2014年01月19日

今回からは男性向けのナンパ記事。
台湾のクラブでどうやったら女性を口説けるのか、
短期の旅行で女性をどうやっておとすのかについては割と参考になるのではないかと思っている。

台湾に4泊5日で行って、4夜連続でクラブに行くという、
傍から見たら、アホか!っていう行動を取ったわけだけど、
僕にとってこのブログに書くためのネタ探しという理由は置いておいても、
本気で台湾女性と戯れたかったら、これくらいのことはやって当然だと思う。
ナンパは「運」の要素と「技術」の要素に別れていて、
技術が無くてもビギナーズラックなんかでうまくいくこともある。
技術があれば、頭で考えて論理的に動くことができるし、
スポーツのように体が動きを覚えていることもある。
「運」の要素は天に任せるしかないけど、「技術」の要素は自分で勉強していく他ない。
個人的には、この「運」と「技術」の比率は「麻雀」と同じくらいだと思っている。
(同じ机上のゲームとしての将棋や囲碁・チェスは技術の要素がはるかに大きい)
技術が運(確率)を押し上げる点も酷似している。
どちらにせよ、ナンパスキルを上げるには経験値が必要で、
それにはやっぱり何度もトライが必要だと思う。
「クラブに行く回数」「女性に声をかける回数」「女性と会話する回数」・・・
「数打ちゃ当たる」っていうことも「運を引き寄せるのも行動しなけりゃ始まらない」ってことも勿論だけれど、
野球やテニスで素振りを何回もするように、
難解な数学の問題を何度も解くように、反復練習は自己鍛錬に他ならない。
だから、4日連続でクラブに行くというバカげた行動も
ナンパをする上では決してバカには出来ない。
台湾においてクラブと言う場がどういう場所なのかを理解し、
日本のクラブとどう違うのか、
台湾女性の行動傾向や男性の女性への接し方を見たり、
自分でも声をかけてどんな反応を示すのか、
そうやって自分の中で事例を増やしていき、頭の中でまとめて次の女性への対策を考えていくのが本筋。

僕はたまたま第一夜・第二夜と女性と奇跡的に夜を過ごしたわけだけど、
どちらも運の要素に左右されていて、
偶然にも相手が日本好きだったり、相手が財布を無くして行く場所がなくなったりって
そんなたまたま僕に食いつくような、僕の泊まっているホテルについてくるような理由を与えることになった。
そういう意味では経験値を稼いで自分がレベルアップしたわけではなくて、
本当にラッキーパンチを連発してしまったという言葉が正しいと思う。

ちょっと前置きが長くなってしまったけど、ここからは僕と台湾に行った竜さんのお話。
第一夜・第二夜と僕が女の子を持ち帰り、取り残されてしまった彼は
「Fuck!Mikoshiba!!」と僕を心の中で憎しみ、
クラブからホテルに帰る道すがら僕を呪い殺そうとした。
いやいや、冗談、彼はそういった人間で無くて真っすぐな人だから、
どちらかと言えば羨望とか嫉妬というよりも不甲斐なさを感じていたと思う。

ということで、既に僕視点で書いた台湾三日目の夜(クラブ日記No.110・No.111)を
相方竜さんの視点でどうぞ。

9月某土曜日(台湾滞在3日目) 24時 @LAVA  from side-Dragon
IMG_0462
一つ目のクラブSparkを後にし、御子柴さんとLAVAに向かう。
この日はクラブに行く前もクラブ内でも酒を飲み、テンションは高め。
テキーラもひっかけていい感じだ。ただ、どこかで焦りを感じていた。
今日で台湾も第三夜目。明日も残されてはいるが、日曜日の夜のため、期待はできない。
明日は盛り上がってる保証もないし、最悪人がいないかもしれない。
ナンパを成功させるためには今日しかない。
第一夜と第二夜は御子柴の野郎に色んなクラブに連れまわされ、
一つのクラブで集中してナンパをしたい俺にとっては迷惑千万。
しかも、チャチャッと持ち帰ってなんか腹立つわー。
ただ、御子柴さんのあのつかみどころのないあっけらかんとした顔を見てると
しきりに怒る気も失せてくるんだよなぁ。
しかも、自分が許せないのも事実。
やっぱり英語が話せないことに非常にビハインドを感じる。
ビビって声掛け数も減らしてしまったのも良くない。
生粋の純日本人として過ごしてきた俺は一度も海外旅行に行ったことがないくらい、
海外には興味ない。仕事でもおおよそ英語を使うことがない。
学生の時の英語の成績は中の中。
「How are you?」と聞かれれば、「I'm fine,thank you.And you?」と答えられるが、
その後の会話はきっと続かないだろう。教科書の中のKumiとKenがうらやましいレベル。
でも、今更英語が突然上達しないし、台湾人をナンパするには
片言の英語と片言の日本語で会話するしかない。(酒を飲み過ぎると日本語も危うく・・・)
また、御子柴さんからアドバイスをもらった、
「ダンスフロアで踊った方が会話しないでボディランゲージが可能」という言葉を信じ、
LAVAではそれを実行することにしていた。

