2013年10月28日

Luxyを退店した僕らは次の店に向かう。
本当にLuxyの豪華絢爛さには、クラブの王道とも言うべき、光と音の美しさがあった。
一日目のMystもそうだったが、クラブの箱自体にお金がかかっているのがよく分かる。
日本とはちょっと違う。内装の美しさや設備に関しては日本のクラブなんて足元にも及ばない。
それくらい激しいギャップに驚いた。
台湾に、クラブにまつわる法規制があるかは分からないけど、
日本と違ってそういう類のしがらみが少ない分、堂々とお金もかけられるし、
それに伴ってお客も来るし、お客がお金を落としていく・・・といった好循環が生まれているような気がした。
Luxyを出るときビルの頭上を見上げるとこんな看板が・・・。
IMG_0327
(見にくくて申し訳ないですが)10月にデビッド・ゲッタが来るらしい。
こんな大物がDJとして招かれるのだ。
日本に来たら僕は間違いなく彼を見に行くだろう。
彼のような最高峰のDJをも呼ぶような資金力があるのだ。
こういうところにも台湾と日本の違いを見た気がした。
※ちなみに、韓国も台湾と同じようにクラブが一つの産業として成り立っているらしい。
だから、有名なDJを呼べるし、それに伴ってお客も入るみたい。
日本もそんな風になったら面白いのに・・・。
まぁ、風営法が存在する限り無理でしょう。ダークなイメージも払拭しなくちゃいけないし、
ハードルが高すぎる。本当に残念なこと。
一年くらい前から僕みたいなブロガーにでも、なんかできることは無いかなって思ってるんだけど。
未だ答えは出ず・・・。どんなにあがいても上記の法律が行く手を阻む気がするんだよね。

ちょっと話が逸れました。失礼。

Luxyを出て、おおよそ2時前。
次に向かうべきクラブはMuse。
ん?Muse?って思った方は六本木通。
六本木(正確には西麻布)にあるクラブと同じ名前。
まぁ、museは音楽の女神様のことだから、同じ名前があってもおかしくないんだけど。
普段から六本木をフィールドにしている僕と相方の竜さんからした親しみを感じざるを得ない。
前情報としては、外国人がいない、地元人が行くようなクラブとのこと。
ただ、場所が分からず、一駅分くらいは少なくとも歩く様子・・・。
幸運にも雨が一時的に上がっており、若干蒸した空気の中、肩を切って歩く。
Luxyを北西に向かって歩いたんだけど、途中おかしな感じに。
進んでも進んでも民家しかないし、とてもクラブなんてあるとは思えない、
街頭も無いような裏通りを歩いていく・・・。
歩くこと20分、目的地付近にたどり着くが、その場所にクラブは無い。
ショッピングモールの中にあると聞いていたが、そこにあるのはちっぽけな商店街。
しかも、ローカルの匂いがするその商店街は夜中のため勿論閉まっており、
クラブがあったら迷惑するような、周りには木造の住宅ばかり。
八徳路二段という大通り沿いにあるはずなんだけど・・・。
とりあえず、八徳路二段という大通りに沿ってさらに歩いてみる。
僕の我が儘でクラブ行脚しているので、歩かせている竜さんに非常に申し訳なく。
僕は必死に探しながら歩く中、竜さんはやる気を無くしたようにノタノタ歩く。
僕と竜さんの間には数十メートル。
ホントに僕の勝手で歩かせたのは申し訳なかった・・・。
結果、見つけたのはさらに15分後。
大人しくタクシーでも拾っておけばよかった。非常に後悔する。
台湾のタクシーは安いので、時間が無い旅行者にはとにかく道に迷うよりは
早々にタクシーを利用することをおススメする。

MUSEは京華城(ディンファチョン)というデパートの中に入っている。
デパートは閉まっており、一部エレベーターが使えるようになっており、
Museが入っている12階には行けるようになっている。
エレベーターを降りてびっくり。
ここには数件のクラブが存在していた。
「Amigo」「ASIA」「PASOUL」「P club」「ZOO ONE」・・・。
IMG_0344
確かにクラブの情報を調べた時に「ASIA」という店と住所が同じだったため、
てっきり店の名前が変わったのかと思っていたが、そうではなかった。
全部ハシゴしたかったのだが、さすがに時間も時間なので、予定通り、
Museに入る。中を見ていないので分からないけど、
「ASIA」が一番人が入っているように思いました。

700元を支払い、腕に恒例のスタンプを押され、入場。
入ってみると、箱としては狭い。
中心に正方形のバーカウンターを設け、その前にダンスフロアとDJブース。
それを取る囲むように大量のBOX席。
とにかく席が多い。ここは基本BOX席を取らなきゃだめだ。
台湾のクラブは総じて、長居するならBOX席を取る必要がある。
座るような場所は無いので、席を取らないなら立ちっぱなしということ。
それに、BOX席を取るのは至って普通のことのよう。
日本ではVIP席ということになり、お金も相当かかるが、台湾ではそれほど高くはない。
誰かと連れだって行っても人数で割れば結構安い。

