2012年07月17日

クラブ日記No.31からの続き。

前回、合流したCさんが財布を無くしてしまったという記事を書きました。
皆さんもぜひ気を付けてください。
夜のクラブには危ない奴らも存在することを覚えておかなきゃいけないですね。

さてさて、Cさんが財布を無くし、見つかるまで、
僕は別の事件にも遭遇していました。事件って言うのは大げさかな・・・。

クラブに行くと高確率で会うクラバーの友人達(男女混合グループ)がいるんだけど、
やっぱりこの日もフラワー内でご対面。
会った途端、人の顔を見て大爆笑する奴ら。
そんなに面白い顔してませんけど?(いや、してないと信じたい)なんちゅ~無礼者。

そのうちの一人の女子が泥酔してしまい、ダンスフロアで吐いちゃったとのこと。
仲間うちで一番優しい子が一人でつきっきりで介抱して
ロッカー奥の通路のテーブルにもたれかかっているところに遭遇。
(他の友達は帰ったとのこと、これもまたひどい話。
男は女の子とクラブに来るなら、そこら辺はケアしてあげればいいのにと思う。)
この泥酔している女の子、グースカ寝てる・・・。

imageCAN5ICXX

クラブでベロンベロンになっちゃう女の子って何考えて
るんだろう?ってよく思う。
自己防衛とかそういった観念は持ち合わせていないのかなぁ。

この優しい介抱してる方の女の子は昔にナンパした女の子で
(おそらくクラブに行った一回目とか二回目でナンパしてるのに、
その後に手を出さなかったという自分の青さを露呈した女の子)
今ではすっかり仲良くなってしまった。
いい関係なので、どうこうするつもりはないけど。

泥酔しており、深い眠りについている女の子の傍ですることもなく
ただ時間が過ぎるのを待つこの子に僕は話しかけた。
「ず~っと、ここから動けないのつらいでしょ?何か飲み物買ってきてあげるよ?」
勿論、奢るつもりだったし、ここでお金を払わせるほど野暮じゃない。
だけど、バッグからチケットを2枚取り出して、「買いに行ってくれるなら、御子柴君のと二つ買ってきてよ」
僕はキュンとしてしまった。
数時間前には他の女から「エビアン飲みたい、奢って」と言われたからなおさらだ。
腹が立ったので買いに行くふりをしてその場からいなくなったら後で見つかって怒られる始末、知らんがな。
だから、こういう女性は大好きだ。
僕はほとんど酒を飲まないのでチケットが余ってると言って、勿論奢られるのは辞退した。

そして、二人で一杯飲みながら雑談。
結果、非常に深い「クラブ論」にまで発展したのだった。

「クラブ論」とはちょっと違うのかもしれないけど、
「クラブに行く私論・僕論」といったところでしょうか。
彼女の話を聞いて激しく同意してしまった。

最近、彼女、クラブ通いをやめようかと思っているんだと。
それは主に以下の理由だという。

①クラブに行くことで失っているものが沢山あるから
②クラブに行くメリットとデメリットの比重がデメリットに偏り始めているから
③クラブに行くなら、他にやるべきことがあるのではないかという自問自答

①クラブに行くことで失っているものが沢山あるから
彼女、ここニ年くらいクラブに通って、男性不信になってるという。
それは、男性がヤリ目的でナンパをしていることや、
自分の周囲で男絡みで嫌な思いをしている人を見聞きしてしまうから。
そのせいで、クラブ関係なく日常生活で知り合った男でも
裏の顔があるのかと思うと全く信用できなくなってしまったと。
クラブに来ることがなければ、何も知らずに(つまり、世間知らずのまま)
男と接することができたのにと嘆いていた。
正直、この話は耳が痛かった。
彼女には僕がナンパ目的でクラブに出入りしているのを伝えているからだ。
だけど、彼女の言うことはよく分かる。
クラブにいる男を見ていたらそんな風に考えるようになるのも無理はない。
でも、本当の意味での誠実さと倫理観を持ち合わせた男性は間違いなくいると思うよ?と
伝えておいた。
また、他にも精神的な部分で失ってるものがあると彼女は語った。