まずはLAVAに入場し、御子柴さんとクラブ内をウロウロ。
一周すると、御子柴さんは無表情で黙り込み何事かを考えているようだ。
どうせ、ブログにどう書こうかと考えているのだろう。
旅行中も始終こんな感じで時々フリーズしていることがままあり、
俺は「どうしたのだろう?」と心配になるのだが、
「読み込み」が終了するとしっかりと起動するので旅行の後半はもう放っておいた。
お互い箱の様子が分かったところで、とりあえず2時まで自由行動ということにする。
携帯がつながらない俺達は待ち合わせ時間と場所を決めて、
もしナンパが続行可能ならばこの箱にとどまるし、
上手くいかなければ御子柴さんが二日連続で女の子を持ち帰ったbabe18に移動することにしていた。
御子柴さんはそのままダンスフロアへ突撃していったが、
俺はもう一杯ビールでも飲むことにする。
いつも御子柴さんとクラブに行くときは、シラフなのによくナンパできるなぁと感心する。
彼に言わせれば、酒が飲めないから仕方がないとのことだが、
酒を飲んで勢いをつけなければ恥ずかしくて到底ナンパなんてできない。
ビールを飲みながら箱を観察する。
土曜の夜だけあって、かなりの人が入っている。
バーカウンターもダンスフロアもすし詰めとは言わないまでもその一歩手前。
男女の比率も悪くない。そこかしこから日本語も聞こえてくるし、
案外日本人をナンパできるかもしれない。
IMG_0448

一杯飲んでダンスフロアへ。
あまりダンスフロアで踊ったことが無いが、それでも周りの人間に合わせて体を動かす。
日本も台湾も変わらず、「クラブで踊る」と言っても「体を軽くリズムに乗せて動かす」レベルだ。
一人だって激しいブレイクダンスやロボットダンスをしてはいない。
まずは、可愛らしい二人の大学生風に声をかけてみる。
「晩上好!」(こんばんは!)
すると、ステキな笑顔で対応してくれる。
二人で「またナンパされちゃった~」と言い合っている。
えっ!日本語じゃん・・・。
「日本人?」そう言うと、びっくりした顔で「なんだ、日本人か~。」
おかげさまで話すきっかけができた。
2泊3日の最終日で明日の朝台湾発の飛行機に乗るという。
今日は夜通しオールでそのまま空港に向かうとのこと。
大学4年生で、週末時間を作って遊びに来たという。
御子柴さんがいれば、2対2で対応できたのだが、1対2は分が悪い。
女の子も察したのか「友達はどこにいるの?」と聞いてくるし。
「どこかで台湾人とイチャイチャしてるんじゃないかなぁ。」
この言葉の返答でナンパに対する耐性を測ってみる。
「いやらしー」と笑いながら言う。ナンパに否定的ではない、ナンパしても大丈夫なタイプのようだ。
むしろ、ナンパもされ慣れてる感じだ。
ただ、この二人を切り離すのは苦労するだろうし、
明日帰ってしまうのであれば、持ち帰りは厳しいと考え、連絡先だけ聞いておく。
日本に帰ってから連絡してみよう。
「友達探しに行くね。あんまり飲み過ぎないように楽しんでね!」
こんな言葉を去り際に残し、ダンスフロアに背を向け、バーカウンターに歩き出した。

この時、まだ俺は奇跡的な運命ともいうべき女の子に出会うとは夢にも思っていなかった・・・。
甘く切ない恋の予感。女の子が飲むカクテルのように舌がしびれる感覚を味わうことになるのはこの数分後のこと・・・。

(つづく)

↓今までは自分視点でこのブログを書いてきましたが、試しに変えてみました。
僕の文章を書く練習です。
今回は相方竜さんのナンパ奮闘記第一弾。続きをお楽しみに。


a>03:38│コメント(11)日記 | 台湾編このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by りょ   2014年01月22日 07:32
どもです!

もう、御子柴さんはCLUBナンパしないんですか?(;O;)

俺は昨日、バニティーに行ってきたんですけどみんな話したり一緒に踊ったりはするんですけどね、なんか俺に食いつきないなと思いました!(;_;)

女ってわからないですね!(笑)
渋谷でまた場数踏んでまたバニティーに
挑戦したいと思いました!m(__)m
2. Posted by stepmonrin3   2014年01月22日 15:30
はじめまして御子柴清麿さん。
この場をお借りしてで申し訳ございません。
「男と女の心理」のブログ記事を書いているstepmonrin3です。
今日は、相互リンクのお願いでコメントさせていただきました。
ご訪問させていただき、是非、リンクしてもらえればと思いコメントいたしました。
御子柴清麿さんのブログは、こちらのブログにリンクさせていただきましたのでご確認お願いします。

