2016年02月20日

IMG_5402

札幌クラブ放浪二日目。
二日目の昼間は小樽を観光し、夜23時頃、クラブへ向かう。

まずは、Bootyへ。
札幌に行く前には「a-life」と「リビエラ」が盛り上がっていて、
準じて「オムニバス」と「Booty」あたりが人が入っていると聞いていた。
ただ、一日目に「オムニバス」に行って、全然人がいなかったから、
さほど期待しないで「booty」に行ったら案の定盛り上がっていなかった。

IMG_5400

小箱に数人が居た程度、写真の真ん中の人はよく分からない。
ちなみに、力士が3人ほどいたが、あまりに人がいなかったので、店を出ていった。
僕らもちらっと覗いただけで十分だと思ったので、酒すら注文せずに店を出てしまう。
力士たちはクラブを探しているらしかったので、どこに行くのか気になりついていく。

IMG_5399

力士はモテる。歩いているだけで女の子が寄ってくる。
今、スー女がブームらしいが、
そういうの関係なしに、インパクトがあるし、好奇心で近づきたくなるのも分かる。
ちなみに、東京のクラブではたまに見かけるが、この日は地方巡業だったのか?
普通に浴衣で(ドレスコード的にOKなのかなぁ?)ウロウロしたり、VIP席で寛いだりしているからまぁ、目立つ。
それで、モテているのかどうかは分からないけど、周りには女の子がいることが多い。
そういうのを求めてこの力士3人もクラブを探してうろついているのだろう。

ちなみに、3人の力士のうち、2人は御付きのものだったので、
一番偉い力士に従って歩いていた。
歩く途中、握手を何度も求められていた。大変な職業だと思う。
今は外国人も多い競技だが、日本古来の格闘技であり、品を重んずるところがあるから、
握手を求められて無碍には扱えないのだろう。
素直に「さすがだな」と思っていたのだが、可愛い女の子から握手を求めれ、快く応じた後、
「握手ばっかりじゃなくて、やらせろよな。」と女の子がいなくなってから、言い放っていた。
こっちが本音なんだろう。まぁ、直接言ったわけではないからいいんだけど、
オトコとしてはそう言いたくなるだろうなーと思う。
「手とか握らなくていいから、俺のを握れよ。」とか
「俺と夜の相撲を取らない?」とか「俺の四十八手見てみない?」とか言わないから偉いと思う。

そのまま力士を放って僕らはRivieraへ。
Rivieraは札幌a-lifeの姉妹店らしい。
東京では無くなったa-lifeも(と言っても、また復活するらしいが)、
札幌では一番幅を利かせていることが分かる。

23時にして、クラブの前には行列が出来ていた。
行列を見ていると、とにかく若い。
20代前半というか、未成年とかいないかな?というくらい若い。
30代前半の僕は、自分でも浮いていると分かる感じだ。
暗い店内では分からないかもしれないが、ちょっといたたまれない。

IMG_5414

箱は綺麗で、上の写真は2階のテーブル席だが、
似たような感じで1階にVIP席があり、そこが一番洗練された場所だったように思う。

IMG_5410

人の入りは行列の割にはまだまだボチボチで、
それは単純に時間的に少々早かったからのように思う。
DJもまだやる気なさげだし、一旦店を出てa-lifeに行ってみることにした。

その前に、時間つぶしも兼ねて、
すすきのの商業施設「ノベルサ」にて観覧車に乗ってみた。
1階にはイタリアンバールや居酒屋があり、
7階建ての商業施設内には「ゲームセンター」や「カラオケ」・「インターネットカフェ」が入っているので、
0時くらいにはまだ人が残っている。

最上階に観覧車乗り場があり、
平日は23時まで、休日前は朝3時まで運営しているので、
地元民にはなんてことないかもしれないが、札幌市内を見渡せる絶景ポイントだと思う。