②クラブに行くメリットとデメリットの比重がデメリットに偏り始めているから
①の男性不信や深夜に出歩くという不健全さ、
そして泥酔している女の子の介抱
(クラブに来てまで酔ってる子の世話をなぜしなきゃなんないの?
しかも、連れの仲間たちは帰っちゃうし・・・ということ)など、
クラブに行くマイナス面が目立ってきているという。
クラブに行き始めた頃は「休みの日にはクラブに行くんだ!」っていう欲望があって、
踊ることも楽しくて、クラブという非日常空間にいることも心地よかった。
だけど、プラス面と比較して最近はマイナス面のほうが目立ってきてしまっていて、
クラブに行くことが昔ほど楽しくなくなってきていると。
決して嫌いではないが、惰性で来ているところもあるのかもと彼女は語る。

③クラブに行くなら、他にやるべきことがあるのではないかという自問自答
クラブで深夜を過ごし、次の日は潰れたも同然になると、
休みの日を有効に使ったとは言い難いと。
ある程度年を重ねてきて、このままでいいのかなぁと漠然とした不安を感じる中で
クラブに行ってる場合じゃないという焦りもあるのだと。
勿論、クラブに行くメリットもあるけど、未来永劫この生活スタイルが続くわけじゃないし、
クラブに行く時間を使って自分の将来のためにすることがあるのではないか?と
思い悩んでいるという。

彼女の思い悩むところは共感できるところが多い。
それは同じ年頃だということや同じクラバーだということが理由だろうし、
悩みの種類が若干異なるとすれば、男女の違いや生活環境などが理由だ。

僕と彼女を比較するとこんな感じだ。

①クラブに行くことで失っているものは、時間と金、精神的な何か。
時間は言わずもがなだし、お金もかかっている。クラブの入場料はタダじゃないし、
女の子を口説くのにお金もご入用だ。
そのお金の使用用途によっては別の形のほうが僕にとって有効だったのかもしれない。
また、「精神的な何か」というのは彼女が男性を表現するように
「純粋な心を失ってしまった」ということが
僕の中では結構なウェイトを占めている。後悔は全くしてないけど。
女を抱くために行動するというお猿さんのような知性の無い行為、
我ながらもっと嫌味な言い方をすれば、女性をとっかえひっかえしてセックスや口説きをゲームのように
楽しむということはやっぱり一般的な感覚からは若干逸脱していると思う。
だけど、決して悲観的ではなくて、僕の人生で「高校デビュー」も「大学デビュー」もなく、
どこかではじけるようなことが無かったからその頃の分を取り返している感覚がある。
あまりにマジメに生きてきすぎて、老いらくの恋は大変だというようなドロ沼不倫になったりするよりは
今こうやってクラブに通ってることは未来に色恋沙汰でつまずかないために必要なのかもと考えている。
そうはいっても、段々空しさを感じてきているのはあるんだけど。

②プラス面とマイナス面の比較では、僕はプラス面の方が現在は大きい。
だから、クラブに行くんだと思う。
これが彼女の言うようにマイナス面が大きくなったら、その時が僕の引退時期だ。
プラス面は「ナンパの快感・口説きの快感」「日常生活のストレス解消」「ナンパ師・ブログ読者との付き合い」だ。
特に、ブログを立ち上げて、僕の存在を皆さんに知ってもらえるようになって
現実世界では誰にも言えなかった自分の心の底にある影の部分をさらして、
しかもそれに同意してもらえたりすることが
今は非常に面白いし、新たな世界の発見にもつながっている。

③クラブに行く他にやることがあるのではないか?というのは概ね同意する。
でも、それが何か?と問われると漠然としていて正直答えられない。
将来のために何かってよく考えるけど、見つからないのだ。
逃げになるのかもしれないけど、目先に見える女子との戯れの方が、
人生の中で切り取られた今という期間ではそれに勝るものが残念ながら何もない。


