2014年03月16日

祇園精舎の鐘の声

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰の理をあらわす

おごれる人も久しからず

ただ春の世の夢のごとし

出典  平家物語 冒頭  作者不明

この世の全てには始まりがあり、終わりがある。
盛者必衰というのは、栄えるものもいつかは滅びるというものの例えだ。
未来永劫なんてものはこの世にない。
そして、栄えても栄えなくても何事も始まりには終わりがある。
季節毎に変わっていくファッション・流行語・行列のできる店・・・。
人だって必ず死ぬし、人が生きる地球も50億年後には無くなるそうだ。
太陽が巨大化して地球を飲み込んでしまうんだと。50億年なんて果てしないけど。

翻って僕のナンパも終わりを告げた。
地球なんて壮大なものを語っておいて、あまりにちっちゃすぎて恐縮なんだが、
やめてしまった。

正確に言うと、引退し、隠居生活に入ったと表現した方がいいだろうか。
9月に行った台湾ではクラブに毎晩行ってナンパもしたのだが、
そもそも日本では前後数ヶ月はクラブにほとんど行っていない。
「ほとんど」というのが微妙なところで、新宿二丁目やら秋葉原やらのクラブには
ナンパ目的で無く行ってはいる。
これからも、新規の箱が出来ればきっと足を運ぶだろうし、
どこかに面白い箱があると聞けば喜んで行くと思う。
僕はクラブという場所が好きだし、
そこで繰り広げられている人間模様や会話、出会いを見たり体験したりするのが楽しいからだ。
(きっと何かのきっかけでクラブも行くのを止める時がいつか来るだろう。
その時はこのブログも終わりにすると思う。)

ただし、ナンパという点では昔ほどの高揚感は無い。
ナンパのためにクラブに行こうという気が全く無くなってしまったし、
そもそも女の子を抱きたいという欲求が薄くなってしまった。
これからもどこかのクラブに行った時ナンパする雰囲気があれば、きっとする。
もしくは海外のクラブで外国人にトライすることもあるだろう。
裸の女性が目の前にいたら興奮するし、
街中を歩いていたり、カフェで可愛い子がいれば目で追ったりは今でもしている。悲しい男の性。
性欲自体が無くなってしまったわけではない。
そういう意味では完全引退ではないから、隠居という言葉が僕は一番適切だと思っている。

ナンパするのがつまらなくなったという話は台湾旅のプロローグで書かせてもらった通り。
台湾のクラブ放浪を除けば、女性と肉体関係を持たなくなってしまったし、
ナンパ自体してないから女の子と知り合う機会が激減してしまった。
単純に女の子とご飯に行ったり飲みに行ったりすることさえしていない。
所謂、ナンパ用語で言う「アポ」というものが僕の生活から消えた。
昔、関係を持っていた女の子から忘れた頃に連絡があったりもしたが、
仕事が忙しいことを盾にして会うことすら拒んだ。
もう正直口説くために女の子と会うことは億劫なのだ。

最近こういった自分の気持ちについて結論を出そうとしていた。
ナンパをしていた時からずっと考えていたことについて。
「僕の女遊びの終焉はどこにあるのか。旅の終着駅はどこにあるのか。」と。

ブログを始めてからナンパをする男性と沢山関わってきた。
今でさえ、クラブのブログを掲げて記事を書かせてもらってるが、
当初このブログは「御子柴清麿のクラブナンパ忘備録」というタイトルだった。
当初はナンパメインで、どんな女の子と関わってきたかを
フィクションノンフィクション織り交ぜながら日記を書いていた。
そのおかげで、読者の方やTwitter上で知り合った方と現実世界で交流があった。
勿論、辞める人も数多見てきた。
理由は色々。彼女が出来た・結婚することになった・転勤で地方へ・なんとなく・・・。
惰性でナンパすることを続けてる人もいた。
ナンパの先にあるセックスは快感だから、中毒性があってやめられないのだろう。
だけど、自分がどうなるのかは皆目見当もつかなかった。

でも、それは極めて単純なこと。
それは「ナンパに飽きた」ということ。正確に言うと、「女遊びに飽きた」ということ。
陳腐な言葉すぎて、もっとユニークで人を驚かせるような理由だったら面白いのだけれど、
これ以外の言葉は見つからない。あまりに普通だ。
本気で女性とセックスすることに熱量を燃やしてきた自分としては
もっとかっこいい言葉で締めたいのだけど。