とはいえ、高所恐怖症の僕は観覧車に乗ることはあまり気の進まないところだが、
同行のM嬢のたっての希望で乗ることに。
※数年前に、大阪の海遊館でこのブログの読者の女性と観覧車に乗ったことがあった。
別に、その女性と淫らな関係にはなっていないのだが、
それを知っているM嬢は「高いところ嫌いなのに、私とは乗れないわけ?」と言うので、
仕方がないから乗ることにした。

怖いとしか思えないので、遠くの方をチラッと見て、
あとはうずくまりながら、十分間の空中散歩を終えた。

IMG_5419

この後、a-lifeへ。前日も行ったが、盛り上がりに欠けていたので、
スタッフに聞くと金曜夜より土曜夜の方が・・・ということだった。

IMG_5430

確かに前日より人が入っていた。
ここでは、ツイッターで知り合ったナンパ師2人とお話する。
札幌ではa-lifeとRivieraのみしか機能して無いようだ。
転勤で北海道に居る2人は東京大阪のクラブ事情も知っており、
地方都市でもあり、物足りない部分もあるが、ナンパはそれなりにうまくいっているらしい。
具体的な手段は聞かなかったが、箱の中でいちゃつくよりも
連れ出し打診でもして、飲みに行って・・・という感じだろう。

ただ、この移民2人は特別で、地元民は不甲斐ない印象を受けたままだ。
福岡でも感じたシャイボーイ達の集まりの雰囲気。
「俺ってば、クラブでナンパしてるんだぜ。」なんて、リア充ぶってクラブに行かない友達には話をしているのに、
実際はチキンだからただ大人しく飲んでいるという感じ。

IMG_5231

これは一日目の写真だが、二日目も大して変わっていない。

一番笑ったのは、後ろの席の方で男の子がシャンパンを購入したこと。
たぶん、彼なりに思い切って奮発して買ったはず。
なんなら、ナンパのきっかけにしようと女の子を意識して、自分に注目させるために買ったのに、
彼はなぜかシャンパングラスを周りにいた、友達でもない人にまでおずおずと配り始めた。
周りの男性たちも戸惑っていたし、
二人組の女性がいて、思い切って声をかけて渡したのに、「これ、何なの?」と言わんばかりに
しかめっ面をされていた。
そして、「今日は僕の誕生日です。かんぱ~い」と声高らかに宣言し、
周りの男性(友人ではない)から「イエーイ」とアホ丸出しの祝福を受けていた。
ちなみに、女の子二人はシカトしていた。タダ酒うまいな・・・みたいな顔をしていた。
誕生日の彼も女の子のところに行って、「乾杯」とグラスを合わせるだけで何か生まれるかもしれないのに、
配ったまま完全に放置していた。
しっかりしろよ!と思うのだが、シャイボーイ過ぎてシャンパンを使っても何もできなかったのだと思う。
可愛そうに思ったので、僕も持ってたコップを彼のシャンパングラスに当て、「おめでとう」と言っておいた。
一応、「イエーイ」という返事だけもらった。

正に「振る舞い酒」なのだが、
どちらかというと、知らない人に物を配るという点では、
家が出来る前に家の上から餅やお金を投げる行事に似ているなと思った。

その後も、店内に動きは無く、
振る舞い酒の彼も、「乾杯」のシーンから5分後にはソファに座り直して大人しくなってしまったので、
a-lifeはこんなものなのだなと思って後にした。
全然チャラくなかったのが非常に残念だった。

この後、再度Rivieraに戻ると、こちらは超満員。
ちなみに、1階のVIP席には先ほどの力士達が座っていた。

IMG_5455

写真はうまく撮れていないですが、人がたくさんいたってことが分かってもらえれば。
集客という面では、札幌ではRivieraが一番盛り上がっているようでした。

帰りがけに、五丈原というラーメン屋さんに行きました。

IMG_5481

一日目夜に行った一幻の近くにあるのですが、
リニューアルして綺麗な店舗となった一幻に比べてこの小汚い店構え。
でも、この本店は何十年も前からあって、
札幌と言えば、ラーメン・・・ってなる前からずっとあったお店らしい。
そう聞くと、雰囲気があるようにも感じる。