人は誰しも悩みを抱えて生きているが、解消されるように生きようとする。
そういう意味では、自分の起こす行動には意味があってのことだし、
「クラブに行く」「ナンパをする」ということも自分の中で整合性が取れている話なんだと思う。
それが良いことか悪いことかは今は判断できない。
これからの人生でいつか振り返った時、答えが出るのではないだろうか。

おっと、今回はだいぶ真面目な話になってしまいましたね。
もし、読者の中でもこのような葛藤を抱えていたらいつか話を聞かせてください。

題名につけた「お嬢さん!落し物ですよ!」っていうのは、
この日会った友人たちは財布をダンスフロアで落とし、吐しゃ物をダンスフロアで落とし、
何か大切なものをクラブに落としてるんじゃないかってことで付けてみました。

ちなみに、この日は坊主でした。
しかも、二回連続坊主、我ながら情けない。もうちょっと頑張らなきゃね。
合流してくれたCさん、また、よろしくお願いします。
そして、持ち帰りかけたあの子との準即も期待してます。

※この記事は途中で書きかけのまま、間違ってアップしてしまいました。
記事を見てしまった方・コメントをいただいたダンサーマンさん、
どこが変わっているか詮索しないでくださいね。

↓以下のランキングサイトに登録しています。ぜひクリックをお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ



恋愛ナンパブログランキング>ナンパブログランキング

ナンパブログランキング

ナンパあんてな



a>00:05│コメント(12)日記 │ このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

1. Posted by ダンサーマン   2012年07月14日 11:47
自分も思うところが沢山ある記事でした。クラブで出会った女性を傷つけたことが沢山あるし、自分もクラブに通ううちに女性不信になっているところがあります。クラブに通い慣れてる男女って騙し合っている部分がありますよね。

それ以外に俺も色々なくしてるなぁ。クラブに通ってて。麻薬みたいなものですよね、一度簡単に即ってしまうとなかなかその味を忘れられない。

今日自分もフラワーに久しぶりに行きましたが、いろんな意味ですごかった(笑)完全に踊る場所ではないですね(笑)
2. Posted by 御子柴清麿   2012年07月17日 00:23
To:ダンサーマンさん

いつもコメントありがとうございます。
本記事の最後にも書きましたが、
書きかけの記事を数日前にアップしてしまいまして、
ダンサーマンさんのコメントを見て、気付くことになりました。
ありがとうございました。そして、中途半端な記事にもかかわらず、コメントいただきありがとうございます。おそらく、一度読まれたものと内容が一部変わっていると思います。

---------------------------
さて、コメントの内容についてですが、
ダンサーマンさんに共感していただき、嬉しく思います。
また、麻薬という表現は僕にとって適切なものです。

なかなか抜け出すのは難しそうです。

フラワーはもはや踊る場所ではないですね・・・。
僕はナンパも踊りも楽しみたいので、ちょっと残念です。

ところで、ダンサーマンさんは名前のごとく、
踊りはお上手なんでしょうか。

最近は我流の踊り方ではなく、
それなりの踊りを覚えたいなと思っているのですが・・・。
どうすればいいんですかね?
3. Posted by アプール   2012年07月17日 09:24
ちさほやされて浮かれてるビッチもいますからねえ。夜遊びばっかしてる子は肌荒れしてる子多いから美肌好きな私は萎えます。

クラブのレジャーランド化して裾野が広がってる影響ですかね、ダメ人間な私が思うに。
 
後悔するなら酔った勢いでもやらなきゃいいだけですしね(笑)

fは窒息しそうになったから某喫茶に期待してますw
4. Posted by ダンサーマン   2012年07月17日 22:30
丁寧な書き込みありがとうございますm(_ _)m自分が書き込みをして、すぐに記事が削除されたので自分の書き込みに問題があったかと思ったのでよかったです。

自分は高校の時に、少しダンスをやってました。昔は純粋に音楽を聴きにクラブに行っていたのがいつの間にかナンパのために行くようになってます(笑)

踊る時自分が身体を動かす拍子を決めるといいと思います。クラブで流れる曲はだいたい2ビートか4ビートなので自分が身体を動かすビートを決めるのです。

最初は片足のかかとを上げてリズムをとって、慣れたら膝、さらに慣れたら膝と腰を一緒に動かしていったらどうでしょうか?

