2014年11月21日

プロローグにも書いた通り、福岡出身の東京人に「クラブはどこが盛り上がっているか?」と聞くと、
「福岡のクラブは全然盛り上がっていない」という回答が何人かから返ってきた。
ただ、名の知れたクラブはいくつかあって「行ったことはある」と言う人もいた。
けれど、やっぱり「人があまりいない」とか「ただのバーに近い」とかそういったネガティブな言葉が後からついてくる。
だから、全く期待もしていなかったし、
クラブに人がいないならいないで、博多の夜は楽しそうだから、
クラブ好きでは無いM嬢と行動も共にするなら尚更、違う楽しみ方で過ごせると思っていた。
それに、「福岡のクラブは全く盛り上がっていませんでした」と
このブログで一言で報告が済むと思えば、あれこれ書かずに終われるはずだったのに、
大方の期待を裏切って、福岡のクラブはかなり盛り上がっていた。
「全然盛り上がっていない」とか言った奴全員出てこい、話が違うじゃないか。

11月1日(土) 24:30~ @福岡県博多区親不孝通り 「CAT’S」 

博多・天神近くに「親不孝通り」という通りがある。
なんという名前だろう。
天神西通りをまっすぐ北へ、東西に広がる昭和通りを挟んでからの通りを指す。
昔、予備校が多くあった場所で、大学受験に失敗した浪人生は親不孝と言われたから、
その名残で予備校がこの場所から消えた今もそう呼ばれている。
あまりにひどい名前なので「親富孝通り」という名前を浸透させようと努力しているのだが、
昔から馴染みのある名前だしインパクトがありすぎて「親不孝」の名が未だ先行してしまっている。

ここにはいくつかのクラブがあり、有名店から小箱まで様々。
クラブが沢山入ったビルもあり、クラブブロガーとしては気になる場所。
image
「BASE」「Lab-Z」「FUBAR」「echo」・・・そして、ブルードラゴン。
ちなみに、ブルードラゴンは雀荘ね。
女流棋士の清水香織が運営する店らしい。これはこれで気になる。

今回は時間に限りがあるので、有名店のみを訪問。
まずは「CAT’S」へ。
image

店の前にはセキュリティらしきガタイのいいお兄さんが立っているが、
IDチェックをするでもなく全くもって意味の分からない人員配置。
同じビルにはガールズバーが入っている様子。
セキュリティの脇を抜けてそのままエレベーターで5階へ。

エレベーターを降りると、右手に受付カウンターとロッカー。
ロッカールームはクラブにしては広く、しかも明るい。
受付で男性¥2000・女性¥1500を支払う。右手の甲にブラックライトで光るスタンプを押される。
地方にありがちな女性もそれなりのお金を払うシステム。
都市規模に比例して女性の値段が上がっていき、逆に男性の値段が下がっていくように感じる。
関東近郊の女の子が地方のクラブに行ったら
「私も入場料支払うの?なんで?」って思う人もいると思うんだよね。
ちなみに、男女共に2ドリンク。

image

エレベーター左側がクラブの入り口になっていて、
ドアの前にスタッフが一人立っていて手の甲にブラックライトを当て、確認が出来ればそのまま中へ。
そして、スタンプの確認があるってことは再入場可ということで、これも地方のクラブっぽい。

中に入ってびっくり。結構人が入っている。
男性9割・女性1割といったところか。とにかく男が多い印象。

箱の作りは長方形の形をしており、
後方のドアから入って、右サイドにカウンター、前方にDJブース、
左サイドの奥まったところにVIP席といった簡単な作り。

image

image

音楽は至って普通のALL MIXで、それなりに盛り上がっているのだが、お客が踊っていない・・・。
どこのクラブでもガチで踊っている光景はあまり見ないものだけど、
輪をかけて大人しく、DJブースの近くにいる人が軽く体を揺らす程度。
これは福岡のクラブ、どこに行っても同じでした。
もうちょっと踊ろうよ?とも思うんだけど、地域特性な気がしました。