IMG_5483

味は塩とんこつ、ちぢれ麺がいい感じ。
昔は裏メニューだったというチャーシューおにぎりは150円です。

味は普通においしい。個人的には一幻の方が好きだけど、
夜遊んだ後に食べるラーメンとしては十分に胃に沁みる美味しさだ。

時間は閉店間際の3時だが、大学生風のお兄ちゃんが何人も入ってきたり、
タクシーの運転手さんや夜の仕事のお姉さんがチャーシューおにぎりだけテイクアウトしていたり、
カウンターが10席ありましたが、この時間で、並ばない程度に混雑していました。

閉店の3時過ぎでも融通して空けているらしく、僕らは3時過ぎに店を出ました。

と言った感じで、札幌クラブ放浪記2日目は終了です。
これから札幌のクラブに行く旅行者は「Riviera」、次点で「a-life」を勧めます。
あと、年齢がアラサー以上の場合は「a-life」に・・・とも思います。

今回も福岡沖縄に引き続き、
クラブ好きでもない(どころか、普段は規則正しく生活している)M嬢を連れまわすことになりました。
最後にラーメンまで食べてくれて、クラバーじゃない女の子はこういう夜の不摂生は嫌がるのになーと
思いつつ、本当にありがたいと思いました。

僕のくだらない趣味に嫌な顔一つせず、付き合ってくれる人がいるのはただただ感謝です。

次回は、三日目の昼間の旅行記を書いて、札幌篇は終了となります。
ご拝聴ありがとうございました。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ





at 03:39│コメント(12)日記 | 北海道編このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年02月08日

2034981_201403140547847001394765758c

昨年の年末に、このブログの読者からメールにてタレコミが入った。
「御子柴さんならたぶん楽しいのではないでしょうか?」といった形で紹介されたのが、
今回の「feelcylce」だ。

feelcycleって知っていますか?

クラブをテーマにブログを書いてきたのに、僕は全く知らなかった。
まさに僕が求めているものと合致していたのに、なぜ知ることが無かったのだろうと悔やむばかりだ。

feelcycleとはレディー・ガガやニコール・キッドマンなどの海外セレブがハマっている(た?)という、
新感覚のエクササイズだ。
「海外セレブが・・・」という謳い文句の部分に若干の不安を覚えるが、
日本では道端アンジェリカが(・・・うーん)「ダウンタウンDX」で紹介したり、
嵐が「嵐にしやがれ!」で新垣結衣と一緒に体験したりしていた。

「cycle」の名の通り、専用のフィットネスバイクに乗りながら、
クラブで踊るようにバイクを漕ぎ、エクササイズをするというものだ。
専用のスタジオはクラブのように照明を落とし、音楽をガンガンかけて、
DJの代わりにいるインストラクターが上半身の鍛え方、漕ぎ方や呼吸の指示を出してくれる。

僕は概要を見ただけで興奮し、「めっちゃ面白そうじゃん!」となってしまった。
僕はクラブという遊びを覚える前の真面目な人格だった頃は、
自転車が趣味だったので、休日には都内を乗り回していたほど。
山手線に沿って一周走ったり、多摩川や荒川の上流まで行ってみたり、
第二東名が開通する前のロードレースに参加したりもした。
そんな僕だから、クラブの雰囲気+自転車という組み合わせは最高すぎるし、
ましてや最近運動不足でお腹のたるみが気になるし、体も鍛えたい。
先日人生で初めて女性を御姫様抱っこしたところ肩が脱臼するというアクシデントが起こったものだから
※しかも、その女性は別の男性に抱っこされ、キャイキャイ喜んでいた・・・情けない。
もうこれは一石五鳥くらいカウントできる僕に適合したイベントではないか。

「ナンパはもうお腹がいっぱい」「朝まで起きていられない」「酒が飲めない」僕にとって、
日常生活のクラブとの関わりにおいて唯一未練が残るとしたら、
暗闇の中で爆音の音楽を聞く機会が無いということだが、それすらも解消される。

