2013年02月16日

僕はブログをやっておきながら他人のナンパブログはあまり読まない。
定期的にチェックするのは限られている。
僕の読む基準はナンパをして何を思ったかとか何を感じたかとか
そういう人の内面に興味があって、
スぺ高の女の子とセックスしたとか何人とセックスしたとかには昔ほど興味が湧かない。
(単純にすごいな~と感心してるし、自分にはそんな腕は無いなーとも思う)
あとは具体的に口説いた女性像が見えるものは好きかな。
その女性に響いたナンパ師さんの行動や口説き文句や心情の変化が、
ストーリーとして語られてるブログが好き。

そういうわけでリンクさせてもらっているブログは数少ないものなのだが、
その中に唯一ナンパとは関係のないブログが混じっている。
minacocoさんの「mina☆coco」というブログだ。
このminacocoさんは何故かツイッター上ではナンパ師をフォローし、
ナンパ師の行動をチェックしている。
また、ブログではナンパと全くもって関係のない記事を書かれており、
まぁ、このブログが面白いので勝手にファンとして更新を楽しみにしている。
彼女のブログは起承転結がはっきりしていて、溢れるユーモアセンスが
程よく爽快な読後感を生み出している、そんなブログだ。
ちなみに、「minacoco」がどういう意味かは不明だ。
「みんなここにいるよ!」の略かもしれないし、
「皆殺し!ここにいる奴ら全員!」の略かもしれないし、
「みんな、ココイチのカレー好き?」の略かもしれない。
まさか、「美奈」さんとか「源心美(みなもとここみ)」さんとかそういう単純な名前ってことは無いだろう。
あのブログはそんなオチの無いブログじゃないから。ねぇ?minacocoさん?

minacocoさんは関西在住だということは知っていて、
前から「機会があればお会いしましょう」って話はしていたから大阪に行く前に連絡をした。
不定休でお忙しい中、時間を空けてくれて、
しかも「観光案内しましょか?」という有難いお言葉もいただき、
彼女の提案した以下のプランから①を選択した。

①せっかく関西に来たので京都も見たい!寺見たい!舞妓さんに会いたいツアー
②ディープな大阪を見たい。生活保護とか人権とか覚醒剤について改めて考えたいツアー
③夜からクラブなので省エネ、北新地とか辺りでお茶だけで結構ですツアー

↑これ、ホントにminacocoさんがメールでくれたツアー名です。
全部面白そうじゃありませんか。③みたいにちょっとした逃げ道を用意してくれてるのも
彼女の優しさだし、①②については彼女のエンターテイナー性が感じられる。

僕はとても楽しみにしていて、待ち合わせ場所の河原町駅に30分以上早く着いてしまった。
ナンパで口説く女の子とは大違い、いつもはギリギリなのに。

1月某土曜日 14時 @京都四条

駅を出て高島屋の入り口で彼女を待つ。
盲導犬育成の支援を!と募金活動をしており、大人しそうな盲導犬二匹が
つぶらな瞳で僕を見つめる。仕方ないな・・・お金を出すか。
たまたま持っていた小銭数百数十円を募金。
募金した途端、ソッポを向いてしまう犬達。な・・・なんだ・・・その反応!

そうこうしているうちにminacocoさんが到着。
なんかイメージと違う!!ツイッター上のアイコンがモデルみたいな女性だったこともあって
長身の綺麗系を勝手に想像していたが、可愛らしい御嬢様といった感じ。
「こんにちは。はじめまして~」こぼれる笑顔がまぶしい。
このお嬢が、あの笑えるブログを書いている人かぁ。ギャップにちょっとだけクスリ。
横断歩道を待っている時に横顔をじーっと見ていたら、
ちょっと緊張してる様子が伺える。白い肌が強張っているのが分かり、
つい頬っぺたを触りたくなる。でも、今日はそういうのは厳禁だ。

minacocoさんは車で観光案内してくれるとのことで駐車場に車を取りに行く。
駐車場で駐車料金を払ってくれるminacocoさん、ヤバ・・・お金出さなきゃ。
今回は僕のためにわざわざ来てくれたのに。
清水寺に行く途中、車の中ではナンパ師さんの話題に。
ツイッター上で有名なナンパ師の方々の名前が出る。
この人のナンパ師チェッカーぶりは伊達じゃないな。
なかなかナンパ師とお会いすることは無いということなので
今回お会いできたことはとても感謝。
「なぜナンパ師さんをフォローしてるんですか?」と聞くと
「私にとっては007を見ているような印象。
銃撃戦が繰り広げられてるのをぼんやり遠くから見ているイメージ」と彼女は言う。
人間観察がお好きなようで、今はジャンルとして「ナンパ師」に興味が向いているようだ。

