2013年12月18日

timg_ka_l

台湾三日目の夜・Lavaというクラブでの続きのお話。

相方の竜さんはこの夜台湾に来て初めてクラブ内で女の子と和んでおり、
僕はうらやましくもあり、微笑ましくもあり、
でも、心の底から「頑張れ~」と応援していた。
ナンパ目的で来ている彼にとって成功体験はきっとこの旅の満足度にもつながると思ったから。
一緒に行った人が「楽しい!」と思えることこそ、旅の同行者冥利に尽きるわけだ。

クラブ内ですれ違った時、一緒に居た台湾女子の顔と体を舐めますように拝見させてもらったのだが、
(下品で失礼な男!)
この子が滅法可愛かった。あまちゃんでお馴染みの「有村架純」似の清純系。
この旅行通してみても指折りの美人で、黒髪・長身・細身のモデル体型に不釣り合いな胸の大きさ。
胸の谷間を強調したワンピースを着ており、僕の目から発射される舐めまわしレーダーは
彼女の胸の大きさをEカップだろうと推定した。
あの細身ならさぞかしクビレも相当すごいだろう。
ゴクリ・・・僕がクラブの爆音の中でもクラブ中に響き渡るかのように
喉を鳴らしたのは言うまでもない。

二人と別れた後も、「あの子は可愛かったな~」と回想し、股間の辺りを膨らませながら、
竜さんの活躍を祈る。(相変わらず、下品で失礼な男!)

どんな結果になるにせよ、今日はきっと竜さんとはもう会うことは無いだろう。
だから、一人で呑気にクラブを楽しみ、踊り狂った後はホテルで熟睡しようと考えていた。

そこから一時間ほど、音楽も客も盛り上がりとトーンダウンを繰り返した。
だが、夜の3時くらいになって、クラブ内の雰囲気が一変する。
このクラブは二日目に訪ねたMuseと同じく、MCがいて客を煽る。
MCの存在は東京在住の僕にとってはあまり馴染みが無く、
違和感を感じるところなのだが、(大阪名古屋の方は普通かと思いますが)
ここのMCは何やら不穏な空気を醸し出していた。
ステージ近くにいる何人かの女の子にコソコソと話しかけている。
仕事中にナンパか?
なかなかけしからん奴め。今どきの若いもんは・・・
年配者の如く、クドクドと説教を心の中でしていたのだが、
なんとその女の子たちがステージへと上がっていく。
時折現れるダンシングタイムには壇上に上ってもOKだったけど、
なんだか今回は様子が違う。
6~7人の女の子が並んでいる。
MCも観客に向かってなにやら説明を始めている。中国語だから一切分からないけど。
だけど、MCが「なんやらかんやら、OK?」と問いかけると
観客からは「Yeah~!!!」とテンションが上がった返答が返ってくる。
もう一度「なんやらかんやら、OK?」とMCが言うと、
さらに荒ぶった声で「Yeah~」が返ってくる。
これはアレだ。日本で言うところの「アメリカ横断ウルトラクイズ」だ。
「ニューヨークへ行きたいか~?」「お~!!!」
「罰ゲームは怖くないか~?」「お~!!!」
「なんとしてでもアメリカに行くぞ!」「お~!!!」
こんなノリだ。
ただし、この後アメリカ人もビックリなハプニングが起こることを僕は知らなかった。

ステージは突如として明るくなり、音楽も止まる。ガサ入れ的様相。
壇上には女性が数人おり、20代前半からアラサーくらいの子達。
綺麗な子もいれば普通な子も。僕にはどういう基準で選ばれたかは分からなかった。
だけど、明るくなった壇上で若干笑いながら、そして照れながら、モジモジしている女の子のそばで
スタッフ達が何かの用意をしている。
ここで、MCの合いの手がさらに入り、どうも女の子に客の男を指名しろと言っているようだ。
逆ナンだったり、知り合いの男性に頼んだりして、男女の即席カップルが出来上がる。

(以下、写真をアップしますが、だいぶブレてます。すみません。)

IMG_0463

一番左の、マイクを持った白シャツの方がMC、
その他の男女はステージに上がってきた人たち。

これから何をするのか分からなかったけど、
突然一列になり、男性が女性を御姫様抱っこし始める。
IMG_0466

女の子が恥ずかしがってるのが分かるかなぁ。
左の黒い服を着た女の子は「恥ずかしー」と言わんばかりに頬に手を当て、
その隣の子は男の顔が近すぎて顔を背けちゃってる。
真ん中の子は「いや~」と口を押えている。
IMG_0467

こちらのカップルは割と堂々と。

IMG_0469

こうやって抱きかかえられた女の子達だが、
なぜかスタッフから瓶を手渡され、クラブミュージックが流れると同時に・・・

IMG_0470

男の口に注ぎ込む!!