所謂ジムやスポーツクラブと同じ類のものなので、基本は月会費を払って通うことになる。
もう、すぐにでも申し込むつもりで意気込んでいたのに、サイトを見ると、
一回目は必ずトライアルで受講して、そこで気持ちが固まったら入会という流れになっている。
そんなにやめたくなるようなものなんだろうか・・・と心配になる。
でも、タレコミをしてくれたJさんから聞いた話では、
体験後の駅の改札でギックリ腰になり、駅員に助けてもらいながら車椅子で搬送され、
一週間寝たきり生活となった・・・とのことなので、相当激しいのかもしれない。

とりあえず、体験だけはと思い、12月の年末間近な時期に行ってみることにした。
体験するにあたり、ホームページで予約をしたが、そこでも人気の高さを確信した。

まず、このfeelcycleが日本に上陸したのが2012年6月で銀座に1号店がオープン、
それから2016年2月の現在に至るまで、18店舗と拡大している。
東京都内に10つと大阪に2つ、後は名古屋、神奈川、埼玉、千葉、福岡、札幌に1店舗ずつあるという。
今後も新たな店舗を作る予定らしい。(岐阜・横須賀・町田に新店舗、3月オープン予定)
どういうわけか競合社が1社も無いので、随分幅を利かせているようではある。

店舗によって細かな営業時間や定休日は異なるが、
月曜から日曜まで7日間、朝から夜まで1時間半を1区切りに受講するクラスが幾つかあり、
それらは運動のハードさで3段階、音楽のジャンルで数種類に分かれている。
トライアルでは運動の強度を初級(3段階の1番軽いレベル)で選ばなければいけないのもあって、
この予約がすぐに一杯になってしまうので、予約した日からは2週間後となってしまった。

まぁ、本家アメリカではまだ流行っているのだろうかと思うくらい、
なんなら、レディー・ガガとか忘れてしまっているのではないか?と思うくらい、
時間が経ってしまっているが、日本ではまだまだ需要があるようには思う。

一応、行く前にネットで評判や感想を調べてみたが、悪評が多いのが目立つ。
店舗に所属する男性インストラクターは常にファンの女性に囲まれており、
クラス終わりには女性達が写真撮影をせがんだり食事の誘いをする光景が見られるらしい。
女性インストラクターの場合は自転車に乗って前かがみになった時に出来る胸の谷間を覗こうと
インストラクターの前に陣取る男性客が多いとか・・・。
随分不純な様相である。チャラ箱のクラブと変わらないくらい不純そうだ。
また、ヘルニアや股関節・アキレス腱を痛めたり、前歯が折れるなどの事故も度々起きているという。

なんだか、個人的には面白いと思っていたし、クラブ好きなら間違いなくハマるな・・・くらいに感じていて、
本当に楽しみにしていたのに、前評判を調べただけでうんざりしてしまった。

ただ、自分で体験してみないことにはネットの評判だけではなんとも言えないと思って、
とりあえず、参加することにしてみた。

12月某日夜 @都内のとある店舗(念のため、伏せておきます)

その店舗の前を日常的に歩いていたのだが、そこにfeelcycleがあるとは知らなかった。
まずは、店舗にて受付。基本、予約をしてから店舗に向かうので、
レギュラー会員になれば、ICカードで自由に入場できるのだが、
今回は初回ということで、申し込み方法や施設の説明などを受けることに。

ノッケから批判的で申し訳ないが、
スタッフの態度がかなり悪く、早々に嫌な気分になる。

「最近運動はされてるんですか?」と聞かれたので、「全くしていません・・・。」と答えると、
「ダメじゃないですか。それじゃぁ、クラスに全然ついていけないッスよ。」と笑いながら言われたり、
健康維持と運動不足解消のために通いたいというやりとりをした後に、
「どのくらいの頻度で通うつもりですか?」と聞かれたので、
「週一くらいですかね。」と答えると、「少ないッスね。もっと通わないと意味ないですよ。」
とまた、言葉にするとなかなかニュアンスが伝わらないかもしれないが、
かなり小馬鹿にした感じで言われ、
今考えても、受け答えがもう少し何とかならないのかと思う。
とても客商売だとは思えない対応である。
feelcycleが意識高い系のお稽古事には感じないが、
「こんな素晴らしいエクササイズを知らなかったなんて損してたね。」的な
上から目線の偉そうな印象を感じました。