飽きてきたのにも理由がある。
クラブで女の子に出会って(別に出会いはクラブで無くても、合コンでも
会社でも学校でも同じだと思うが)連絡先を聞く・ご飯を食べに行く・デートをする。
色恋は使わないで(好きだとか付き合おうとか言わないで)セックスに持って行く。
クラブから持ち帰る時は、僕の場合キスやボディタッチで
女の子の性欲を引き出し、垣間見えたそれらの行き場を僕に向かうように仕向けていた。

簡略化すればこの二パターンしかない。
うまくいく時もあるし、それ以上にうまくいかない時の方が多いけど、
数打ちゃ当たるでこうやって僕は女の子を捕まえてきた。
女遊びする人は大体こんな感じだと思う。
だけど、上記を繰り返して行くうちに同じ行動パターンは飽きてしまう。
女の子だって人の数程性格も顔も違うけど、裸にしてしまえばあまり変わらない。

僕が正常位で向き合う女性が変わるだけでそこには何もない。
心が通じ合ったセックスをしたいとか、セックスをするなら愛する人だけだとか、
思うようになったわけではない。
そんな高尚で正当な論理?を掲げるほど僕は清純ではない。もう十分汚れている。
ただ、おおよそ会って短いスパンでするセックスには、
「精神」でなく、「肉(体)」を抱いている実感だけしかなくて、
女の子とセックスをしても虚しさだけが残ることがナンパ後期には多くあったと思う。
僕は女の子とセックスする時は女の子のバックグラウンド(生き方とか考え方とか)も含めて抱きたいと
思っていたけど、それは短い付き合いの中では掘り下げることなんてできない。
それがナンパという短期間で女の子と関係を持とうとする行為においては達成することはできないところに
違和感を感じていた部分があった。

ナンパをしてクラブの中でキスする時と
ホテルに行って女の子の中に挿入する時が僕は一番好きだった。
快感以上に達成感で自分の脳が焼けるくらい興奮した。
台湾で女の子を抱いた時には、日本人で無い人に手を出したとか、ブログのネタが出来たとか、
別の理由で盛り上がってはいたが、本当の意味では僕は何も興奮していない。
あの頃の情熱はもう無い。

これはセックスしすぎた弊害だと思うが、セックスにありがたみがない。
特に女の子から言わせれば、
自分にリスクが伴うセックスという行為には男よりも高いハードルがあって、
その分気持ちが通ったり男に守られているような充足感があるのだと思う。
(だから、セックスしちゃうと女の子は相手を前より好きになっちゃうんだと思うけど。)
ちなみに、僕に愛する人がいてセックスしても、相手の気持ちは分からないけど、
僕自身は精神的に満足感を得られないと思う。
もしくは、その前段階で好きな人ほど、手を出せなくなってしまうと思う。
それは「好きでもない人とセックスしてきてしまった」慣れから
「セックスする相手は好きでは無い人」という図式が出来てしまい、
つまり、好きな人とはセックスしないという矛盾を抱えることになる。
だって、セックスしたら相手を愛していないことになってしまうのだから。

そんなわけで僕は女性を愛する自信を失ってしまった。

これからはナンパをして修行し成長した時間と同様に、
少しずつ一般人としての正常な男性に戻るような時間を過ごす必要があると思っている。
本来であれば、その一番の療養方法はクラブを完全に断つこと、
そして、このブログを削除してしまうことだと思う。
だけど、今まで長らく自分のルーティンワークとなっているブログを断筆する勇気は無い。
今まで自分の時間を費やして築き上げてきた分量という遺産と
それに伴って僕と交流を持ってくれる読者さんとの繋がりを突然は捨てられない。
だから、慢性のアルコール中毒を治すために一滴も飲ませないよう施設に収容するまでは
いかなくても、タバコを止めるようにニコチンガムでも噛みながら少しずつニコチン含有を減らす様に
クラブとナンパを収束させていく必要があると思っている。

そのためには、未だブログを完成品にするために自分がやりたいことを達成して、
ある程度自分の中で満足感を得られるようにしたいと思う。
僕の場合、このブログの収束も同時に必要だ。

