2013年05月31日

5月3日(金・祝)22時半過ぎ @ワックス(WAX)

ジュールを出て、次はプラチナムに向かう。
プラチナムの場所は分からないけど、心斎橋方面だったよな・・・とアメリカ村を北上。

さすがGWだけあって人の数も多い。
観光客か現地人かは分からないが、飲み屋も繁盛してるし、
小さい公園も待ち合わせしているような若者のたまり場になっていた。

道すがら、前回大阪に来た時にお会いした方と偶然遭遇。
彼は最近は僕のブログを見ていなかったようで、勿論僕が大阪にいることも知らず、びっくりしていた。
いや、こちらもびっくりだ。まさか会うとは思っていなかった。

正直大阪に知り合いなんてほぼいないに等しいのに、
数少ない知り合いのナンパ師に会ってしまうのは運命を感じる。
ナンパ師というスタンド使いは引かれあうんだと実感。

彼に、今からプラチナムに行ってその後、ワックスに行く旨を伝えると、それ逆じゃない?と言われる。
実はブロガーのハイツさんに同じ事をも言われていた。
だが、僕の中では名古屋のプラチナムが早く終わるイメージを引きずっており、
大阪のプラチナムも早く終わるのだろうと思っていたが間違っている事が、ようやく分かった。
WAXは3時までで、プラチナムは5時までやっているとのことだった。

ということで、行き先を変更して先にワックスに行くことに
彼は連れの方とアズールに行くとのことでお別れ。
プラチナムに行くかもしれないという事なので、また連絡しますと言われてその場は解散となった。

そして、WAXに向かう。
心斎橋商店街を北に向かい、ユニクロが見えてきたところを右折だ。
もしくは、御堂筋を北に向かって、大丸が見えてきたらさらそれを越えて
ティファニーとフェンディの間の道をまっすぐ。
すると、右側に見えてくる。正直分かりにくい建物だが、僕が行った時には
セキュリティが何人か立っていて逆に目立っていた。

wax_map_big

地上で身分証チェックとメルマガ登録等の確認。
ここで何かしら提示すれば安くなるんだろうが、残念ながら何も持っていない。
そのまま地下を降りて、地下1階の受付で支払い。2500円1ドリンク。
エントランスからの階段を降りるとそこはもうフロア。
(以下、フロアマップを見ていただくと分かりやすいと思う。
上記地図含め、WAXのHPから転載しました。)

floormap_default

僕が入った時間はまだ15人くらいの男女が酒を飲みながら佇んでいた。
一人変なおじさんが蛍光ライトを持って必死に踊っていた以外は
皆落ち着いている。体を揺らすでもなく、ただただお酒を飲んでいるといった感じだ。

時間が経つにつれ、人は入ってくるのだが、本当に少しずつ。
どう考えても早くに入り過ぎたようだ。0時を過ぎるあたりで入場するのが良いと思う。
そんなにこのクラブも大きくはなく、ウロウロすることも出来ず非常に手持ち無沙汰な感じ。
一応、箱の説明をしておくと、地下二階の真ん中にダンスフロアがあり、四隅にはお立ち台、
DJブースから見て左側の壁にはスクリーンがあり、何かしらの映像が流れている。
バーは二か所あり、ダンスフロアの後ろとDJブースの後ろ。
このマップには書かれていないが、メインバーの隣にLADIES SEATが存在する。
男性は立ち入り禁止だ。(座るだけでなく、一帯が立ち入り禁止だった。)
VIP席もあり、地下一階部分がそうなのだが、こちらは席を取っていなくても足を踏み入れることができる。
僕は最後の一時間は地下一階のVIPシートがあるフロアからずっとダンスフロアを見下ろしていた。

僕が入ってから30分後、NON STYLE 井上似の男が僕に声をかけてくる。
「お兄さん、一人?俺とナンパしようや。」
関西人の男性はすがすがしい。堂々とナンパしようと誘ってくる。
そして、男同士の馴れ合いをすごく好むと思う。
これは完全に気質と言って差し支えないと思うのだが、
クラブ前で並んでいたり、クラブの中で一人でいると必ずと言っていいほど男性に絡まれる。
東京でも無いとは言わないけど、大阪では男でも声をかけるのが普通みたい。
ノリの良さなのか優しさなのか分からないけど、すぐに話しかけてくる。
僕は男性は好きでは無いので絡まれて嬉しくもないし、
コンビナンパは苦手だからまいったな・・・と思うだけなのだが、
人がいなくて、居心地悪かったし、話だけならと思い会話。
そして、まだ人がいない段階で疼く彼は「早くナンパしよう」と誘ってくる。
いやいや、目立つから嫌だよ。そう思っているうちに彼は声掛けを開始する。
レディースシートエリアにズカズカと入っていき、女の子に声をかける。
30秒もしないうちに、セキュリティーがすっとんできて彼をつかまえ、シートの外に放り出す。
「止めた方がいいと思うよ。」僕のアドバイスは彼に通じず、
果敢にその後もレディースシートナンパを繰り返し、
結果三回目でセキュリティーに超厳重注意を受けていた。

ほら、言ったじゃん。
結果、彼を非常識な人間と断定し、僕はそれ以上絡むのはやめて、
少しずつ混み始めたフロアに身を投じたのだった。

結局ナンパっぽいナンパにはならず、女の子との絡みも無し。
ここはキタのOWLと同じでクラブを楽しむ男女が多く、あまりナンパには適さない気がした。
ナンパするなら、壁際もしくはメインのバー前に立っている女の子に声をかける程度だろう。
1時頃、フロアも密集し始め、踊れないくらいになったところで
VIP席のある地下1階に移動し、そこから下をずっと眺めていた。
こうやって楽しく音楽に合わせて踊る集団をボーっと眺めるのが最近は好きだ。
ナンパとか抜きで、思うがままに歌って踊って酒を飲んで、
そういう場が日本には必要だと、俯瞰して見ながら思うようになった。
なんで0時を過ぎたら踊ってはいけないんだろうとかそういうことを考える時間が増えたと思う。

そうこうしているうちに2時を過ぎたところでプラチナムに行こうと重い腰を上げる。
僕はナンパをしにきたのであって、クラブでのんびり過ごしたいんじゃない。
番ゲどころか声掛けもほぼしない状態でWAXを後にしたのだった。

【補足】
大阪のクラブにはDJじゃなくてMCがいます。
名古屋でもいたし、何回かそういうクラブに出入りしているうちに、
この人のMCノリやすいわ!とか感じるようになった。
ここで一番早い時間にMCをしていた「MC RYO」さんという女性が個人的には好きになりました。

http://ameblo.jp/mcryo/

ハスキーボイスとまではいかないまでのかん高い声と
曲によってメリハリのついたサビの煽り方とか、素人ながらすごい上手だなと思いました。

僕の記憶が正しければ、大阪で初めて足を踏み入れたジラフでもMCをしていました。
顔は覚えていなかったけど、声で覚えていて、その時はMCという存在の新鮮さで
彼女の素晴らしさは理解できなかったけど、今は普通に好きだなーと思えるようになりました。

こうやってDJだけじゃなくてMCのファンになるというのも
東京では考えられなくて、大阪のクラブの楽しみ方を一つ知った気がしました。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな



a>01:49│コメント(0)日記 | 大阪編このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字