「なめた口をきくな」と事を荒げてもいいのだが、こちらは体験の身なので、仕方なく我慢をする。
※客だからと威張るわけじゃないけど、トライアルでも¥3000かかります。一応、情報として。

追記)この後、別のスタッフとも何度か話する機会があるが、
基本的に多くの人は、feelstyleに洗脳されており、
洗脳されていない僕には馬鹿にした態度を取ってきたり、
押しつけがましいねずみ講や宗教の勧誘のような接し方をすることに気づきました。

最初はスタジオで専用のバイクの設定(ハンドルやサドルの自分仕様への変更)をする。
この辺りは割と丁寧に説明してくれます。というか、丁寧にしないとたぶん事故る。
普通の自転車とも違うので、転げ落ちたりする危険性は確かにある。
ちなみに、このスタジオが思ったよりも狭くて、
何畳のスペースに何台の自転車・・・と表現するのは差し控えるが、
想像するよりギュウギュウに設置されている。
エクササイズ中に自転車の上でハンドルを使った腕立て伏せがあったりするのだが、
簡単に隣の人とぶつかると言ったら、どれくらいか分かってもらえるだろうか。
※ただ、店舗によってだいぶ異なるようで、十分に広いところも、逆に更に狭いところもあるようです。

初心者の僕はクラスの前に10分程度の簡単な説明を受け、開始時間の5分前になると、
生徒たちが続々と入ってきて、狭さと暑さで息苦しく感じてしまう。
温度は、いるだけでじんわり汗をかくくらい。30度くらいか?
この日は、女性が7割・男性が3割といったところ。
普通のジムやスポーツクラブに通うより若干お金がかかるからか、
年齢層も30代から40代が中心で20代はあまりいないように感じました。
年齢的にはとてもクラバーとは思えない感じだが、女性は昔通ってましたみたいな人が多く、
男性は自転車好きが高じて通っている雰囲気で、逆に元遊び人みたいな人はいませんでした。
(初見だから間違っているかもしれないけど)
店舗のある土地柄で、人員構成も違うのだろうなぁと言った感じ。

ちなみに、インストラクターは男性で、しかもイケメンでした・・・。(事前に先生も選べます。)
細マッチョの体つきに長瀬智也似で、英語訛りの日本語を話してました。
あー、こりゃファンとかついちゃいますわ。僕も一緒に写真撮ろうかな・・・と一目で思ったほど。
エクササイズ中も英語の発音の良さが際立っていて、音楽のサビの部分に入る前に
「Here we go!」って掛け声発した時にはサドルでこすれた股間が若干濡れていました。
我ながら汗だと信じたい。

僕が選んだコースは「BB1 Hit8」というもの、
頭の3文字はBB1→BB2→BB3と難易度が上がる他、(BBはBody Burnの略)
二の腕と背中を引き締めるBSB、脚とお尻を鍛えるBSL、
女性はくびれ、男性はシックスパックを作るBSWと6種類ある。

後半の3文字は音楽の種類を表し、「Hit」はヒットチャート曲、
「HH」はヒップホップ、「Regg」はレゲエなど、ほかにもロック・ハウスなど。
中には「BTLS」、「MDNA」、「MJ」などの種類もあって、好きな人にはたまらないと思う選曲。
※気になる人はここをご覧あれ。

数字は選曲Noというか、「1」と「2」で曲目が違う。
だから、同じ数字を選べば、ずっと同じ曲の流れだし、伴って体の鍛えるプログラムも同じになる。

折角なので、僕が体験した「BB1 Hit8」の曲目と鍛え方をなぞってみようと思う。

次回は曲紹介と鍛え方について羅列して、最終的な感想を書きます。
インストラクターのモテ具合・お客たちの様子などネットの噂も僕なりに真偽を確かめてみます。

w621_picture



at 02:12│コメント(5)日記 │ このエントリーをはてなブックマークに追加