さらっと書いたけど、「女性を愛せない」なんて大層な病気。
少しずつリハビリをしてマトモな男に戻りたいと思う。

・・・今回はちょっと余計なことまで書きすぎたかも。
ただ、ナンパする男性も多く見てくれているから言っておくと、
純粋な興味や好奇心や性欲で女遊びしていると、
どこか自分の知らないところで精神的に支障をきたす可能性があったり、
症状が悪化していることがあったりすることがあるから気を付けたほうがいい。
まぁ、男遊びする女の子も同様だよね、きっと。
昔、読者の女性で「クラブに通い詰めていると、自分の気付かぬうちに夜の雰囲気を纏っている」
って言ってた人がいたけど、それに近い気がします。

ということで、このブログも終盤に入ります。
もう少しだけ皆様お付き合いください。
今後のテーマは「未踏の地を舐る」かな。
とにかく行ったことのないクラブに行ってみたいと思っています。
ブログのタイトルも変えようかなと思案中。
「御子柴清麿のクラブ放浪記 ~ROAD TO IBIZA!~」とか。どうですか?笑

今回は真面目な話をしてしまいましたが、
引き続き皆様にささやかな笑いを提供できるように頑張ります。
当ブログを今後ともよろしくお願いします。 

※この記事にコメントしてくれているyyさんという女性が
女性目線でのナンパ・男遊び生活の終焉を少しだけ語ってくれています。
気になる人は見てみてください。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

ナンパあんてな 

a>14:15│コメント(21)日記 | パーソナルデータこのエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by むぎ   2014年03月17日 17:41
他の凡百のナンパブログとは一線を画す滋味深い記事、今回も堪能させていただきました。

未だ声かけもままならず悶々と煩悩に苛まれている身からすればまだまだ隠遁への道は見えてはきませんが、、、

ナンパという世界でさんざん艱難辛苦を味わい・格闘し・そして成果も収めたうえでの貴兄の「隠居」という選択はナンパ師として極めて健全な定向進化の形だと感服しております。

不肖わたくしもこの悪徳の道の功罪両面を腹いっぱい学んだ末には同じく隠居として碁でも打ちながら清廉な立ち位置に身を置きたいとおもう次第です。

果たして、みこの御老公の「未踏の地を舐る」旅の先に何があらわれるのか…今後も楽しみに拝読させていただきます
(´▽`)ノ
2. Posted by moritaso   2014年03月18日 05:09
ずっとROMってたのですが、
大阪編参考になりました!ありがとうございます(^ー^)
3. Posted by yy   2014年03月19日 01:18
3 かなり長くなります…。

女もクラブに飽きるのは同じような理由です。お決まりの質問にお決まりな回答。もう全部いらないから、わかってるからと、名札でも付けて全部そこ見てと思ってました(笑)

「好きな人ほど、手を出せなくなってしまうと思う。それは「好きでもない人とセックスしてきてしまった」慣れから「セックスする相手は好きでは無い人」という図式が出来てしまい、、、(中略)、、少しずつ一般人としての正常な男性に戻るような時間を過ごす必要があると思っている。本来であれば、その一番の療養方法はクラブを完全に断つこと…」
⇒私たちは今、クラブで出会った人とみんな真剣に付き合ってます。sex目的ナンパ目的の人ももちろんいるけど(私たちもそうでした)、普段は普通に社会人をして、でも出会いは日常生活でほとんどないし、音楽が好きだしってことでクラブ行ってる人もいて、洋楽が好きってだけで共通点ってことでもあるのかなと思いますよっ!一夜ばっかりの生活をしてても、急に好きな人出来てその人とsexしたらそれは別物です。女も彼氏を求めてない時にするsexはその後すぐ冷めますっ

爆音の中友達と騒ぐのが好きで最近は水曜日とか木曜日にだけたまに行きます。クラブに行きまくって楽しいこともつまんないことも繰り返すうちに本当に好きなことがわかった気がする。このブログもいつも「そうそう!」とか「そーなんだー!」って思いながらも読んでました !男性目線すごく面白いです!また是非書いてください♫
4. Posted by りょうた   2014年03月19日 23:43
はじめまして
御子柴さん
新しいクラブに行ってみたいなら渋谷にある
T2に行ってみたらどうですか
5. Posted by 御子柴清麿   2014年03月29日 00:43
To:むぎ様