それなら、お客は何をしてるかって言うと、ひたすらナンパ待ち・・・。
壁に寄りかかり腕を組んだ男の子達、仲間内数人で輪になって飲んでいる男の子達・・・
シャイボーイもいいところで、「あと数時間その調子じゃなかろうね?」と思うのだが、
全然微動だにしない。
逆に女の子達は2人組が幾つかおり、クラブ内に点在しているのだが、どう見てもナンパ待ち。
分かりやすいくらいに「声かけて」オーラを発しており、
そして男の顔をずーっとキョロキョロと見ている。
それに気付いているのか気付いていないのかボーっと立ち尽くす男の子達。

同行のM嬢を囮にして、どれだけ近寄ってくるか試してみたけど、一人にしても誰もアタックしない。
ちなみに、M嬢はAKBのぱるる似のショートカットの可愛い女の子だけど、
九州男児達は男らしくもなく、チラチラと「声かけよっかなー、どうしようかなー」と迷っている様子で
全然声をかけない。

これには失望した。
九州男児ってのは男らしく勇ましい生き方をするものだと思っていたのに、
なぜこんなに軟弱なんだろう?

まだ、ナンパの時間には早いのだろうか。
沖縄のクラブで「ナンパは2時になってから!」とお客が口を揃えて言っていたこともあったから、
一度退店して、ほぼ向かいのビルにある「CLUB X」へ行くことにした。

30分後・・・

期待感を込めて再度入店するも予想通り様子は変わっていなかった。
ただ、人が多くなってきたこともあって、4階が解放されていた。
人数にして300人くらいだろうか、

4階では5階のバーカウンターの丁度真下の辺りにレディースシートがあり、
10人くらいの女の子がそこに座っていた。
やっぱり男の子を物色しているようで、自分が見られているのも分かっている。
そして、調子のいい男達が女の子にアプローチする。
大してスマートなわけでもないのだが、まわりはシャイボーイばかりなのでかなり目立つ。

そして、かつて僕は見たこともない景色を目の当たりにする。

BlogPaint

BlogPaint

なんと女の子の前で男達がカッコつけて踊り始めたのだった!
いや、嘘でしょ?って思った。
女の子に見てもらうために、女の子にアピールするために、そして、女の子を魅了するために、
男達はひたすらに踊る。

お前達はクジャクか!!

ツッコミたくなったのは言うまでもない。
野生動物の世界ではオスはメスを選ぶ権利が無く、メスがオスを選ぶ。
だから、オスはメスを惹きつけるため、
綺麗な声で鳴いたり、タテガミを大きく見せたり、羽の色彩を豊かにする・・・。
それがアフリカのサバンナではなく、南米のジャングルでもなく、
アジアのとある先進国の島国の、さらにとある島の、とある街の、
とある「CLUB Cat's」で見ることができるとは・・・。

これには少々恐れ入った。ってか、笑った。M嬢も爆笑してた。
クラブでのナンパ方法として「踊ることで女の子にアプローチする」というのは確かにある。
僕も昔やってた。だけど、それはダンスフロアで女の子と一緒に踊るための誘い水であって、
決してダンスコンテストを自ら開催したわけではない。

結果として、彼らがうまくいったかは僕たちは知らない。
なぜなら、ダンスコンテストは演者達が自らアンコールを重ねて長丁場になってしまったからだ。

僕とM嬢は途中から飽きてしまって、「もういいよね・・・。」とお互い納得してクラブを出る。
この後、もう一度「CLUB X」の方に顔を出し、3時過ぎにはホテルに戻ることに。

天神西通りは夜中の3時でもまだまだ活気づいており、
東阪名の3大都市に負けないくらい、人がいる。
呑兵衛が多いからだろうか、居酒屋も屋台もラーメン屋も朝まで営業している。

僕らはそれらを眺めながら、福岡の活気を感じ、
逆にクラブ・キャッツでの男の貧弱さ、そして女の子のぎらつきに翻弄され、ホテル路についたのでした。

福岡男子よ、頑張って!!
男の戦闘力は正直言って低い。
だから、少しでも勇気がある人はナンパがうまくいくと思います。
どこのクラブに行っても同様だけど、福岡ではそれを顕著に感じました。

image

image

image

大丈夫、君もきっとできる!!

