2013年10月13日

台湾滞在二日目、クラブ帰りの僕と竜さんは昼前にのそのそと起き出す。
とても海外旅行中とは思えないほどの遅さだ。
だけど、朝までクラブに行っていたわけで、クラブ帰りの次の日としてはそこそこ動きは早い方。
日本だったらお昼近くまで寝ていることあるし。
台湾のクラブは4時過ぎには閉まるところが多いから、ちょっと早く帰って眠りにつけるのも
次の日多少早く起きることができる要因かもしれない。

というわけで、初日の「九份」に続き、有名スポットに行きましょうと龍山寺に行くことに。
相変わらず、天気は悪く、雨が降ったり止んだりの空模様。
テレビでは「台風が近づいている」というニュースをしきりに放送しており、
結構大きいようだから、被害とかないといいけど・・・と思っていた。

ホテルからタクシーで龍山寺に移動。
地下鉄でもアクセスしやすいところにある龍山寺。(板南線「龍山寺」駅下車。)
IMG_0227

中に入れば、それはそれは立派で年季の入ったお寺なんだけど、
こうやって外から見ると、目の前の道路には車が大量に行き来しているし、
上記写真の中にも黄色のタクシーがあることから分かる通り、
観光客のための・・・って感じでもあり、荘厳な感じがしないのは少々残念。

龍山寺は台北最古の寺院とされ、1738年の建造から何回も改修と再建を繰り返している。
祀られている神様は多岐に渡り、一番偉い神様は観音菩薩。
第二次世界大戦の空襲の際には本殿もボロボロになった中、無事だったという。
他にも仏教道教関係なしに神様達は同じ敷地内にいらっしゃって、ちょっと喧嘩したりしないのかと心配する。
神様それぞれに得意分野があって、
例えば、観音菩薩は極楽浄土に連れて行ってくれるし、
月下老人は結婚・恋愛を司どってるし、この御二方は数いる神様の中でも人気が高い。
特に月下老人は女子たちにキャッキャと色めいた感じで囲まれてる一方で、
逆に同じ老人でも、出世の神様・老爺や雨の神様・龍爺のところには残念ながら野郎ばかりが集まっている。
さぞかし、老爺も龍爺も嫉妬に狂っていることと思う。
それにしても、ここ女性にとってのパワースポットになるんじゃないかなと思う。
運勢全般を担当する媽祖娘娘様は台湾の女神様と言われているし、
美を司る太陰星君、安産祈願の註生娘娘と池頭夫人など女性のための神様も多い。

IMG_0230

寺の中ではお参りする順番があるので、(日本語の案内もある!)
入口でお線香を買って、七本の線香に火をつけ、
主要七人の神様の前にある香炉に一本ずつ線香をお供えしていく。
IMG_0247

現地の人たちは本気で祈りを捧げているようで、切迫感が伝わってくる。
本堂前では土下座している人も沢山いたし、
何やら赤い半月型の木製の切れ端二つを何度も叩きつけている人もいた。
僕はルールが分からなかったんだけど、後から調べてみたら、
「おみくじ」の類で、二つの木片が表+裏だったらOK(神様に願いは伝わった)で、
表+表、裏+裏だったらやり直しらしい。
しかも、神様は忙しい上に気まぐれらしく、本気でやらない人には本気で答えないし、
「間違えちゃったらごめんねー」ってスタンスらしい。
これで月下老人とかに変な縁組みされちゃったらたまらない。
結局僕はやらなかったんだけど、もしこの記事を読んでいる方でチャレンジする時が来たら
結構本気でやらないと痛い目を見るようだ。
特に「赤い糸」が有名で女性には大人気。
こちらも上記と同じ赤い木片を使って「赤い糸」をいただいていいか判定し、(表+裏だったらもらってよし!)
赤い糸をもらったら香炉の煙であぶって身に着けておくといいらしい。
ちなみに、帰国後旅の話を会社でしていたら女性の先輩が大事に赤い糸を財布に入れていた。
もう二年以上財布に入れっぱなしだそうだ。
先輩は赤い木片の意味が分からず、勝手に赤い糸を拝借してきたらしい・・・。
一応言っておくと、先輩は独身だ。彼氏はここ数年いないとのこと、月下老人恐るべし。

最後に出口でお守りや数珠を売っているので、
他の旅行客や現地台湾人に混ざって購入。日本語も通じました。
僕は兄弟のお土産用にお守りをいくつか買い、自分のための数珠(白虎目石)も買いました。
色々な種類の数珠やお守りが売っているので選ぶのは楽しいです。
ちなみに、白虎目石は古代中国で「心眼の石」と呼ばれ、
古代エジプトでは「第三の目」と呼ばれ、神像の目に使われていたそうです。
真実を見通す力があるとされ、これをつけてクラブに行き、
化粧やクラブマジックで女の子に騙されないようにしようとすぐに購入を決めたのでした。

龍山寺を後にした僕らが次に向かったのは二二八和平公園。
相方の竜さんは今回の旅に注文をほとんど出さず、僕任せだったわけですが、
唯一行きたがっていたのが二二八和平公園の中にある記念館。

