2013年01月02日

クラブに行く理由は人様々だ。
僕はクラブの雰囲気が好きだし、踊るのも好きだし、ナンパも好き。
酒はあまり飲めないから、飲んでテンションが上がるってのは無いけど、
十分ハイテンションで楽しんでいる。
クラブに行ったことなかった一年近く前には、
クラブなんてドラッグの温床だとか暴力団やマフィアとのつながりとか
怪しいものだと思い続けてきた。
フラワーの殺人事件があってからはクラブは裏の世界とつながっているのかなぁと
漠然と思ったりもするのだが、少なくともドラッグについては僕の周りで関わっている人はいない。
クラブ内でドラッグきめてラリってる人なんて一人も見たことないし、
売買の現場を目撃したこともない。昨今はセキュリティだって厳しいし。
僕の知ってるナンパ師達も、まぁ、ある意味クスリをやってるのか?ってくらい
ぶっ飛んだナンパを繰り広げてるけど、クスリには手を出しちゃいない。
彼らを突き動かすのは性欲というエンジンにテキーラやウォッカなんかの
ガソリンを注ぎ込んでいるからだ、クスリよりタチは悪いのかもしれないが。

c0021428_1231280

↑ナンパ師のナンパモードはこんな感じだ。

でも、クラブが純粋に素晴らしいものとは正直言えない。
一見華やかな世界にも闇が存在する。今回はそんなエントリーだ。
これから書く話は闇というと大袈裟で犯罪では無いのだが、
犯罪につながっていくという点では僕は注意を喚起したい。
クラブで嫌な思いをして、きゃわいい女の子達がクラブからいなくなるのが
一番寂しいし、(男はいなくなってよし!!)
ただでさえイメージの良くないクラブをさらに貶めてほしくないので。

これから書く話は事実に基づいているが、特定される恐れがあるから
半分フィクションに仕立ててある。全てを鵜呑みにしないでほしいが、
まぁ、そんなことがあるのか・・・と参考にしてほしい。

僕がクラブに出入りするようになって一年近くたった。
特にブログを始めてからは関わる人も急激に増えて、
ツイッターやブログ経由でお会いする人も何人もいる。
それでなくても、女の子をナンパしたり、なぜか男と意気投合したり、
声をかけなくても顔を見て「あの人常連だな」とお互いが気付いていたり、
クラブのスタッフやDJと関わることも少なくない。
相手が僕を御子柴と認識しているしていないに関わらず、
おそらく数百人の人間には出会っていると思う。(ナンパして無視されたりも含めて)
それだけの人に会えばおかしな人も存在する。
ねずみ講・ネットワークビジネス・宗教・・・そういったお話。

①ねずみ講の上の方に君臨するお姉さん

エーライフで初めて会っているから、一年以上前だと思う。
エーライフの地下一階、ダンスフロアの後ろにあるVIP席の前に、
割と小奇麗な、キャピキャピしているようなタイプではない女性が
一人で立っていた。背筋もピンとしてクラブという場では若干浮いているようにも見えた。
でも、逆に浮いている女性はナンパするには適しているし、僕もシメシメと近寄った。
「こんばんは」最初の一言は当たり障りのない言葉だった。
「一人なの?友達は?」一人の女の子にナンパする声掛けはまずは友達の確認。
「今ちょっとだけ話してもいい?」OKの返事をもらい話をする。
その後は普通の世間話、頃合いを見て「一緒に踊らない?」と誘ったが全くのらず。
会話の中で「今度食事でも」という約束をしたので、連絡先だけ交換して別れた。
応対はしてくれるのだが、ノリが悪いのか、そもそもクラブを楽しんでいるのか分からない。
その後も遠目で見ていたが男と話はしているようだがそれ以上は進展してなさそうだった。

数日後、メールのやりとりをして、食事をすることになった。
フリーの仕事をしているとクラブ内では言っており、僕の「もっと詳しく教えてよ」との言葉に
「また今度ゆっくり話す」と含みのある言い方をされていた。
今の時代にフリーの仕事をして食っていくというのは大変だろう。
ただ、僕は彼女の身に着けていた小物がブランド品だったことを見逃さなかった。
ネックレス・時計・ブレスレット、少なくともそれらは有名なものだった。
それ以外もきっとお高い物なんだろう。つまり、かなり成功している人なのだ。
フリーで成功している人・・・きっと面白い話が聞ける、そんなワクワクとした気持ちでアポに向かった。
正直なところ、いつもの女の子と違い、「下心」はかなり控えめだった。

彼女はさすがフリーの身だけあって、「アポの時間なんてどうにでもなる」
と言っていたが、こちらは土日休みのサラリーマン、土曜のお昼にランチに行くことになった。
お店は彼女の指定で銀座にある和食屋さん、僕はたまたま行ったことのあるお店だった。
この時点で僕は彼女に違和感を感じ始めていた。
というのも実はこのお店、政治家や企業のお偉いさんが使う店、
僕も接待で同席したことがあったのと、
ランチは比較的良心的なので女の子と行くことがたまにある。(結局いつものアポと変わらん・・・。)
実はこのお店は味・接客共に素晴らしく、ただ、値段が一般庶民には手が届かないので、
知られざる名店となっている。ランチだけは穴場で、サービスに対するコスパは素晴らしい。
そんな店を知っていてわざわざ指定してくることに甚だ疑問を感じた。