清水寺近くに車を停めてminacocoさんと清水寺まで歩く。
みなここ散歩とみこ散歩だ。ややこしいな・・・。
minacocoさんは東京に来たとき、僕の「みこ散歩~麻布編~」を参考に歩いてくれたとのこと、
えっ!そこまでしてくれたんですか?嬉しいけど・・・。
産寧坂・二年坂・ねねの道をゆっくりと二人で歩く。
ところどころに残る古都京都の街並み、都会で過ごす僕の心が少しずつ洗われていく。
歴代の御子柴家の先祖達から受け継がれる血が騒ぎ、まるでここに住んでいるかのような錯覚さえ覚える。

sannenzaka

ninenzaka



やっぱり京都はいいなぁ。
途中、minacocoさんお気に入りだというイノダコーヒー清水店に入る。
京都市内に数店舗ある他、東京横浜にもあるようだ。
広々とした店内には観光客が小休憩している。
天井が高く、店内からガラス越しに庭が見渡せ、開放感がある。
椅子やテーブルは和風で落ち着いた雰囲気を醸し出している。
minacocoさんは「コーヒーとショートケーキ」
僕は「コーヒーとチーズケーキ」を注文。
※コーヒーは¥500、ケーキセットで¥880.
コーヒーは「アラビアの真珠」と名がついているが見た目普通のコーヒーで、
濃厚でコクがあり苦味も若干強め・・・な気がする。美味しい。
コーヒーは好きなのだが、正直味の良し悪しとかは分かっていない、でも美味しい。
やるな、mincocoさんめ!

「ナンパ」の話、「ブログ」の話、「プライベート」の話、「仕事」の話・・・
お互いまだ緊張はしているが、このお店に何時間でも居れそうなくらい
話はスムーズに。僕はしたことないけど、お見合いとかこんな感じなんだろうな。
相手のことは少しだけ知っていて、初めて会ってお茶して・・・。
まぁ、「ナンパ」と「ブログ」の話している時点でお見合いな訳ないけど。

一時間くらいしてお店を出る。
そして、清水寺に。一度京都へは修学旅行に来たことがあるのだが、
その時、どこに行ったかとかそういうことは一切覚えていない。
ただ、清水の舞台に立った途端、ここには一度来ているなと感じた。
舞台の妙に傾いた感じ、舞台から見える京都市内、これは一度体感している。
minacocoさんによると、秋の紅葉シーズンが一番綺麗とのこと。

NEC_0182
確かに今は枯れ木になってしまっていてうら寂しい感じがする。
これはこれで哀愁があっていいけどね。

清水寺を降りてそこから下山。元来た道をゆっくり歩く。
歩きながらも、会話は途切れることなく続く。
「ナンパで会った女の子の話」「ブログには書けない諸々のこと」
僕は基本的に自分のことを話したがらない、
相手の話を聞くのが癖になってしまっているから。
ついつい喋ってしまうのはminacocoさんに心を委ねているからだろう。
自分でも、「ちょっと喋りすぎてるな~」と思うほど。

祇園近くまで来て、食事(予約までしてくれていた!)まで時間があるとのことで
minacocoさんお勧めのお汁粉屋さんに案内してもらう。
「食べてばっかりでごめんなさいね」と彼女は言うが、
体力の無い僕は色々なところをグルグルまわるよりは
こうしてゆっくりお茶でもしながら話が出来たほうがいい。
しかも、またしてもここのお汁粉が美味しく!・・・後編に続く。

↓みこ散歩ならぬみなここ散歩はいかがでしょうか?
ナンパ関係ないですが、ぜひクリックを!

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな

a>00:05│コメント(4)みこ散歩 | 大阪編このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by か   2013年02月17日 14:37
みこさんlineidわかればメッセ送ってみたいです。
みこさんぽ楽しいですね。
文章書くのうまいと思う。
2. Posted by 御子柴清麿   2013年02月17日 22:12
To:かさん

いつも書き込みありがとうございます。

LINEIDって自分で取得するやつですよね?
(仕組み分からず・・・すみません)
しかもここで公開したら、
登録してある本名を公開することになりますよね?

ちょっとご勘弁いただきたく・・・。
3. Posted by    2013年02月20日 00:37
読者アポですね!僕も一度は経験してみたい者です^^

不躾な質問ですが、即られたのですか?(笑)

twitterを携帯でやるとアドレスの中の知られたくない方々にナンパ師だということバレてしまいますか?
プライベート機能はあると思いますが。
Lineやfacebookもそうだけど、設定を変更しないと身バレしますからね…(-_-;)
4. Posted by 御子柴清麿   2013年02月20日 02:18
To:皇さん

読者アポです。
最近は女性読者とお会いしたりもしますが、
手を出したことはありません。
ご飯食べたりお茶したりして、
ブログの感想や意見を聞いたり、
どんなこと書いたら面白いですか?って聞いてみたり。
非常に参考になって有難く思っています。

女性でわざわざ連絡くれる方は、
僕のブログを好きでいてくれる大事なお客様なので
あまり失礼なことはできませんね。

ブログで語られるような1即という「即」の字で
カウントできちゃうような存在ではなく。

ただのカッコつけかもしれないけど。

ツイッターやフェイスブックは携帯の設定で「同期」という機能を
はずしておけば、電話帳と切り離してくれます。
リアルの友人なんかにはバレずに済みますよー。



コメントする

名前
URL
 
  絵文字