2013年05月11日

伝説のクラブ、エーライフが閉店しておおよそ一年が経った。
ナンパを抜きにしても、非日常空間という異次元に迷い込んだかのような、
世間から隔離された場所に男も女も関係なく魅了された。
閉店の憂き目を見て、途方に暮れているところに再OPENの予告、
それが「音楽喫茶パール」だった。
「喫茶???」初めて聞いたときはその謎の運営形態にド肝を抜かれた。
だけど、実際にOPENしてみたものの、おおよそ盛り上がることなく、
集客にも失敗してひっそりと幕を閉じた。
(結局、僕はパールに一度も出向くことは無かった。
その頃にはエーライフという安住の地を飛び立ち、色々な箱に行くことに夢中になっていた)
そして、昨日5月10日19時に「BRAND TOKYO」と名前を変えて再OPENした。
OPEN前から期待値は高かった。
ビルの前の垂れ幕には「エーライフ跡地にBRAND TOKYO 堂々OPEN」的な文言が
書かれていたし、「パール跡地に」っていう言葉じゃないところも期待感を煽られた。
世のクラバー達も「ついに戻ってくるんだ!!」という気持ちでいっぱいだった。

@西麻布「BRAND TOKYO」 5月10日21時 

OPEN当日、僕は全く行くつもりは無かった。
GW連休中には大阪のクラブに4日連続行っていたし、
ちょっとクラブ通いは控えて大人しくしていようと思っていた。
大阪のクラブの話やちょっとした小話をブログに書きたかったし、
大阪で感じた差別のことや今巷で再燃している風営法改正について勉強したかった。
先日お会いした磯部強さんから、新刊の
踊ってはいけない国で、踊り続けるために ---風営法問題と社会の変え方」もいただいたし、
これも早く読破したかった。

とはいえ、エーライフの再来とも騒がれているBRAND TOKYOのオープンを無視していいものか
ちょっと悩んでいた。
でも、大体行こうかどうか迷っている日というのは特定のメンバーから誘いのあるのが常だ。
「津田沼のドラゴン」「吉祥寺の女豹」「渋谷の忠犬ハチ公」の誰かから連絡が来る。
今回は渋谷の忠犬からメールが入った。「今日クラブ行く?」たったこれだけ。
でも、言わんとしていることはよーく分かる。
「(俺さっきまでストリートでナンパしてたんだけど、今日BRANDTOKYOオープンするじゃん?
俺エーライフ行ったことなくて、だから行ってみたいんだよね。
勿論、ミコちゃんは俺と一緒に)今日クラブ行く(よね)」こういうことだ。
僕らはナンパ師、これくらいの読解力は必要だ。

ということで、急いで家に帰って、シャワーを浴びて着替えて六本木に向かう。
ハチさんは既に中に入っているようで、ツイッターでは「クラッカーうまい」とつぶやいており、
新店オープン祝いに、パーティーグッズのクラッカーでも配布しているのかと思い、
火薬をつまむハチさんにテンションの高さを見た僕は必然的にクラブへの足取りも早くなるのだった。

22時、入店。店の前には花輪が大量に飾られており、祝福モード全開。
店の前にも人がタムロしており、続々と人が集まってきているようだ。
それらを尻目に入店。行列は出来ていなかった。
エントランスで¥3000を支払い、ドリンクチケットを3枚もらう。

NEC_0473


中に足を踏み入れるとそこはまさにエーライフ。懐かしい思い出が蘇ってくる。
ただ、内装が変わっており、地上一階はDJブースの場所が移動しており、
入口から入ってバーの奥に、そしてテーブル席があったところに
立ち飲み用の大きいテーブルやゆったりできるシートが壁際に設けられている。
そして、なぜかビュッフェになっており、ちょっとした軽食が並べられている。
これはどうも食べ放題らしかった、ハチさんの食べたクラッカーの正体はこれだった。

