2013年09月15日

前篇はコチラ

新宿二丁目には幾つかのクラブがある。しかも、大小含めると結構ある。
中でも一番大きくて有名なのがArcH」(アーチ)
ここは割とノンケも受け入れてくれるようで、数週間前の「週刊SPA!」には
同性愛者とクラブを楽しみたくて遊びに来るOLも多い・・・と紹介されてて、
なんだ、僕もナンパできるかもーとちょっと楽しみになってきた。
数週間前からホームページでスケジュールをチェックしていたんだけど、
結構面白い。毎日しっかりコンセプトがあって平日もそれなりに人がいるだろうと感じられる。
(そんなのクラブじゃないと否定する人も多い)J-POPナイトに、
globeナイトに松田聖子ナイト・・・。一人のアーティストやグループをフューチャーすることもやっている。
それに、マニアックそうなアニソンナイトや平成アイドルナイト。
こんなラインナップを見てると、新宿二丁目っていう場所が関係ない気もする。

topmain0908

ただ、そんな夜に交じって「競泳水着がドレスコード」だったり、「上半身裸で入場無料」な日が存在したりしている。
僕が行った前の週の金曜日にも一度行こうと思ったんだけど、
その日は男子禁制で入れない様子だった。(おそらくレズビアンナイトってこと)
僕が参加した日は「GRITTER」というイベントの日で、
エロティックがテーマということだったが、それ以外は目立つことのないおとなしめな日の様子だった。
とはいえ、金曜日だったし、他のクラブと同様盛り上がるものだと予想していた。

9月某日金曜日 24時 @新宿二丁目 ArcH(アーチ)

夜の23時になんとか仕事を終わらせ、地下鉄に乗り込む。
ここ一年くらいはクラブに行くとき、出来る限りスーツから着替えていくことが多い。
金曜日の夜なんてリーマンばっかりだし、ちょっとでも周りと差別化するために
わざわざ会社から家に帰って私服で六本木に繰り出している。
しっかりとシャワーを浴びて髭を剃って髪も整えて香水も振って出かけていく。
ただ、この日はそんな余裕が無くて、そのまま直行。
正直一週間の最終日で体は疲れていて、疲労困憊の状態でクラブに行っても
朝まで体力が持たないことがままあるのだけど、
今日はナンパされるほうかもしれないし、着のみ着のまま、くたびれたスーツ姿だ。
最近は見ることが少なくなったツイッターで一応「今から行ってきます!」と報告。
フォロワーの方々から「しっかり掘られてくるように」とのありがたいお言葉をいただく。
そんな中、txさんという方が興味を示してくれて、「今新宿にいるんで一緒に行きましょう」と
言ってくださる。txさんはゲイで二丁目に詳しいとのことで案内役を買ってくれた・・・というわけではなく、
僕同様のノンケ。事実、彼はその時間まで歌舞伎町で女の子をナンパをしていたそう。

23時半過ぎ、メンズ丸井の前で待ち合わせ、ご対面。
長身で細身、誠実そうな印象を受ける。
年齢を聞くと僕と同い年かちょっと下かなと思っていたけど僕よりも上。
仕事柄ですかねとおっしゃっていたが、そうは言っても・・・って感じました。
頼もしいボディガードを得て、二丁目に向かう。
何度か通りかかったことはあるんだけど、クラブの場所は勿論知らなくて、
グーグルマップを見ながら二丁目を歩く。
靖国通りを一歩内側に入るとそこはもう異世界。
ガードレールに男の人が座って目の前を歩く人を物色している。
僕も好奇の視線を受けながら歩いていく。
自分が値踏みされているのがよ~く分かる。
男に興味は無いのに安く見られたくない一心で、
背筋を伸ばして作り笑顔をしていたのは内緒だ。
そして、仲通りに着くと飲食店が立ち並んでおり、終電近くにも関わらず、
どこの店にも人が多く入っている様子が伺える。
ゲイビデオの専門店やらも多くあり、中では男性が必死に選んでいる。
ツタヤなんかのアダルトコーナーとなんら変わりのない風景。
違うのはパッケージの写真が色っぽい女の人から裸の男に変わってるだけだ。
ただ、それだけ。(それだけ!?)
この街も六本木や新宿歌舞伎町同様これからが本番の時間と言った感じだ。