コメントありがとうございます。
渋みありますかね?笑
今、思っていることを素直に書いてみました。
僕は難しい言葉も知らないし、理論派でもないので、
自分の正直な感情を愚直に文章にすることしかできません。
飾り付けしない分、
読んでくれる人にダイレクトに届くのは嬉しいことです。

これから僕が書いていくブログは、
ナンパをされている方には正直物足りないと思います。
女性と絡むような話は限りなくゼロに向かっていくので。
それでも、むぎさんのように「これからも読むよ!」って
言ってくださる方を落胆させないためにも、
頑張って書いてみようと思います。

ナンパもたまにはしてみるようにします。

これからもよろしくお願いします。
6. Posted by 御子柴清麿   2014年03月29日 00:47
To:moritasoさん

こんばんは。
大阪編を読んでいただいたとのこと、
ありがとうございます!!

関西には二回行き、クラブライフを満喫しました。
その際の記事が参考になったとのこと、光栄です。
ナンパを必死にやっていた頃の話で恥ずかしくもあるのですが、温かい目で見ていただけると嬉しいです。

関西はもう一度行きたいと思っています。
僕が行ってから大阪のクラブも様相が変わったと聞くので、
調査したいなーと。

逆に情報教えてくださーい。
7. Posted by 御子柴清麿   2014年03月29日 01:23
To:yyさん

こんばんは。
書き込みありがとうございます。

女性目線のお言葉、とても参考になります。
ナンパをして、その出来事なんかをブログに書いていた身としては、やはり女性が何を考えているのか、
細かなところまで知りえないのが残念でした。
本当はyyさんみたいな人がブログ書いてくれると
とても面白いんですけどね。

ちょっと面白い意見だったので、
本編の方でyyさんのコメントに誘導しますね。
8. Posted by 御子柴清麿   2014年03月29日 01:26
To:りょうたさん

こんばんは。
T2は評判がいいですね。
僕の周りも何人か行っていますが、
口を揃えて「ナンパは出来ないが、踊るには面白い」と言います。

一度行ってみなくては・・・と思っています。

情報ありがとうございます。
9. Posted by soraya   2014年03月29日 14:26
>僕は女の子とセックスする時は女の子のバックグラウンド(生き方とか考え方とか)も含めて抱きたいと
>思っていたけど、それは短い付き合いの中では掘り下げることなんてできない。
>それがナンパという短期間で女の子と関係を持とうとする行為においては達成することはできないところに
>違和感を感じていた部分があった。

こんにちは、sorayaと申します。自分も同じ事を考えていた時期があります。それで、いろいろ考えた結果、

ナンパというのを「声掛け→アポ・連出し→ゲット」という一つの方程式で捉えるのではなく、単なる「人と人との出会いのきっかけ」と考えると、長期的な人間関係だったりを作る事ができるのでは?と考えてます。

ただ出会いがナンパである以上、イメージ悪いですし、他の出会いよりも断然に、短命な関係に終わる事が多いのも事実だと思います。それをどう乗り越えるのか?を自分は意識しています。

ナンパを「出会いのきっかけ」として考えて、あとはもう自由に流れに任せたり、気楽なスタンスで「取りあえず会って話そうか」みたいな感じで、楽に考えると、ナンパのまた違った楽しみ方が見えてくる気がします。
10. Posted by 御子柴清麿   2014年04月01日 23:42
To:sorayaさん

こんばんは。
昔、記事として書いたこともあったんですが、
個人的にはナンパを出会いのきっかけにすることに
拒否反応を示してしまいます。

僕はナンパをして彼女が欲しいわけではなかったので
ナンパをした人と長期的な関係を持ち続けることは
ありませんでした。
セフレを作ろうと頑張ったこともありましたが、
今現状の自分を考えるに、長期的なセフレという関係も
結果として構築できませんでした。

sorayaさんのおっしゃる、男女の「長期的な人間関係」が
「彼氏彼女」の関係なのか「セフレ」なのかが
分かりませんが、
今の僕にはとても難しいことですね。

人によるのではないのでしょうか。
11. Posted by ゆき   2014年04月19日 22:47
御子柴さんは、本気で好きになった女の人は今までいないのですか?
セックスって、絶対興奮しないといけないんですか?興奮しなくても、触れたいとか、好きな人と抱き合ったりしたいとも思わなくなるんでしょーか。

勝手に分析したんですが、御子柴さんは今、恋してて悩んでるのかなって読み取れました。だとしたら、相手の女の子がかわいそーだなって思いました。

御子柴さんのナンパ以外の恋愛のお話聞きたいですー。
12. Posted by 御子柴清麿   2014年04月20日 15:30
To:ゆきさん

面白いコメントありがとうございます。
人の発言やこういった文章から「察する」能力が
ゆきさんは優れているんでしょうね。ブログやツイッターやってますか?