と、下手くそが偉そうにすみません。YOU TUBEなどを参考にされたらいかがでしょうか?
5. Posted by 達矢   2012年07月18日 08:09
毎度、ブログ楽しみにしております。
先日はメールありがとうございました。また、作りたてのTwitterの方にもフォローしていただき嬉しいです。

クラブについては様々な考えがございますが私自身、失うものについては全く考えた事がなかったですね。
毎週末はほとんどクラブに通っておりますが、御子柴さんと同様に私も今が青春のようなものです。失った学生時代の時間はもう取り返せません。これからの人生、後悔しない為にも今を楽しみたいですね。

是非、お互い近くにいてタイミングが合う時はお会いしたいです(^^)
6. Posted by 御子柴清麿   2012年07月18日 21:22
To:アプールさん

クラブのレジャーランド化ですか、
良い表現ですね、非常に的を得ていると思います。

パールはどうなるんでしょうね~。
もうすぐオープンです。
一度顔を出そうと思ってますが。
7. Posted by 御子柴清麿   2012年07月18日 21:25
Toダンサーマンさん

YouTube見てみます。
ダンサーマンさんと違ってド素人なので
僕は今とんちんかんな踊りをしていると思います。

踊りで女性を引きつけられるぐらいになりたいですね。

面白い踊り方するね~って女性に笑われたことはあるんで、
ある意味引きつけてはいるんでしょうけど。
8. Posted by 御子柴清麿   2012年07月18日 21:49
To:達矢さん

コメント&メールありがとうございます。
近いうちに必ずご一緒しましょう。

「青春」ですか。いい響きですね。
クラブに行くからには、楽しみたいですね~。
9. Posted by マツ   2012年07月25日 12:39
こういう記事があるのが御子柴さんのブログの好きなところです。
今後とも素晴らしい記事期待しております。
10. Posted by 御子柴清麿   2012年07月25日 22:54
To:マツさん

コメントありがとうございます。
こういう記事にコメントいただけるのが、
特に嬉しいです。

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
11. Posted by ハレ   2013年05月12日 19:06
5 お初にお目にかかります(^^)
今、ブログの記事を最初から順に観ているところです。

僕も今まで弾けることなんてなかった部類なので共感しました。
自分的には『昔の自分ができなかったことを、今の自分が代わりにやっているんだ』って思うようにしています。
勿論『今の自分にできないことは昔の自分がやってくれた』とも。

20代後半になって、クラブ自体は最近行き始めました。経験値も見た目も低レベルなので敗北の連続ですが、いずれ勝ちたいな、なんて思ってます!
『サルでもわかる』シリーズは先にチェックしました、早く原人くらいには進化したいです(笑)

なーんて、とても良い記事だったのでコメントさせていただきました。
長くてすいません(苦笑)
いずれ、お会いしてみたいものです。
ではでは。
12. Posted by 御子柴清麿   2013年05月14日 03:01
To:ハレさん

はじめまして。
書き込みありがとうございます。
新規読者さんということでしょうか。
嬉しく思います。

僕も20代後半でクラブデビューです。
しかも学生デビューも社会人デビューもありませんでしたので、
最近やっとデビューした感じでしょうか。
見た目の低さは僕はひどいもんですが、
多少経験は積まれてきたかなって感じです。

順番に読まれているとのことですが、
クラブ日記No.32は割と人気のある記事ですね。
人の内面に結構切り込んでいるからだと思います。
「32」を良い記事とおっしゃってくれるのであれば、
No.17・45・63・68もお勧めします。
ナンパのスタンスとか女の子に対する接し方について
僕が考えたことや僕の周りで起こった出来事を書かせてもらっています。

合流はお気軽にどうぞ。
ナンパは教えられませんが、一緒にいる仲間はとても
心強いと思います。

mikoshibakiyomaro@hotmail.co.jp

コメントする

名前
URL
 
  絵文字