2013年07月10日

クラブに行ってナンパされたくないと本心で思っているなら事前準備が重要です。
ナンパに寛容な女性も耳を傾けてください。
ナンパされ慣れて上手なあしらい方を知っている女性なら単なるあるあるネタになるでしょう。

クラブでのナンパという行為はあまりにありふれていて、街でナンパを避けるのより難しい。
例えば、街でなら「早足で歩く」とか「イヤホンをして音楽を聴く」とか
「サングラス・マスクをする」とか一定の対策が立てられるけど、
それらって全部クラブでは意味ないもんね。逆に目立ってつかまります。
ということで、あらかじめナンパを最低限に抑える事前準備を。
僕なんかがおこがましいけど、ナンパする男性にアドバイスするなら事前準備が重要と答えます。
女性も同様、ナンパを避けたいなら同様に準備しておかなきゃ。

①露出度の高い服装をしない

もう前提中の前提。
クラブという非日常空間を楽しみたくて、はっちゃけたいという人もいるかもだけど、
服装まではっちゃけちゃいけない。
肩が見えたり胸元が見えたり、生足だったり。
男なんて単純だからジロジロ見てます・・・。
見ようと思って見てるんじゃなくて悲しい男の性。
クラブでナンパする男は下心が少なからずあるわけで、
そんな人たちからしたら露骨に性的なものを見せつけられて興奮しないわけないし。
だから、多少暑くても露出度低めに抑えること。

同様の理由で、体のラインが浮き出る恰好やスカート、ひらり翻っちゃうような格好もダメ。

②複数人で行くもしくは男性を連れて行く

複数人でいると、ナンパする男性側視点からすると非常に声をかけづらい。
例えば、男性が一人で三人組に声掛けするのって勇気がいるし、
やっぱりその場の主導権を握るには人数が多い方がいい。
ということで、クラブに行くのには複数人で行くこと。
もし、友達とはぐれて一人になってしまっても大人数で行ったら、
探し回れば遭遇できる確率も上がるわけだし。
悲惨なのは比較的大きいクラブに女の子二人で行ってはぐれちゃった時。
どうやってもお互い出会えない。そういうときに限って電話もつながらないし、
なんか電波悪かったり。電話がつながったと思ったら五月蠅すぎて何言ってるか分からないみたいな。
一人になったらナンパする男性にとってはカモのようなものだから、ガンガン声かけられることに。

もう一つ、一番有効なのは男性の友達を連れて行くこと。
その男性が騎士(ナイト)のように守ってくれる人だったら最高だし、
始終一緒に居てくれなくても御札程度の効果はある。
男が「誰と来たの~?」って声かけてきて「男友達」って言ったら、
男の顔がみるみる曇っていくのが実感できるはず。笑
ナンパする男性からしたら、「なんだよ、面倒くさいなぁ。」って感じ。
男友達と一緒に来る女性って、ただのクラブ好きや飲み好きの可能性が高いし、
女の子に手を出そうものならモメるかもしれないし、
一緒に友達と帰るだろうからお持ち帰りとか無理だし・・・って
色々リスクを考えると旨味が無いって結論に行きつくわけ。
つまり、裏を返せばナンパの声掛けに「今日オトコと来てるんだよね」ってのはとてもいい返しになる。
例え嘘であっても男性の戦意を削ぐには十分。

③酒を飲み過ぎない

案外、これを守れない女の子が多い。
クラブに来てはしゃぎたい気持ちは分かる。
だけど、必要以上にはりきって飲み過ぎちゃうのはまずい。
普段友達と居酒屋で飲み過ぎちゃうのとはワケが違うんだから。誰も助けてくれないよ?
悪質な男共が暗闇からあなたを見てます。
夜のハンターの梟が道に迷う純情なリスやうさぎを狙っている。
これは本当に最低の行為だと思うけど、実際にあり得るから気を付けたほうがいい。
僕が嫌いな男性の持ち帰りパターンは、女の子にお酒を煽るように飲ませて
ベロンベロンにさせて、体力を失ったところをクラブから運び出すように
タクシーに乗せて帰る連中だ。
そんなんでレイプまがいに女の子を抱いて何が楽しいんだろうと思う。
女の子もとてもかわいそうだけど、自業自得。
たまに助けたくなる時もあるけど、僕には手を下す権利なんてない。
知り合いの女の子だったら男をぶん殴っても、タクシーから引きずりおろすけど。

自分の飲めるお酒の量をしっかり把握しておくことが重要。
女の子は月に一度のお姫様の日もあるし、そういった体調で飲める量も変わってくるから
それを見極めること。
クラブに行く日は、クラブに行く前にご飯食べにいったりすることも含めて
自分の肝臓と相談してください。
自分の理性のハードルを下げないように酒量をコントロールすることは重要です。