まず、ゆきさんの分析の「恋をしているか」については、
してません。全くしてません。
女の子のことで悩んではいますが、そのわずかなニュアンスを感じ取ってもらえたことに
びっくりしました。

他の質問の回答も。
本気で女の子のことを好きになったことがあるか?
→それはありますよ。子供の頃は片思いしても告白できないタイプでしたし、ナンパを始める前は恋愛に関しては真面目に女性と向き合うタイプでした。
記事にも書いた通り、ナンパをしたことでその辺りが麻痺してしまっている気がします。

セックスは興奮しなければならないか
→そんなことないと思います。
僕は興奮しなければならないとは言っていなくて、
ナンパにおけるセックスについて僕は興奮を求めていたけれど、通常の男女の営みでは絶対ではないと思います。
ゆきさんのおっしゃる通り、純粋に触れたいとか抱き合いたいとか思う方が普通なのではないでしょうか。


13. Posted by ゆき   2014年04月20日 22:40
好きなブロガーさんがこの記事をブクマしててそこからきただけですよー。あたしは読む専門ですー


あたしは御子柴さんに興味はなくて、御子柴さんみたいな男の人と出会った女の子の方に興味がありますよ

何だか女の子の気持ちの事は何も書かれてないから、女の子に本当は興味ないんだろうなーって思うし

女の子はモノじゃないので、いつか人として扱えるようになるといいですねー。
14. Posted by ゆき   2014年04月20日 22:59
本気で女の子のことを好きになったことがあるか?
→それはありますよ。子供の頃は片思いしても告白できないタイプでしたし、ナンパを始める前は恋愛に関しては真面目に女性と向き合うタイプでした。

それに、コレって本気で好きになったとは言えないですよー?www
さてはちゃんと恋愛した事がないからナンパなんてしてるんですねー。
本当にくだらない人間ですねwww
頑張ってくださーい



15. Posted by 御子柴清麿   2014年04月30日 01:34
To:ゆきさん

女の子に興味が無いか・・・そんなことないですよ。

「女の子の気持ちについて書いていないから、
女の子に興味が無い」・・・っていうのはどういうことかを逆に聞きたいんですが、
この書き込みの仕方だと返答は期待できそうにないですね。

まぁ、ナンパをしていて沢山の女性と関わってきたから、
一人ひとりの女性に配慮してきたかというと
それは絶対に違うとは言いきれないところはあります。
ただ、僕は女性をモノとして扱ったりしませんし、
してきたつもりもありませんが、
何を言っても言い訳のようになりますので敢えて何も言いません。

くだらない人間とのこと、ホントに自分自身でもそう思います。
16. Posted by ゆき   2014年05月12日 07:59
モノとしてって言うのは

風俗で女の子を選ぶのとー
ナンパして女の子を選ぶのとー

お金を払ってやりとりをショートカットするだけで、根本は同じじゃんwて思いますー

それを女の子を大切にしてきたとか美化したりしないでー

ただのナンパしかできない人なのかー真面目に好きになってちゃんと恋愛もできる人なのか疑問なんでー
最初はファーさんのハード版みたいに期待して読んだのにーちょっとがっかりって思っただけですー

17. Posted by 地球市民   2014年07月08日 18:12
はじめまして、地球市民と申します。僭越ながらコメントさせていただきます。

一度でも女遊びに飽きたと言ってみたいですね。私はクラブ、路上などで悪戦苦闘している身ですので、「飽きた」とはとても言えません。

ナンパに慣れてくると、どうしてもワンパターンになりがちになり、「こなす」感じになってしまいがちです。そのため、ゆきさんのような印象を抱く人もいるのでしょうね。

ナンパ(私は挨拶活動と称しています)初心者の立場からすると、貴ブログの膨大なストックは男性陣にとって貴重な財産と思います。そのため、ブログは続けて欲しいと思います。また、本文中の「(女性を落とすのは)簡略化すればこの二パターンしかない。」という部分を深く掘り下げた記事を書いてもらうと、男性としては嬉しいです。ただし、ナンパで重要なことは、自らの足で現場に踏み入れて「まずはやってみる」ことと認識しております。

