2013年03月20日

クラブ日記No.81の続き

イマイチ乗り切れないジュマンジを後にし、日を越えたあたりで西麻布ミューズに向かう。
その前にロアビルにバニティの行列が出来ているか確認しに行く。
最近はこの行列は「ラーメン屋の行列」と界隈では呼ばれている。
(僕の記憶が正しければツイッター上でpikaさんという方が最初に言い始めたんだと思う)
「天下一品」の向こう側に並ばされているから・・・という理由ではなく、
実際は店内は混んでいないにもかかわらず、
入場制限をかけられる(エレベーターが一基使用できなくなっているとか)せいで、
人気ラーメン店のように並ばされ、行列を宣伝としている皮肉が込められていると思う。
この日は特に行列は長くなかったが、一緒にいたナンパ師さんが女の子の顔が見たいと言いだし、
二人で行列の先頭から女性を舐めまわすように観察する。(サイテーだ・・・)
容姿のことを言ってしまうと、可愛い子もいるが、普通の子、ブチャイクの子も多い・・・。
見た目について僕が物を言うのはおこがましいが、客観的に見てもバニティは質が落ちたなぁと思う。
可愛い女の子がいるから、それに見合うような男がクラブに行くっていう男女共に
クオリティが高いのがバニティの売りだった気がするが、
クラブ自体が少なくなっている現状からすると、そういうフィルター要素が無くなっている気がする。
店側にそういう意識があったかどうか分からないけど、現状はそんな感じだ。
まさか今更ブスの女の子とブサイクの男は入店拒否ってわけにもいかないだろうし。
ってか、そんなことされたら僕なんて門前払いもいいとこだな・・・。今のはナシナシ!!

バニティを後にし、今度はカラーに向かう。
週末にカラーに行ったことは無かったのでカラーに行ってもいいなぁと思っていた。
こちらも軽めの行列が出来ている。
そして、可愛い子が沢山並んでいる。バニティとは大違いだ。
平日に一度行った時も可愛い女の子が多くいて、週末も「もしかして?」と思ったが、
バッチリ的中。うーん、この違いはどこで起こってるんだろう。
バニティもカラーも店内は綺麗でライト等の設備も含めてセンスがあるのは共通しているところ。
カラーはキャデラックのカフェが併設されているのがカッコよくもあり、
また、芋洗坂・けやき坂の交わる交差点に店を構えているも一つ人が入るポイントかもしれない。
この辺りの考察はまだまだ足りないな。少なくとも週末に一度は入らないと何とも言えないや。
この日の相方はカラーの音はあまり好きじゃないということで当初の予定通りミューズに向かうことに。

ミューズでは並ぶことなくすんなりと入店。
同じような時間にバニティやカラーと違い、行列無しで入れるのはやはり収容できる人数に
圧倒的な差があるからだ。
やはりあの広さは六本木周辺のクラブでは、今や大きなアドバンテージとなっている。
せっかくだから男女の容姿について触れておくと、
バニティ・カラーに比べると平均点はグッと下がる感じだ。
女性はいわゆる「並」の女性が多く、また「並以下」の割合も他クラブより多い。
男性も同様だが、ミューズにおけるイケメン存在率は美女存在率より高いとは思う。
ミューズは遊び慣れた人が多く、クラブ初心者は少ない。
色々なクラブに行った結果、ココを選んでいる人が多い。
以下、自分の私見になってしまうが、女性はナンパされる率が格段に違うと思われる。
音楽とか入場料とかクラブの雰囲気は置いておいて、ナンパという観点から言うと、
「普通」の女の子はバニティやカラーでは容姿に優れた女性が周りにいて比較的ナンパはされにくく、
相対的にナンパされやすいからミューズを選んでいる部分があると思う。
男性も美女は落とせなくても普通の子ならうまくいくからミューズを選ぶ。
そういう側面がきっとあると思う。実際僕の場合「即」「準即」率共にミューズが一番高いかな。

