2014年09月27日

9/27(土)・28(日)、お台場で「ULTRA JAPAN」が開催されている。
音楽好き、特にEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)好きなにはたまらない、夢の祭典。

1998年から毎年マイアミで開催されているモンスターパーティーで
2013年に15周年を迎え、この年は6日間で33万人を動員した。
世界中のDJ達が出演を熱望し、実際多くの有名なDJ達が連日観客たちを魅了する。
今までに、2007年からスペイン(イビサ島)、2008年からブラジル(サンパウロ)、2012年からアルゼンチン(ブエノスアイレス)・韓国(ソウル)、2013年からチリ(サンティアゴ)・クロアチア(フヴァル島)で開催。
そして、ついには日本で開催されることになった。

同種のEDMフェスはいくつかあり、
ラスベガスの「Electric Daisy Carnival」、インド・ゴアの「Sunburn」、オーストラリアの「Stereosonic」、
そして、最も有名なベルギーの「Tomorrowland」は2014年に10周年を迎えた。
Tomorrowlandは、運営元の「ID&T」がEDMイベント・プロモーション最大手と言われる
SFX」に2013年に買収されたこともあり、
「TomorrowWorld」としてアメリカ・アトランタでも同フェスを開催するようになっている。
ちなみに、同じ「ID&T」が運営するイベントに「Sensation」があり、これは韓国・台湾・タイで開催済。

こんな感じで世界を席巻しているEDMフェスだが、多くの日本人にはピンとこない。
っていうか、正直なところ、EDMは一部の人が好きなだけで日本ではあまり流行っていない。

個人的に、流行らない理由は二つあると思っている。
一つはクラブミュージックの一ジャンルであるEDMを流すクラブそのものに関わる人数が少ないこと。
総人口に対するクラバー人口が日本は少ないと思う。
それは台湾や韓国のクラブに行ってみてそう感じた。
裾野が狭いからEDMというジャンルがなかなか浸透しない。
もう少し付け加えると、日本におけるクラブの役割の比重が「出会い(ナンパ)」や「酒場(飲み)」に偏り過ぎて、
クラブでDJのかける「音楽を楽しむ」「踊る」という項目の優先度が各国に比べて低いことも影響していると思う。

もう一つは日本独自のEDMのヒット曲が生まれないこと。
日本の音楽業界は現在アイドルポップスに占領されてしまっている。
年間のシングルランキングはトップ10が「嵐」と「AKB48」で独占してたり。
そんな中では「鼻歌で口ずさめる分かり易いメロディや歌詞」が受けている。
日本では洋楽のシングルが日本のヒットチャートに入ってくることは稀だし、
日本人アーティストにEDMを提供する人がいないので、
EDMを知らない人が知るきっかけすらないのが現状。
実は「モーニング娘。」をプロデュースするつんく♂や「AKBグループ」をプロデュースする秋元康は、
彼女たちが発表する楽曲の中にチョコチョコEDMの要素を入れ込んでくるのだが、
大ヒットしないし、やっぱり一般人まで浸透していかない。

モーニング娘。はEDM色を強めたことで一時の低迷から復活したんだけど、
そういうことを知ってるのはやはりファンを中心とした一部の人たち、
ちなみに曲は「One・Two・Three」「ブレインストーミング」辺りから路線変更して、
割と最近の「時空を超え宇宙を超え」「Password is 0」なんかは
素人の僕が聞いても質のいいEDMに仕上がっていると思う。

※実際、このピアノとバイオリンの旋律で作られたサウンドはただのEDMでは片づけられないでしょ。
元・モー娘。オタの贔屓目が若干入っちゃうかもしらんけど、音がクリーンで美しくないですか?

AKB48の「UZA」、NMB48の「カモネギックス」もEDMにかなり近いと言っていいと思う。
(ちなみに、二曲は同じ作曲家が手掛けている)

※「UZA」は通常のPVの方が雰囲気あるんですが、上記はダンスver。
話ズレるけど、これ見てるとAKBメンバー内のダンスの上手さの序列が見えてくるっていう・・・。
峯岸みなみ・大島優子・板野友美・山本彩・渡辺美優紀あたりが上手。
実はこの曲、前田敦子卒業後の初シングルで渡辺麻友がセンターだったのに、
ダンスが下手だったので、「大島優子」と「松井珠理奈」のWセンターに変えられた逸話あり。

EDMに一番近いのは中田ヤスタカプロデュースの「Perfume」と「きゃりーぱみゅぱみゅ」なんだけど、
「Perfume」はテクノポップ、「きゃりーぱみゅぱみゅ」はエレクトロで微妙に違うらしい。
ここらは非常に曖昧で僕には区別がつかない。

そんなわけで、今回のULTRAだってアジアの開催では韓国に遅れをとってしまっている。
僕としては、このULTRA JAPANを機会にEDMというジャンルの知名度が上がればいいなと思っている。

