2013年11月24日

最近、音楽系の記事はご無沙汰でしたが、その⑮⑯で取り上げた、
Swedish House MafiaZeddに続いてのEDMアーティストAviciiを。
読み方はアヴィーチーです。

avicii-djing

ここ最近、本当に仕事が忙しすぎて心身ともに参ってるんだけど、
Aviciiの曲聞いてると、ちょっとストレスが軽減されるわけ。
元々EDMは好きだし、明快なメロディが繰り返されるっていうのは
快感だから、そういったことも僕が癒される一つの理由だけど、
一番の大きな理由は「社畜ソング」だからというのが大きい。
※社蓄とは会社に家畜の如く飼い馴らされた人間のことを指す。
Aviciiを知っている人からは「は?何言ってんの?」と言われると思う。
ぶっちゃけ彼の楽曲そのものにそんな要素は一つもない。
だけど、彼のPVを見てると僕の言っていることがよく分かると思う。
昔、任天堂のゲームで「ピクミン」ってあって、
その主題歌の歌詞が「今日も運ぶ 増える 戦う そして食べられる」とか
「力合わせて 戦って 食べられて それでも私たちあなたに従います」とか、
なんか聞いてると、サラリーマンの僕としては「せつね~」と泣かずにはいられない。

だけど、Aviciiの楽曲はそういう意味じゃ決してなくて、
彼の歌のPV(誰が作ってるのか本当に知りたい)では、
仕事を頑張ってるサラリーマンやキャリアウーマンの日々の重圧がたまりにたまって
爆発するところが描かれていて非常にリアル。
ちなみに、この後紹介するけど、サラリーマンver.が「Levels」、
キャリアウーマンver.が「I could be the one」です。

その前にAviciiについて紹介。
1989年スウェーデン・ストックホルム出身。本名はティム・バークリング(Tim Bergling)。
ティム・バーグ(Tim Berg)、トム・ハングス(Tom Hangs)って名前も併用している。
aviciiはサンスクリット語で「無間地獄」っていう意味らしい・・・。
日本語の阿鼻叫喚(あびきょうかん)の「阿鼻」もそこからきてる。

18歳の時にWebにアップした曲がTiestoの目に留まり、
イビサ島のイベントに彼のサポートDJとして参加。
2010年に発表した「Seek Bromance」がイギリス・オーストラリアでヒットし有名になった。

その後も「Levels」「Silhouettes」とヒットし、EDM界には欠かせない存在となりました。

2012年にはラルフローレンのカジュアルライン「DENIM&SAPPLY」の広告モデルとして起用されるなど、
彼の影響力が絶大なことを伺わせる。
ラルフローレンが一つのラインの広告塔を立てるのは初めてのことだという。

2013年3月には幕張メッセで開かれる「SpringGroove 2013」に参加のため、
来日予定だったが、多忙による過労でドクターストップがかかり、急きょキャンセルに。
9月にはアルバム「True」が発売。僕も買いましたが非常に名曲揃いです。

米「フォーブス」誌が発表した「2013年度最も稼いだDJランキング」では、
カルヴィン・ハリス、デヴィッド・ゲッタら超人気トップDJに名を連ね第6位にランクイン。
この時点でAviciiはアルバム出してないから来年は順位が上がると思われます。

1. Calvin Harris – 4600万ドル (日本円で約45億円)

2. Tiësto – 3200万ドル (日本円で約31億3700万円)

3. David Guetta – 3000万ドル (日本円で約29億4000万円)

4. Swedish House Mafia – 2500万ドル (日本円で約24億5000万円)

5. Deadmau5 – 2100万ドル (日本円で約20億5800万円)

6. Avicii – 2000万ドル (日本円で約19億6000万円)

7. Afrojack – 1800万ドル (日本円で約17億6500万円)

8. Armin van Buuren – 1700万ドル (日本円で約16億6600万円)

9. Skrillex, Kaskade (同順位) – 1600万ドル (日本円で約15億6800万円)


「DJ Magazine」が選ぶ2012年のトップDJベスト100の第3位にも選出されており
将来が確約されたアーティストというわけだ。

ということで、曲紹介。
タイトル知らなくても「これ、知ってる」って曲がいくつかあるかもしれません。

Levels

2011年発表の楽曲。20ヶ国あまりの曲でTOP10に入るなど、
Aviciiの名を広く知らしめるようになった曲。
個人的には「社畜ソング サラリーマンver.」と名付けている。
出だしのエレベーターから主人公の男性が現れるシーンなんか、
「あれ?このPVに僕出演してたんだっけ?」と思ったもん。
行き詰ったら会社でもお構いなしに踊っちゃうところも似てるわ~。
途中、サラリーマンが岩を押して山に登っているのは、
シーシュポスの神話に出てくる、思い岩を山頂まで持って行っても転がり落ちてしまうという
終わらない苦痛がモチーフ。
2分40秒あたりのおばちゃんの踊りが好き。



