストです。ついにこの話にオチがつきます。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな 

a>19:30│コメント(2)日記 │ このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by えりんこ   2014年02月12日 13:47
御子柴さんお久しぶりです。
台湾記事、とても面白いです^^が、引っ張りますねーw更新楽しみにしてます。
月曜、V2行かれたんですね!Will Sparksどうでしたかー?

私は最近、V2に飽きてきて、色々彷徨っています。
brand tokyoが深夜営業再開したので、行ったのですが、綺麗で広くて、良かったですよ。
sixも、週末は人入ってました。でも、女子が少なめですw
あと、28日に、colorが再オープンだそうで、そちらも楽しみです。

2. Posted by 御子柴清麿   2014年02月14日 02:11
To:えりんこ様

こんばんは。
台湾記事、長々とすみません。
書き終えてはいるので、清書し次第アップしています。
残り4回くらいです。

月曜のV2は盛り上がっていました。
ダンスフロアだけではなく、
DJブースの前が身動き取れない感じになっていました。

barnd tokyoもsixも行った人の感想を
聞くのですが、あまり人が入っていない印象を受けます。
colorは再オープンなんですね、知りませんでした。
既にGOLD CAFEって名前でオープンしているものと・・・。

3月頭にはMUSEも再開するようで、
六本木も活況になるかもですね!


コメントする

名前
URL
 
  絵文字