2013年09月28日

西門町を後にして、ホテルに移動。
ホテルは地下鉄の駅から遠いのだが、最寄駅(市政府駅)までを電車移動する。

せっかくなのでここで台北の地理をざっくり説明したい。
「台北 路線図」とかって検索すれば簡単に路線図が色んなホームページに載ってるんだけど、
台北駅を中心に幾つかの路線が入り組んでいるのでちょっと分かりにくい。
だけど、観光客にとってはどこに行くかは決まっているので、以下の写真で十分だと思う。

image
見るのは青線(板南線)赤線(淡水線)の二つだけ。
板南線は市内を東西に広がる路線。淡水線は市内を南北に広がる路線。
交わるのが台北車站駅(台北駅)。
板南線で押さえるべき駅は西から龍山寺駅(観光名所)・西門駅(若者の街)・そして、台北車站駅。
さらに善導寺駅~忠孝新生駅~忠孝復興駅~忠孝敦化駅~国府記念館駅~市政府駅は
それぞれ駅の周りに大型百貨店や有名な中華屋・ショッピングのお店が固まっているのでよく使う。
淡水線は台北車站駅の一つ南の駅、台大医院駅(総統府・二二八記念公園)、北に三つ目の士林駅(台北最大の夜市・世界三大博物館の一つ故宮博物館の最寄駅)を押さえておくといい。

細かい観光名所はあるけれど、この二本の路線があれば事足りると思う。
ちなみに、僕は今回台風に見舞われ、雨の中を移動しなけれなならなかったため、
タクシーを多用しました。タクシーは初乗り料金が70元と安く、
地下鉄は20元くらいの距離と同じなんだけど、正直日本との物価の違いで
差額50元をケチっても大した節約にもならないと思うし、
短期間で旅行する方には道に迷ったりする時間も惜しいと思うので、基本的にはタクシー移動をおススメする。
僕はちょっと時間があったので、雨の中を歩いたりすることが多かったんだけど、
結果道に迷って雨に降られてびしょ濡れということに何度もなったので、
最初からおとなしくタクシーに乗ればよかったと後悔しました。
例え晴れていても移動がスムーズになるので、タクシーを使ったほうがいいです。
タクシーの運転手も基本親切で日本語英語が片言で通じる人が多いです。

ちなみに、ホテルについてはリーズナブルなところから高級ホテルまで市内に点在しており、
純粋な旅行者は台北駅付近がいいと思います。
僕はクラブに行きたかったので、クラブが台北101付近に固まっていることもあって
台北101から10分程のホテルを借りました。
ちなみに、台北101はスカイツリーみたいな高層の建物で、
ちょっと最寄駅の市政府駅から遠いのが難点。
それに伴い、僕の泊まったホテルも周りに駅が無く遠かったので、非常に行動に苦労しました。

ついでに、鉄道の使い方も。
日本と違うのは切符が無いこと、切符ではなくコインです。
中にチップが埋め込まれており、改札に入る時に交通カードのようにタッチし、
改札を出るときにはコインを入れる場所があります。
日本と同様一日乗り放題券というのもあるらしんだけど、タクシーの方が便利だったので、
一度も乗り放題券を買うことはありませんでした。
IMG_0125

あと、市内はバスも多く走っています。
これから出てくる九份という場所に行った長距離移動以外はバスを使いませんでした。
というのも、複雑すぎて分からない。一つのバスストップにいくつもの会社のいくつもの路線が乗り合わせるので
正直言ってどれに乗ったらいいか分からないです。
今回の旅行はバスとの相性も悪かったです。正直僕はお勧めしないです。とにかくタクシー!

これが台北市内の位置関係と乗り物関係についてです。

↓ちょっと話が逸れてしまいましたが、これからの旅行記が読みやすくなると思いますし、
旅行者が見てくれたら参考にはなる記事だと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ


恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな 




a>01:12│コメント(0)みこ散歩 | 台湾編このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字