ミューズに入った僕らはいつも通りナンパ師さんと絡み、そしてダンスフロアで踊る。
久しぶりのナンパは特に支障なく、特段うまくいったわけではないが、
しっかりと番ゲし、次につなげられそうな案件だけは確保しておいた。
年末くらいからナンパ師さんに「地蔵気味ですね。」とよく言われる。
実際人から見たら地蔵と思われるくらい、バー近辺やダンスフロアの端で佇んでいることが多い。
体力の無い僕はスタミナが足りず省エネモードに・・・というわけでもなく、
ただ人を観察している。女の子の動きだけじゃなくて男の動きも含めて。
「あの女の子はお立ち台でさっきまで踊ってたから話しかけても時間の無駄だな~。」
(→お立ち台で踊るような女の子は真性のクラバー女子。ナンパにはのってこないことが多い。)
「この女の子はさっきから男に声かけられてもすべて強烈な拒否。
クラブには慣れて無さそうで隙はあるけど、丁寧に行かないと門前払いだろう。」
(→こういう子は人ごみの激しくないところで、クラブといえども誠実そうに、
笑顔で「こんばんは」という声掛けから入っていくのがいいと思う)
「フロアの後ろで不貞腐れている女の子、つまらなそうにしてるけど実はナンパ待ちだな。
『どうしたの?』って聞いたら『友達がいなくなって』・・・って言うんだろうなぁ」とか。
(その後は「友達はどんな子?」「どのあたりにいるの?」「携帯はつながらない?」等の質問をし、
「一緒に探しに行こう」「友達と会うまで飲もうよ(踊ろうよ)」って言って手を握ってしまう流れを組み立て。)
男についても「こいつのナンパは随分乱暴で女の子は嫌がってる。この男の後に声をかけよう。
彼がしつこくすればするほど、僕の評価は上がるでしょ。」
(嫌がって逃げるところを押さえるのも良し。
もしくは絡まれているところを、耳元で「しつこくされてるけど大丈夫?」って言ってみる。
「そうなの。どうしよう?」って返答だったり、助けを求めてきたりすればこちらのもの。)
「いい具合に女の子に刺さってる男の子、なんかモジモジしてるけど、手でもつないだらいいのに。
ノンビリしてると女の子どこか行っちゃうよ?逃げられたら僕が回収しとこうか」とか。
(ナンパに慣れている子は業を煮やすことも多い。こういう場合は女の子の方が上手。)
さすがにクラブナンパには慣れてきて、パッと見で男女の関係性や刹那的な精神状況は理解できるようになった。
例えば一組の男女がいて、「和み具合」「女の子の食いつき具合」「主導権の握りがどちらにあるか」「即の可能性の可否」、これらはおおよそ判別できる。
経験を積んだナンパ師ならこれが分かるし、自分に置き換えれば、
女の子を口説くのに押すのか引くのかの判別にもなる。
熱を帯びたダンスフロアや情熱を持って口説く暗がりで自分だけ冷静になって観察する。
これって結構重要なこと。
声をかける数も重要だけど、そうやって分析してピンポイントで声掛けするのも一つの方法だと思う。

ということで、この日は5声掛け程度で、2番ゲ。
キスしたりイチャついたりは無かったけど、僕の場合はこんなもんだ。
朝方、ナンパ師さんと合流し外に出る。久しぶりにクラブに来たものだから腰が痛い。
同い年のナンパ師さんから「もう年だからね・・・。」と言われる。
切ないこと言うなよ!んなもん分かってるけど声にしないんじゃん!