上から目線に聞こえるかもしれないけど、元・ナンパ師からのちょっとしたアドバイスでした。

【CLUB Cat's】
住所:福岡県福岡市中央区天神 3-7-13 第13ラインビル5F
電話番号:092-732-9600
HP:http://club-cats.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/catsfukuoka

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ


at 05:44│コメント(8)日記 | 福岡編このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月17日

其の一からの続き。

福岡に初上陸し、天神の屋台が並ぶ一角で焼鳥やラーメンを食べた後、
僕とM嬢は二軒目を目指した。

二軒目の屋台の名前は「小金ちゃん」。
一軒目の
「しんきろう」に行く前に、街中を歩いていた時行列が出来ていたお店。
場所は「福岡県福岡市博多区天神2   三井ビル裏 親不孝通り入口」
またしても、明確な住所ではない。
ただ、三井ビルの裏に行ってみるとやっぱりしっかりと営業している。
23時間頃店の前に着くと、15人くらいの行列。
この店は19時近くには行列が出来るらしい。 
焼きラーメン発祥のお店で、 今の大将の奥さんのお母さんが約40年前に発案したのが始まり。
image

行列が出来てはいるが、屋台なのでそれなりに回転も早く、
待っている間にメニュー表を渡されたり最低限気を遣ってくれるので苦にならない。

image

中に入ると席は10人くらい。
見た目怖い無愛想なおやじさんと声の大きい奥さんと従業員が2人くらい。
パッと見ただけで、夫婦の関係が見えて面白い。
店の中に「ソフトバンク優勝記念・じゃんけんで買ったら2割引」の張り紙。
この福岡訪問の3日前にソフトバンクホークスが日本シリーズで優勝しており、
一軒目の屋台を訪ねた時も道すがらあった、
地方新聞社・西日本新聞社本社の前には号外が貼られていた。
image

ただ、じゃんけんで買ったら2割引というのは本当だろうか、非常に疑問に思う。
この強面のおやじさんがじゃんけんをするとはとても思えないのだ。
もししたとしても、勝ちたくない。
パーでこちらが勝ってしまったら、グーでそのまま殴りかかってきそうだ。

焼きラーメンとおでんを注文し、待っている時、お客がおあいそをした。
ドキドキしてじゃんけんの様子を伺っていると、
おかみさんがじゃんけんをするようおやじさんにけしかける。
最初はグーで始まったじゃんけんはお客さんの負け。
僕は「負けて良かったね。殴られてなくて良かったね。」とお客さんを労わっていたが、
ふとおやじさんを見ると手を首の後ろにあて、とても恐縮している。
その後も何組か挑戦していたが、おやじさんはじゃんけんが強くことこどく勝利。
毎回おかみさんにじゃんけんをさせられ、恥ずかしそうにじゃんけんを始め、
結果勝つととても申し訳なさそうな顔をする。
・・・なんつーか、おやじさんがとても可愛く見える。
M嬢が分析する。
たぶん、ソフトバンクファンのおかみさんが優勝した勢いから思いつきで発案し、
おやじさんはそれに逆らえずに恥ずかしい思いをして、じゃんけんをしているのだろうと。
たぶん、間違っていない。福岡はかかあ天下なのかもしれない。
※これはクラブに行っても感じたこと。また後述。