ArcHの前まで来て、入るのをためらう。
店は寂れたビルの地下にあるようで、中に入っていく人は誰もいない。
image店の前

そもそもクラブが盛り上がる時間が今で無いのかもしれないし、
人だってそんなに入らないのかもしれない。
そんな風に困って二人で佇んでいると、見知らぬ男性から英語で話しかけられる。
どうやら中に人はいるのか?と言っているようだ。
英語が通じない僕らに呆れて中に入っていく外国人。
そして、数分後地下から戻ってくると「No One」とのこと。
誰もいないかぁ。ただ、24時までに入ると¥1000、その後は¥2500ということで、
思い切って入ってみることにした。
地下の階段を潜っていくと側面には各種のイベントの告知が所狭しと張られている。
0911

こういうやつとか・・・

ゴリラ

こういうやつとか・・・やっぱい怖いよ・・・来るんじゃなかったか・・・。

地下一階のドアの前に受付があり、お兄さんが一人で座っている。
このお兄さんもゲイなのか、見た目だけじゃ分からないけど、それっぽい気も。
¥1000を支払うと、手の甲にスタンプを押してくれる。
これで再入場可になるらしい。再入場ができないクラブが多い中でこれは嬉しい。
この中で男性に持ち帰られてももう一度来ることができるな・・・と考える。
性欲盛んならホテルとクラブを何回か往復できるんじゃないか。
(↑ヤられる気、満々!?)

二重のドアを開けて中に入ると、男性客がチラホラ。十人程だろうか。
数人が固まって話をしている。
一瞬その場の空気が固まり、僕らを一瞥した後、各人の話に戻っていく。
また値踏みされたな・・・。なんとなく分かる。
確かに人が少ない。入口にあるロッカーの横には背の低いソファがあり、
何人かが座っている。そのソファの向こう側に広い空間がある。
L字型のバーカウンターと部屋の奥にDJブース。
ダンスフロア後方にはテーブル席が四つ程。
img_02
人が少なすぎてどこに陣取っていいかも分からず・・・。
手持無沙汰なので、ドリンクを買うことに。
所謂ガチムチ系のお兄さん二人がバーテンダーをやっている。
ジントニックを頼んだけれど、ジンとトニックウォーターをマドラーで混ぜた時の混ぜ方が
なんか色っぽかったです。二丁目に来たなって感じました。
(ご一緒したtxさんに言わせればえっ?そこ?ってなっちゃうかもだけど)
受付のお兄さんに「何時くらいから盛り上がるんですか?」って聞いたら1時くらいとのことだったので、
クラブ内をウロウロしたり、txさんと話をしながら時が過ぎるのを待つ。
途中、トイレに行って、洗面所で手を洗っていると変な瓶詰めが置いてある。
imageこん①

何の瓶詰だ、これ?なんか入ってるよな。
近づいて見てみると・・・。

imagekonn

なんか同じような絵が書いてある四角いものが大量に・・・
何だこれ? 瓶詰めを開けてみると・・・

image3

変なの出てきた―。

「うちの娘に手ぇ出したの、お前かぁ?あーん。」
「す、す、すみません!」

・・・って感じかと一瞬思ったけど、全然違う。
男同士がキスしてる・・・。うわぁ・・・。

image4


裏側を見ると、コンドームでした・・・。
まぁ、男性同士でも性病とか怖いし、しっかりつけた方がいいよね。
って、そういう問題か?なぜ、こんなものが置いてある?
我慢しきれなくなった人がこのままトイレでしちゃうんじゃ・・・。