なるほど。イッキの早飲みってことか。
なかなか面白いことやるな。普段、クラブでは見られない光景だ。

早い人はものの数秒。遅い人は目と鼻から酒が噴出しそうな勢いで
必死に飲んでいる。
結果、ここで一番遅かった男女が脱落。ステージから去って行くというルール。

僕はやっとここにきて理解した。どうやら何かのコンテストらしいと。
こうやって次々に脱落していき、最終的に残ったら優勝で、何かもらえるのだろう。

このゲームは終了し、男達も全員ステージから降りていく。主役は女の子なのだ。
実は変わったことと言えばここまでで、
残った女の子達が音楽に合わせて踊り始める。
どれだけセクシーかを競わせているようで、数分間の後、
観客にどの子がセクシーかを拍手で判定させる。

この前の記事に書いたLAVA専属のダンサーよりも妖艶に踊る子もいて、
場はしきりにボルテージが上がっていく。
何度かの観客判定の後、女の子が四人残されたところで状況が変わる。
確かに、最初のイッキ飲みの後はダンスによる判別でこのコンテストが続いていたため、
「えっ!これだけ?」と思っていたのだが、ここで急展開。
何やらMCが女の子達に指示したかと思えば、観客も増してワイワイ言い出す。
そして、音楽がかかりだした途端、上着を脱ぎだす女の子達。
根性あるなー、本気でセクシーさを競っているんだろう。
女の子も恥ずかしがっているのに、なぜか乗り気。
肌の露出が上がり興奮するギャラリー。
そして、一人の女の子が脱落し、残り3人になったところで事件は起こる。
MCがまた、「なんやらかんやら~」と言った瞬間、クラブの明かりが全部消えてしまった。
一瞬、静まり返る場内・・・そして再度明かりが灯ると・・・
そこには手ブラをしている女の子たちが!!!

img_974271_37568477_20

いや、失礼!間違えた、こんな感じだ!! ↓↓↓


BAUEdcUCMAEqbFU

またちょっと間違えた、普通にこんな感じだ!!↓↓↓


o0480072111876466644

可愛い女の子が手ブラ状態で三人も。
台湾のクラブ恐るべし!
ビックリすると同時に、勿論股間を膨らませていたのは言うまでもない。
(相変わらず下品で失礼な男なのだ)
いや、それにしてもすごい。ノリとは言え、恐らく仕込みなしの素人を手ブラにさせるとは。
観客も盛り上がる盛り上がる。
さらにここから再度音楽がかかり、女の子は胸を手で押さえながら踊る。
そして、悲劇は起こった・・・。
なんと、一人の女の子が踊りに夢中になり過ぎてポロリしてしまったのだ。

1688499

一番左の彼、にこにこぷんの「ぽろり・カジリアッチⅢ世」でもなく・・・


title_marco

関西テレビで放送中のマルコポロリ!でも無い!!

大真面目なポロリ!
「ドキッ!女だらけの水泳大会!」でお馴染みのポロリ!!
これには本当にびっくりした。軽く鼻血出た。
程よく手のひらに収まるかというハンディサイズの盛りに、小ぶりな乳首と乳輪。僕の脳裏に焼きついた。
ここでも、相変わらず下品で失礼な僕は股間を膨らませていたかと読者の方は思うかもしれないが、
さすがに萎んだ。さすがに引いた。
興奮から覚め、上品で礼儀正しい僕に戻り、普通に女の子を心配した。
だって、ノリで舞台に上がらされて訳の分からんコンテストに参加させられ、
公衆の面前で上半身裸にさせられたのだから・・・。心中お察しする。
女の子は片手で胸を押さえ、もう片方の手で顔を押さえて泣いているじゃないか。
可愛そうに・・・と思った瞬間、もう一度両手で胸を押さえながら踊り始めたのだった。
台湾女子、恐るべし。
全然泣いてなかった、むしろ興奮してた。
台湾女子、度胸アリ。
無論、彼女が優勝したのは当然の結果だったろう。

LAVAではこんなとんでもないコンテストが開かれていたのだった。
ポロリは例外だったと思うけど、この展開は起こるべくして起こったもの。
今回だけではなくて、度々起こるんじゃないかな。

朝4時頃、LAVAを楽しんだ僕はホテルに帰っていく。
相方の竜さんのことはポロリ事件ですっかり忘れていたが、
彼だってホテルに帰って自らの手で女の子をポロリさせている可能性がある。
「そのポロリも悪くないなぁ。」そんなことを考えながら、クラブ前でタムロしている台湾人の前を通ると、
そこにいたのは竜さんと有村架純似の台湾女子。
あらら、まだいたの?ポロリの方はどうなったの?
竜さんは僕に気付いたが、女の子は気付いていない。
遠目から見ていると、
何やら女の子は竜さんにくっついているんだけど、竜さんの腰が引けている。
持ち帰れそうな感じなのに、竜さんがビビってるんじゃないか?
どちらにしろ、僕は邪魔だろうから、「GOOD LUCK!」と親指を立てながら去って行く。