そうこうしているうちに焼きラーメンが出てくる。

image

茹でた麺に豚骨スープとウスターソース、
豚肉・もやし・にんじん・かまぼこなどが具材として入っている。
細麺にソースが絡んでいる。ウスターソースの味が前面に出てきており、
思ってた焼きラーメンとは全然違う。
美味しいか?と言われれば美味しいとは思うが、人に勧めはしないレベル。
僕は焼いてないラーメンの方が好き。
この料理、どうも好き嫌いがはっきり分かれるようで、
ネット上でも「好き、替え玉したいくらい」「癖になる味、福岡に来たら絶対食べたい」という好意的な意見から
「まずい、あまり言いたくないけどまずい」「観光地と思って一度食べれば十分」という否定的な意見までありました。

image

おでんは大根とたまごを注文。
長年継ぎ足したというスープが大根に染みて美味しい。
冬場に食べたら、きっともっと美味しいと思う。

この店他にも土手焼きや餃子が有名らしいし、
そちらも含めて焼きラーメンの発祥の店で食べるということを目的に来店するにはいいとは思います。
あと、可愛いおやじさんも観光するに値する人物。

最後、お会計の時にじゃんけん。
M嬢が相手になるも、やっぱりおやじさんが勝利し、申し訳なさそうに照れている。
この店はおやじさんとのじゃんけんをメニューにしてもいいくらいだ。
おやじさんのはにかんだ笑顔、プライスレス。

小金ちゃんを後にし、最後の締めにデザートを食べに。
歩いてる途中にあった良さげなジェラート屋さん「Vito」へ。

場所は小金ちゃんのある天神西通り、ラーメン屋の「一蘭」があるちょっと北あたり。

image

店内はテーブル席とカウンター席。
夜遅くにもかかわらず、中は女の子を中心に賑わっていた。
image

こんな感じで30種類くらいのジェラートが並んでいる。

image

甘いもの好きな人だったらきっとテンションあがると思う。

image

あまり美味しそうに撮れてないけど、
「アソ(バニラ)」「ベリーベリーベリー」「ガーナチョコラータ」の三つをセレクト。
熊本の阿蘇の乳牛から絞られた牛乳を使ったり、
フルーツも九州各地から新鮮で旬なものを取り寄せて使ったりしている。

そして、何よりいいのはお店の雰囲気。
本場イタリアに行ったかのようなオープンな店の作り、
そして、ジェラートを作るイタリア人風外国人。
この人がいるだけで店の価値が上がっている気がする。

口あたりが良く、思ったよりも甘くなく、
福岡の濃い味付けの食事を食べた後にはぴったりだと思う。
Vitoは九州とカンボジア(なぜ?)にお店を構えている。
残念ながら、東京にも大阪にも無いお店。でも、無くていい。
福岡でラーメンやモツ鍋を食べた後なら美味しさが更に引き立つと思うので。

あと、店員の外国人がイケメンです。一見の価値ありです。
実はこの後、別の場所でもう一度遭遇することになるんだけど・・・。

ということで、一日目の食レポートは終わり。
二日目は「アジ」「ピーマン」「コーヒー」「まんじゅう」「カルボナーラ」・・・。
めちゃくちゃだけど、どれも美味しかったです。
その前に、クラブレポート一日目もあります。続きはまた今度。

【小金ちゃん】
住所:福岡県福岡市博多区天神2   三井ビル裏 親不孝通り入口
営業時間:18:30~26:00(木曜・日曜定休)
電話番号:090-3072-4304

【Vito 天神西通り店】
住所:福岡市中央区大名2-6-60 西鉄グランドホテル1F 西通り側
営業時間:11:00~00:00(日~木)/ 11:00~翌1:00(金・土・祝前日)
電話番号:092-725-9400
HP:http://vitojapan.jp/

 


※福岡の食べ物はとても美味しかったです。
素人の食レポートですが、お気に召したら以下1クリックしてくださると助かります。
よろしくお願いします。
 
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ


at 07:25│コメント(5)みこ散歩 | 福岡編このエントリーをはてなブックマークに追加