当日銀座駅で待ち合わせてお店に向かう。
お店ではクラブの続きのような世間話を・・・そして本題へ・・・。
僕は聞いた。「一つ聞いてもいい?俺、不思議に思ってることがあるんだけど。
このお店実は何度か来てるんだけど結構な値段するじゃない?
それに××ちゃん、今持っているバッグもグッチだし、
この前の時計もカルティエだよね?恵比寿にマンション買ったって話もしてたし・・・
言い方失礼かもしれないけど、お金持ってるよね。何の仕事してるの?」
かなり直球な質問。しかし、臆することなく彼女は答えた。
「誤解しないで欲しいんだけど、××だよ。」
(もう実名を出してもいいくらいの、ねずみ講で有名な会社。)
あ~、なるほどな・・・。妙に納得した。
「誤解しないでほしい」と前置きをするということは世間でのイメージを彼女は分かっている。
僕は特に驚く様子もなく、むしろどのくらい稼ぐのかどういうセールストークをするのか
興味を持った。だから、わざとねずみ講に興味のあるふりをして、彼女をフォローした。
「イメージ悪い会社だけど、いい商品を売っているって知ってるよ。」
彼女は僕のような擁護するタイプは珍しいと張り切って内情を教えてくれた。
彼女はねずみ講の上位に位置し、子どもたちが沢山いること、
OLとして二足の草鞋を履いていたが、今の仕事一本に切り替えたこと。
どれだけ儲かるか、どんな商品が売れるのか、
人にものを買わせるにはどうすればいいか・・・etc。
もう十分仕組みも理解した、ただ、自分は興味もないし、手を出すつもりもないが、
いいことを教えてもらった。さて、そろそろ切り上げようと思ったところで
彼女は言った。「御子柴君は聞き上手だね。話も上手いし、もしよかったら商品を売る側にならない?」
彼女は会話の中で商品を僕に勧めることはしなかった。だが、最後に僕自身を勧誘してきた。
「あなた結構才能あるわよ。」本音かお世辞かは正直読めない。
「ちょっと考えさせてよ。」思わせぶりな態度でその場を後にした。
最後に分厚いカタログを渡された。勉強しろってことかな笑。
その後は彼女から連絡があったがのらりくらりと躱しているうちに連絡は途絶えた。

僕はねずみ講について論ずるほど仕組みもざっくりとしか知らなかったし、
法的に何に違反しているかも正直分からなかった。
しかし、一般的に悪質と噂されている企業にわざわざ近づく意味が全くない。
彼女曰く副収入にはいいわよと言われたが、自分の理解の範疇外にあるものに手を出してまで
お金が欲しいとは思わない。

この会社、案外クラブでは暗躍しているらしく、
ナンパして仲良くなった女性が
クラブでナンパされた他の男性に呼び出されて説明を受けたことがあると言っていた。
「お腹が空いていないから行きたくない」と言う彼女を無理やり高級寿司屋に連れて行き、
お寿司を口いっぱいに頬張り、口の端にご飯粒をつけながら、
「稼いだら自分に撥ね返ってくる。俺はどんどん稼ぐ。俺にはでっかい夢があるんや!」と語っていたという。
こんな寿司屋でお金をぽーんと出す自分恰好いいだろ?って嫌味な感じだったと彼女は言っていた。
彼女の家は金持ちでいいところの御嬢さんのため、全く興味が湧かなかったようだ。
口説かれるついでに、化粧品や洗剤などを勧められたそうだ。
化粧品や洗剤などを勧めたついでに口説いたのかもしれないが、そこは謎だ。

まだまだ続きます・・・。

↓ナンパしてセックスした・・・とかそういう記事の方が面白いですか?
まぁまぁ、面白くないと言わずに箸休めだと思って読んでください。そして、以下をクリックしてください。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

恋愛 ブログランキング

ナンパあんてな

a>00:05│コメント(7)日記 │ このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by コリブリ   2013年01月02日 00:49
こういう記事も興味深いです
2. Posted by アプール   2013年01月02日 01:41
私も友人がクラナンした子経由でその辺りが主催のパーティーに偶然いきました。ハマってる人はみんな死んだ魚の目してるますけど、当事者たちは気付いてないのが滑稽ですた、、、
3. Posted by ダンサーマン   2013年01月02日 09:35
私も同じことがあります。クラブで知り合った娘が栄養士で、自分も学生時代スポーツをやっていたため、その日は栄養管理についていろいろ話しました。後日向こうから連絡してきて、会ってみると健康に興味があるならいい商品があると行ってA○○○yの商品を勧められました。

A○○○yやN○○ Skinのようなマルチ商法は日本の法律では違法のようです。しかし、これらの会社は外資で海外にヘッドオフィスがあるために日本の法律では裁けないそうです。

4. Posted by 御子柴清麿   2013年01月02日 19:38
To:コリブリさん

コメントありがとうございます。
クラブのことであれば、こんな記事も書いていこうと思っています。
読んでいただいてありがとうございます。
5. Posted by 御子柴清麿   2013年01月02日 19:39
To:アプールさん

アプールさんも同じような経験されているんですね。
お互い無事で何よりです笑。
6. Posted by 御子柴清麿   2013年01月02日 19:42
To:ダンサーマンさん

栄養士の会員さんですか。
素性が分かっている分、突飛な話ではないですが、
結果商品を勧めてくるところはやり手ですね。

結構いらっしゃるんですね~。
気を付けたいものです。

本社が海外にあると裁けない?
その辺りは法律について詳しくないから正直分からないですね。
そんなものでしょうか。
もう少し勉強してみようと思います。
7. Posted by ナンパパニック   2013年01月03日 00:13
男女限らず、クラブには結構いますよ。
僕は大した脈略もないのに「夢」「パーティー開いてるんだよね」「権利収入」とかのワードが出たらフルシカトします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字