I  Could Be The One Avicii VS Nicky Romero feat.Noonie Bao

こちらもEDM界の新星、オランダ生まれのNicky Romeroとの共作。
サビの部分はNicky Romero、それ以外はAviciiが作ってる気がする。
Nicky Romeroの使うベース音って結構分かりやすい。
で、こちらは「社畜ソング キャリアウーマンver.」。折角だからPVを解説しておこう。
毎日毎日会社に行っては積み上げられる書類を片づける小太りの女性。
寝ては目覚まし時計の低音のブザーに起こされ、歯を磨き、
会社に行き仕事・・・の永遠ループを繰り返すどう考えても辟易するような毎日。
歯を磨いてるはずが歯ブラシで顔磨いちゃってる日もあって見てらんない。
同僚に相談するも体重を減らすといいよーと全然相談にもならない。
とある朝起きると、目覚まし時計の置いてある場所には使用済のコンドームが。
隣を見ると男性が突っ伏して寝ている。「えっ!ワタシったら・・・。」
良く見ると部屋も自分の部屋じゃない。
窓を開けるとそこに広がるのは開放感あふれる南国の海とビーチ。
部屋には「TO DO LIST」に「NOT GIVE A FUCK」(何も気にするな・・・って意味かな)というメモ。
彼女は部屋を後にすると、レストランで肉をたらふく食べ、
バーで男を漁る。クルージングで海に出たと思えばセックスしてるし、やりたい放題。
・・・でここで目が覚める。まさかの夢オチ。迎えるは非情な現実。
また、会社に行き仕事。デスクに叩きつけられる大量の書類。
心理カウンセラーにも相手にされず、「オクスリフヤシトキマスネー」って
そういうことじゃねーんだよ。
我慢できなくなった彼女は職場で突然爆発し、書類を空中に投げ、舞う紙の中、
近くにあったプリンタを叩きつけ、踏みつける。
手のひらを股間の前でゴシゴシ擦る謎のダンスを繰り広げた後は、
アメフト選手の如く、男性を押し倒し、上司とおぼしき人の食べているパンに平手打ちをかまし、
会社の外へ。外に出て、晴れた表情をしながら携帯で「バルバドス」行きの航空券を予約し、
自動車に乗ろうとした瞬間・・・。まぁ、本当のオチはPV見てみてください。

歌詞も I could be the one to set you free
あなたの心を自由にさせてあげられるかもしれない・・・ってとてもいい。
音だけ聞いて、そのあとでPV見たらギャップにびっくりすると思う。



Wake Me Up feat. Aloe Blacc

2013年発表の最新シングル(11/24現在)。
YouTubeでは1億回以上再生されている。
この種の音楽には珍しくカントリーの要素が含まれており、
初めてライブで発表された時には観客の反応はイマイチだったという。
カントリーらしくアコースティックギターが使われたりしていて上の二曲とも雰囲気が全然違う。
PVも田舎に引っ越してきた女の子が街に溶け込んでいくストーリー。
これもなんだか意味深で「大人への脱皮」とか「若さとか何か」みたいなテーマがあるんだと思います。



You Make Me

最新アルバムに収録されている曲、PVの出来がいいAviciiにしては陳腐な出来。
ローラーダンスも意味不明だし、香港映画のようなちょっとした小競り合いもなんだかイマイチ。
とにかくヒロインの女の子の可愛さだけで誤魔化しているPV・・・って最初は思ってたんだけど、
何度も聞いてると、80年代っぽい曲調が不思議と耳に残る。
上の「Wake me up」もそうだけど、EDMと他種の曲の組み合わせがうまいと思う。
二つ目の動画はAvicii本人によるMIX。本家よりカッコよく仕上がっている。
PVは海外でよくあるバーナンパの風景。前に自分でレビューを書いた映画の「ラブ・アゲイン」を思い出した。





Silhouettes

またしてもPVが意味深なテーマ。
これ、初見でオチを読める人いるんですかね。
ところどころ伏線張られてるのに(Avicii本人登場シーンとか)僕は最後まで気づきませんでした。
洗練されたピアノの単音がクリーンな印象を特に強めている。



Hey Brother

こちらも最新アルバム「True」収録曲。
「ブラザー」と語りかけるようなタイトルだけど、
自分の子供に対等に接して、教え諭すような歌詞が特徴。



ここまでの曲を押さえておけば、なんとなく知った気になれます。
他にも以下の曲がクラブではよく流れてます。

Bromance



X You



他にもDavid Guettaとの共作「Sunshine」、
盗作問題で揉めた「Fade into Darkness」、
Tweet It」、「iTack」なんかも個人的には好きです。

以上、久しぶりの曲紹介「Avicii」編でした。
初来日が延期になってしまいましたが、日本に来るのを心待ちにしています。


※ナンパは全く関係ありませんでしたが、以下のナンパランキングにご協力ください。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな 


a>02:48│コメント(9)クラブ音楽 │ このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by ハイツ   2013年11月24日 07:16
待ってました!!