西麻布の交差点から反省会兼ストリートナンパ兼お茶会をしながら駅に向かう。
連れ出したナンパ師さんの姿は無いから残されたナンパ師さんはある意味負け組だ。
負け組は次に備えて復習する。あれが悪かった、こんな話をすればよかった。
日本人は勤勉でそして真面目だ。
そして、早速ストリートナンパで実践する。
「あれ?ミューズ帰り?俺たちも!」
「もしよかったらご飯食べて行かない?つるとんたん行こうよ、つるとんたん。」
「え?食べない?もう帰るの?そんなこと言わずにさぁ。」
「ちょっとだけ!俺三分で食べ終わるからついてきてよ。」
「三分でうどんを完食するところ見たくない?ね?見たいでしょ。」
「ちなみに、隣にいるコイツ、鼻からうどん食べるから。見たくない?」
「二つの穴から同時に食べるんだよ?見ないで帰るなんて後悔すると思うなー。」
「このまま帰るとするじゃん。そしたら寝る前に思い返すわけ、俺たちのこと。」
「起きてからも悶々として、あの時見とけばよかったって。
それで君はこう思うんだよ~・・・「私もうどん、鼻から食べてみよう。」って」

「いや、思わねーし!!」

女の子に一蹴される・・・。トークはまだまだだな。
ちなみに上記のシャベリは某ナンパ師のものだ。
僕は「鼻の両穴からうどんを食べる人」役として、鼻のコンディションを整えていた。

いや、鼻からうどん食べねーし!!

こんな感じで駅までの道をひたすら歩いていくのだった・・・。

前回予告ではクラブ日記「一週間前に高校の卒業式があったってことは?」という
予告を出していました。すみません、序章が長くなってしまい・・・。
次回はこの続きです。まだ続きます・・・。期待されていた方すみません。

↓期待感を込めて以下のクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな

a>00:03│コメント(7)日記 | クラブデータこのエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by か   2013年03月20日 08:14
並ばないで入れるっていいですよね。
agehaもゲストでいけば並ばないで入れるから良いですよ。

みこしばさんのつるとんたんトーク
読み笑わせていただきましたw

カラーは麻布十番南北線方面からも
いけるしTSUTAYAスタバ
時間潰すとこありますね。
2. Posted by 御子柴清麿   2013年04月07日 10:42
To:かさん

とるとんたんトークは僕じゃないですよー。

平日にカラーに行ってナンパできなくて、
早めに出た時にはツタヤで時間潰して帰りましたね。
朝4時くらいに閉店になっちゃうのがイタイですが。

アゲハあまり行かないので分かりませんが、
ゲストってどうやってとるんですかね?
3. Posted by か   2013年04月08日 23:58
agehaのゲストはmixi、Twitterで
イベンターとメッセ交換し
名前告げておくとかですね。
4. Posted by くまお   2013年05月06日 11:09
はじめまして!
おもしろいですね!
カラーにいってみたいのですが木曜は
すいてますか?
ガラガラだとつまらないなーと思っていて終末いくかで迷ってます。
5. Posted by rica   2013年06月21日 12:12
4 すっごい楽しく読ませてもらいましたw当たりすぎててww

私も居心地のよさで最近はもっぱらmuseです。この前友達が「周りが引くぐらい踊ってたね」ってナンパされたみたいでww否定からのナンパが新しくて笑っちゃったみたいですww行くときは滝のような汗かいて帰るから毎回疲れてるんだけど、やっぱりクラブ楽しいなーって思います♪御子柴さんが見かけたことある人だったらと思うと可笑しいですねw
6. Posted by 御子柴清麿   2013年06月24日 01:01
To:くまおさん

一度だけカラーに平日行きましたが、
空いてますよ。
空きすぎて、逆にナンパは出来ないです。

なんかみんなゆったり飲んでる感じです。

女子大生みたいな子たちが多かった印象です。

男女比率は女性の方が多かったことだけはお伝えしておきます。
7. Posted by 御子柴清麿   2013年06月24日 01:04
To:ricaさん

museでお会いしているかもしれませんね。
一緒に踊ったり、僕がナンパしている可能性もありますね、きっと。
僕もricaさんと同じで、朝方には疲労困憊だけど、
クラブ行くとついついはしゃいでしまいます。

もし気が向けば、一緒に行きましょ~。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字