そんなULTRAが日本に上陸することが決定して小躍りしていたんだけど、
Hardwellがヘッドライナーとして発表されてから、全然音沙汰無かった。
というのも、上記の「Tomollowland」がアトランタで同日(9/26・27・28)に開催されることになり、
出演者を引っ張りあうことになってしまったから。
残念ながら、引っ張り合って日本のULTRAは負けてしまったと言っていい。
だけど、体裁を保つ程度のメンバーは来日が決定し、ホッとしたファンも多いと思う。
どういう原理が働いたかは分からないが、TomorrowlandよりULTRA JAPANを選んでくれたDJに感謝。

ちなみに、一応羅列しておくと・・・

【ULTRA JAPAN】

・AFROJACK(アフロジャック)
・ALESSO(アレッソ)
・AXWELL ^ INGROSSO(アクスウェル・イングロッソ)
・FEDDE LE GRAND(フェッドルグランド)
・Hardwell(ハードウェル)
・KASKADE(カスケイド)
・Martin Garrix(マーティンギャリックス)
・STEVE ANGELLO(スティーブ・アンジェロ)
・W&W(ダブリューアンドダブリュー)

【Tomorrowland】

・Avicii(アヴィーチー)
・David Guetta(デビッド・ゲッタ)
・Dimitri vegas & Like mike(ディミトリ・ベガス&ライク・マイク)
・Diplo(ディプロ)
・Kaskade(カスケード)
・Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)
・Nicky Romero(ニッキー・ロメロ)
・SKRILLEX(スクリレックス)
・Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)
・Tiest(ティエスト)
・Zedd(ゼッド)

※KASKADEとMartin Garrixはダブルヘッダー。

うーん・・・どっちに行きたい?って言われたら「Tomorrowland」かな。
とはいえ、解散したSwedish House Mafiaの3人が何気に揃っているし、
ちょっと期待感はある。
日本っていうEDM番外地にこれだけ集まるってことがありがたいこと。

というわけで、なんとかチケットが取れた一日目に参加してきました。
今回チケットはソールドアウトしたんだけど、
当初第一次の販売の時には期待感の無さからそんなに販売は好調でなかったようだ。
(個人的には失敗した!早くチケット取れば良かった!)
本場のチケットは数秒で売り切れるというからすごい・・・。

9月27日(土) AM10:00  @お台場 ULTRA 特設会場

・・・続きはこれから書きます。

二日目に参加される方に雰囲気が伝わるように、写真だけアップします。

開場入口。「一日券」「二日券」でゲートが別れてました。
IMG_3050[1]

犬も厳戒態勢。ULTRAの警備が出来るなんて、すごいことなんだぞ、犬!
IMG_3054[4]

始まる前のメインステージ。スタッフは手持ち無沙汰で暇そう。
IMG_3069[1]

バドワイザーの露店。他にも10社くらい飲料メーカーが協賛。
個人的には協賛社が見ごたえがあった。
日本のロックフェスでもこんなにアルコールメーカーが協賛しているの見たことない。
追って紹介します。

IMG_3077[1]

一人目のDJが登場する直前。あんまり人がおらず、結構前で見れました。
ってか、興味がないのか全然人が入ってなくて笑った。本場でもこんな感じなのかなぁ。
IMG_3111[1]

二人目(12時過ぎ)くらいの時の観客。前の方のエリアには人が入ってきた。
これでも、後ろのエリアはガラガラ。
IMG_3119[1]


ステージが三ヶ所あり、ダイバシティ内の会場。
建物内なので、クラブっぽい雰囲気。この時はテクノ系の音楽でした。
IMG_3171[1]

もう一つの会場。ageHaの「box」エリアっぽい倉庫みたいな作り。
フェスの女性参加者は手前のお姉さんみたいに若干露出が高い人が多くて、
目のやりどころに困りました。
僕の場合、女の子を凝視する癖があるので、色々なところを舐めまわすように見ちゃうっていう・・・。
IMG_3143[1]

「Martin Garrix」が日本の国旗を振ってくれた。なんか嬉しい。
IMG_3239[1]

グラサン率とギャル・ギャル男率が高く、雰囲気がヤカラでした。
ちょっとこの参加者の年齢分布と系統については別途書きます。

IMG_3227[1]

ちょっと暗くなってきて、光の使い方が派手に。いい感じ。
IMG_3265[1]

最後の「Hardwell」の時。時々火が噴射され、その熱が観客席まで届いてました。
最初のDJの時には考えられない人の多さ。
午後参加・夕方参加の人が多かったってことでしょう。
まぁ、名前も知らないDJのプレイに興味が湧かないのはちょっと分かる。
IMG_3309[1]

取り急ぎ、写真だけ。詳細レポートはまた、次回。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

ナンパあんてな




at 23:42│コメント(2)日記 │ このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月23日

untitled
今週末9月27・28日に、あの有名な「ULTRA」が日本で初開催される。
1998年にマイアミで始まったこの音楽フェスはEDM(エレクトロダンスミュージック)の火付け役ともなり、
開催される毎に大きな盛り上がりを見せている。
有名なDJが集まるため、チケットも即完売してしまう。
アメリカだけでなく、スペイン・ブラジル・チリ・アルゼンチン・クロアチア・韓国で開催され、
2014年についに日本でも開催される運びとなった。
事情があって、ULTRAと同種の有名なフェス・Tommorwlandがアトランタで同日に開かれるため、
集まるDJも錚々たる顔ぶれとまでは行かなかったが、
それでもなんとか体裁を保つ程度のラインナップにはなっているようだ。
・・・とはいえ、Tommorowlandの出演者を見ると愕然とせざるを得ない・・・。