普段はくだらない内容のブログしか書いていませんが、色々考えさせられる内容でしたので、コメントさせていただきました。
18. Posted by 御子柴清麿   2014年07月10日 01:17
To:地球市民さん

こんばんは。
どこかで聞いたことのあるお名前だと思っていましたが、
ブロガーさんですね。

書き込みありがとうございます。
しかも、結構前の記事にコメントしてくださって。

一応、補足をしておきますと、僕はナンパに飽きましたが、
決して飽きるほどに女の子を抱いたわけではありません。
所謂ナンパ師の中ではレベルの低い方だと思います。
地球市民さんのブログにも出てくるYさんには
「御子柴さんはナンパ師じゃないと思うよ。」って言われて、
妙に納得したことがあります。

この記事を書いてからもナンパからは手を引いてしまい、
真似事のようなことをしてみることもたまにあるのですが、
本気じゃないから全くうまくいきません。
クラブでは朝まで音楽聞いて踊って健全に帰っています。

(つづく)
19. Posted by 御子柴清麿   2014年07月10日 01:17

簡略化したナンパの二パターンについて、
細かく書いてほしいとのことですが、
正直ナンパ関係の記事を書く気がもうありません・・・。
最近は読者層も変わってきているので、
正直ナンパ師さんという人種は読んでおらず、
突然ナンパのこと書いても今の読者さんには
「?」という反応になってしまうのもあって。

敢えてこの場で説明すると、
二パターンは「即」と「準即」のことを指しています。
僕はクラブナンパをしていましたから、
「即」の時は「女の子にセックスさせたくなるような、
快感の糸口を見つけ出そう」としていました。
会話をして女の子と心を通わせるような作業より
体や雰囲気に訴えるようなナンパをしていたってことです。
逆に「準即」の時は、「クラブ内」「メール」
「アポ」の会話の流れの中で、
「出会ってから短い男とセックスする」ことを念頭に置いた
会話や伏線の貼り方を考え実行していました。
「付き合ってもいない男とセックスするハードルを下げる」とか
「僕とセックスするとどんなメリットがあるか」とか、
「御子柴とセックスしてもいいかも」って理性を緩める手段を講じていたってことです。

まぁ、それがパターン化してしまうってことですね。
多少はお答えになっていますでしょうか。

昔ナンパしていた頃の記事は消すつもりないので、
多少はお役にたてることもあるかもしれまん。

今後は海外でならナンパするかもしれないので、
地球市民さんにはそちらを楽しみにしていただきたく思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
20. Posted by こじこじ   2014年10月05日 12:18
初めましてこんにちは

記事を読んでいて共感できる所が多かったのでコメントしました


私もナンパに飽きてきています
始めたばかりの頃は、即に憧れを抱き、女の子を落とすまでの過程がゲームを攻略しているようで楽しかったです。

それが、即ができるようになると同じ作業の繰り返しのような...
御子柴清麿さんと同じように感じるようになりました。

そして、セックスのためだけに興味のない女の子にひたすら声をかけ続け、ヒットした子と一期一会の夜を過ごす。

この行為自体に虚しさを感じるようにになりました。


今は、一人の人と長く付き合って行きたいな。と改心して日々すごしてます。


すいません、同じような境遇で嬉しくてついつい長々と語っていました。
いつかお互い運命の人に出会って、幸せに暮らしたいですね。笑
21. Posted by 御子柴清麿   2014年10月06日 07:48
To:こじこじさん

書き込みありがとうございます。

この記事を書いてから半年近く経ちます。
半年間で状況は変わっておらず、ナンパからは手を引いている状況です。
その代わり、純粋なクラバーとして海外のクラブを行脚する日々です。

こじこじさんが書き込んでくれたこの記事はたまに、あれいいね!ってナンパ師さんに言われます。
えてして、ナンパをずっと続けてきた方からです。
ナンパに熱中している真っ最中の人には理解してもらえない記事のようです。

こじこじさんのおっしゃる通り、自分に合うたった一人の人を見つけて関係を構築していくことが自分の人生を豊かにするには適切だとやっぱり思います。
もちろん、あのナンパに明け暮れた日々があっての今だとも思っています。

お互いいい人が見つかるといいですね!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字