明日竜さんに会うのが楽しみだ。いい結果が出るといいなぁ。
僕は持ち帰ったりはしなかったけど、充実したナイトライフに終止符を打ち、
最終日に向けて僕は眠りにつくのでした。

↓トンデモコンテストのレポートはいかがだったでしょうか?
僕はたまたま居合わせただけですが、面白い体験が出来ました。
さてさて、相方竜さんの様子も気になる方がいらっしゃると思います。
それは次の記事で・・・。期待のクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパあんてな 



a>00:30│コメント(15)日記 | 台湾編このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by りょ   2013年12月22日 07:18
はじめまして!(*^^*)

いつもブログ楽しみにしてます!m(__)m

今日はatomに行ってきたんですけど
全然ダメでした!(;_;)

最近ブランク気味です!
なんかこれは使える!って思う
声かけってないですかね?
2. Posted by 御子柴清麿   2013年12月24日 01:41
To:りょさん

はじめまして。
ご覧いただきありがとうございます。

atom最近行っていませんが、盛り上がっていますか?

最近ブランクとのこと、
使える声掛けですか・・・。
僕がナンパを頑張っていた頃は、
特に変えたことなかったですね。
普通に「こんばんは~」とかから入ること多かったです。

昔書いた記事張っておきますね。
今読み返すとあまり参考にならない気もしますが。

サルにも分かるクラブナンパ講座~声掛け編~
http://mikoshiba-kiyomaro.doorblog.jp/archives/6962037.html
3. Posted by むぎ   2013年12月25日 15:21
メリークリスマス!
初コメさせていただきます。

関西の田舎町で地蔵克服に日々苦闘しているアラフォーです
f^_^;

貴兄のブログはこちらではクラナンのバイブルとなっているようで、不肖ワタクシも初回より拝読しおおいに勉強させていただいております。

とはいえ未だその成果をあげられずに悶々としておりますが(汗)

ご多忙の折まことに恐縮ですが、、、もしよろしければ声かけできるモチベあるいはマインドのセット法などご教示くださると大変うれしゅうございます。


それでは良いクリスマスを( ´ ▽ ` )ノ
長文乱文失礼しました
m(_ _)m
4. Posted by りょ   2013年12月25日 23:37
返信ありがとうございます!

盛り上がってんですかね?
なにかと男性の比率が圧倒的に
多いです!(;_;)

そう思うとキャメロットの方が
比率が安定していて良いと感じました!\(^_^)/

ちなみに昨日も行って来ました(笑)
最近は御子柴さんは
行ってないんですか?
5. Posted by 御子柴清麿   2013年12月26日 23:29
To:むぎさま

こんばんは。
書き込みありがとうございます。

クラブのバイブルとは大げさですが、
当ブログとジャンル的に似たようなHPが他に無いことが
読まれている理由だと思っています。
クラブの最新情報・ナンパ例・恋愛に関する雑文など、
広く浅く書かせてもらっているので、
興味ある方が興味ある記事だけ読んでいる感じではないかなという気がしています。
女性読者もありがたいことにいるんですが、
やっぱり旅行記や散歩の記事を読まれていると聞きます。
ナンパのテクニックにはあまり興味ないでしょうし。
男性は逆にナンパの成功例とかやり方なんかを
見てくれているみたいですね。

さて、ナンパのモチベーションとマインドセット法についてですが、
正直ほぼ引退した身の上、大した実績もありませんので、
偉そうに言うことはあまりありません。

そもそも路上のナンパとは違い、
クラブのナンパは女性もおおよそ反応してくれますので、
拒絶されすぎてモチベーションが下がることもあまり無かったです。
僕はクラブミュージックが好きなので、
ナンパでうまくいかない時には踊ったり、
音楽聞きながら友達とダベったりして一呼吸おいてみたり、
自分の気分や箱の雰囲気がノッて来ない時は
普通にあきらめて朝帰ることも多かったです。

ナンパを一生懸命やっていた頃は
頑張って声もかけるし、女性を口説こうとするけど、
まぁ、無理だったら仕方ないな、毎回うまくいくわけないし・・・みたいな軽いスタンスでやっていました。

所詮趣味みたいなもので生産性があるわけではないですから、
あんまり気張らずにやっていたという表現が的確なのではないかと思います。

お答えになっていますでしょうか?
6. Posted by 御子柴清麿   2013年12月26日 23:32
To:りょさん

こんばんは。
確かにアトムとキャメロットであれば、
男女比率はキャメロットの方がバランスが取れている気がします。

最近はクラブはご無沙汰しています。
仕事の時に六本木へ行ったりすることがままあり、
クラブの前を通ったりすると
久しぶりに行きたいな~と思うのですが、
寒いし疲れるしと億劫になっています。

