2013年10月23日

クラブ日記No.104のboxに続いて向かうはLuxy。
「台湾 クラブ」で検索すると、一番頭に紹介されるのがこのクラブ。
「地球の歩き方」や「ことりっぷ」、その他情報誌にも載っている。
台湾でクラブと言ったらLuxy、ってくらい一番有名だし、一番ベタ。
さすがにここのクラブの情報は日本でも手に入れることはできるからわざわざ行かなくても・・・
と思ったりもしたけど、逆に、台湾に行ってLuxy行ってませんは許されないだろうと思って、
一日だけ行くことに決めたのでした。

9月某金曜日 24時 @Luxy

boxというクラブを後にし、タクシーでLuxyへと向かう。
板南線の忠孝敦化駅で降ろしてもらう。
頂好(ちょうこう)という台北の銀座と言われる、ちょっとしたオシャレスポットにあるクラブ。
(※昼間は昼間でこの辺りをウロついているのでその話はまた別の記事で。)
ちなみに、地下鉄板南線と忠孝東路という道路は台北駅を東にまっすぐ並行して走っており、
その忠孝東路沿いの大きなビルにLuxyは入っている。
他のクラブと違い、場所も分かりやすいところにある。

台風も本格的に近づき始め、暴風雨の中、クラブを探すのはしんどいので、
分かりやすいところにあったのは助かった。
IMG_0326

こんな感じで人が大量にいて、結構びっくりする。
何度も言うが、台風が近づいており、外はひどい雨なのだ。それなのにこの人の入りよう。
さすが、台湾一大きいクラブだけある。
IMG_0285

入口はこんな感じでセキュリティに予約しているか聞かれ、してないと答えると、
写真奥のルートから、してる場合はこの手前の女の子たちの前にいる
お兄さんが奥に導いてくれる。
その先でお金を払い、入場。
600元(水曜は女性無料。早割で23時入場で半額のようです。)を渡すと、
昨日のbabe18のように手に紫色のスタンプを押される。
この店も再入場は可なようだ。

エレベーターで5階へ。
降りるとそこはまさに異次元。僕はエレベーターを降りた途端ど肝を抜かれた。
中はライトの光でまぶしく、大音量の音楽がどこかから聞こえる。
ただ、エレベーターを降りた瞬間に緑色の壁があり、
右に行ったらいいのか左に行ったらいいのか分からず。
IMG_0290
若干混乱気味に行先を探してキョロキョロしていると、
この光の壁は通り抜け可能なことに気付く。
これ、伝わらないかもしれないけど、近くで見ると本当に壁に見えて
光をすり抜けて行くときには壁に向かって突進していくような怖さがあるのだ。
IMG_0296

この光の壁の入口を抜けると、大きいフロアが見える。
IMG_0302
とにかく大きい。ハンパなくでかい。日本のアゲハの一番大きいフロアよりもあるんじゃないかな。
見ての通り前の方にある大画面の前にDJブースとステージ、
その前にダンスフロア、後方に円形のバー、それらのサイドにVIP席が配置されている。
内壁はお城みたいな印象、まさにお城の舞踏会にお呼ばれしました!って感じ。
Mystと同様、光が巧みに使われ、異空間に迷い込んだ気持ちにさせられる。
恐怖と戦慄の中にちょっとした好奇心。
IMG_0304
上記二枚の写真が若干上から見下ろすような形になっているのは、
撮った位置が階段への踊り場だからだ。二階にもVIP席があってこちらは若干料金が高いんじゃないかと思う。
また、二階は別の部屋ともつながっている。
その部屋はバー仕様になっており、まだ踏み入れた時にはほとんど客がいなかった。
IMG_0305
赤で統一された店内は清潔感もあり、オシャレな感じ。
先ほどの大きいメインフロアとつながっているので音楽は聞こえるのだが、
大音量ではないので、ゆっくり誰かと話したい時に使えそう。