NEC_0474

地下一階に降りてみると、あのエーライフと同じ。
ただ、内装はすっかり変わっていて光の加減なんかはだいぶ違っているように見えた。
その他はDJブースの後ろのVIP席が広くなっていたことくらいか・・・。
その時点で人はまだまだ少なく様子見と言った感じだった。
逆に地上二階に登ってみると、こちらは席の配置が大分変っているようだった。


時間が経つにつれ、人が次々に入ってくる。
年齢層は幅広く、20代から40代まで男女共に居たと思う。
ただ、オープン日ということでお店の関係者も多かったようだ。
正直なところ、純粋な客としてはどの程度の人数が入っているかや年齢層かは把握できませんでした。

地下一階で23時頃から踊っていたのだが、ちょっとDJの選曲が悪かったように思う。
盛り上がる曲が少なく、盛り上がる曲でもサビの直前でブッタ切ったり、サビに妙なアレンジを加えていた。
悪意があって、わざと踊らせないために音楽をおさえつけているのかと勘ぐりするレベルだった。
これには不満タラタラな客が多く、そこらで悪評を耳にした。

NEC_0477

そして、24時を迎える。HPには2ndパーティーと称されるものがあると書いてあったが、
残念ながら24時きっかりに音楽がストップする。
客のアンコールに対してもDJが×印を示して「やらない」ことの意思表示。
まさか本気でこの時間でやめるとは思わなかった。
客は「もしかしてちょっと経ったら再開するのか」とフロアに残っていたりもしたが、
DJは早々にDJブースから引き揚げてしまった。
24時以降に音楽を流さないというのは、法律的には正しいことをしているが、
これでは残念ながら集客でも失敗するだろう。パールと同じ道を選ぶのか。
初日だから、諸々のハレーションを気にしての深夜営業禁止ってことだったら分かるけど、
今後も変わらないとすれば、今日の人の入りがBRAND TOKYOの最大値になる気がする。

なんとか営業スタイルを変えてくれることを祈るばかりだ。
ダンスフロアも盛り上がらないBRAND TOKYOを次々に出ていくお客たち。
友人のナンパ師さんも多分に洩れず、結局ミューズに向かっていったのだった。

 
↓以上、Brand TOKYO レポートでした。いかがでしたでしょうか?
お読みいただいたら1クリックお願いいたします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな

a>07:28│日記 | クラブデータこのエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by モカ   2013年05月11日 08:50
僕もエーライフ行ったことないので期待してたんですが、そんな感じなんですね(´・c_・`)
音楽も流れなくなるようじゃ、客離れ早そうですね……
2. Posted by 女の子大好き人間   2013年05月11日 12:23
お疲れ様です!!
自分も昨日行こうと思ったのですが、急用ができて行けませんでした(><)
vの入り口に「ノーダンス」て書いてあったり、いきなり音楽が止まったり。。の意味が分かりました。。
みんな大変だ!
今度BRAND TOKYO行って来たら、様子報告しますね。
3. Posted by 御子柴清麿   2013年05月12日 18:00
To:モカさん

正直まだ分からないです。
オープン日でしたしね、これから何か変わるのかもしれません。
変わらないのかもしれません・・・。
ちょっと様子をみましょう。
僕が知っていることがあれば、またブログに書こうと思います。
4. Posted by 御子柴清麿   2013年05月12日 18:02
To:女の子大好き人間さん

踊るな!!っていう張り紙は見ますよね。
大阪のクラブでも見ました。

あの張り紙の矛盾感はハンパないですね。
だって、あの張り紙の前で堂々と皆踊ってるんですもん。

まぁ、法律的に言えば、店側としては
勝手に店内で踊られているという解釈でしょうか。

この辺の塩梅は難しいですよね。
5. Posted by fd   2013年06月07日 18:12
今は使えるナンパ系クラブはミューズくらいでしょうか。バニティも営業停止ですし。管理人さん的にはどうでしょうか?
6. Posted by 御子柴清麿   2013年06月09日 21:25
To:御子柴清麿

ミューズかカラーですね・・・。
多少分散されて他にも活きのいいクラブが出てくる
かもしれませんが。
ちょっと様子見ですね。