そして、今回の「ULTRA JAPAN」で一番最初に出演が決まったのが、
今回取り上げるHardwell(ハードウェル)。
2013年にイギリスのDJ MAGが行ったワールド・DJランキングで1位に選ばれた実力者。
2010年から出演している「Tommorowland」や「ULTRA」で有名に。
曲もさることながら、ライブ活動に定評があって、言うなれば「煽り上手」。
DJの長者番付ランキングのTOP10には入っていないから、
今後の活動にも期待できるDJでもある。1988年生まれとまだ若いわけだし。
というか、各国の音楽チャートにはどの曲も入ってこなくて、ちょっと商売ベタな印象を受けます。
有名なDJは音楽配信・ライブ・楽曲提供と色々と収入源があるわけだけど、まだ確立できてない感じ。

彼についてもう少し詳しく紹介すると、1988年・オランダ・ブレダ生まれ。
(EDM好きの人ならピンとくる通り、Tiestoと同じ街出身です。お師匠様もTiesto。)
2008年からDJとしての活動を開始。
2010年に自身のレーベルを立ち上げ、
2011年に「ハードウェル・オンエアー」(自身のラジオ番組&ポッドキャスト)で
Tiesto先生とのコラボ曲「Zero 76」を発表し、この曲がitunesで1位に。
その後もコンスタントに曲を発表、ワールドツアーも行っている。
でも、やっぱり彼に魅了された人が続出したのが2013年の「Tomorrowland」。
ライブ映像がYouTubeで見れるから、必見。

それでは、曲紹介。クラブでよく聞く耳障りのいいものから順に。

Apollo  featuring Amba Shepherd

DVの家庭の少年が家から飛出し彷徨う様子がPVに。
最後は家に戻ってきて父親をぶん殴るのかと思いきや、
UFOに連れ去られるという意味不明な展開。
「生き残るために戦えと日常が教えてくれる」という歌詞も若干哲学的で、
PV・歌詞・曲調があまりリンクしていない気がするのは僕だけ?
とはいえ、浮遊感のあるサビは気持ちよさを感じます。



Call Me a Spaceman  featuring Mitch Crown

元々あった「Spaceman」という曲に歌詞を付けた曲。
apolloに続いて、宇宙がテーマ。
ULTRA MAIAMIではW&W/BlasterJacksの「Rocket」と合わせて、
「Rocket Spaceman」という曲に変わってた。ULTRA JAPANでも流れるかも。 



Dare You featuring Matthew Koma

EDM界においては多くのDJの曲を歌っているマシュー・コーマとの曲。
ゆったりとした、hardwellらしくないおとなしめの部分と疾走感溢れる部分が
短い一曲の中で棲み分けられている。



Never Say Goodbye with Dyro featuring Bright Lights

上の「Dare you 」と同様、2013年発表の割と最近の曲。
PVを見れば分かる通り、日本の渋谷が舞台。
すれ違う男女を描いたものだが、これもPVが意味不明で、
特に最後はなぜ男女が出会えたのかが分からない。(誰か解説してください)
おそらく一目ぼれの男女なのに「さよならは言わないで」と感傷的な理由も分からない。
一番分からないのは「決して」「言う」「さようなら」という間違った日本語訳・・・。



Jumper with W&W

ライブでは、「1・2・3 JUMP!!」の掛け声で飛び跳ねるのが恒例。
下の映像はICONA POPの「I love it」とのコラボ。うまくマッチしてます。
自分の曲と他人の曲とのミックスは割とお得意らしく、どの曲も違和感なく聞かせてくれます。



Countdown with MAKJ

Tommorowlandのライブ映像より。
0:20~の「10・9・8・・・・3・2・1 Are you Ready?」からの盛り上がりが半端ない。



How We Do  with Showtek


これもクラブではお馴染みの一曲。
サビの「YEAH That's How we do」は本人の声らしいです。




Everybody Is In The Place

2014に公開された新し目の曲。たぶんULTRA JAPANでも流れるでしょう。



まだまだ有名な曲があるし、他のアーティストのRemixも存在してるから
紹介しきれないです。
おさえておくべき数曲を並べてみました。
クラブミュージックの王道的EDMっぽくて個人的には僕が好きな人の一人です。

ULTRA JAPANには1日目に参戦予定。この期に及んで、色々事情があって「未だ予定」ですが。
生Hardwellは見ておきたいものです。

※参考になりましたら、以下1クリックしていただけると助かります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ ナンパ・逆ナン(ノンアダルト)へ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 独身サラリーマンへ

ナンパあんてな





at 02:00│コメント(0)クラブ音楽 │ このエントリーをはてなブックマークに追加