ちなみにもう一つ、独立した部屋があり、(これはメインフロアの隣の部屋)
こちらはハウスミュージックが流れていて、落ち着いた感じもある。
メインフロアはALLMIXだったので、差別化しているようだ。
客層も若干上の世代がいたような気がする。
IMG_0316
クラブ内を一周して、メインのダンスフロアに身を投じ踊っていると、
ここでLuxy Girlが登場。
IMG_0308
別嬪なお嬢さん四人がセクシーな衣装を来てセクシーな踊りを披露。
曲はこの日流れてる普通の洋楽だが、さすがプロ。色っぽい!
立ち方とか踊る時の腰の使い方とか、うわ~、エロいなーと思ってしまった。
IMG_0314

この女の子たちは数十分に一回ステージに現れては2~3曲踊って、はけていく。
その間中、ダンスフロアは熱狂に包まれ、客が湧く。
一つ、台湾のクラブの特徴かと思ったのは、
こういう踊り子のお姉さんが現れるスタイルはどのクラブでも見られる光景だったけど、
お客はその間踊るのを止めてボーっと見る人が多いこと多いこと。
少なくともダンスフロアでは踊りなさいって思うんだけど、
特に台湾男子は口をポカーンと開けて見入ってましたね。
まぁ、それくらいのセクシーダンスなわけですが。

Luxyには二時間弱くらい滞在して、僕はほとんどダンスフロアで踊り続けてました。
音楽ものりやすいし、お客も一体感があってホントに楽しんで踊れました。
あと、このクラブは踊り台に男が登っても何も言われない。
日本だったら、基本ダメだから、
酔った男が上に上がるとガタイのいいセキュリティがとんできて引きずりおろされるんだけど、
ここはOK。ってことで、僕もバッチリ踊ってやりました。初踊り台。面白かったー。
ナンパもしてた人いたけど、ガツガツしてはいないんで女性も安心なクラブ。
いやらしい雰囲気は微塵もありませんでした。
ちなみに、日本人も多くいて、そこらじゅうから日本語が聞こえてきたし、
なんとなく声かけた子が日本人だったりしました。とにかく日本人率高いです。
クラブの立地も人数も客層も雰囲気も女性向きのクラブだと思いました。

羽目をはずしてるなーってクスリと笑ってしまったのは、
声をかけた女の子の日本人グループがいて、
彼女たちはクラブ自体も初めてって言ってたんだけど、
その中の一番大人しそうな女の子が外国人(白人)にナンパされて、
ダンスフロア内で友達と切り離された後、一緒に踊ってたんだけど、
密着度が高まっているうちに、不意打ちで外人にキスされてました。

キスする瞬間を僕は見てしまったんだけど、
困惑した顔の中にちょっとした快感と恥じらいと背徳感を垣間見てしまって、
キスした後は一瞬蕩けるような目をしてたんだけど、
すぐに周りをキョロキョロしながら、友達の女の子に見られてないか確認してたのを
僕はお立ち台の上から目撃してしまいました。
見てはいけないものを見てしまったような、だけど、
クラブ慣れしていない子がクラブの雰囲気に一瞬浸食されたところを見て、
クラブの魔力と幻想を台湾のクラブにも感じたのでした。

本当だったら、プールの監視員の如く、ピーッと笛を吹いて「こら、そこー!」と
注意(ツッコミ)をしたいところなんだけど、
女の子が旅行中に、学校か職場かのしがらみから解放されて、
クラブで少しだけはっちゃけてる姿は微笑ましくも感じてしまいました。
※こんな感情になるのも僕がオトナになったからかな・・・。笑

ちなみに、僕は上記の外国人とは違ってナンパはあまりできそうにないように感じ、
このままいると本当に夜通し楽しく踊ってしまいそうでした。
相方の竜さんは相変わらず踊らないため、失笑気味に僕を見ており、さらに、
「ナンパしたいんだけど、ここは無理」という目線でダンスフロアの僕をにらみつけたので、
「致し方なし」と踊るのをあきらめ、「クラブ放浪」に切り替え、次のクラブに向かうことにしました。
BlogPaint

VIP席でカッコつけている日本人がいたので目線をいただき、写真をパシャリ。
当ブログに写真を載せてもいいかとお聞きしたところ、
「モザイクをかけてくれればOK」とのこと、「股間の方にですか?」とか再度聞くと、
「顔に決まってるだろ、バカヤロー」とのことでしたので、可愛い熊さん加工にいたしました。
※相方の竜さんでは無いです。
フロア近くのVIP席は円卓みたいな感じ、ソファのすわり心地も良かったです。