お客は少しずつ入ってくる。男性はタンクトップにハーフパンツ、足首に満たない靴下にスニーカーっていう
いかにもゲイっぽいファッションの人が多い。
皆さん常連のようで親しげに話をしている。
ちなみに、この日流れていた音楽は80年代の洋楽。
(全く分からなかったけど、txさんにお詳しく教えていただいた。
曲はダサいけど、一周してカッコよくなっているとおっしゃっていた。)
結果、一時間半ほどいたけど、全く人が入らず結局断念。
一度店を出て時間を潰して、再度三時半頃店に戻る。
それでも人の入りはあんまり・・・。30人くらい。女性が10人弱くらい。
うーん、こんなもんなのか、新宿二丁目のクラブって。
ちょっと残念な気持ちになる。
ぶっちゃけ、もう少しハードなのを期待していた。
男同志の激しい心と体のぶつかりあい、
ノンケの僕からしたら茫然自失となるような、愛の形を探しに来たのに。
僕が男性にもしナンパされたりしたら、多少はノるつもりでいた。
普通のクラブでナンパされる女の子の気持ちとか分かるかもしれないし。
だけど、自分の予想をはるかに下回ってしまった。
何もなさすぎてブログに書こうか本当に迷った。だって、オチがないんだもん。
僕がオカマを掘られることは結局ありませんでした。
楽しみにしていた方、すみませんでした。
あまりのつまらなさに、同行したtxさんに上記コンドームを使用し僕のお尻を犯してくれと
懇願しましたが、「ブログのネタを強制的に作るのはよくない!」と叱咤され、断念しました。

だけど、ちょっとだけ分かったことがあった。
それは「流し」のお姉さんと話をしたこと。

次の記事は単なるおまけ。そのお姉さんから聞いたクラブの実情をお話ししようと思います。

↓僕が男性とセックスをするのを楽しみにしていた方、すみませんでした。
次こそは頑張ります!!←えっ!?

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ


恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな 


a>11:10│コメント(4)日記 | 飽くなき性の探求このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by 真司   2013年12月18日 10:08
>30人くらい。女性が10人弱くらい。

女性が10人もいたらゲイはいやですよね。行きたくないです。
ゲイだけの日に行ったら違うかもしれません。

掘られたいならばクラブではなく、発展場行くべき。2丁目の24会館とかいいですよ。
2. Posted by トム   2013年12月19日 05:20
はじめまして、僕はゲイです。
他の方がいってますが、クラブは踊る場であり、相手を探す人もいるけど、真面目な交際相手を求めてる場合が多いですよ。クラブでナンパしてホテル直行って少ないと思う。まあ
自宅呼んでHする人はいますけどね。ゲイの世界でヤル場所は発展場です。そこで声かけてきた人に掘ってもらうといいですよ。僕(タチ)でよければ掘ってあげたいです。トコロテンさせられるし、テク自信あります。まず舌で掘って穴が開いたままに仕上がってきたら指を1本、2本…と入れて拡張し、そして電動ローターを最初は1コ、相手の苦痛の表情も見ながら最大で5コくらい入れちゃいます。あとはローター抜いて指マンしたりして、最後はホンモノ入れます。でも最終的に相手を射精させる時は、指マンかなやっぱ。指マンしながらトコロテンさせるか、トコロテンしなかったらローター入れながらか指マンしながらアレを扱いて上げてイカせます。多分、初めての快感にびっくりすると思いますよ。ではでは(笑顔)。。。
3. Posted by 御子柴清麿   2013年12月19日 23:59
To:真司さん

はじめまして。
書き込みありがとうございます。

ゲイの方にとって、クラブの1/3が女性だったら、
嫌なんですね!
ゲイオンリーの日もありましたので、
真司さんはそういう日に行ったら楽しめるかもしれませんね。

掘られたいと言ったのは冗談です。
発展場は僕にとっては怖い世界です・・・。
4. Posted by 御子柴清麿   2013年12月20日 00:03
To:トムさん

はじめまして。
書き込みありがとうございます。

クラブではマジメな交際相手を探しているとのこと、
初めて聞きました。そういうものなんですね。

コメント後半なんか怖いこと書いてありますね。
トコロテンは意味が分からなくて調べてしまいました。
男性とするのは考えたことはないです。
僕はやっぱり女性が好きです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字