Levelsとか大好きなのでめちゃテンション上がりますね!

僕も最近社畜と化していますが、応援歌的な意味合いもあったんですね(゚o゚;;笑

それにしても、御子柴さん相変わらずどうやって調べてるんですか?っていうくらい詳しいですね笑

2. Posted by 御子柴清麿   2013年11月24日 21:13
To:ハイツさん

お久しぶりです。元気ですか?
ハイツさんも職業柄忙しそうですから、
(特にこれからでしょうか?)
社畜と言ってもいいかもしれませんね。
応援歌的な意味合いは無いと思います。笑
僕の勝手な解釈です。

プロフィールは公式HPやWiki、
他の色々なサイトをまわって複数証言があるものを載せています。
あとは自分が思ったことや感じたことを加えてって
感じでしょうかね。
Aviciiはクラブでも良くかかってるけど、
PV見たことある人あまりいないんじゃないかと思って
今回はそちらから攻めてみました。

ハイツさんのブログの音楽セレクトも非常に好きですよ。
本文とリンクしててセンスありますよね。
3. Posted by ゆっこ   2013年11月25日 00:36
こんばんは☆

私もEDM大好きで、最近はZeddの"Lost At Sea"ばっかり聞いてます♪
紹介されてる曲、どれも好きな感じです♪

クラブには1年以上行ってないのですが、最近はどこのクラブが盛り上がってますか?(´▽`)
4. Posted by 御子柴清麿   2013年11月27日 00:04
To:ゆっこさん

Lost At Sea初めて聞きました。
いい曲ですね~。
最近は邦楽でもEDMを取り入れてられているので、
これから日本でも流行るのかなって気がしています。

僕も最近行ってないんでなんとも言えないんですよね。
元バニティは相変わらず混んでるみたいですね。
12月頭には西麻布のミューズが再オープンするんで
混むのではないでしょうか。

クラブ行っていないのに僕のブログを見てもらって恐縮です。
5. Posted by まる   2013年11月28日 15:56
こんにちはー久々のコメントです(*^^)v
私の中でみこ散歩の次にアツいクラブミュージック…♡
PV見てたらクラブ行きたくなりました(*´Д`)おどりたいっ笑

あと御子柴さんに質問なんですが、ナンパ師さんの見分け方を教えて欲しいです!それともクラブで声かけてくる殿方は皆さん遊び人なんですか?(*´Д`)
6. Posted by 御子柴清麿   2013年11月30日 21:56
To:まるさん

こんにちは。
音楽特集は自分もよく分からないで書いてます。
ただの紹介ですね。
メロディとか使用されてる楽器とか、
そういったものに解説できればいいんですけどねー。

ナンパ師の見分け方について。
「師」という括りは別として、
男性で、本当に女の子目的で来ている人が何割か、
残りは「あわよくば」というスタンスではないでしょうか。
まぁ、あくまで音箱でないクラブで。

声かけてる人でもあまり経験無くて頑張ってる人も
いるんじゃないかなー。
一概にどうとかいえないです。

クラブでの遊び人の見分け方としては、
まるさんが声かけられて話やすいなーと思ったらとりあえず
疑ったらいいのではないかと思います。
遊び慣れてる人は女性を楽しませるの上手ですからね。
外見では分からないと思います。

7. Posted by 星野 すみれ   2013年12月03日 11:47
御子柴清磨さん
初めましてこんにちは
面白いブログですね^ ^

私もavicii大好きです♪
アルバム最高ですよね。

今年の夏はIBIZAに行きaviciiのパーティーに行きました^ ^
激混みで最高に盛り上がっていました〜。日本にも来ないかな〜σ^_^;
最近クラブに一緒に行ってくれる友達がいなくて…寂しい…私はEDMが大好きなのでそっち系のクラブ、イベントに行きたいよー(>人<;)
8. Posted by 御子柴清麿   2013年12月06日 00:41
To:星野すみれさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。
また、面白いブログとお褒めいただき
重ねてありがとうございます。

aviciiいいですよねー。

今年の夏にイビザ行ったんですね!!
うらやましいな~。
日本に来たら最高ですよね。
日本のクラブは法律上特殊なので、
なかなか有名なDJを呼ぶことができないので残念です。

女性の場合、クラブに一人では行きにくいですね。
ちょっとかわいそうかも。
イベントなら大丈夫なのかな。
その辺り詳しくないからよく分かりませんが。
僕も行きたいッス!
9. Posted by (*^^*)ゆう   2015年01月18日 18:23
avicii聞いてます
一生聞いていきます( ̄^ ̄)ゞ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字