入店した時にはそこそこいい時間だったので、クラブ内も活況・・・といいたいところだけど、
人がそんなに多い訳ではない。箱としては小さい部類に入ると思う。
IMG_0331
そんな人が多くは無い中で踊り子たちがバーの上で踊っている。
ここにもいるセクシーダンサーズ。
色っぽい踊りでお客を魅了する。お客はこんな感じ。

IMG_0336

女の子に魅入るお客たち。
腕とか組んで見ちゃってるお客たち。
ちなみに、男たちが立っているところがダンスフロアです。
一緒に踊るつもりは無いらしい・・・。変な光景。
ストリップとか行ったことないけど、こんなんじゃないかなと思いました。
興味深く見ているのに、「けしからん!」みたいな表情。

女の子の踊りを見ること、十分ほど、女の子が捌けていくと、
今度はステージにMCが上り、お客を煽り始める。
台湾に来て初めてのMCスタイル。
IMG_0341

先ほどとは打って変わって大量のお客がBOX席から出てきて、
フロアで踊り始める。MCは光る棒を配り、それ欲しさに皆が騒いでいる。
さっきまで大人しくしていたのに様相が突然変わったのでびっくり。
ダンサーが踊る時は休憩タイムだったのかも。

その後は盛り上がったり盛り下がったりを繰り返し、
ここの客は、場が盛り上がったり、好きな曲がかかるとダンスフロアに出てくるけど、
すぐに席に戻ってしまう。
DJは結構焦るんじゃないかなと思う。
好き嫌いが目に見えるから、フロアから人が少なくなると、「あっ、選曲間違えた―」みたいな。

ちなみに、ナンパについて。
出来なくはないと思うけど、うまくいくかは微妙な感じ。
他のクラブと比較してもBOX席を取って来ているお客が多く、
つまり、それは複数人(2人とか3人じゃなくて)で来ているから
友達と飲みに来ましたってノリが多くて、出会いを求めてる感じが無かったです。

僕はここで流れている曲がイマイチ分からなくて、
「さて、Museはもういいから、隣のASIAに行こうか。ついでにPasoulってとこも覗こうかな。」と
ブログのネタ探しについて悩んでいると、一人鬼の形相をした男が僕を後ろから睨みつけている。
「御子柴さん、もう時間が無いです。」イライラしながら腕時計を人差し指で連打している竜さん。
僕は一日目に女性と一夜を過ごしており、二日目以降はナンパよりブログのためにクラブに行くつもりになっていたけど、竜さんのことはすっかり忘れていた。彼はナンパがしたいのだ。
彼は女の子と絡んではいない。しかも、声をかけるという行為自体ほとんどしていない。
だから、二日目は僕の都合でLuxy・Museと連れまわされ、ナンパに取り組めていないだろう。
「二日間連続で女の子と何もなかったら後半戦に支障をきたします。」
彼はそう言い、クラブの変更を申し出た。行先は台北101。
とりあえず、僕が昨日ナンパして成功したbabe18を目指すことに。

個人的には、このデパートに入っているMuse以外のクラブが気になって仕方がない。
平日は大学生無料みたいな幟(のぼり)も立っていたし、
若い学生が多いのかもしれない。あと、事実、日本人がいなかった。外国人(欧米人)もいなかった。
台湾人オンリーの箱が残り五つもあるわけだ。
結果、三日目以降のクラブ行脚ではここを訪れることはありませんでした。
今でも心残りです。どなたか行かれた方は情報願います。

【クラブデータ】

クラブ名:Muse  ※台南・高雄にも店舗があるようです。
HP:公式HPはありません。
住所:台北市松山區八德路四段138號
時間:22.5~28時(水・木・金・土)
入場料:男性 600元(水曜)700元(木曜)800元(金曜・土曜)
女性 200元(水曜・木曜)400元(金曜・土曜)※男女共に飲み放題

↓このクラブの情報は日本のHPやブログでは無いようです。
もし、参考になりましたら、1クリックお願いいたします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな 




a>02:30│コメント(2)日記 | 台湾編このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by りい   2013年11月02日 11:59
久しぶりにコメントします(^ω^)
来週末に大阪に行くのですがオススメのクラブはどこですか?
大阪のクラブは行ったことないので是非教えていただきたいです∩^ω^∩
2. Posted by 御子柴清麿   2013年11月02日 21:37
To:りいさん

お久しぶりです。

女性でしたら、ナンパするわけではないので、
大阪で一番有名なミナミの「ジラフ」、
キタの「アウル」なんかがお勧めです。
どちらも1時くらいで閉まってしまいますが。

ナンパ箱を覗いてみたければ、
「バンビ」「アンモナ」が有名ですね。

僕が行った場所も多いので、
雰囲気は記事を見て参考にしてみてください。
大阪のクラブには二回行きました。
東京より楽しめるクラブが多い印象です。

http://mikoshiba-kiyomaro.doorblog.jp/archives/25708633.html

コメントする

名前
URL
 
  絵文字