私のブログは、
「男と女の心理」
URL⇒http://d.hatena.ne.jp/stepmonrin3/ ←ブログURL
になります。

宜しければで結構ですので、ご検討よろしくお願いします。
3. Posted by peco   2014年01月23日 13:14
御子柴さんのBlog、
今最初から読ませてもらってます!
洋楽が好きで海外のCLUBによく行くようになったのがきっかけでCLUBが好きになりました☆20代半ばの女子です^ ^
私はCLUBに行くとなると最近はV2くらいで仕事上たまーーにしかいけませんが、CLUBミュージック大好きです^ ^
台湾のCLUBも気になります!
御子柴さんのBlogは、CLUBナンパ以外にも、音楽だったり感性だったり、客観的に分析した記事なんかもすごく面白くて、ほんとエンターテイメントに長けてますよね!尊敬です!
これからも記事楽しみにしています^ ^❤よかったら仲良くしてください^ ^

4. Posted by ななし   2014年01月25日 11:50
引っ張りすぎだろ、クソヤロー
5. Posted by 御子柴清麿   2014年01月25日 18:09
To:りょさん

あまり気分が乗らないというのが正直なところです。
女の子との出会いがないので、寂しい気分にもなったりするんですが、それでもナンパしたい気持ちになりません。

バニティに行かれたとのことですが、
箱との相性もありますし、絶対うまくいくってなかなか
ないのではないでしょうか。
6. Posted by 御子柴清麿   2014年01月25日 18:14
To:pecoさん

はじめまして。
コメント書き込みありがとうございます。

海外のクラブに行かれるとのこと、すごいですね!!
うらやましいです!!どんなところに行きましたか?
コメントから察するに台湾には行ったことないようですね。
最近は僕も海外に興味があるので、おすすめあれば聞いてみたいです。

ここ最近はナンパもしないし、クラブにもあまり行かないので
記事に書くことも少なくなってしまいましたが、
それでも細々と続けていくつもりです。

pecoさんのように暖かい言葉をかけてくれることが
一番の励みになります。
ありがとうございます。
こちらこそ、仲良くしてくださいね。
7. Posted by 御子柴清麿   2014年01月25日 18:15
To:ななしさん

引っ張りすぎてごめんなさい。
申し訳ないけど、もう少し引っ張ります・・・。
8. Posted by peco   2014年01月27日 00:12
お返事ありがとうございます^ ^
元々海外旅行が好きで、CLUBに行けたのはバリと韓国です。
韓国。。ここは最強ですねw
御子柴さんも以前記事でおっしゃってましたが、CLUB産業大国コリアン!て感じでバブル感半端なくて。韓国は10回はいきましたので韓国CLUBはお任せくださいw
バリは現地の人の視線があまりにも怖くてフリーズしてしまい、1時間もしないうちに帰りましたが( ; ; )
エンターテイメント的にはバリですかね!CLUBが並んでて、5フロアほどあり火を吹くパフォーマーとかもいて、おまけに外国人エントランスフリーです。



9. Posted by 御子柴清麿   2014年01月27日 23:32
To:pecoさん

バリも韓国も面白そうですね!
行ってみたいな~。

韓国はぜひともいかなければと思っております。
10回行かれたということは相当お好きですね。
今年中には行きたいと思っているので、
色々と参考にさせてください。
10回の旅行記をすべて書いて欲しいくらいです。
「pecoの韓国クラブ放浪記」・・・ってどうですか?

peco先生のように好奇心旺盛に海外クラバーとして
頑張らせていただきます。弟子にしてください。
よろしくお願いします。


10. Posted by peco   2014年01月28日 01:40
やっと過去記事全て読み終わりました!w
今更ですがVIPについて女の子の意見も聞きたいみたいな記事にはコメしときました^ ^
「pecoの韓国クラブ放浪記」。。
想像してしまって寝れないじゃないですか御子柴さーん!w
書きたいかもしれない。。笑
御子柴さんのBlog面白すぎてひとりで爆笑してあたし気持ち悪いです(´・_・`)
今の御子柴さんなら韓国よりバリがあってそう!私は韓国熱さめちゃいました。。笑
女の子目線の韓国CLUBについて書いてるBlogけっこーあって面白くてよく読んでましたよー^ ^
11. Posted by 御子柴清麿   2014年01月29日 23:05
To:pecoさん

過去記事お読みいただき、ありがとうございました。
そして、VIP記事の書き込みもありがとうございました。
助かりました。
せっかくなので、参考にしたい読者さんのために
「追記」としてpecoさんのコメントに誘導する文言を
書き加えさせていただきました。

韓国よりバリの方がいいですかね?
バリだと、クラブ以外のことって。
そもそも男が行って楽しいかなぁと思ってしまったりしました。

女性目線のクラブ体験はちょっと色々検索してみようと思います。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字