二二八は日付でその日は台湾では重要な日。
簡単に二・二八事件がどんな事件か説明しておくと・・・

第二次世界大戦後、日本の統治が終わり、代わりに中国から蒋介石政権がやってきた。
彼らは日本の資産を奪い、台湾国民を二等国民として扱ったという。
(同じ統治でも、日本人の方が優しかったし、友好的だったことから、
今の親日感情があると言われている。
「支配されるんだったら、日本の方がよかったわ―」って台湾人は思ったってこと。)
1947年の2月28日、そんな反中感情が爆発することになる。
発端は闇タバコ摘発隊が闇タバコ商人の中年婦人を殴ったことから始まる。
これに抗議した一人が発砲により殺されてしまう。これが2月27日。
次の日、タバコ専売局に押し掛けたデモ隊に機関銃を発砲し、大量の死傷者が出た。
これに憤慨した台湾人は放送局を占拠し、台湾全土に蜂起を呼びかけると、
台南・高雄を始めとして全国的な反乱に発展。
で、この後がひどくて、暴動を鎮圧できない中国政府は本土に要請を出し、
結果暴動鎮圧どころか、2万8000人を殺してしまったのでした。
これを機に中国政府の恐怖政治が始まってしまうことになります。

この時の資料が和平公園内の記念館にある。
和平公園に着くと、現地の人が散歩したりとのんびりした雰囲気。
あまり観光客もいないようだ。
公園内では動物が放し飼いにされており、リスやらスズメやら名称不明の鳥が
人を恐れず暮らしている。どの動物も近づいても逃げないし、
この名称不明の鳥は最初あまりに動かなさすぎて飾り物だと思っていたんだけど、
よーく見ると、そろりそろりと動いている。
この子たちは予想外に可愛く、たぶん餌とかあげたらもっと近づけるんだろうと思う。
動物と戯れてから、建物に入り、歴史のお勉強。
台湾の民族史(台湾には少数民族が多数いる!)や衣食住、海の生き物などの展示を見る。
しかし、館内をいくらまわっても二二八事件については語られていない。
ふと、もらったパンフレットを見てみると、「国立台湾博物館」・・・。
公園内には二つの建物があり、この国立台湾博物館と二二八国家記念館。
僕らは間違えて入場していたのでした・・・。

気を取り直して、公園内を歩きながら二二八国家記念館へ。
IMG_0262
なんと休みでした・・・。
入り口そばには使者を祀る「追思廊」があり、名簿みたいのを閲覧している人がいました。
IMG_0263
仕方なしに公園を出ることに・・・。
楽しみにしていた竜さんはひどく落ち込み、精神的にも支障をきたしたのか、
便意を催している。到底綺麗とは思えない公園内のトイレに竜さんが入っていくこと数分、
僕は公園出口で待っていると、彼は青ざめて帰ってきました。
どうしたのか尋ねると、トイレ内は照明が一つもなく、昼間なのに全く光が差し込んでおらず、
不気味な様相だったと。物音もせず、別世界に迷い込んだようだと。
清潔感も無く、早々に用を足して出ようとトイレの個室のドアを開けた途端、
そこには一人のおじいさんが瞳孔を剥き出しで立っていたそうです・・・。

こわー。

ビビって、声が出なくなってしまった竜さんは扉をそーっと閉じて、
何もなかったかのように別の個室で用を足したそうです。
用件を済ませている最中もトイレから物音一つせず、
「さっきのはなんだったんだろう。」と不思議に思い、ふと個室の上の方を見上げると、
先ほどのおじいさんが竜さんを見下ろしていたそうです・・・

めっちゃ、こわー。

公園内南側出口の側のトイレです。行かれる方はお近づきにならぬよう。
その後は近くにある総統府(日本で言う国会議事堂)を遠目で見て、タクシーで台北101へ。
IMG_0265

台風が近づいており、高層の台北101に上っても景色が見えなそうだったので、
上るのはやめて地下のスーパーで買い物をし、
フードコートで人の多さに驚いたところで夕方18時過ぎ、
その日の夜のクラブに備えて、仮眠を取る二人なのでした。(二日目終わり)
IMG_0268



↓台湾旅行編はいかがでしたでしょうか?
クラブのブログなのでこういった記事は読まれていないようです。
行かれる方の参考になればと思っています。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ


恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな 


a>13:29│コメント(5)みこ散歩 | 台湾編このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by ○子   2013年10月15日 11:51
わぁ(ノ´∀`*)旅の詳細が書かれてる♡
相変わらず文章面白いです!そして勉強になります〜


てか…おじいさん怖っっっ!!!笑
よく逃げずに空いてるトイレに入りましたね(^m^;)
2. Posted by えりんこ   2013年10月15日 17:20
旅行編もとっても面白いです(^^)v
観光も楽しみつつ、しっかり結果出してるトコはさすがですねー!笑

あっ、GOLD CAFE行ってきました。COLORの頃と特に変わらずでしたよー。
3. Posted by 御子柴清麿   2013年10月24日 00:08
To:○子さん

コチラの記事は昼間に行った健全な旅行です。
少しでも台湾に行った気になっていただければと思います。

どこに行ってもいろんな人がいるし、
恐い人もいるなーと思いました。

引き続き頑張って書いていきます。
よろしくお願いします。
4. Posted by 御子柴清麿   2013年10月24日 00:13
To:えりんこさん

結果出してホッとしています。
クラブ行脚がメインなので、
結果を残すことに執着してはいないものの、
それでもブログを書くにあたっては
そんなことも起こればいいなと軽い気持ちでいたのですが、
いい経験が出来ました。
これを読んで台湾に行かれる方の参考になればと思ってます。

GOLD CAFEは変わらずなんですね。
僕は6tokyoにも行けてないです。
最近六本木には疎遠になっています・・・。
5. Posted by Urban Works Blog   2016年12月09日 18:44
I am genuinely delighted to glance at this webpage posts which みこ散歩番外編 台湾旅行編 其の四 龍山寺→二二八和平公園→台北101:御子柴清麿のクラブ放浪記 includes tons of useful data, thanks for providing such information.
Urban Works Blog http://www.portlandurbanblog.com/

コメントする

名前
URL
 
  絵文字