【クラブデータ】

クラブ名:Luxy
HP:http://www.luxy-taipei.com/zh-TW/main.php
住所:台北市忠孝東路四段201號5樓
5F, No. 201 Zhongxiao E. Rd., Sector 4, Taipei
時間:22~4時(水・木・金・土)
入場料:水曜→男性600元女性無料 木曜→男女500元
金曜土曜→男女600元

↓以上、台湾最大のクラブLuxyレポートでした。
少しは雰囲気が伝わりましたでしょうか?
まだまだ、クラブ行脚は続きます。次回はマニアックなクラブ編です。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな 


a>01:15│コメント(4)日記 | 台湾編このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by あつし   2013年10月27日 21:00
5 いつも楽しく拝見させてもらってます!
近々 台湾に行く事になり「台湾クラブ放浪記」は真剣に見てます!笑

二泊三日の旅で2日間しかないのですが、CLUB素人でも楽しむならどこが良いでしょうか?先生教えてください〜^ ^
2. Posted by 御子柴清麿   2013年10月28日 01:23
To:あつしさん

はじめまして・・・ですかね。
見ていただいてありがとうございます。

台湾に行かれるんですね。
ぜひ楽しんできてください。

近いうちに行かれるとのことなので、
僕が全記事を書き終える前に行くことになるでしょうね。

先生だなんて大したものじゃないですが、
簡単なクラブ案内を。

クラブを純粋に楽しみたいなら、
(雰囲気を味わったり音楽を聴いたり踊ったり)
この記事のLUXY、台北101近くのLAVAをおススメします。

ナンパをして成功したいなら、
こちらも台北101近くのbabe18。次点でLAVA。

(美男)美女に出会いたいなら、Mystって感じでしょうか。

二日間あって二日とも夜にオールする気がおありでしたら、
一日はLUXY、もう一日はbabe18・LAVAがいいと思います。

台北101近くにはクラブが固まっていますので、
ハシゴするのも面白いと思います。

曜日によって閉まっているところもありますんで、
気を付けてくださいね。

何か質問があれば、可能な範囲でお答えしますよ。
クラブでなくて台湾旅全般でも。

このコメント欄か以下のメールアドレスにどうぞ。
mikoshibakiyomaro@hotmail.co.jp

あつしさんの旅に幸あれ!!
3. Posted by ゆっこ   2013年11月04日 00:16
はじめまして☆

日比谷のディアナがどんなところなのか知りたくて色々見てたらこのブログにたどり着き、少し前からちょくちょく覗かせてもらってました!!

4年ほど前、当時付き合ってた彼氏と台湾へ旅行行ったときにこのクラブに遊びに行ったのを思い出しました☆

彼氏の台湾人の友達とその彼女さんの4人で行ったのですが、その時はあまり盛り上がりませんでした(>_<)
海外のクラブは初めてで、周りをキョロキョロしてた気がしますww

けっこう有名なクラブだったんですね~♪もっと楽しんでおけば良かったです(;_;)

4. Posted by 御子柴清麿   2013年11月11日 01:44
To:ゆっこさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

ディアナ情報あんまり無いかもです。
東京在住のため、大阪名古屋のクラブの様子は
けっこう細かくレポートするんですが、
東京のクラブについてはあんまり書いていないです。
ナンパのことは結構書いていたんですが。

ディアナは個人的には好きなクラブです。
踊れて楽しいし、ナンパも紳士な声掛けの人が多いですし。
女性は木曜日は飲み放題なので、
お酒好きなら行く価値ありだと思っています。
ゆっこさんも行かれる予定があるんでしょうか。

ラクシーに行かれたことあるんですね。
あそこが台湾で一番大きなクラブなようです。
僕が行った時には人の多さに圧倒されました。
日本人もかなり多いようですね。
日にちや曜日によって雰囲気が違うのかもしれませんね。

今後ともよろしくお願いします。
最近は更新頻度が低いので、ちょこちょこ覗いてくださいませ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字