年末年始くらいで一度行きたいとは思っていますよ。
7. Posted by むぎ   2013年12月27日 21:45
滋味深いご回答痛み入りますm(__)m

所詮はナンパ。気張らずに・見込みが無いと読んだら諦めも肝心、、、
概ねそのように解釈させていただきましたが、まことおっしゃるとおりだと思います。

まだまだ貴兄のように仙人の境地といいましょうか、達観めいたものの欠片も持ち合わせていない若輩者ですが、いつの日か同じ目線でこの艶めかしくも虚ろなナンパ界を俯瞰できたら、、、などと夢想しつつ、明晩、大阪はミナミのクラブシーンへ初突撃して参ります
(`^´)>
8. Posted by まつゆき   2013年12月27日 22:58
最近はお忙しいのですか?
更新を楽しみに待っています。

御子柴さんのブログは、女子受けしそうな文章ですね。
いろんなテーマで書ける人だなあと
思っています。

ところで、20代後半の女性が踊るのをメインに楽しめるようなクラブを教えて頂けると嬉しいです。

ナンパは引退との事ですが、更新を楽しみにできるブログの一つなので、楽しんで続けて貰えたら嬉しいです。
9. Posted by なおみち   2013年12月31日 11:37
こんにちは。
たぶん僕は御子柴さんと同年代でクラブは行き始めて結構経つんでまんねり気味です。

なので台湾はいずれ行ってみたいですね。参考になってます。

ただカウントダウンをクラブで過ごしたことなかったんで今日はV2行ってみます。
10. Posted by 御子柴清麿   2013年12月31日 23:02
To:まつゆきさん

こんばんは。
年の瀬に書き込みありがとうございます。
更新を楽しみにしていただいているとのことで
重ね重ねありがとうございます。

最近は仕事が立て込んでおり、
クラブに行けないばかりかブログさえおぼつかない感じになっています。
年末年始にちょこちょこ頑張ろうかなと思っています。

まつゆきさんに女子受けする文章と褒められたので、
女性にも気に入っていただけるように努力します。
まぁ、このコメントしていただいた記事とか
下ネタも多いし、ちょっと控えめにかかないといけないですね・・・。

さてさて、質問の20代後半の女性が踊れるクラブですが、
(あくまで都内ですが・・・)
僕は日比谷のディアナを推します。
正直踊れるクラブって少なくて、
ダンスフロアでおしくらまんじゅうをするようなクラブが
多い中で、
唯一マトモに踊れるクラブだと思っています。
僕は個人的に好きです。
元々ラジオシティというディスコだった箱ですので、
踊りやすい広さになっています。
木曜は女性飲み放題なので人も多いですよ。
ナンパも過度な感じが全くなく雰囲気もいいです。

20代後半となると、六本木でも若くなくなってきますが、
日比谷に行くと年齢の上限がないので、
そういう意味では年齢的にも違和感ないですね。
11. Posted by 御子柴清麿   2013年12月31日 23:03
To:なおみちさん

こんばんは。
僕はクラブの年越しのカウントダウンに行ったことないので
うらやましい限りです!!

よい夜を。
可能ならば、雰囲気等教えてください。
12. Posted by なおみち   2014年01月01日 18:50
こんばんは!
初めてクラブの年越し行ってきました。

22時に入ったらすでに人いっぱいで22時半にはV2ダンサーがお立ちで盛り上げ始めました。
ただカウントダウンの瞬間は特に大盛り上がりの曲ではなく普通でした。
そのあとのは人はけた気がします。
あとは公表されてたんですがK-1のピーターアーツとレイセフォーがきてましたね。

今度予定合えばご一緒したいですね。
13. Posted by 御子柴清麿   2014年01月02日 21:59
To:なおみちさん

年越しイベントいってきたんですね。
盛り上がっていたようですね。

K-1選手来ているとは相変わらずですね、
有名人は結構来てる印象。

ぜひ今度一緒に行きましょう。

本年もよろしくお願いいたします。
14. Posted by まつゆき   2014年01月12日 11:39
5 お返事ありがとうございました。

そうですね、日比谷ディアナかな~と考えていたところでした。
終電で帰れるのも健康的です(笑)

今年も無理はしすぎず、よい一年をお過ごしください。
15. Posted by 御子柴清麿   2014年01月13日 01:13
To:まつゆきさん

そうですね。
終電で帰れるのも健全ではないでしょうか。

まつゆきさんもあまり無理せず、
ほどほどに踊り狂ってください。

本年もよろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字