クラブ内では、男に言われるがままに飲まないこと。自発的でも自分の酒量を守ること。
上記のような悪質な男じゃなくても、
飲ませていい気分にさせて理性を緩めてって考えてる人は多い。
とんでもないブ男がアルコールのせいでイケメンに見えることのないように願ってます。
もし、目の前にテキーラを差し出してイッキ!コールするような奴が現れたら、
テキーラを口に含んで男の顔面に吹きかけてあげましょう。
あなたは全然悪くない。
ワタシを酔わせて何すんのよ!?そんな気概があっていいと思います。
iza-bt-121106-02-ns300

左)大仁田厚(あなた) 右)曙(つまらない男)

もうこの文章を読んだからにはあなたも大仁田厚になれますよ。
テキーラもいつの間にか赤くなりますって!

④ロッカーは別々にしない

これは最終防衛線。その日の持ち帰られを阻止する方法。

クラブでナンパする男側の目線からすると、その日女性を連れ出す時、
女性の言い訳として攻略しづらいのは「友達グダ」と「ロッカーグダ」・・・。
友達グダは「友達がいるから・・・」ってやつ。
まぁ、仲の良い友達を置いて男と外には出れないってこと。
これは食いつきが良くても女性同士の友情と見栄(軽い女だと思われたくない)によって
崩壊するパターン。まぁ、「始発まで待つ」とか「友達の女の子の様子を伺う」とか対策はあるんだけど、
とりあえず、それはいいとして、もう一つが「ロッカーグダ」。
友達と一緒に荷物をロッカーに預ける女の子の多いこと。
混んでいるから二つのロッカーを使わずに押し込んだのかもしれないし、
上記の友情と見栄の証明として「朝は一緒に帰ろうね!」ってことなのかもしれない。
女性の友情がハムより薄い場合には、女の子に荷物を出してもらって鍵を相方の女の子に渡して・・・
って作業をやらなきゃならないわけだけど、時間もかかるし、これは非常に面倒くさい。

ということで、逆説的に言えば、ロッカーを女の子同士で併用することが最後の砦になる。
本当に男とセックスしたくなったらクラブから出ればいいと思うけど、
「なんとなく流れで・・・」ってのもバカらしいし、
肉体関係を求めるにしたって後日よーく男を見定めてからでもいいわけだから、
少なくとも「その日に」ってことを回避するには有効。
まぁ、ロッカー云々じゃなくて意志が固ければ一番いいんだろうけど。

ということで、①②③はナンパを回避するために事前に取る行動、
③④は当日に男に連れ去られないような行動でした。

まだ幾つかありそうな気もするんですが、思いついたら追加します。
とりあえず、パッと挙げられるのは上記四つでした。

↓事前準備編はいかがでしたでしたでしょうか。女性の参考になればいいと思って書かせてもらいました。
男性の読者は「女の子に余計なこと教えるな」って怒られるかも知れませんが。ごめんなさい。許してね。
楽しんでもらえましたら、以下、クリックお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな 




この記事へのコメント

1. Posted by まな   2013年07月11日 09:40
はじめまして!
御子柴さんのブログは、女が読んでも不思議と不快にならないし、面白いのでつい見ちゃいます(o^^o)♪
女性のための〜も、男の人の考えてること分かって面白い!
大仁田がんばってみます(`_´)ゞ笑
2. Posted by 御子柴清麿   2013年07月13日 22:58
To:まなさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

女性の書き込み嬉しいです。
不快にならないというお言葉、ありがたく頂戴いたします。

ナンパしてる男の気持ちを説明することで
ナンパされる女の子の負担を多少減らせればと思ってます。

僕はクラブが好きだし、ナンパも好きなので、
ちょっとした啓蒙活動ですかね。

大仁田、顔真似つきでお願いします。

これからもよろしくお願いします。
3. Posted by N   2014年04月10日 10:59
4 今見つけてブログ拝見させていただいています。
内容が面白い!
ミーハーですがEDM好きでクラブに最近も良く行きます。
わたしは六本木メインです。
もしかしたらお会いしてるかもしれませんね(^^)
4. Posted by 御子柴清麿   2014年04月11日 22:53
To:Nさん

はじめまして。
ブログお読みいただきありがとうございます。

同じくEDM好きの、ミーハークラバーです。
きっとすれ違っているでしょう。
もしかしたら過去僕が声をかけさせてもらったこともあるかもしれませんね。

僕のブログの初期はナンパを中心に書いています。
最近はナンパをやめてしまったのですが。
女性を多分に不愉快にさせてしまう可能性が
ありますので、そこらは読み飛ばしていただけると幸いです。

今後ともよろしくお願いします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字